営業を辞めたい女性は意外と多い!辞めた女性の体験談を元に女性営業の辞め方について調査

営業の悩み

営業職は他の仕事とも違う少々特殊な仕事。

しかも営業は男社会であることも多く、女性にとって働きにくい場合も多いです。

慣れない営業の仕事でストレスの連続、しかも上司とソリが合うかどうかという問題もあります。

そんな辛い現実の連続で、女性によっては「辞めたい」と思う人も多くなるでしょう。

特に女性で営業職についている人は、「辞めたい」と思うケースも多いようです。

実際に仕事を辞めてしまった場合、どんな展開になるのか、営業を辞める時どんなところに注意するべきなのか、前もってしっかり調べておきましょう。

女性が営業を辞めたいと考える理由

まずは、女性営業が言いがちな営業を辞めたい理由から考えていきましょう。

営業はストレスフル!

営業という仕事は、他の仕事にも増してストレスの多い仕事だと思っています。

その要因は様々ありますが、やはりまとめて言えるのは「他人との接触が多い」ことがストレス元になると思います。

ストレスフルな仕事についていると、誰しも「辞めたい」のは当然のことです。

どこに個人のストレス源があるかは人それぞれですが、営業という仕事は色んな人のストレス源を少しずつ刺激する仕事なのです。

長時間労働

個人相手の営業なら、商談が夜に行われることも。

金融商品の営業など、一個人を相手にする業種も多いです。

しかし夜に商談を行うということは、それだけ勤務時間が長くなってしまうということ。

必然的に長時間労働が課せられてしまいます。

女性には、男性にはない体のメンテナンスに時間がかかるものです…。

帰宅後細々したことを済ましていると、寝るのはいつになるやら…。

しかも見た目に気を使わないとそれはそれで、すごく怒られるのが世の常です。

休みが取れない

営業職は休みを取りにくい仕事です。

定休日はもちろんありますが、その定休日通り休めるのは稀です。

なぜなら、営業職は定休日にも商談など仕事の予定が入ることがほとんどです。

ひどい時は出張の予定が入ることも。

また、営業は体育会系の世界なので、どこも「休みはバリバリ働いてなんぼ」という常識がまかり通っているものです。

服装の縛りが多い

事務職の女性なら服装は基本的に自由です。

「オフィスカジュアル」というふんわりした縛りのなか、女性はキレイめカジュアルな格好で仕事することができます。

それに比べて女性の営業は基本的にスーツ。

男性のスーツより若干カジュアルだけど、それでもかわいいからは遠ざかった服を毎日着ることになります。

女性の営業は、欲しくもない服に、高くない自分の給与をつぎ込むことになります。

なぜならそれが仕事のためだからです。

オフィスカジュアルなら、アレンジ次第で休日も服を着回せるでしょうが、かわいさもへったくれもないスーツはそれもかないません。

狭いクローゼットのなかはグレーのかわいくない服でいっぱいです。

営業の仕事中はパンプスを履くことになるのですがこれも辛い。

私なんかは、仕事場ではずっとスリッパを履いていました。

営業は男ばかりなので女性には辛い部分も

営業の世界は男社会です。

そのため、女性の営業に対して理解がまったくありません。

男が当然のようにやってることを、女性にも共用してくるので、そこには大きなストレスがかかります。

当然男性と女性はまったく違う常識のなか生きています。

同じように仕事することはできないのです。

女性特有の都合で「できない」と言った日には、理不尽に怒られることも多いでしょう。

私生活の張り合いがなくなる

仕事がきつい、勤務時間が長い、休日が少ないなど苦しい仕事を続けていると、私生活にも悪影響が出てきてしまいます。

たまの休みにタイミングが合った友達と遊んでいても、なんだか楽しむメンタルではなくなってしまう。

疲れているので、何をするにも体力がない。

営業で疲労困憊な状態では、私生活にも悪い影響が出てきてしまうのです。

私生活に悪い影響が出てくると「辞めたい」と思う女性が増えるのは無理ないことです。

他人のために生きてる感覚

売りたくもない自社の商品や自社のサービスを売り込んで、なんとか自社の利益をあげようと必死な日々。

都合も他人に合わせて、他人に媚びへつらい、たまに求められる女性性に応じて自分を切り売り…。

こんな生活を続けていると、「私の心はどこだ」と言いたくなってしまいます。

Pixiesというバンドの「Where is my mind」という曲が胸に刺さります…。

鬱屈とした生活のなかで自分が死んでいく感覚に気づいてしまうと「営業を辞めたい」と思ってしまっても無理ないことです。

コミュニケーションが辛い

そもそもコミュニケーションが増えてな女性が営業に就いてしまうケースも多々あります。

当然のことながら、そんな女性は日々の仕事が辛く、ストレスに苛まれるはず。

コミュニケーションの世界まっしぐらの営業という仕事が辛いなら、もはやコミュニケーションの機会が少ない仕事に転職する選択肢しか残されてないのでは…。

女性が営業を辞める方法

女性の営業が「辞めたい」と思った時、営業を辞める方法をいくつか紹介します。

仕事は人生のなかで多くの時間を割くものです。

そんな人生のなかで大きな存在感を放つ仕事でストレスを負いたくないなら、「辞める手段」を考える方が現実的です。

結婚する

いっそ結婚してしまいましょう。

世の中が女性に生きづらい誓約をかけるなら、その誓約を逆手に取るのです。

結婚して専業主婦になるとまで行かずとも、結婚して今の仕事を辞めて、家庭に入るのです。

収入が下がったとしても、夫の収入をあてにして生活することができます。

「仕事」よりも「私生活」を重視するなら、結婚することで私生活の充実度を上げてみてはいかがでしょうか。

異動願いを出す

社内でも、営業以外の部署があるなら、違う部署への異動願いを出すのも一つの手です。

営業の仕事が辛いなら、営業以外の仕事をすればいいだけのことなのです。

異動願いが受託されなかった時は、また別の方法を考えましょう…。

モチベーションを上げる努力にがんばる

営業という今の仕事をがんばるという選択肢もあります。

今営業が楽しくないのは、営業の仕事がうまくいってないから…という可能性はないですか?

仕事を効率的に進める方法を探して、以前よりモチベーション高く働くことができるかもしれないのです。

仕事のモチベーションが上がらない人に試してほしい8個の対策
同じ仕事を続けているとモチベーションは下がってしまいがちですが、そもそもなぜやる気を失ってしまうのか。その原因と、モチベーションを上げるために試しておきたいことをお伝えします

転職する

営業という仕事がストレスなら、営業ではない仕事に転職するという選択肢もあります。

営業で培ったスキルは、他の業種、他の職種でもきっと役立つはずです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントと相談して、ぴったりの転職先を見つけてください。

リクルートエージェント

営業から別の職種へ転職するのに役立つ転職エージェントといえば、私はまず「リクルートエージェント」が思い浮かびます。

リクルートエージェントの一番の強みはその「求人数」です。

他の転職エージェントに追随を許さない求人数は、営業から別の仕事に移りたいと思っている女性にとって強い味方となるはず。

転職エージェントがたくさんあって選べない方もまずは、「リクルートエージェント」への登録をおすすめします。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

キャリトレ

営業の仕事を辞めたいあなたがもし20代の女性なら、キャリトレでの転職をおすすめします。

キャリトレには、未経験でも問題なく働ける求人も多く、特に20代など若手向けの求人が揃っています。

若者にとって「未来の時間」はかなり貴重です。

「辞めたい」と思ったなら、少しでも早い転職をおすすめします。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査
AIのレコメンドなど、独自のサービスを展開しているのが、この「キャリアトレック」です。利用し続ければ続けるほど精度の上がるレコメンド機能、上手に活用してください。

実際に営業を辞めた女性の声

「他人に気を使うのが辛すぎた」Iさん

もともと人と深く接するのがあまり得意ではなかったのですが、色々あって大学を出てすぐ入った会社で営業を任されることになりました。

というより、最初は別の部署を希望していたのですが、希望が通らず営業に回されてしまったのですが…。

まあ新人だし、2、3年もしたら部署を変えられるかなとか思ってましたけど、2年も持たなかったですね。

1年くらいで、見ず知らずの会社にテレアポしたり飛び込み営業したりする生活が苦しくて音を上げてしまいました…。

今は別の会社でオフィスワークしてて、満足いく生活を送ってます。

「私生活を犠牲にしてまで仕事したくなかった」Hさん

営業の仕事って本当に休みがないんです。

休日は打ち合わせとか得意先を回ったり出張とかあって、自分のやりたい予定とか全然入れられない。

営業の仕事自体は嫌じゃなかったんですけど、この自分の時間を犠牲にしている感覚が嫌すぎて、別の会社に転職しましたね。

今はほどよくコミュニケーションの機会がある仕事をやってます。

女性が営業を辞める まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

今回は「営業を辞めたい」と思っている女性のために、女性の営業が「辞めたい」と思うタイミングについてお話しました。

営業を辞めたいと思うほど苦しんでいる方は、転職も選択肢に入れながら今後の自分の身の振り方について真剣に考えてください。

コメント