登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

営業職を辞めていく人の主な退職理由とは?営業職がつらいと感じる時の解決策を紹介

「営業のノルマがきつい」
「営業職を辞めたいけど我慢して続けるべき?」

このように、現在営業を辞めるか続けるか迷っていませんか?

結論からいえば、「営業を辞めたい」と強く思うのであれば転職しましょう。

営業職はノルマが設定されていたり、成績のみで評価されるなど、他業種とは異なる特徴があり、人によって向き不向きがあるといっても過言ではありません。

自分に不向きな仕事をムリして続けるのではなく、早い段階で見切りをつけて自分が得意な業種を見つけるべきです。

そこで今回は、営業を辞めたいと考えている人へ向けて、一般的な営業を辞めたいと思う理由から、営業に向いていない人の特徴、そして転職時の注意点まで紹介していきます。

営業職を辞めていく人の主な退職理由

営業職を辞めていく人の主な退職理由には以下の10パターンが考えられます。

  • 成績が上がらない
  • 結果だけで判断される
  • 日々のノルマが常にストレス
  • 販売している商品に自信が持てない
  • 体育会系の職場で上下関係が厳しい
  • サービス残業や休日出勤がある
  • 取引先相手との付き合いが苦手
  • ルート営業にやりがいを感じない
  • 営業仕事と雑務を同時にこなせない
  • 職場の人間関係が悪い

ここからは、それぞれの退職理由の具体的な内容とその対処法について解説していきます。

成績が上がらない

成績が上がらないという理由で「営業を辞めたい」と思う人は多いでしょう。

実際、営業職は何よりも成績が重要視され、上司や部下に関わらず社内で成績を上げている人が評価されます。

そのため、成績が上がらないことが理由で「自分はこの会社に必要のない存在だ」と悲観的になったり、同僚や上司からプレッシャーをかけられる人も多いはずです。

結論をいえば、営業職で成績が上がらないなら選択肢は、営業に力を入れるか転職するかの2つです。

営業職に強い誇りがあり、どうしても成績を上げたいというのであれば、営業をもっと勉強して努力することをオススメします。

しかし、特に営業職へのこだわりがなく、営業で成績を上げたい理由が「上司から評価されたい」など、他者からの評価が根底にある場合は転職するべきです。

営業職には向き不向きがあるので、自分の出来高や仕事に対する熱量を見定めて、営業職を続けるか転職するか判断しましょう。

結果だけで判断される

営業職は結果だけで判断される業界です。

商品を売るまでに何をしたか、また営業職にかける思いなどは二の次で、どんな内容であれ商品を売れた人間だけが評価されます。

そのため、手段を選ばない人は営業職に向いている一方で、商品を売るまでのプロセスを重要視する人なら営業職がつらいと感じてしまうでしょう。

営業職という特性上、結果だけで評価が決まるのは仕方がなく、どこの企業の営業でも結果だけで判断される場面は少なからずあります。

結果だけで判断されるのがイヤで営業を辞めたいと思う人は、転職もしくは社内の別部門への異動をオススメします。

日々のノルマが常にストレス

日々のノルマに追われて、ストレスを感じている人は多いでしょう。

たとえば毎日10件のアポイント獲得や、月5件の契約など、常に数字のことを考えるのが営業職です。

また、自分では頑張っているつもりでも、営業職においては結果が全てなので頑張りではなくノルマを達成しているかどうかが評価基準になります。

そのため、特にストレスに弱い人は、日々のノルマが原因で営業を辞めたいと思う傾向にあります。

どうしてもノルマや数字に追われるのがつらいと感じる人は、転職や別部門への異動を検討しましょう。

ノルマや数字は営業職をする上で欠かせないものなので、ノルマのない業種に仕事を変えるのがベストな方法です。

販売している商品に自信が持てない

販売している商品に自信が持てない営業マンは少なくないでしょう。

企業によって販売している商品は多種多様で、中には自社の利益を最優先にするあまり、価値の低い商品を高額で販売しているところもあります。

たとえば、誇大広告で顧客を騙している感覚があったり、自分だったら絶対買わないような商品を売っていて後ろめたさがある営業マンもいるのではないでしょうか。

自分が販売している商品に自信がなければうまく商品をアピールすることができませんし、それが営業成績や会社の売上に影響します。

また、他人に誇れないような仕事をしている実感があれば、それがストレスになることもあります。

もし、今販売している商品に自信が持てないのであれば、別の企業の営業職に転職して、自分が誇れる商品を販売する方法がオススメです。

体育会系で上下関係が厳しい

体育会系で厳しい上下関係に悩まされている営業マンは少なくないはずです。

営業職の職場は上下関係が厳しいことが多く、上司から言われたことは絶対に受け入れなければいけないといった風潮があります。

たとえば無理な営業法や終業後の飲み会、その他イベントの強制参加など、やりたくないことでも「NO」ということはタブーとされています。

大声で怒鳴られたりすることもありますし、理不尽なことにも耐えなければいけません。

また、上述したとおり営業職は成績だけが評価対象となるため、営業成績によっては勤続年数や年齢に関わらず立場が逆転する可能性もあります。

そんな体育会系の環境がどうしても耐えられない人は転職するしかありません。

体育会系ではなく、個人の考えや自由を尊重する職場に就けばストレスなく働けるでしょう。

サービス残業や休日出勤がある

営業職はサービス残業や休日出勤が一般的なことが多いです。

「身を粉にして働くことが正しい」「成績が悪いならサービス残業をするのが当たり前」などといった価値観を持っている営業マンも少なくないでしょう。

しかしながら、労働基準法では少しでも残業をすれば賃金が発生しますし、会社は従業員に対して賃金を払う義務があります。

つまり、サービス残業を強制するところはブラック企業の可能性が高いです。

また、働き過ぎれば身体を壊す危険性がありますし、残業をする前提で働けば仕事の効率が悪くなることも考えられます。

残業や休日出勤は会社員として当然の務めではありますが、その制度が不当な場合やどうしても耐えられない人は転職を検討しましょう。

取引先相手との付き合いが苦手

取引先相手との付き合いがわずらわしく感じるのも営業職を辞めたいと思う理由の一つです。

営業職は顧客とうまくコミュニケーションを取り、商品を買ってもらう仕事です。

営業には企業向けや個人向けなどさまざまな種類がありますが、いずれにしてもコミュニケーションが欠かせません。

そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な人や、取引きの相手とうまく付き合っていくことができない人は営業職がつらく感じてしまうでしょう。

取引先相手との付き合いが苦手な人の解決策として、いっそのこと営業職を極める方法があります。

営業職がどんなものか、またどうすればうまくコミュニケーションが取れ、商品を買ってもらえるのか勉強して営業の力をつけます。

一般的なコミュニケーションが苦手な人でも、営業を極めることで成績を伸ばし、苦手なコミュニケーションも仕事上の付き合いと割り切ることができるでしょう。

とはいえ、コミュニケーションが原因で営業がどうしてもつらいと感じるのなら転職してしまうのも手段の一つです。

ルート営業にやりがいを感じない

ルート営業にやりがいを感じないというのも、営業を辞めたいと思う理由の一つです。

ルート営業とはつまり、毎日同じ人と付き合って同じような仕事をこなすことで、刺激に欠けると感じる人は多いでしょう。

特に、将来的な目標を具体的に持って営業職に従事している人ほど、ルート営業にやりがいを感じれないものです。

ルート営業にやりがいを感じられない時の解決方法として、ひとつひとつの仕事に対してやりがいを見出すといったものがあります。

たとえば、取引先に気に入ってもらうためにどうすればいいのか、自分でその施策を考えて具体的な行動を起こし、それが結果的に取引先および自社の利益になればやりがいにつながります。

ルート営業にやりがいを感じられないときには、自分が具体的にどうしたいのかをきちんと考えて行動することが大切です。

営業仕事と雑務を同時にこなせない

営業職は雑務を任されることがあります。

企業によっても異なりますが、営業職はただ契約を取って成績を上げればいいというものではなく、書類をまとめたり商談のための資料を作ったりしなければいけません。

営業をはじめ、仕事ではさまざまな業務の同時進行を求められることが多いです。

しかしながら、誰もがマルチタスクをうまくできるわけではありません。

物事に優先順位をつけるのが苦手だったり、ひとつのことに集中すればほかのことがおろそかになってしまう人もいます。

どうしてもマルチタスクができないと思うのであれば、他業種への転職も検討をオススメします。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いことが理由で、営業を辞めたいと考える人は少なくないでしょう。

営業職に限らず、どんな仕事でも職場の人間関係は会社を辞める理由の一つになります。

たとえば、上司から理不尽に怒られたり、同僚から仲間はずれにされたりなど、職場の人間関係がうまくいっていなければ仕事そのものがつらくなってしまいます。

職場の人間関係が悪くて営業を辞めたいと考えている人は、具体的にどういった問題があるのか、またその原因は何かを考えるべきです。

仮に上司から理不尽に怒られる場合、何が原因で上司は怒るのか、またどうすればその問題を解決できるのかを考えて問題の改善と防止に務める必要があります。

とはいえ、人間関係の問題は解決できない場合も少なくないため、場合によっては転職も有効な手段の一つです。

営業職を続けるべき?

結論からいえば、営業職を辞めたいのならムリに営業を続ける必要はありません。

本当に辞めたい気持ちが強く、精神的にも負担がかかっているのならなおさら転職するべきです。

営業職には向き不向きがあり、向いていない人にとって営業職は非常にストレスがかかる仕事です。

とはいえ、転職をしたからといって全てうまくいくとは限りませんし、転職によってまた新たな悩みが出てくる可能性だってあります。

そのため、なぜ営業職を辞めたいと思うのかを具体的に考え、それが仕事を変えることで解決される問題なら転職を検討しましょう。

営業職に向いていない人の特徴

営業職に向いていない人の特徴には以下の4つがあります。

  • 小さな失敗をいつまでも引きずる
  • 初対面の相手と話すのが苦手
  • プライドが高い
  • ストレスの耐性が低い

ここからは、それぞれの特徴についてくわしく解説していきます。

小さな失敗をいつまでも引きずる

小さな失敗をいつまでも引きずる人は営業に向いていない可能性があります。

営業職は商材によっても異なりますが、特に高額な商品こそなかなか売れないものです。

10件〜20件ほど営業や提案を繰り返してようやく1件契約が取れる営業もあります。

しかしながら、全く売れないからといって「自分はダメだ」「どうせ次も売れないだろう」と、過去の失敗をいつまでも引きずっていてはうまくいくはずがありません。

反省することは大切ですが、失敗したことばかりを考えるのではなく、その失敗をどうやって次に活かすのかを考えて前向きな思考を持つ必要があります。

そのため、過ぎたことを気にして引きずっている人は営業がうまくいかない傾向にあり、営業職は不向きといえます。

初対面の相手と話すのが苦手

初対面の相手と話すのが苦手な人は営業が向いていないかもしれません。

仲良い人とは気軽に会話ができるのに、初対面の人と話すときは人見知りしてしまう人はコミュニケーションの能力は高くないはずです。

営業職は人と人との関わりが非常に大切で、親密な関係が営業成績に直結します。

コミュニケーションによって相手の警戒を解いて信用を築き、その上で販売する商品の有用性をうまく伝えなければいけません。

一方で、コミュニケーションがうまく取れない人は、関係を深めるのに時間がかかったり、新規取引先の不信感を拭えなかったりする場合があります。

そのため、初対面の相手と何を話したらいいのかわからないという人は、営業職は不向きといえます。

プライドが高い

プライドが高い人は営業職に不向きです。

営業職は取引先や顧客から理不尽なクレームを突きつけられることは少なくありません。

クレームを受けたときはとにかく謝り、トラブルの発生を回避することが大切ですが、プライドが高ければ自分に非がないことに対して謝ることができません。

その結果、相手と対立してしまってトラブルに発展してしまうケースは少なくないでしょう。

また、プライドが高いと上司や先輩のアドバイスを素直に受け止められず、自分流を出してしまってなかなか成績が伸びないことも考えられます。

そのため、プライドが高い人は営業職が不向きといえます。

ストレスの耐性が低い

ストレス耐性が低い人は営業職に向いていません。

営業職はノルマに追われて、さらに上司からのプレッシャーも多く、常にストレスがかかる仕事です。

また、人とのつながりが大切な営業職は、日々のコミュニケーションのために簡単に仕事を休むわけにはいきません。

たとえば、会社に縛られることを嫌う人ならば、休みたいときに休めないことにストレスを感じてしまうでしょう。

そのため、些細なことでストレスを感じてしまう人や、ストレスを溜め込んでしまう人にとって営業職は不向きといえます。

営業職がつらく感じる時の解決策

営業職がつらく感じる時の解決策には以下の2つがあります。

  • 転職する
  • 営業術を極める

「営業を辞めたい」と思いながらそのまま何も行動起こさないのはNGです。

自分から何かアクションを起こさなければ、未来を変えることはできないからです。

そのため、営業を辞めるのかそれとも続けるのか、今すぐに見切りをつけて具体的な行動を起こしましょう。

以下では、それぞれの解決策について深掘りして解説していきます。

転職する

基本的に「営業を辞めたい」と思ったら転職をオススメします。

なぜなら、転職をすればつらい営業での悩みやストレスから解放されるからです。

特に、「営業をしたくない」という気持ちが強い人や、販売している商品に自信が持てないという人は転職が最適な選択肢となりえます。

とはいえ、転職すれば問題が全て解決できるとは限りません。

転職先でまた新たな問題が発生して「仕事を辞めたい」と思う可能性は十分ありますし、そもそも転職に失敗する可能性もあります。

そのため、実際に転職をする際は今の仕事を続けるメリットとデメリットを考え、合理的に判断することが大切です。

営業術を極める

「営業を辞めたい」と思った時に、逆に営業術を極めるという選択肢もあります。

営業および仕事がイヤに感じる原因は、今の仕事がうまくいっていないことが少なくありません。

ノルマが達成できない現状や、営業成績を上げられない現状があり、それがストレスになって営業を辞めたいと思っている人は多いでしょう。

しかし、営業術を極めて成績を伸ばすことができれば、社内からの評価はもちろん収入アップも見込めます。

つまり、自分の苦手を克服することによって、仕事を辞めたいと思ってしまう原因を排除する選択肢です。

また、高い営業力はどこの会社からも評価されますし、営業術を極めればキャリアアップも狙えます。

そのため、苦手を克服するためだけでなく、人生の財産となるスキルを身につけるためにも営業術を極めることもオススメな手段の一つです。

営業職を辞める時の注意点

営業職を辞める時には以下の2点に注意しましょう。

  • 辞める理由を明確にする
  • 自分の将来について具体的に考える

辞める理由を明確にしなければ、転職に失敗する可能性が高いです。

たとえば、「サービス残業が多すぎるから」「毎日ノルマに追われてストレスが溜まるから」など、退職理由を具体的にすることによって転職先に求める条件も明確になります。

また同じような理由で転職を繰り返さないためにも、なぜ辞めたいのかをはっきりさせておくことが重要です。

そして営業職を辞める理由を考えると同時に、自分の将来について真剣に考えてみることをオススメします。

将来的にどういう人間でありたいのか、収入はいくらでどんな仕事をしていたいのか、改めて真剣に考えることでより転職に成功する可能性が高くなります。

そのため、営業職を辞める時は以上2点に注意して転職するようにしましょう。

転職するなら転職エージェントがベスト

転職をするなら転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントとは無料で利用できる人材紹介サービスの一つで、転職先の求人を探せるほか、プロのキャリアコンサルタントが担当について転職のアドバイスをしてくれます。

利用するにあたって、キャリアコンサルタントが利用者のヒアリングを行い、その上で求人を紹介してくれるため、より自分に最適な求人を見つけやすくなります。

転職支援サービスには他にも転職サイトや求人サイト、ハローワークなどがありますが、その中でも転職エージェントは手厚いサポートが大きな強みです。

特に、これまで営業しかしてこなかった人をはじめ、本当に自分がやりたいことがわからない、あるいは自分の強み・弱みがわからない人には転職エージェントが最適です。

実際に転職するかどうか決めていない段階でも、転職や退職の相談も受け付けているので、「営業を辞めたい」と思うなら一度登録してみることをオススメします。

オススメの転職エージェント3選

オススメの転職エージェントには以下の3つがあります。

  • doda
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

これらの転職エージェントは全国対応しているため、都心部在住の人はもちろん、地方に住んでいる人にもオススメです。

ここからは、それぞれのエージェントの特徴について深掘りして解説していきます。

doda

dodaは業界最大手の転職エージェントです。

豊富で幅広い求人数が特徴で、特にIT系や通信系、営業、企画系の求人に強みを持っています。

営業の求人も多数掲載されているため、他業種への転職はもちろん他の営業職に就きたい人にもdodaをオススメします。

その一方で、dodaの登録後は企業からのスカウトメールが大量に届く点がデメリットです。

「営業を辞めたい」と思いつつも、まだ本格的に転職するかどうか迷っている人にとってはしつこいと感じるかもしれません。

とはいえ、営業マンが転職を検討するならぜひdodaを利用しましょう。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

リクルートエージェント

リクルートエージェントはUターン転職・Iターン転職に強い転職エージェントです。

ほか転職エージェントと比べて、地方の転職求人を多数掲載していることから、都心部から少し離れたところで働きたいという人には適しています。

リクルートエージェントの取り扱う求人のうち90%は非公開で、非公開求人も含めると10万件以上もの求人を取り扱っています。

そのため、どんな業種へ転職するのか決めてない人は、選択肢の幅が広いリクルートエージェントがオススメです。

ただし、2017年12月にリクルートエージェントの顧客情報が流出するなど、安定性・安全面に欠ける点がデメリットであり、注意しなければいけません。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職大手「マイナビ」が運営する、大手転職エージェントです。

dodaと同様に20代向けの求人を得意としているほか、中小企業の求人を中心に扱っていることが特徴です。

年収が高めのハイクラス求人は少ないですが、就職のハードルが高くない求人が豊富なので、背伸びせずに自分に見合った転職をしたい人にはマイナビエージェントをオススメします。

マイナビエージェントは求人の質や量、またサポート体制などにおいて特出した点はないものの、サービス内容に関してはバランスのいい転職エージェントといえます。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

まとめ

営業を辞めたいと思ったら転職をオススメします。

ただし、転職をする際は営業を辞めたい理由と将来的な理想像を必ず具体的にしましょう。

営業を辞めたい理由は人それぞれですが、その理由を明確にできる人ほど転職に成功しやすい傾向にあります。

転職をする際はdodaやリクルートエージェントをはじめとした転職エージェントがオススメです。

営業を辞めたいと思った理由は?営業職を辞す以外の選択はできないのか?
現在営業職に就いている方の中には、「辛い」「辞めたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。 営業職は顧客との衝突も多く、クレームを受けることも多い職業です。営業職はノルマが多いところも多く、「ノルマの達成」というプレッシャーも、...

コメント