転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

同僚とのトラブルが辛い…職場で人間関係の揉め事を回避する話し合いのコツは?

同僚との人間関係

「職場で自分の悪いうわさが流れている」
「同僚からハトラブルラスメントを受けている」

など、職場で同僚との人間関係に悩んでいる人は少なくありません。

同僚とはなるべく揉めることなく、一緒に働く仲間としてスムーズに業務を進めていきたいものですが、人間同士なので、気が合う人もいれば苦手な人がいるのも事実・・・。

どんなに気が合わなくても滞りなく仕事が進んでいれば問題ありませんが、ちょっとしたコミュニケーションのズレやすれ違いによって、大きなトラブルに発展することもしばしばです。

中には、こんなことで揉めるの?といった事例も・・・。

そこでこの記事では、同僚との人間関係で起こりうるトラブル事例や、大きなトラブルを防ぐための話し合いのコツについてご紹介していきます!

同僚との人間関係のトラブルで悩んでいるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

職場で起こる同僚とのトラブル事例

本来、仕事仲間である同僚とトラブルになってしまうと、毎日、仕事をするのが辛くなるし、会社に行きたい気持ちも失せてしまいますよね。

「この人とは全然合わない!」とはっきり分かっていれば、なるべく違うチームで仕事をするなど、トラブルを回避する方法が思い浮かびますが、「何となく好きになれない」「会話が噛み合わない」など、本人もはっきり理由がわからない問題が原因で、大きなトラブルにつながることもあります。

そういう時ほど問題は複雑化していき、どう対処していいのかわからなくなるものです。

まずは、職場での人間関係でどんなトラブルが起こりやすいのか、具体的な事例と原因について見ていきます。

悪口を言われる・噂される

「同僚が陰で自分の悪口を言っている」「職場でありもしない噂を流されている」というのは職場でよくあるトラブルの1つです。

悪い噂ほど、いつか巡り巡って本人の耳に届くもので、「私の前では普通に接していたのに、影では悪口を言っていたなんて・・・」と知った時には、とても傷つきますよね。

影で悪口を言ったり悪い噂を流している相手と、どう接していいのか戸惑うのはもちろん、そんなことを知ってしまったら、同僚に対しての信頼を失いますよね。

信頼できない相手と一緒に仕事をしても、うまくいくはずがありません。

  • 信頼関係を崩す
  • 相手の気持ちを裏切る

という行為は、いとも簡単に職場の人間関係を壊してしまいます。

仕事を押し付けてくる

本来、同僚が依頼された仕事を、自分に押し付けてくるというトラブルもあります。

こういった同僚は、自分の仕事が増えるのが嫌であなた(他人)に仕事を押し付けて、まるで自分が仕事をしたかのように振る舞うものです。

さらに、タチが悪い相手だと、押し付けた仕事にミスが発覚した場合、代わりに仕事をしたあなたの責任にして「自分は何も悪くない」という態度を取るのでやっかいです。

職場では、同僚の仕事が大変な時に仕事を手伝い、自分が大変な時に助けてもらうというギブアンドテイクの関係が理想です。

こういったズルいタイプの同僚は「自分だけ楽をしよう」と考えているため、あなたが大変なときに手伝ってくれることもまずないでしょう。

一度引き受けると、その後も調子に乗って次から次に仕事を押し付けられる可能性があるので、仕事を引き受ける時は慎重に相手を見極めることも大切です。

無視される

「挨拶をしても無視をされる」、「仕事中に声をかけても返事してもらえない」といったトラブルも少なくありません。

コミュニケーションの基本ともいえる挨拶を無視されると、「自分の存在を否定されている気持ち」になり、とても傷つきますよね。

でも、挨拶を無視する人のことは、あまり深く気にする必要はありません。

たった一言「おはようございます」「お疲れ様です」が言えないような相手は、どんなに仕事ができる人であっても人間性に問題がある人だと思って、割り切る方がこちらも気が楽になります。

ところが、仕事上コミュニメーションを取らないといけない場面で無視されると、業務に支障が出てしまいます。

このケースは本当に困りますよね。

同僚からの返事を無視されることで仕事が滞ってしまうと、それは会社にとっても大きな損失になります。

口頭で話しかけても無視される場合は、必要なやり取りをメールやチャットで行うなど、履歴が残る状態でやり取りを進めることをおすすめします。

仮に同僚がずっと返信しないままあなたを無視したとしても、相手が無視していることが証拠として残るため、その後の問題解決で有効に使えるからです。

ハラスメント

同僚や先輩から、セクシャルハラスメントやマタニティハラスメントを受ける、などのトラブルもしばしば起こります。

「同僚の身体的接触が多い」、「性的な話題をしてくる」、「妊娠をしたら、仕事を辞めろと繰り返し言われる」など、ハラスメントは精神的な激しい苦痛を伴います。

こういった問題は、自分だけで解決するのはかなり難しいので、家族や友人、専門機関を利用して相談するのが得策です。

同僚とのトラブルを解決する3つの対処法

プライベートな人間関係と違って、仕事に行く限り毎日顔を合わせる同僚とのトラブルは、どうにかしてでも解決したいですよね。

「関わりがない部署の同僚から無視される」など、業務に影響が出ない範囲であれば、仕事に集中したり、プライベートで息抜きすることで、自分自身で気持ちのバランスを保てます。

しかし、同じ部署の同僚とのトラブルやハラスメントのような精神的苦痛を伴うトラブルの場合、なるべく早く問題を解決する必要がある一方で、簡単に解消できない深刻な問題であることが多いです。

同僚とのトラブルが深刻な場合は、自分だけで解決しようとするのではなく、上司に相談したり専門機関を利用するなど、トラブルに見合った対処法を取るのが得策です。

ここでは、同僚とのトラブルの対処法や、トラブル解消に向けた話し合いのコツをご紹介します。

第三者を交えてコミュニメーションを取ってみる

「同僚が自分の悪口を言っている」「へんな噂を流している」などの場合、その相手と直接コミュニケーションを取ってみるというのも、対処法のひとつです。

自分のことを悪く言う相手と会話するのは抵抗があるかもしれません。

しかし、あなたがその同僚と十分にコミュニケーションを取ってこなかったことで、相手があなたのことを誤解していたり、間違った認識をしている可能性があります。

なぜ、同僚がそのような悪い噂を流すのか、その裏にどんな感情があるのか(単なる妬み・嫉みなのか、それとも理由があっての行動なのか)を直接本人に聞き、話し合いの場を設けると言うのは、有効な手段なのです。

もしかしたら、同僚があなたを悪く言う理由は「あなたが同僚のことを悪く言っていた」という根も葉もない噂を聞いたから、かもしれません。

そういった小さなすれ違いや誤解が積み重なって、大きな人間関係のトラブルを引き起こしている事例も少なくないのです。

ただし、もともと気まずい関係の同僚や、嫌い・苦手意識がある同僚といきなり1対1でコミュニケーションを取るのは、さすがにハードルが高いですよね。

お互いが感情的になって関係が悪化するという最悪のケースも考えられるので、この場合は、もう1人別の第三者を交えて話し合いをしてみましょう。

両方のことを中立に見られる第三者を入れることで、感情的にならずに、冷静にお互いの関係性について客観的に見られるようになります。

その結果、会話もスムーズに進み、それぞれの誤解をひとつずつ解消できるのです。

共通の同僚や先輩、もしくは信頼できる上司に話し合いに入ってもらうことで、短時間で効果的に問題解決が見込めます。

上司に相談して配置を変えてもらう

「同僚に無視されていて仕事上の連絡も行えない」といった仕事に支障が出るような深刻な場合は、信頼できる上司に相談し体制から見直してもらうように働きかけましょう。

「同僚に悪口を言われて職場内で孤立し、仕事が円滑に進まない」という状況も、仕事をしていく上で大きな障害になるため、組織全体の問題として対応を考える必要があります。

組織の問題として上司にも状況を把握してもらい、メンバー編成を変えたり、トラブルの度合いが深刻な場合は部署移動を検討してもらうなど、体制から見直す改善が必要です。

一度、関係が悪化してしまうと修復するのはなかなか難しいので、トラブルの元となった同僚とは距離を取るのが一番です。

第三者を交えてもコミュニケーションを取るのが難しく、また部署異動も現実的に厳しい場合は、思い切って転職を考えるのも方法の一つです。

転職する

上司に相談してもメンバーの入れ替えや異動が難しい場合は、思い切って転職を検討してみることをおすすめします。

同僚からのハラスメントや悪口などで精神的ダメージを受ける状態が続くと、精神的な病気に陥ったり、自己否定的な考えがだんだん根深くなっていきます。

さらに、強いストレスを受けると、精神だけでなく身体的な不調も出て、日常生活に支障がでることも・・・。

一度、精神的な病気になってしまうと、通常の生活に戻れるようになるまでに早くて数カ月、長ければ数年以上かかることがあります。

同僚とのトラブルで心身のバランスを崩し、働けなくなる前に、より働きやすい環境の職場に転職するのも、自分を守れる一つの手段です。

ただし、「今の職場から早く離れたい」という言う思いだけで、感情的に転職先を決めないように気をつけましょう。

転職先の職場環境を十分に調べず次の就職先を決めてしまうと、「転職しなければよかった」と後悔してしまう可能性があるからです。

転職するときは、転職先の年収や福利厚生だけでなく、職場の雰囲気なども調べておくと、失敗しない転職活動ができます。

担当のキャリアアドバイザーが転職相談にのってくれる転職エージェントを利用すると、職場の雰囲気なども事前に教えてもらえるので、安心して職場選びができます。

転職エージェントでは仕事の悩み相談・求人紹介・書類添削・面接日の調整などをサポートしてもらえるので、仕事をしながらでもスムーズに転職活動を進められます。

おすすめの転職エージェント

最後に、おすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

リクルートエージェント

転職エージェントの中では、規模No.1のリクルートエージェント。

他のエージェントと圧倒的な差をつけているのが、求人数の多さです。

求人数が多いと言うことは、それだけ希望に近い仕事を見つけやすいとも言えます。

転職活動中のサポートも充実しているので、初めて転職活動を始めると言う人は、まず登録しておいて損はないエージェントですよ。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

dodaエージェント

キャリアコンサルタントが多く、転職活動のサポートがかなり充実しているのが、dudaエージェントです。

これまでのキャリアを踏まえつつ、自分が目指したい働き方や職場を一緒に探してくれて、仕事が見つかるまで手厚いサポートでケアしてもらえます。

これまでの職場でどんなことに躓き、どんなトラブルがあったかなど、親身になって相談できるのも安心できるポイントですね。

キャリアコンサルタントのサポートに頼り切るのではなく、自分でも企業調査をしっかり行うことで、お案じような職場トラブルを回避していきましょう。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

同僚との辛いトラブルは耐える必要はない!

一緒に働く同僚とトラブルになってしまうとストレスがたまるだけでなく、仕事がスムーズに進められなくなったり、辛いことが続きます。

ただし、そこで我慢したり無理しすぎる必要はありません。

仕事を一番効率よく進めるために、欠かせない資本は自分自身です。

楽しく仕事をするためには、強いストレスから自分を解放してあげることが一番大切。

もし、上司や仲のいい同僚に協力してもらえそうなら、トラブっている相手と話し合いの場を作ってみましょう。

それでもトラブルから抜け出せない時は、思い切って部署異動願いを出したり、転職するのも、とても良い対処法のひとつです。

自分の気持ちを追い込みすぎず、感じているストレスには素直に対処していきましょう。

職場に嫌いな人がいるときの対処法と上手な付き合い方
「職場に嫌いな人がいるけど、仕事上話さないわけにはいかないし、どう付き合っていけばいいかわからない」 「どう頑張っても好きになれない人がいて、もはや見るだけでストレス」 職場に嫌いな人がいると、とてもストレスですよね。 仕...

コメント