dodaエージェントからの電話は無視して大丈夫?電話の対処法をご紹介

dodaのエージェントサービスに登録すると電話でのカウンセリングが行われます。

電話のカウンセリングは、直接面談をするための確認事項や日程調整をするためのもので、dodaのエージェントサービスを利用するなら電話連絡は必須といえます。

しかし、気が向いた時にだけdodaの利用をしている人であれば、時折かかってくる電話がうっとうしく感じることも多いでしょう。

「dodaの電話は何のためにかかってくるの?」
「dodaの電話がしつこくて困っている」

このように、中にはdodaの電話について困っている人は少なくないのではないでしょうか?

dodaからの電話を無視しても大きな問題はありませんが、あまりオススメできません。

ではdodaからの電話はどう対処すればいいのか?

そこで今回は、なぜdodaから電話がかかってくるのか、電話がしつこいと感じた時の対処法まで紹介していきます。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

dodaでは電話でのカウンセリングが行われる

dodaでは、エージェントサービスを利用すると電話でのカウンセリングが行われています。

そもそもdodaは利用者によりそった、質の高いヒアリング・カウンセリングを強みとしており、転職に積極的でない人に対してもキャリアプランについて親身に相談にのってくれます。

通常、カウンセリングは対面で行われますが、その前の確認事項や日程調整のために電話がかかってくるのです。

また、対面のカウンセリング後も利用者のことを考えてこまめな電話連絡を行なっています。

そのため、積極的に転職を考えているなら、dodaの担当者と電話でコミュニケーションを取ることが非常に大切です。

電話連絡の内容

電話連絡の内容はさまざまです。

  • 利用者の転職に対する本気度を確かめるための連絡
  • 選考に関する連絡
  • キャリアプランニングに関する連絡
  • 企業からの連絡
  • 新しい急募求人の紹介の連絡

dodaの利用状況によっても連絡の内容は異なります。

たとえば、dodaをあまり利用していない状態で電話がかかってくるのであれば、それは利用者の本気度や、面談前の確認のための電話連絡であると考えられます。

特に無視する理由がなければ、電話に出て転職についてどう考えているのかをしっかり担当者に伝えましょう。

dodaの電話はしつこくかかってくることがある

中にはdodaからの電話がうっとうしく感じる人は少なからずいるでしょう。

dodaは仕事としてひとりひとり平等にこまめな連絡を行なっているので、着信が多いのは利用者にプレッシャーをかけるためではありません。

電話に対して抵抗がある人や、転職についてあまり積極的ではない人にとっては、そのこまめの電話がしつこく感じることも多いでしょう。

しかしながら、その一方で転職を強く希望している人にとってはむしろ嬉しいことで、どちらかといえば優良なサービスといえます。

dodaの電話連絡は減らすこともできるので、しつこく感じる人は以下で紹介する対処法を試してみてください。

dodaの電話がしつこいと感じたときの対処法

dodaの電話連絡がしつこいと感じたら、以下の対処法があります。

  • 担当者に電話可能な時間帯を伝えておく
  • dodaの担当者を変えてもらう
  • 転職への希望条件を絞る

これらはdodaを利用する前提とした対処法です。

そもそもdodaを使うつもりがないのであれば、退会すれば問題が解決します。

一方で、「今後dodaを使うかもしれない」「dodaを使っているけど電話を減らしたい」という人は、これらの対処法を参考にしてください。

ここからは、それぞれについて具体的に解説していきます。

担当者に電話可能な時間帯を伝えておく

電話がしつこいならdodaの担当者にそのことを伝えましょう。

dodaの担当者は良かれと思って電話をかけているので、電話しないでほしいという意思を伝えなければいけません。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、伝え方を遠回しにしてはいけないということです。

たとえば「最近は仕事が忙しくて電話に出ることができません。」などというと、担当者は「ではまた時間を空けて電話します!」と回答するしかありません。

遠回しにいっても担当者には正しく伝わらないので、「電話はやめてほしい!」とはっきりといいましょう。

また、電話しないでほしい具体的な理由や、電話をかけてほしい頻度を伝えることで、しつこすぎず適度な頻度で電話連絡をもらうことができます。

dodaの担当者を変えてもらう

dodaの担当者を変えてもらうというのも選択肢の一つです。

「担当者があまり好きじゃない」「電話しないでほしいといったのに電話をかけてくる」という理由であれば、担当者を変えることで問題が解決します。

担当者の変更を希望する場合は、申し込みフォームで必要事項を記入し、変更してほしい理由を記載して申し込みをします。

転職への希望条件を絞る

希望条件を絞ることで電話連絡の回数を減らすことができます。

dodaの電話連絡が多いのは、もしかすると希望条件が多すぎることが原因かもしれません。

たとえば、転職先の希望業種を4つ設定していると、担当者はその希望に沿った求人を紹介しようとします。

その希望業種を1つに絞るだけでも、紹介する求人が限られ、結果的に電話の本数が減る可能性があります。

dodaからの電話は無視しても大丈夫?

dodaからの電話は無視しても問題ありませんが、あまりオススメはできません。

電話を無視するとそのうち電話がかかってこなくなり、dodaからの有益な情報を得ることができなくなります。

転職をするためにdodaを始めたのに、優先的に優良求人が回ってこなければ、わざわざdodaを利用する必要はないでしょう。

dodaエージェントはボランティアではないので、電話を無視するような転職する気のない利用者を相手にするのは時間のムダなのです。

このように、電話を無視すると利用者とdoda側の両方にデメリットがあるので、dodaからの電話を無視するのはあまりオススメできません。

もし電話がしつこいと感じれば、電話を減らしたり断ったりすることができるので、転職を少しでも考えているならdodaからの連絡は受け取れる状態にしておきましょう。

dodaの転職を考えているなら電話対応しよう

dodaでの転職を考えてるなら、かかってきた電話は受けるようにしましょう。

dodaは手厚い転職サポートが強みの転職エージェントサイトです。

電話対応をすればスムーズに転職することができます。

とりあえず登録したという人にでも、親身になって対応してくれるので、dodaを利用するなら電話対応することをオススメします。

まとめ

dodaは利用者に対してより適した求人を紹介するために電話連絡を行なっています。

本気で転職を考えているなら、電話を通して担当者とコミュニケーションを取ることで、スムーズな転職活動ができます。

しかしながら、転職に積極的ではない人や、電話に抵抗がある人にとっては「dodaは電話がしつこい」と感じることも多いでしょう。

dodaの電話頻度を減らす方法として以下の3つがあります。

・担当者に電話可能な時間帯を伝えておく
・dodaの担当者を変えてもらう
・転職への希望条件を絞る

dodaの転職を考えているなら電話を無視するデメリットが大きいので、必ずこれらの対応を行いましょう。

コメント