医師転職サイト比較!【あなたの職場は満足ですかcom】

悩む薬剤師 医師転職コラム

医師の皆さん、あなたの職場は満足ですか?

医師の転職市場は多様化してきており、医局を通しての転職が主流だった医師転職も、今や様々な方法での点転職活動が増えてきました。

もし今あなたたが医師として、今の職場に満足をしていないのであれば、医師転職をすることをおススメします、

転職は早く決断をすればするほど、新たな道への選択肢が広がります。

また実はこれからの6月・7月・8月と夏場は医師の求人が増えてくるピッタリの時期です。

今回は、医師専門の転職サイトを比較して、医師のベスト転職時期や医師の転職理由についても説明していきます。

医師の転職サイト比較

医師専門の転職サイトは、実は数が多いです。

そのサイトごとに、扱う求人やサービス内容が全然違うので、転職する際には自分にあったサイトをしっかり選ぶ必要があります。

それぞれのサイトごとの違い、しっかり比較しておきましょう。

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10
「医師向けの転職サイトって、ほんとに使っている人なんているの?」 「転職サイトなんて情報だけ抜き取られるだけの悪質な感じがする」 と言った声も多いです。まだまだ医師転職は医局の繋がりや紹介などで行う先生が多く、まだまだ転職サイト...

マイナビDOCTOR

数ある医師転職サイトのなかでも最大手として評価されるのがこの「マイナビDOCTOR」です。

マイナビDOCTORが人気の要因は、過去利用した方の評判が良いこと。

とにかく満足度が高いのです。

他サイトのキャリアコンサルタントより交渉力が高く、転職先のとの条件に折り合いをつけてくれます。

人材大手サービスだからこその、キャリアコンサルタントの実績と信頼がついてくるのです。

キャリアコンサルタントにしっかりと仕事を求めるならぜひ、マイナビDOCTOR利用をおすすめします。

マイナビDOCTORの使い勝手は?利用者の口コミなどもご紹介
医者の転職活動は、医局に所属しているため転職サイトを利用しての転職活動はあまり主流ではありませんよね。 しかし最近は常勤の医者に限らず、非常勤やスポット勤務など雇用形態や働き方も多様化しています。 非常勤での求人の需要も高まって...

エムスリーキャリアエージェント

医師だけでなく薬剤師の転職サイトも運営するエムスリーが運営するのが、エムスリーキャリアエージェントです。

特に関東圏の求人に強いので、関東圏での転職を考えている医師の方におすすめです。

しかし利用者の声を聴く限り、担当したキャリアコンサルタントによって、対応がバラバラで満足度に佐賀でています。

医療崩壊に広く精通しているため、あらゆる医師の転職ニーズに応えることができるはずです。

エムスリーキャリアエージェントの使い勝手は?利用者の口コミなどもご紹介


リクルートドクターズキャリア

神在祭大手企業リクルートが運営する医師転職サイトこそ、リクルートドクターズキャリアです。

リクルートドクターズキャリアのキャリアコンサルタントにかかれば、キャリアプランに沿った転職をアシストしてくれます。

長い目で自分のキャリアプランを練りたいと思っている医師の転職なら、このリクルートドクターズキャリアですね。

リクルートドクターズキャリアの評判は悪いのか?利用者の口コミなどもご紹介!
医師の転職活動において、転職サービスなどを利用した転職活動はあまり主流ではありませんでした。 しかし最近は医師の働き方も多様化してきています。 常勤で働く医師よりも非常勤で働くことを希望する医師も多く、そのため医師専門に取り扱う...

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、医療業界の転職に強い人材企業「メディウェル」が運営する転職サイト。

メディウェルは、薬剤師まで幅広く求人を扱い、他にも医師バイトドットコムなど、医師のニーズに合わせた医療業界の転職を取り扱っています。

キャリアコンサルタントのサポートも手厚く、基本的にすべての利用者に対し「対面面談」という形で面談を行います。

しかも利用者の状況に合わせて、自宅最寄り駅まで面談に言ってくれるという柔軟さ。

医師の就業状況が不安定なため、そのライフスタイルに合わせたサポートを心がけてくれるのが医師転職ドットコムのキャリアコンサルタントです。

医師転職ドットコムは医師転職にオススメ使い勝手や評判などをご紹介
医局を抜けてフリーランスに!医師の働き方は多様化してきている 医師の転職活動は一般的なサラリーマンの転職活動と違い、医局内での人事異動や転職が主流でしたよね。 自分の所属する医局が絶対であり、医局ごとに独自のネットワークも築いていま...

ドクタービジョン

大手薬局の日本調剤グループの運営する医師転職サイト。

日本調剤は、医療も医薬いずれの事業にも精通しています。

医療業界のあらゆる事業、あらゆる職種の求人取扱があるので、求人の取り扱う種類には定評があります。

また、女性向けの求人も多いので、医療業界での転職を考える女性にもおすすめしたい転職サイトです。

ドクタービジョンは高収入の求人が多い?評判や口コミなどもご紹介
医師の転職活動では、医局を退局して新たな職場を探すにあたり医師専門の転職サービスを活用することが不可欠ですよね。 転職活動で転職サービスを利用するには、まず自分の業種や職種、年代などに合わせたサービス展開をしている求人サイトを利用する...

医師が転職を始める時期はいつか?

医師転職も同様、求人が出回り始めるタイミングなど、医師転職活動を始めるのにおすすめの時期もあります。

医師の転職は、いつ頃の時期がベストなのでしょうか?

早速ご紹介していきます。

医師が転職活動をスタートする時期は10月

医師の求人が出回りやすくなるのはズバリ、10月です。

そのあと医師の転職活動が多くなるのは、1月、6~8月の夏場です。

10月に医師転職が多いのは時期の体制などを考慮して

そもそも10月は、次年度の運営方針や人事などを決める時期でもあります。

それに併せて、次年度の医師の採用方針なども決まってきます。

そのことから多くの医療機関では様々な決め事や方針が決まったあと、各医療機関が求人を出し始める為、10月は最も医師の転職にの採用活動が盛んな時期と言えるのです。

年明けや夏場も医師転職の求人は多い

また6月から8月と夏場に医師の転職が多いのは何故でしょうか?

一般的に医師の転職では、ボーナス支給後の6月末に今の医局などを退局し、それから転職活動をスタートさせる医師も多いです。

また4月の新年度にバタバタしていたのも落ち着き、そこで抜けた人員を補填するために、6月~8月も医師の求人は増えます。

また年明けの1月も、年末に細かい引継ぎを終えて、かつ新たな職場に新年度のタイミングで合流できるように」、といったことで1月に医師転職をスタートさせる先生も多いのです。

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10
「医師向けの転職サイトって、ほんとに使っている人なんているの?」 「転職サイトなんて情報だけ抜き取られるだけの悪質な感じがする」 と言った声も多いです。まだまだ医師転職は医局の繋がりや紹介などで行う先生が多く、まだまだ転職サイト...

医師が転職を考える理由ランキング

1年の中でも医師の転職が増える時期はわかりましたが、そもそも医師はどのような理由で転職を考えるのでしょうか?

ここからは医師が転職・医局を退局を決める理由を調べ、ランキングにいたしましたのでご紹介いたします。

1位 人間関係に悩み

医師が転職を考える理由の1位には人間関係が1位になりました。

人間関係が原因で医局を抜けたいという先生が多いようです。

医局ではやはり派閥など、パワーバランスが大きいですよね。

年を重ねるごとにポジション争いや派閥争いなどが過激化し、その環境から抜けたいと考えるとのこと。

総合病院 一般内科 30代

勤めていた総合病院での上のポジション争いにうんざりしていました。

ある時運営方針に疑問を感じ提議したところ、自分の所属する上司の逆鱗に触れてしまい…。そう簡単に他の派閥に入ることもいかず、気づけば医局に居づらい状況に。

しかし医師にとって医局を抜けることは命取りです。そう簡単に抜けるわけにもいかず…。

いっそのこと、転科したり開業目指したりすることで、転職をしてしまおうか悩んでいた時に、たまたま付き合いのあった方が転職サイトも意外と使えるよと教えてくださり、無事に医局を抜けることが出来ました。

2位 年収アップのために

医師が転職を考える理由の2位は、年収アップのためでした。

医師の仕事は一般人からしたらとても高度な仕事です。

同じ高度な仕事でなら、より収入が高い方で働きたいですよね。

そのように年収アップを目指した転職を行う先生も多いのです。

大学病院 形成外科 30代

元々開業が目標でしたので、とにかく開業資金が必要でした。

やっと自分が仕事にも慣れてきたところで、たまたま医師の年収の記事が目に入り、自分の収入よりも平均が高くて落胆しました。

これからもっとアップする見込みもないし、早く開業するにはもっと資金を貯めるスピードを上げなくてはと思い転職をすることを決めました。

かといって医局内で転科する気もなかったので、医局を抜けるために上手く根回しをしていました。

新しい職場を紹介してもらったり、自分で転職サービスで求人を見つけたり…非常勤にはなりましたが、なんとか今より収入が高くなるクリニックに転職することが出来ました。

非常勤なので、学会などに行く時間もできて結果良かったです。

3位 労働環境

医師の労働環境はやはり過酷なもの。

夜勤や当直、急患などの時間外対応、また大きな手術など、とにかく医師は自分の時間というものはないに等しいですよね。

過酷な労働環境でご自身が体を壊してしまい、転職を考えられる先生もいらっしゃいます。

大学病院 産婦人科 40代

自分の親の介護が必要になり、介護と仕事を両立していました。

しかしやはり仕事も時間外で呼び出されて対応をしないといけないことも多く…夜勤や当直後に寝ずに親の元まで向かい介護し、そのまま病院へ戻るなど、ハードな生活が続きました。

仕事と親の介護の繰り返しで全く休めずついに自分が倒れてしまい、気づけば自分が病院送りに…。

なんとか復帰したものの、相変わらずの激務が重なり…このままでは親を見送る前に自分が先に逝ってしまうと感じ、退局を決めました。

親の元への移動時間もネックであったので、実家近くの病で1から出直そうと決め、そこから転職。以前の職場の激務と、介護にも理解のある病院へ転職することが出来ました。

4位 キャリアアップ

4位はキャリアアップでした。

年収アップと同様に、開業医を目指し診療科目を増やすために転科を試みる→他の病院に移り転科といった先生も多いとのこと。

総合病院 一般内科 30代

今の病院の臨床研修制度の運営方針が変わり、裁量が増えて忙しくなりました。人員も補強されず、とにかく忙しい日々。

それまでは休診日には学会に出たり色々勉強のための時間も確保できていましたが、上は人員を増やす気も無さげ。運営方針のおかげで全くそんな時間が取れなくなったのです。

常にアップデートを行い、レベルの高い手術を執刀したい、しかし以前のように常に研究できない状況で、なかなか勉強できない。

そのことを上司に告げてもそこまで気を留めず、といった態度にもストレスがたまり、医師として自分の価値を見出せなくなり退局しました。

ネットで探した転職サービスでそのことを伝えると、研究時間も確保できる職場を紹介してもらい、今では以前のように充実した日々を送れています。

5位 家庭環境により

先生の中ではその忙しさから中々家族との時間を確保することが出来ず、「もっと家族との時間を大切にしたい」ということから、今の医療機関よりも時間が確保できる病院や、雇用形態や働き方を目指して転職を考えらる先生方も多いです。

また女性の先生は、妊娠や出産などのライフイベントで一度産休や育休をとったりすることで、一度今の職場を辞めて、落ち着いてきてから新たに転職活動を行う方も多いです。

総合病院 産婦人科 40代

研修医を終えた20代ではバリバリ働き詰めの日々を送っていました。結婚して子供を授かったタイミングで一度今の医局を出ようと考えました。

もちろん産休や育休も取れましたが、まだまだ古い考えのところで…あんまりいい顔されなかったり。

これじゃブランク後復帰しても、居場所ないかもと思い退局しました。

育休から仕事復帰をしようと思い転職サービスを利用しましたが、最近は女性応援とか子供がいる先生理解あり、みたいなところも多くて驚きました。

医師の転職サイト を比較! あなたの職場は満足ですかcom まとめ

今回は、数ある医師の転職サイトを比較して、医師の転職に役立つ情報を紹介しました。

それに合わせて、医師の転職時期など、医師が転職するその要因についても言及しました。

いずれも、これから転職する医師にとっては無視できない要素。

転職する医師なら、今後の自分の将来、キャリアについて強く念頭に置きながら仕事するべきでしょう。

医師が転科を決める理由とは?転科しやすい診療科目は?
自分の診療科目から他の科目へ転科することはよくあることだと思います。 医師の働き方も多様化している現代、医師転職でも医局を退局して転職サービスなどを活用した転職活動なども増えてきていますよね。 また医師転職のニーズが高まってきて...

コメント