ドクターキャストは産業医や保健師の転職に強い!評判や口コミなどをご紹介

医師転職サイト

転職サイトはどれも同じようなものだと思っていませんか。

転職サイトによって、扱っている求人の量や職種は異なります。

ドクターキャストは医師を専門とした、転職サイトです。

母体となる運営会社はメディカルキャストであり、実績と経験が豊富です。

それではドクターキャストを利用して、転職するのに適した人はどのような人なのでしょうか。

ここではドクターキャストのメリット・デメリットを解説し、口コミや評判も紹介します。

ドクターキャストとは?

医師の転職求人を専門に扱っているドクターキャストは、大手会社であるメディカルキャストが運営しているサイトです。

メディカルキャストは医療関係のコンサルタントを主に行っている会社であり、医療業界に詳しい会社です。

ドクターキャストが扱っている求人は、地方や過疎地域の中小病院やクリニックが多い特徴があります。

また求人の中には産業医や保健師など、大手企業からの求人も豊富です。

ドクターキャストには業界の事情に詳しいキャリアコンサルタントが多く在籍しており、転職を希望する人のサポートが手厚いのも特筆すべき特徴の一つです。

またドクターキャストの公式サイトはきちんと整備されていて、初めて利用する人でも簡単に自身の希望に合った求人を絞り込むことが出来ます。

ドクターキャストでのお仕事探しをするメリット

それではここからはドクターキャストを活用するメリットを紹介していきます。

ドクターキャストのメリットにはどのようなことがあるか詳しく見ていきましょう。

キャリアコンサルタントが転職をサポート

ドクターキャストに登録すると、利用者をサポートするキャリアコンサルタントがついてくれます。

ドクターキャストのキャリアコンサルタントは業界の事情に詳しく、医師特有の悩み相談にものってくれます。

医師は転職活動をするにしても、予定が日々変わるためなかなか本腰を入れて転職活動を行うことが出来ません。

しかしドクターキャストを利用すれば、その点は心配いりません。

キャリアコンサルタントが自身の希望をヒヤリングした後、利用者に代わって求人を探してくれます。

そのため現職に集中しながらも、転職活動が可能なのです。

また転職先の病院での面接にはキャリアコンサルタントが同席しますので、就職までの過程を有利に進められます。

さらに転職後のアフターフォローもしてくれるので、就職してから条件が違ったということがあってもキャリアコンサルタントがサポートしてくれます。

女性医師の高収入・高待遇求人が豊富

ドクターキャストのメリットとして挙げられるのは、女性医師の高収入で好条件の求人も豊富に扱っているという点です。

ドクターキャストのサイトには、女性医師だけに特化した求人情報の特集も用意しています。

医師として働いている女性は出産や子育てがあると、一時的に仕事を休まなければならない場合もあります。

女性医師は休んでいる間に、自身のポストを他の人によって埋められていると職場復帰が難しくなります。

ドクターキャストは子育てと仕事を両立したい女性医師のために、託児所などが用意されている求人を紹介してくれます。

また女性医師のなかには自身のスキルや経験を活かし、将来のキャリアアップや収入をアップさせたい人もいるでしょう。

ドクターキャストはそんな人の希望に沿った求人を探してくれます。

産業医・保健師などの求人が多数

ドクターキャストの転職サイトのなかには、企業からの求人も多数存在しています。

医師の仕事は、全て病院に勤務するという訳ではありません。

企業に勤める産業医や保健師という働き方であれば、毎日安定したスケジュールで生活が出来ます。

当然のことですが、病気やけがは前もって予定を組んで起きるものではありません。

そのため多くの病院では24時間体制で、患者の受け入れを行っています。

病院に勤めている医師は急患が運ばれてくれば即対応しなければなりませんし、人手が足りなければ夜を通して働くこともあります。

医師として働いていると自身のスケジュールが安定しないため、体調を崩してしまう人もいますし、プライベートを充実させることも出来ません。

安定した生活スタイルで働きたい医師にとっては、産業医や保健師の求人の多いドクターキャストはおすすめの転職サイトです。

ドクターキャストでのお仕事探しをするデメリット

利用することでメリットの多いドクターキャストですが、デメリットも存在します。

それではドクターキャストのデメリットは何でしょうか。

詳しく説明していきます。

大規模の病院からの求人は少ない

ドクターキャストの求人の多くは地方の中小病院か、クリニックが大半です。

総合病院や国公立大学病院からの求人は、あまり多く扱っていないのがデメリットです。

医師としての転職を目指す人の中には、今後のキャリアアップやスキルアップ、または現職よりも規模の大きな病院を希望する人もいるでしょう。

しかしながら、ドクターキャストを利用して規模の大きな病院に転職するのは難しいです。

ドクターキャストが扱っている大規模な病院の求人数が少ないため、自身の希望に合った病院が見つかりにくいです。

もしも自身の希望に合った病院が見つかったとしても、人気のある求人の場合は応募人数も多く転職難易度が高くなってしまいます。

ドクターキャストは、規模の大きな病院に転職を希望する人に対してはおすすめできません。

業界の知識が乏しいキャリアコンサルタントがいる

ドクターキャストのメリットは、医療業界に詳しいキャリアコンサルタントがサポートをしてくれるという点にあります。

しかしドクターキャストのキャリアコンサルタントの中にも、医療業界にあまり詳しくない人も存在しているようです。

もしも自身の担当者が医療業界に詳しくない人だった場合は、自身の医師ならではの悩みや相談を理解してくれません。

そのため自身の希望を伝えたとしても、キャリアコンサルタントによってその希望が反映された求人を紹介してくれない場合もあります。

医師の転職は一般的な職業と比べて、難易度が高く時間もかかります。

転職活動を失敗させないためにも、自身が信頼のおけるキャリアコンサルタントに変えてもらいましょう。

ドクターキャストでお仕事探しをすべきなのはこんな先生

ドクターキャストを利用して転職をすべきなのは、どのような先生でしょうか。

ここではドクターキャストを利用して転職をすべき先生の特徴を解説します。

地方や過疎地、離島などの病院に転職したい人

ドクターキャストの求人の多くは、地方の中小規模の病院やクリニックです。

さらにドクターキャストの求人の中には、人口に対して病院数や医師の人数が足りていない離島などからの求人も多くあります。

医師の職場は大規模の病院だけではありません。

小規模でも、地域に密着した形で医療を行っている病院やクリニックも多くあります。

大規模病院では医師一人が、担当する患者は多数になってしまう傾向があります。

そのため医師は患者一人一人に対して、きめ細かな医療を施すことが困難になってしまいます。

地域に密着した形で営業している中小規模の病院では、医師が担当する患者数も大規模病院に比べて少ない傾向にあります。

ドクターキャストは患者と直接コミュニケーションを取りながら、医療を行いたい人にはおすすめの転職サイトです。

高収入を目指す女性医師の人

ドクターキャストは、キャリアアップや収入をアップさせたい人におすすめの転職サイトです。

年々女性医師の人口は増えています。

しかしながら出産や子育てのために一時的にでも職場を離れてしまう可能性のある女性医師は、病院内でも重要なポストが与えられない傾向にあります。

そのため、キャリアアップや収入をアップさせるという点で男性医師よりも不利な状況にあります。

転職をするにしても、長期的に勤続を願う病院からは女性医師は敬遠されてしまいがちです。

ドクターキャストには女性医師の転職や復職、キャリアアップのための女性医師だけに向けた求人情報も用意されています。

女性医師で働く環境の改善や、キャリアアップを目指すのであれば、ドクターキャストがおすすめです。

一時的に地方で働きたいと考えている人

ドクターキャストは一時的に地方で働きたいと考えている人にも、おすすめの転職サイトです。

ドクターキャストの求人では、1ヶ月から1年間程度の期間限定の仕事も紹介しています。

短期勤務の求人募集は、ドクターキャストのサイトで特集を行うほど豊富に扱っています。

人手が足りていない現場への期間限定での求人なので、一定期間が過ぎれば現職に復帰することが出来ます

このような期間限定の転職は一時的な気分転換にもなりますし、他地域の病院のシステムを知ることが出来るのでスキルアップにもつながります。

特に首都圏の総合病院で働いている人にとっては、自身が働く病院の医療制度を客観的に見直す良い機会になるでしょう。

転職をする際にサポートが必要な人

ドクターキャストは、転職する際にサポートをしてくれるスタッフが必要な人にはおすすめの転職サイトです。

医師の仕事はスケジュールに安定性が無く、転職しようにも転職活動すら出来ない状況にある人も多くいます。

そのため転職が後回しになってしまう場合があります。

ドクターキャストには利用者の転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントがついてくれます。

面談で自身の希望をコンサルタントに伝えれば、希望に合った求人をコンサルタントが探してくれます。

その間は自身の仕事に集中できます。

ドクターキャストに登録すれば、働きながら転職活動が行えるのです。

また転職する際には、転職先の職場環境も気になります。

コンサルタントは事前に求人先の職場の様子をリサーチしてくれるので、自身の性格に合った雰囲気の職場も見つけやすくなります。

ドクターキャストで転職までのステップとは?

非公開求人などを見たり、キャリアコンサルタントをつけたりするなどドクターキャストを利用するには、まず転職サービスへの登録が必要になります。

その後、自身の希望する求人を見つけてコンサルタントと共に転職をするという流れになります。

ドクターキャストを利用して転職に至るには4つのステップがあります。

  1. ドクターキャストのサイト登録と相談
  2. 求人情報の提供と応募
  3. 面接と施設見学
  4. 条件が決まり次第、転職先決定

ドクターキャストのサイト登録と相談

ドクターキャストの転職サービスの利用を始めるためには、サイトに登録が必要になります。

ドクターキャストの公式ホームページから無料登録を行ってください。

登録が完了するとドクターキャストのキャリアコンサルタントからメールか電話で連絡がいきますので、直接面談の日程を調整します。

ドクターキャストのキャリアコンサルタントとの直接面談の時には自身が転職を希望するに至った経緯や理由、転職先への希望などをヒヤリングします。

面接での希望内容によって、医療関係の転職に詳しいキャリアコンサルタントが自身の転職プランを作成します。

求人情報の提供と応募

ドクターキャストのキャリアコンサルタントが、利用者の希望に合った求人を探します。

さらに求人先への打診も同時に行います。

この時、利用者はキャリアコンサルタントの連絡を待つだけで大丈夫です。

求人検索の途中経過などは、随時メールなどで連絡してくれます。

ある程度の求人が集まったところで、再度面談を行います。

キャリアコンサルタントが集めてきた求人の中で、気に入ったものがあれば応募することになります。

応募方法や書類の書き方がわからないという場合も、キャリアコンサルタントがサポートしてくれます。

面接と施設見学

求人先への書類による応募が済むと、直接面接の日程を調整します。

日程調整はキャリアコンサルタントが仲介して行ってくれるので、自身の都合の良い日をキャリアコンサルタントに伝えましょう。

面接の件数や施設の見学は何件でも可能です。

自身に合った職場かどうかは、実際に行ってみなければわかりません。

この機会を利用して、自身に合った職場を探しましょう。

面接時にはキャリアコンサルタントも同席しますので、安心して面接に臨めます。

自身では直接聞きにくい質問などもあるでしょう。

キャリアコンサルタントに事前に相談しておけば、自身に代わって質問してくれます。

条件が決まり次第、転職先決定

面接後はキャリアコンサルタントが、求人先と条件交渉を行います。

福利厚生や給与面での条件が全て擦り合わせ完了すれば、内定となります。

労働契約の締結を行い、転職先が決定という流れになります。

ドクターキャストは、利用者の転職先が決定した後もアフターフォローがついています。

転職後にもしも条件が違ったり、自身と職場の雰囲気が合わなかったりした場合も担当のキャリアコンサルタントが引き続きサポートします。

ドクターキャストを実際に利用した先生の体験談

常勤/30代/女性/年収1,000万円

私は東京の総合病院で働いていました。

その病院が初めての職場でした。

私は同期で入った誰よりも、スキルも知識も豊富だという自信がありました。

しかしながら病院内での評価は他の男性医師の方が上で、私の年収は思った通りに上がっていきませんでした。

私は年収が上がらないという点よりも、自身の実力が正当に評価されていないという点に不満がありました。

私が望んだ大規模な病院でしたが、自分の実力を認めてくれる病院に変えたいと思いドクターキャストに登録しました。

キャリアコンサルタントの人は女性で、私の現在の病院に対する不満を相談すると、とても理解してくれました。

キャリアコンサルタントとのミーティングの数日後に、連絡がありました。

キャリアコンサルタントが紹介してくれたのは、10件以上。

全て現職と変わらない規模の病院でした。

これらの病院では女性医師でものびのびと働いているとのことでしたので、その中から気にいった求人を選びました。

転職後は病院内の人間関係も良好で楽しく働かせてもらっています。

常勤/20代/男性/年収700万円

私は医師になりたてで、師事している医師からは無理な連勤も頼まれてしまいます。

先輩医師からの頼まれごとなので、毎回断ることも出来ずに働いていました。

一生懸命働いていますが、私が夢見ていたような仕事は出来ていません。

先輩医師の顔を見ても、いつも疲れ切った感じがするのでこの職場に将来はあるのかどうか心配になりました。

そこで他の病院でも働いてみたいと思い、ドクターキャストを利用しました。

私は毎日仕事で転職活動が出来る暇などありませんでした。

しかしドクターキャストのキャリアコンサルタントの方が色々と動いてくれたため、私は転職活動をする必要はありませんでした。

私はもちろん転職は初めてでした。

求人先との面接はとても緊張しましたが、キャリアコンサルタントの方も同席してくれていたので安心でした。

キャリアコンサルタントの方を通したので、年収も求人条件より少し上がっていました。

常勤/40代/男性/年収1,500万円

私は転職前の病院に、勤続15年と長期にわたって働いていました。

医師という仕事に夢を持ってこれまで勉強し働いてきましたが、長期間働いていると知りたくないことも知ることになってしまいます。

他人の人間関係など、患者への医療にはどうでもよいことだと思っていました。

しかしその病院ではドラマにあるようなどろどろとした人間関係もあり、派閥争いなどにも巻き込まれそうになりました。

そのような職場環境が嫌になり、転職を決めました。

ドクターキャストにこのことを相談すると、職場の雰囲気が良く働きやすい求人を紹介してくれました。

現在の病院ではスタッフ間での争いもなく、患者への医療に集中できます。

私が若い頃から思い描いていた、理想の医療現場で働けているのでとても幸せです。

ドクターキャストの総評

今回は医師転職サイト、ドクターキャストについて紹介しました。

  • メディアキャストが運営しているため、利用現場に詳しい
  • 産業医や保健師の求人が多い
  • キャリアコンサルタントのサポートが手厚い
  • 女性医師の求人に特化した情報が用意されている
  • ドクターキャストの登録方法
  • ドクターキャストの利用者の口コミ

などを紹介しました。

ドクターキャストは地方や過疎地域での医師転職を目指している人や、転職のサポートを受けたいと思っている人にはぴったりの転職サイトです。

これを読んで、医師としての転職を有利にすすめてもらえることを願います。

医師の転職サイトおすすめランキングTOP10
「医師向けの転職サイトって、ほんとに使っている人なんているの?」 「転職サイトなんて情報だけ抜き取られるだけの悪質な感じがする」 と言った声も多いです。まだまだ医師転職は医局の繋がりや紹介などで行う先生が多く、まだまだ転職サイト...

コメント