電通に転職は現実的に可能か?どんな人が中途採用される?契約社員のキャリアプランは?

dentsu 大企業への転職

日本最大の広告代理店「電通」といえば、テレビ広告、新聞広告から雑誌広告など、幅広い広告を扱う総合広告代理店です。

以前の事件以降も、新卒が入りたい企業として高い人気を誇った企業です。そのネームバリューの高さもあり、転職先としても高い人気を誇った企業です。

バリバリの仕事人が揃う電通は、コンペ、競争、成果優先の、働く社員から「戦場」と揶揄されるほどの企業です。

しかしその分扱う仕事規模は大きく、平均年収も1000万円を越える大企業です。しかし当然、それだけ高所得者が集う企業への転職は難しく、電通への転職となるとかなり狭き門をくぐり抜ける必要もあるので、それ相応の覚悟と準備を整えておきましょう。

中途採用に手を出し始めた電通

電通は採用スタイルとして、長年新卒採用一本に絞っていました。

しかし、社員が自殺したことなどを受けて、電通は2017年1月より、大規模な中途採用に取り組んでいます。

その入社の間口も意外と広く、業界経験者やクリエイティブ職のキャリアがあれば、電通への転職は可能だと言われています。

とはいえやはり求められるスキルの水準は高く、高い語学力や、仕事に活かせる専門知識を有していることなどが採用基準となります。

採用されても最初は契約社員

確かに、電通はおよそ10年ぶりに大規模な中途採用にのりだしました。

しかし、電通へ実際に採用されたとしても、はじめは「契約社員」として採用される運びとなり、正社員登用はその後ということです。

契約社員から正社員へ採用されるのは、契約社員の中で5%ほどの人だということで、かなり狭き門と言えるでしょう。

電通 契約社員の仕事内容は?

電通の契約社員は、アカウントエグゼクティブでの仕事になります。

これはつまり、「営業職」です。

電通の営業職の仕事は主に、「案件獲得」と「プロジェクトマネジメント」です。

広告媒体の予算配分を提案すること、社内他事業部と連携しながら、設定された納期に間に合うようにスケジュール管理を行うことなどが、電通の営業職のしごとです。

プロジェクト規模によって、メンバー規模や求められる領域も変わってきます。

電通 契約社員の年収は?

電通の契約社員は、平均して「400~800万円」程度の年収をもらっています。

これは当然、前職や経験、スキルに応じて金額が変わります。

電通の契約社員は年俸制で、賞与はありません。

契約社員は基本的に昇級が見込めないので、入社時どれくらいの金額が提示されるか、が重要になります。

電通の契約社員は待遇もよく福利厚生は正社員と変わらない待遇を受けられます。

これは、契約社員としての勤務を考えると、破格の扱いだと言えるでしょう。

世界有数の広告代理店でキャリアを積むことを割り切って働くべき

電通の契約社員として働くひとの正しいマインドセットとしては、「自分は世界有数の広告代理店で経験を積んでいる」という満足感を得ながら働くことです。

「今の経験を、いかに次回の転職で役立てるか」

ということを考えるのです。

例えば転職エージェントのキャリアコンサルタントに、「電通の契約社員経験がある」と伝えると、次回の転職で活かせると必ず言うはずです。

電通の契約社員のその後のキャリアプランは?正社員登用可能?

電通の契約社員として働くひとの多くが、「できれば正社員として働きたい」と思っているもの。

しかし電通の契約社員から正社員転換はかなり狭き門です。

電通は毎月2,3名のペースで契約社員を雇用しています。

営業職だけに限っても、電通の契約社員数は数百名にも登るのです。

この中から正社員となるには、局長の推薦をもらって、推薦を受けた他のメンバーの中からさらに絞り込まれた後書類選考がはじまります。

ここで10名ほどまで絞り込まれて、実際の面接を受けられるのは5名ほど。

そして採用されるのが1名か2名程度であることを思うと、電通の契約社員から正社員登用はかなり狭き門だということがわかるでしょうか。

「契約社員から正社員へのステップアップ」を考えている方は、少し違うキャリアプランを想定しておいた方がいいでしょう。

電通への転職難易度はどれくらい高いか?

電通へ転職することの難易度も考えてみましょう。

そもそも電通は、中途採用の求人をそれほど多く出しません。多少業種によって求人数に差はあるものの、他企業と比べるとかなり少ない傾向にあります。

その求人に応募しても正社員採用されるのは5%と考えると、電通への正社員転職の難易度は「かなり高い」と言えるのでしょう。

電通の採用試験の難易度

電通の中途採用試験を具体的に調べて、電通の中途採用の難易度について調べていきましょう。

採用フロー

中途採用の採用フローは、

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. WEB適正テスト受験、小論文提出
  4. 二次面接
  5. 最終面接
  6. 内定

となります。

面接で聞かれる内容

電通は、「会って確かめる」ことを採用において心がけているので、採用においてこの面接が大きなウエイトを占めています。

中途採用の面接で聞かれる内容としてはやはり、「今後のビジョン」や「キャリアパス」だと思われます。

広告代理店経験者には、過去の経験、マーケティングについて聞かれるでしょう。

電通は、超体育会系の企業として有名ですから、採用されるにはいかに自分もそんな場でやっていけるかをアピールすることが大切です。

どれだけ自分の過去培った経験に自信があり、どれほどそのスキルを電通での仕事に100%活かせるか、それを熱く語ることが大切です。

電通へ転職後の年収は?

電通の転職後の平均年収について調べていきましょう。

電通へ転職したいと思っている人の多くが、電通で働く社員は高所得者が多いということに起因しているはず。

電通の平均年収

電通の平均年収は、

2014年:1271万円
2015年:1228万円
2016年:1247万円

となっています。広告業界は平均年収が高い業界であることもあり、電通の平均年収は毎年高水準をキープしています。

電通は30歳から平均年収が1000万円を超えるとも言われていますから、転職後は同じ業界内の転職でも、別業界の転職ならなおさら、大幅な年収アップが期待できるでしょう。

契約社員の年収は年俸制

電通へ中途採用された社員の多くが契約社員となることは説明しました。

その契約社員の年収自体は、そこまで大きく正社員とかわらないと言われています。しかし契約社員は年俸制で賞与がないこと。社員の扱いに差があることなどで、やはり不自由さを感じる契約社員が多いそうです。

どんな人が電通へ転職できるのか

ではもっと具体的に、どんなスキルを有している、どんな人が電通への転職できるのか、具体例をみていきましょう。

電通くらいの大企業への転職成功例ともなると、ネット上に情報が流れてくるので参考になります。

アイデアと実現力がある人

広告業界はクリエイティブな職種なため、やはりいちばん求められるのは、アイデアが溢れて、そのアイデアを実現する力のある人です。

企画や戦略を立てて終わりではなく、クライアントと一緒になって企画を実現させるのが広告会社の仕事の神髄ですし、この「実現力」がクライアントからの信頼につながり、当社の強みの源泉となります。ですので「アイデア×実現力」は、電通人として仕事をしていく上で、欠かすことのできない資質だと思います(人事局採用部・門馬大悟氏)。

宣伝会議デジタルマガジン

アイデアを生み出すのは日々のインプットによるものです。電通へ転職するには、日々のインプットを怠らない努力が必要ですね。

コミュニケーション能力が高い人

電通で働くためには、高いコミュニケーション能力を有していることも求められます。

宣伝会議では、人事担当者がこんな事を言っていました。

広告会社の仕事は社内外の大勢の人たちを巻き込みながらチームを組んで進んでいくものなので、コミュニケーション力は必須です。コミュニケーション力とは、相手の気持ちを思いやる想像力のこと。人から愛され信頼される、人間力・コミュニケーション力とは何か。そうしたことを学生時代から意識して過ごしてみるとよいと思います。

真の人間力で人から愛されるようなコミュニケーション能力こそ、電通人に求められる能力のようです。

知識幅の広い人

クリエイティブ職ならなおさら、電通で即戦力となるスキル、知識を持っていることが求められます。

高い語学力、アプリの制作実績、プログラミングスキルなど、知識、スキルの幅が広い人でないと、電通へ転職するのは難しいとなってしまいます。

電通の中途採用面接ではどんなことが聞かれる?

電通の中途採用試験では避けて通れないのが「面接」です。

電通に転職するためにクリアしなくてはいけないこの面接。

面接官からどんな質問を受けるのか、前もって質問内容をある程度把握しておくことで、採用率が上がります。

電通へと転職しようと思った理由

ほぼ確実に聞かれるのがこの、「電通へ転職したいと思った理由」「転職目的」に関する質問です。

他の会社の採用面接でも聞かれることが多いこの「転職理由」ですが、電通への転職ならではの理由を考えておきたいですね。

10年後どんな仕事をしたいか

電通の面接を受けた多くの人が、「10年後どんな仕事をしたいか」を質問されています。

この質問によって、面接を受けた人のキャリアプランを確かめることもできます。

企業としては、半年後、1年後しか見てない視野の狭い人材より、長期間に視野を広げて働く人材を欲しいと思うもの。

さらにこの質問で、「電通で長く働いてくれそうか」も確かめることができます。

過去携わったプロジェクト

過去どんなプロジェクトに携わっていたか、面接ではそうした過去の経歴も聞かれます。

過去のプロジェクトを聞くことで、電通は「自社で働いてもらった時のメリット」を確かめようとするのです。

面接を受ける側としては、具体的に過去どんなプロジェクトに携わっていたか。

そのプロジェクトではどんな利益を上げたか。

面接官に「この人を採用するとうちにメリットがある」という印象を与えることができると、中途採用されやすくなります。

時折突飛な質問をされることも

人によっては、面接の定番を外したユニークな質問をされることもあるようです。

例えば、
「私の心を読んでください」
「あなたを動物に例えるとなんですか?」

など。

それらの質問にうまい返答をするには、常に頭をフル回転させておくこと。

想像力を常に使いながら日々生きていることで、突飛な質問にも上手に答えることができるようになります。

普段から本を読んでおくなどして、右脳を使いながら生きていたいですね。

電通に転職するには?

もっと具体的に、電通に転職するには、どのような道順をたどる必要があるのか、そこを調べていきましょう。

広告代理店でキャリアを積む

やはり日本最大の広告代理店である電通は、前職が広告代理店勤務だったことのアピールを重宝します。

たとえ小さい広告代理店だったとしても、方方の広告代理店で培った知識、経験が確固たるものだったなら、電通への転職が可能となるはずです。

コンサル経験を活かす

ストプラテジックプランナー食への転職には、過去のコンサル会社勤務経験が活きます。

マーケティングの仕事は確かにコンサルティングと似た業種であることもあり、コンサル会社勤務経験は強いです。

コンサルティングは他職種よりも自頭が良く、提案力に優れているという側面が強いので、電通への転職でもかなり有利になるはずです。

何より前職がネームバリューのある企業であること

電通への転職にはやはり前職のネームバリューがものを言います。

電通への転職で比較的難易度が低いと言われる「営業職」「メディア職」「エンタメ職」は、前職のネームバリューがものを言います。

バックヤードの仕事はほとんどを契約社員が請け負っているとも言われており、社員の入れ替わりが激しい分野でもあるのです。応募資格も広く、営業職の転職は特に、たとえ業界未経験の人でも転職に成功した実績があります。

電通の残業は長いか?

電通と言えば、「長い残業」のイメージがあります。

2017年には、そんな長い残業によって女性社員が過労自殺したことも記憶に新しいです。

転職のことを考える上で、企業の残業時間についても把握しておくことは、言うまでもなく重要です。

電通の残業時間はやはり長いのか?長いとしたら、具体的にどれくらい長いのか?

部署・プロジェクトによって残業時間に差がある

やはりというか、他の企業でも同じことですが、残業時間は所属部署、関わっているプロジェクトによってかなり変わります。

事務職社員なんかは、残業がほとんどなく、月に一度残業があるかないか…なんていう意見も。

反対に未だに月70時間は当たり前、のような部署も。しかし調べた限りでは、電通の残業時間は取り組みなどによりかなり減っており、以前に比べるとかなり働きやすい環境になっているなという印象です。

2017年以降残業時間短縮に取り組み中

電通は会社全体として、残業時間をへらす取り組みを行っている途中です。2017年の事件があったことを思うと当然ですね。

かつて過労自殺した社員は月105時間残業を強いられていたそうです。

しかしその実態は、会社から一方的に「残業するな」とのお達しがあるのみなど、その実態はわかりません。

会社が設定した目標時間どおりに仕事していると、会社のノルマに到達しない社員も多いですから、残業時間の詳しい実態についてはわからない点が多いです。

まとめ

電通は日本最大の広告代理店。平均年収は1000万円を越えるという、高所得者が多い企業の代表格です。

電通へ転職したとしても、最初は契約社員としての採用になるものの、「電通で勤務していた」というキャリアはその後の人生でも大きく影響するはず。

エンタメ系、広告代理店勤務経験などが有る方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント