転職に失敗した後の「出戻り転職」はあり?出戻転職が成功する人の特徴

転職コラム

意外と多いのが、一度転職した後、前の会社のほうが良かったと思い行う「出戻り転職」です。

元々働いていた会社ですから、再び前の状態に戻って働くのはそれほど難しくないのでは…?

なんて考える方もいるかもしれません。しかし、ことはそう簡単ではないのです。

会社の人事担当者、企業の風土によっては、出戻り転職がうまくいかないなんて場合も珍しくないのです。

そもそも「出戻り転職」という選択肢はありなのか、出戻り転職を成功させやすくなる秘訣はあるのか、調べてみましょう。

「出戻り転職」って実は珍しくない

一度退職した後、再び前の職場に戻るのが「出戻り転職」です。

エン・ジャパンの調査によると、一度退職した社員を再雇用したことがあるか?というアンケートに対して、およそ67%の企業が「ある」と答えています。

社員規模のおおきな第き合ほど、再雇用したことがあると答えているので、大企業ほど出戻り転職が盛んだということでしょう。

出戻り転職の難易度は高い

「出戻り転職は珍しくない」とはいえ、出戻り転職の難易度は低くありません。

出戻り転職は、採用する人事担当者の性格、考え方、企業が出戻り転職を受け入れる風土ができているか否か、様々な要因で左右されます。

総括的にいって、出戻り転職それ自体の難易度は「高い」といえるでしょう。

前職の上司や社長の推薦がないと出戻り転職は難しい

出戻り転職を成功させたほとんどの人が、「前職の上司」「前企業の社長」などの推薦を受けて成功させています。

つまり、以前の企業の上司に気に入られていた人のみが、無事に出戻り転職を成功させることができるというわけです。

出戻り転職を行う前に、「自分は以前の職場で同僚、上司に気に入られていたか」を思い出してみてください。

退職までの流れが面倒

出戻り転職の難易度を上げる要因の一つに「退職手続きが面倒」とういうのが上がります。

人事担当者からすると、「せっかく面倒な手続きを行って、退職まで無事おくりだしたのに「出戻り転職」なんて…」とうんざりした気分になってしまうかもしれません。

人事との距離が短い中小企業ならなおさら、出戻り転職に対するハードルを高く感じてしまうかもしれません。

知っておきたい退職の手続き!退職届けを出す時期から年金・保険の手続きまでを徹底解説
転職活動に成功し、企業から内定をもらえたら現職の仕事場を退職して転職先に移籍する事になります。 その際に行うべき手続きの流れや内容を、いったいどれくらいの人がしっかりと理解しているでしょうか? 手続きに必要な書類や職場に返却すべ...

一度退職した社員を再雇用するには「再び雇用してもいい」と思わせるほどの魅力がいる

一度退職した社員を雇い入れる企業側からすると、その社員を雇い入れることでメリットを感じたいはずです。

一度なにかしらの問題があって、企業を退職した社員。その社員を再び雇い入れても良い、と感じるほどの企業とのニーズとのマッチング、そしてそれに見合ったスキルなどメリットを出してはじめて「出戻り転職」が行われるのです。

他社でスキルを積んだ人

他社で一度働いた期間があるなら、その他社で働いた期間中何かしらスキルを身に着けて居た場合、再び雇用されやすくなるはずです。

他社で培ったスキルがあれば、わかりやすく以前の企業にメリットを感じてもらいやすくなりますよね。それによって出戻り転職しやすくなるはずです。

上司に可愛がられていた人

上司の推薦で出戻り転職の成功率が上がることは、さっきも言ったとおりです。

つまり、以前の企業で上司に気に入られていた人は、出戻り転職に必要な推薦を受けやすくなります。

今から「出戻り転職のため上司に気に入られろ」というのは難しいかもしれませんが、自分が上司にとってどんな存在だったか、それを考えるのは良いことです。

出戻り転職で年収が下がることも

出戻り転職は、通常の転職者と同じ扱いを受ける場合が多いです。

それまで積み上げたキャリアは、出戻り転職によって無に帰してしまうのです。

それによって、年収が以前より低くなってしまうケースも、十分にあり得るでしょう。

出戻り転職で、以前と同じ状態で勤務できる、という期待はしないほうが賢明です。

しかし反対に、以前よりスキルが身に着いていた場合、年収アップの可能性もあります。

出戻り転職のメリットを感じてもらう

出戻り転職を成功させるには、以前の企業に「自分が戻ってくることで企業にメリットがある」ことを伝えることが大切です。

「またうちで働いてほしい」と思わせるほどのメリットを感じれば、転職を受け要らずにはいられないですよね。

一般的な転職と違い即戦力として働ける

普通の転職と違うのは、企業が再び教育する必要もなく、すぐに即戦力として働いてもらえるという点です。

教育するのは、企業側にとって多くのリソースが奪われます。そのリソースを割かずに、円滑に勤務を開始してもらえるのは、企業にとってこれ以上無いメリットです。

一度採用しているので人間性、スキルを把握しやすい

企業としては、以前採用したこともあり、その人の人間性その人のスキルをしっかり把握できます。

細かいヒアリング、実際に働いてもらって貸家に馴染んでもらうまでの時間が必要ありません。

出戻り転職ならではのデメリットにも気をつける

当たり前のことですが、企業側が「出戻り転職」へのデメリットを感じてしまうと、再雇用を受けるのが難しくなってしまいます。

出戻り転職のデメリットもしっかりおさえておいて、自分が転職するとき、そのデメリットを感じさせない努力を行ってください。

一度退職しているので退職のハードルが低い

以前一度退職してるわけですから、企業としては「また退職するのではないか」と思うのが普通です。

以前と同じ理由で退職されては、せっかく出戻り転職を受け入れたとしても企業にとっては損しかありません。

出戻り転職を行うからには、もう二度と退職しないということを企業側に感じてもらうことが大切です。

周りの社員に「出戻り転職は可能」という認識を持たれる

出戻り転職を受け入れると、戻った社員の周りの社員も「一度辞めても戻ってこれるんだ」という認識を与えてしまいます。

それにより、無用な退職者を生んでしまうリスクがあり、それは企業にとって大打撃です。

そういったリスクもあり、出戻り転職を受け入れない企業も少なくないのです。

社員全員に歓迎されるとは限られない

出戻り転職を行ったとしても、「よく戻ったね」とすべての社員から言われるとは限らないのです。

自分が戻ってくるんだから、きっとみんな喜んでくれるという期待を持って転職をしていると、肩透かしを食らう結果になってしまうかもしれません。

まとめ

転職に失敗してしまい、再び以前働いていた企業に「出戻り転職」する人も少なくありません。

出戻り転職は全体で見れば珍しいことではないものの、無事に出戻り転職を行うまでには高いハードルがあります。

出戻り転職のコツは、いかに会社側へ「自分が戻ってくることでメリットがあるか」を伝えられるか、ということに絞られます。

コメント