第二新卒の転職は失敗しがち?成功に導くための挽回方法とは

若者既卒・第二新卒

第二新卒の市場は熱いという言葉を鵜呑みして転職に踏み切ったはいいものの、中々上手くいかない。

確かに第二新卒枠の求人も増えてきており、市場からの評価も高まっています。

しかし、だからといってなにも対策をせずに就職活動を進めても、第二新卒で逆転成功をするつもりが転職して大失敗となってしまった…なんてことになりかねません。

早まってしまったかも…?今回は、第二新卒の転職の失敗に陥りやすい原因を始め、いかに失敗の可能性を回避するか、成功へ挽回するためのコツなどを解説していきます

第二新卒の転職が失敗に陥りやすい原因

第二新卒が転職において失敗に陥りやすい原因には同じようなケースが多いです。

そのためこれから成功を目指すためにも、よくある失敗に陥りやすい原因を把握し、できるだけ回避する策を考えることが大切です。

POINT

  • 転職理由がまわりの人や環境のせい
  • やめる理由が明確にできない
  • 退職が目的になり理想が明確になっていない
  • 転職対策が新卒の就活のまま
  • 自己分析がアップデートされていない
  • 大手や人気企業ばかりうけてしまう
  • 目先のいい条件につられてしまう
  • すでに退職してしまった

    一つ一つの原因をもう少し細かく解説していきます。

    転職理由がまわりの人や環境のせい

    「上司が気に食わない」「会社が融通が利かなくてうまくいかない」など、まわりのせいにばかりしていては、結局転職ができても、また同じような悩みに直面します。

    どんな理由であれ、結局その会社への入社を決めたのは自分です。

    自らがその選択を行ったのにもかかわらず環境が人がと責任転嫁をし、根本から解決をしようと努力をしなければ、転職先でもまた同じような理由で退職してしまいがちです。

    やめる理由が明確にできない

    転職活動において、退職をした理由を明確に説明できますか?

    何か目的をもって転職活動に臨んでいるわけでないのであれば、採用担当者としても「入社してもまたすぐ辞めてしまうのではないか」「忍耐力が無いのでは」と、ネガティブな評価になりかねません。

    第二新卒の市場は需要が高まってきているものの、このようにすぐにやめてしまうような人材ではスムーズに転職活動を進めていくのは難しいでしょう。

    退職が目的になり自分の理想が明確になっていない

    やめる理由が明確でないのと同様に、辞めることが目的となっている場合も注意です。

    自分のキャリアプランが明確になっていないと、軸がしっかりと定まらず、とにかく目についた求人に飛びつきがちです。

    無計画に転職活動を進めても、結局入社してから「しっくりこない…」と感じ、また再転職活動に…なんてことになりかねません。

    転職対策が新卒の就活のまま

    第二新卒の市場と新卒の就職活動では、そもそも市場から求められることが異なります。

    新卒の時のように、とにかくポテンシャル重視であったり、学生時代に力を入れたことを得意げに話していても、「じゃあ新卒で入社した会社で何やってたの?」なんて言われてしまいます。

    第二新卒の転職市場で求められることを理解して、現状に合わせた対策を行わないと、いつまでたっても転職成功にもっていくのは難しいでしょう。

    自己分析がアップデートされていない

    同様に、自分の自己分析がアップデートされていないケースも多いです。

    第二新卒は新卒の就職活動と異なり、よりビジネスマンとしての視点を求められます。

    学生時代に取り組んだことではなく、前職では問題解決のためにどのように思考し、行動をしてきたのかをアピールすることができなければなりません。

    大手や人気企業ばかりうけてしまう

    第二新卒枠を狙って大手や人気企業ばかり受けていては、なかなか内定をゲットすることはできません。

    とくに大手企業などの第二新卒枠は、新卒の就職活動よりも採用人数も少なく狭き門です。

    また第二新卒は新卒の就職活動と違い、短期間であっても社会人としての経験やスキルなどを求められます。

    その上で、他社の優秀な人材を引き抜くくらい、厳しい基準で採用活動が行われるのです。

    そのため並大抵の対策では、狭き門を潜り抜けることができません。

    何とか第二新卒枠で潜り込めないかな…というようなノリで転職活動を進めてしまうと、「なかなか内定をゲットできずに時間だけが過ぎていく…」なんてことになりかねません。

    目先のいい条件につられてしまう

    転職活動の軸や、転職先に求めることがはっきりとしていない場合も注意が必要です。

    自分が優先したいことが明確でないと、福利厚生がいい・なんか良さそうと言ったように、目についた求人に飛びつきがちです。

    いざ内定が決まって入社できたとしても、「実はブラック企業だった」「働いてみるとなんか自分に合わなかった…」など、ミスマッチとなり「失敗してしまった…」と感じてしまう人も多いのです。

    すでに退職してしまった

    早く次の就職先をみつけるためにも、今のところを早めにやめて就職活動に集中したいと考える人も多いです。しかしこれは非常に危険な判断です。

    正直、転職活動は運やタイミングで決まることも多いです。

    今働いているところをやめたからと、すぐに次の就職先が決まる保証はありません。その間に無収入となってしまうと、金銭的にもつらい状況が続いてしまうでしょう。

    また就職活動がうまくいかず時間がかかってしまった際に、経歴のブランクの期間がとても多くなってしまいます。

    採用担当者としても、ブランクの期間が長いと「今まで何をしていたの?」「こんなに長期間就職活動を行っていても決まらなかったのであれば、この人に何か問題があるのではないか?」と懸念されてしまいかねません。

    第二新卒の転職を逆転成功させるためには戦略的にすすめる

    転職のポイントを指す女性

    第二新卒の転職活動を成功させるためには、失敗しやすい原因をできるだけ回避しつつ、戦略的に進めることが大切。

    新卒のときと同じ感覚で進めず、第二新卒用の転職用にアップデートさせて活動を進めていきましょう。

    POINT

    • 改めて自己分析をアップデート
    • ネガティブな理由はポジティブな理由に変換する
    • 今後のキャリアプランを明確にする
    • 転職先に求める条件を明確にする
    • 次が決まるまでは退職しない
    • ポテンシャルをしっかりアピール
    • 理由にすべて根拠を話せるようにする
    • エージェントなどプロの力を借りる

      改めて自己分析をアップデート

      転職活動においても、自己分析が大切です。転職失敗の原因にもある通り、新卒の時と同じような自己分析の使いまわしでは、転職成功させるのは難しいでしょう。

      第二新卒として転職活動を進める今の自分にフォーカスした、新たな内容にアップデートしていくことが大切です。

      POINT

      • なぜ第二新卒として転職活動を行うのか
      • どのようにありたいのか・その考えに至った理由は

      転職活動を行う理由や自分の強み・弱み、問題に直面した際にどのように思考し対処をしたのかなどを整理しておくことが大切です。

      転職活動における【自己分析】の考え方。課題解決の経験を思い返してみよう
      転職活動において自己分析の有無は、その後の結果に少なからず影響を与えます。ここでは、自己分析の考え方やポイントについて解説しています。

      ネガティブな理由はポジティブな理由に変換する

      退職に至った理由の中には、「上司と馬が合わなかった」「ブラック企業であった」など、ネガティブな理由であるケースも多いでしょう。

      たとえ事実であったとしても、ネガティブな理由をそのまま伝えるのはあまりいい印象を持たれません

      そのため理由を聞かれても、いかにポジティブな表現に変換ができるかがカギとなります。

      一例

      • 成長できる機会が限られており、限界を感じていた。
      • 個人戦での業務が多かったが、チームで切磋琢磨し、お互いを高められる環境に移りたかった
      • 新規営業ももちろん大切だが、既存の顧客を大切にする仕事に移りたかった

        よりポジティブな内容に変換して、かつ自己分析で見つけた強みや志望動機に絡めていけるとより一貫性のある内容になり、転職する理由に説得力を付けることができるでしょう。

        今後のキャリアプランを明確にする

        今後自分がどのようなキャリアを積んでいきたいのかを明確にすることも大切です。

        ここがしっかりと決まっていることで、次に自分が目指すべき場所が明確になります。

        求人探しにも指標ができるため、企業研究もしっかり行うことができ、より入社してからのミスマッチを防ぐことができるでしょう。

        転職先に求める条件を明確にする

        転職先に求める条件も明確にし、優先順位を付けておきましょう。

        前職をやめるきっかけになった理由や、実際に働いていく中で譲れないポイントなどをできるだけ洗い出し、リスト化をしておくことがポイントです。

        ここがはっきりしていないと、いざ求人をチェックした際に「福利厚生もいいし、なんとなくいいかも」と決めてしまい、実際に働くと「通勤時間が大変、アクセスが不便」「残業手当がなかった」など不満が出てきてしまったりするものです。

        前職での反省点も踏まえて、次の職場では譲れないポイントを洗い出しておきましょう。

        チェックリストを作るとより求人比較がしやすい

        自分が転職先に求める条件を洗い出したら、表にしておくことをおすすめします。

        表にしておくことで、いい求人が複数あった際に表に書き込んでいき、比較をしていくことができます。

        サンプルとして下記に一例を作成しました。

        A社B社C社
        職種営業事務総務・人事営業事務(コールセンター)
        給料18万18万(研修中は17万)17万
        勤務時間9:00~18:00(8h)9:30~18:00(7.5h)10:00~19:00(8h)
        通勤時間電車30分+徒歩5分電車40分、駅直結バス15分+徒歩5分
        休日125日:土日祝、年末年始と夏季休暇アリ120日:月1土曜出勤アリ、年末年始休み120日:休みはシフト制、年末年始は交代で休暇
        残業時間月30程度月20h程度繁忙期は20hほど、閑散期はほぼ残業なし
        残業代月20hまでは見込み残業代込み月45h見込み残業代込、別途支給なしあり
        手当家賃手当2万、他資格手当ありとくになしとくになし
        社保社保完備社保完備社保完備

        「やりたいことはA社だけど、家からの近さや残業が無いC社も良いな…」といったように、自分が求める条件に対し、根拠をもって比較をすることができます。

        気になる企業をすぐに比較することができるため、選ぶ際の基準にも使えるでしょう。

        他にもいくつか内定が決まったあとに入社する会社を決めるために比較をするのにも使えます。重視しておきたいポイントはできるだけ書き出して置き、入社後のミスマッチを少しでも少なくしましょう。

        次が決まるまでは退職しない

        できれば、次に入社する会社が決まるまでは、今働いている会社で働きながら転職活動を進めましょう。

        転職先がすぐに決まる保証はありませんし、もし転職活動に時間がかかってしまった場合、その間の収入が絶たれてしまうのは非常に痛いです。

        そうなると、とにかく仕事を決めなければと内定が優先となってしまい、結果ミスマッチの会社に入社してしまいかねなくなります。

        早く辞めたい…とは思うかもしれませんが、より自分にあった企業に入社を目指すためにもすぐにはやめず働きながら就職活動を進めていきましょう。

        仕事も忙しくて働きながら活動はきつい…という人は、第二新卒向けの転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

        求人紹介だけでなく、企業とのやりとりもすべてエージェントが行うため、自分は面接などに出向くだけで済みます。働きながらの転職活動でも妥協することなく次に進む準備に取り掛かれるでしょう。

        おすすめのエージェントは、この記事の下部でもご紹介しています。

        ポテンシャルをしっかりアピール

        スキルよりも本人のポテンシャルを重視する新卒と就職活動とは違うと紹介はしていますが、だからといって第二新卒ではチェックされないわけではありません。

        第二新卒の転職でも、ポテンシャル面でのアピールは非常に大切ですし、採用担当者も重視してチェックしている項目と言えるでしょう。

        転職市場における第二新卒は、新卒よりは最低限のビジネスマナーを持った即戦力として働ける人材であるという点が注目されています。

        それと同じくらい第二新卒の転職活動では「新卒のように向上心や学ぶ姿勢がある」と言ったようなところも求められています。

        そういったニーズであることを理解しつつ、ポテンシャル面もアピールしていくことが大切であることを念頭に入れておきましょう。

        とにかく「この子なら向上心をもって取り組んでくれる」「一緒に働く人たちともうまくやっていけそう」と思わせられるようにすることが大切です。

        理由にすべて根拠を話せるようにする

        志望動機・退職理由、ほかにも、とにかくすべて明確な根拠を話せるようにしておくことが大切です。

        「なんとなく」「理由は無いけど」と言うような、根拠がない理由であると「うちに入社してもすぐ辞めるのではないか」と思われてしまう懸念があります。

        ネガティブな理由をポジティブなものに変換することでも同じですが、なぜその選択をしたのか、なぜ御社を志望したのか、など、とにかく理由を尋ねられた際にしっかりと答えることができると良いでしょう。

        エージェントなどプロの力を借りる

        転職エージェントなどを利用するのも、有効な方法です。

        特に働きながら第二新卒枠で転職活動を進めていくのは、何かと厳しい場面もあります。

        特に1社目の新卒の間は何かと忙しくなかなか転職活動と両立させるのは至難の業です。

        そこで転職エージェントをりようがおススメです。第二新卒こそ、転職エージェントを利用すべきと言えます。

        POINT

        • 自分に合った求人を紹介してもらえる
        • 企業とのやりとりはすべてコンサルタントが行う
        • 書類の添削や面接練習なども対応してくれる
        • ビジネスマナー研修などの就活講座も開かれている
        • 内定後の条件交渉や、現職の退職のコツも教えてもらえる

          上記のようにメリットも多く、働きながらでも無理をせず転職活動を進めていくことができます。

          第二新卒の転職失敗を回避して、成功に導いていくためにもエージェントを利用しない手はないでしょう。

          第二新卒の転職を失敗を回避するためにもプロの力を借りる

          ポイントをメモする女性

          第二新卒の転職でエージェントを利用する際は、第二新卒の支援の特化したエージェントを利用がおススメです。

          通常の転職エージェントを利用してしまうと、いい求人があったとしても第二新卒は対象外であったり、3年以上の社会人経験必須の求人ばかり…となかなか自分にあったサービスや求人を受けることができないこともあります。

          そこで第二新卒に特化したサービスがおススメです。

          POINT

          • ハタラクティブ
          • 第二新卒エージェントneo
          • マイナビジョブズ
          • UZUZ

          ハタラクティブ

          求人数約10万件
          対象エリア全国
          総合評価4.0
          スタッフの質4.0
          地方求人4.0

          ハタラクティブは、第二新卒や既卒になど若年層の就職支援に特化した就職エージェントです。内定率は80.4%と非常に高い数値を誇っています。

          取り扱う求人は第二新卒や既卒など若年層を求めている企業ばかりのため、自分の条件に合った求人を効率よく探していくことができます。

          特にハタラクティブはコンサルタントのサポートの手厚さも評判が高く人気のエージェントです。

          第二新卒枠で転職活動を進めていきたいけど、いろいろ不安が大きい…という人でも自信をもって活動を進めていくことができるでしょう。

          登録後は、担当のコンサルタントとの面談後に求人紹介が行われます。

          ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説
          ハタラクティブの利用時に気になることが、実際の利用者の評判ですよね。 評判を調べていても情報が煩雑していたりと、評判の本当のところがわかりにくいところがあります…。 今回は、ハタラクティブの評判の真相を解明するために、利用者の口...

          第二新卒エージェントneo

          求人数約15000件
          対象エリア全国
          総合評価3.5
          スタッフの質4.0
          地方求人3.0

          第二新卒エージェントneoも、第二新卒の就職サービスに特化したエージェントです。

          コンサルタントへの相談のしやすさや、利用者満足度はナンバーワンを誇っており、第二新卒の転職時には利用しておきたいサービスの一つです。

          第二新卒エージェントneoでは担当のコンサルタントが利用者一人あたりに対し平均8時間もの時間を割きます。手厚いサポートを受けたい人にはおススメです。

          第二新卒エージェントneoの評判の真相を口コミから徹底解説!
          第二新卒や既卒での就職活動を行う場合、通常の転職エージェントなどでの活動では、取り扱う求人の幅が多すぎてしまい効率的に進めにくいですよね。 そのため応募を行っても、『実は第二新卒は対象外であった』なんてことが発覚し、選考に申し込むこと...

          マイナビジョブ

          求人数約1500件
          対象エリア全国
          総合評価5.0
          スタッフの質5.0
          地方求人4.5

          マイナビジョブは、20代の就職支援に特化した転職エージェントです。

          人材大手のマイナビのグループ会社で、新卒の就職活動時にも利用した人も多いのではないでしょうか。

          マイナビは特に若年層への支援を強みとしています。また新卒就職支援領域での企業とのつながりもあり、取り扱い求人も大手や優良企業の求人が多いことも魅力の一つです。

          またプロのコンサルタントからの求人紹介だけでなく、企業からのスカウトが行われることも。

          よりキャリアアップを目指していきたい、憧れの企業に挑戦してみたいという人にはマイナビジョブ20の利用もオススメです。

          第二新卒転職に強いマイナビジョブ20'sの口コミでの評判はいい?
          マイナビジョブ20'sを利用して転職するべきか否か、マイナビジョブ20's利用者の口コミから調べたい…。 今回は、そんな方に向けて今回、口コミや評判をもとに転職エージェントとしてマイナビジョブ20'sが使いやすいか否か、詳しく説明して...

          UZUZ

          ウズウズ

          求人数
          対象エリア全国
          総合評価4.0
          スタッフの質4.0
          地方求人4.0

          UZUZも、第二新卒や既卒に特化した就職エージェントです。

          UZUZのコンサルタントはほとんどが第二新卒や既卒で入社した人ばかり。そのためコンサルタントは自分の境遇に理解がある人が多いため、自身の経験に基づいた根拠のあるサポートを受けることができます。

          またUZUZでは、利用者一人当たりに割いているサービスの時間は驚異の20時間。

          とにかくじっくり手厚いサポートを受けたいという人にはおすすめでしょう。

          またしゅづ案で受けることができるビジネスマナー研修や、エンジニア職に就くための講座のUZUZカレッジといったスクールなども開かれており、より手に職を付けて対策をしたい人にもピッタリのサービスです。

          UZUZの評判の真相は?口コミをもとに特徴を解説
          既卒や第二新卒向けの転職サービスのuzuzですが、サービスの評判を調べてみると、ネガティブなものも見受けられます。 uzuzの実際の評判はどのようなものなのでしょうか。 今回はuzuzの利用者の口コミをもとに、評判の真相を解明し...

          第二新卒の転職失敗まとめ

          第二新卒が転職に失敗したと感じるケースは、物事に対する考え方や思考がアップデートされていないことによるものと言えます。

          これは第二新卒に限らず、転職を考えている全ての人に当てはまることでもあります。

          そのときによる自分の立場や、時代に合わせて考え方をアップデートしたり、必要な対策を行うことが大切です。

          また『第二新卒だから就活を成功することはできない』ということはありません。しっかりと対策を行うことで、第二新卒から逆転するチャンスも十分あります。

          まずは自分のこれまでを、見つめなおしキャリア計画を立てたうえで、第二新卒の就職活動を進めていきましょう。

          20代の転職で役立つ資格はどれ?転職する業界別に紹介!
          「転職には資格が必須!」 「資格があれば転職は簡単!」 なんて意見。 どちらも短絡的すぎます。 確かに、資格のある無しは転職が成功するか否かを大きく左右するポイントです。 しかし転職において資格は、「目当ての業種」...
          既卒向けの就職サイト・エージェント6選!使いこなすコツや注意すべきポイントとは
          既卒での就職活動を進めていくのであれば、既卒向けのサービスの利用がおススメです。 また既卒向けの就職サービスには、就職サイトと就職エージェントがあります。これはそれぞれ役割が異なるため、自分に合ったサービスを利用することが大切です。 ...
          第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング
          新卒で入社したばかりでも、「転職」を考える人は多いです。 新卒から間もない人のことを「第二新卒」と呼びますが、そんな新卒から時間が経てずに転職する「第二新卒の転職」に役立つ転職サイト・エージェントをランキング形式で紹介します。 ...
          例文を押さえよう!第二新卒者の自己PRの書き方
          入社したもののやりたい仕事とは違っていた、もっとスキルアップできる会社に移りたい、などさまざまな理由から転職を考えている人も多くいるでしょう。 その中でも企業からの需要が高いのが第二新卒です。 しかし、同じように転職を考えている...

          コメント