第二新卒が転職で失敗しない秘訣とは?

若者既卒・第二新卒

「第二新卒」とは一般的に、新卒から3年未満の求職者のこと。

新卒で一度入社したものの、様々な事情で一度その会社から辞めて、再び別の会社に転職しようとしている人も多いです。

第二新卒は、一度会社を辞めてしまったとはいえまだまだ若者。

一度目の経験を活かして次回の転職に活かせば、次こそ自分にぴったりの仕事に就くことができるはず。

そんな、失敗も多いもののまだまだチャンスな第二新卒の転職。

しっかりとコツを見極めていきましょう。

第二新卒転職の失敗例とは

まずは、第二新卒で転職する人がやりがちな失敗例から調べていきましょう。

転職活動は適切な手順を踏まないと成功しません。

人生において貴重な「若い時代」を無駄にしないために、しっかりと適切な転職活動を行いましょう。

転職理由がぼんやりしている

そもそもどうして、せっかく新卒で一度入った会社を辞めて、別の会社へ転職したいと思ったのか、その理由をもう一度思い出してみましょう。

この「転職理由」が適当ではっきりしないものだったなら、その転職活動はうまくいかないでしょう。

転職理由で多いのが、「残業が多い」「人間関係がうまくいかない」などというもの。

「とにかく仕事を辞める」のではなく、「次の仕事ではこういう働き方がしたい」と将来への明確なビジョンを持っておきましょう。

在職中に転職活動をしなかった

在職中に一切転職活動をしなかった人は、うまく次の転職先を見つけられないかもしれません。

「とにかく仕事を辞めたい」一心で仕事を辞めてしまった人は、収入が途絶える、将来の不安(意外と辛い)などの理由で結構苦労します。

「仕事を辞めたい」という動機でスタートするのではなく、「未来へのステップアップ」を目的として転職することにしましょう。

第二新卒のデメリットを理解していない

第二新卒は、新卒とついているものの、新卒と比べるとやはり就職のしやすさではかなり不利となります。

新卒として入社し、一年と経たず会社を辞めているなら、「また辞めるのではないか」と思われてしまいます。

そしてそもそも第二新卒では応募できない企業も少なくありません。

そうした、「第二新卒は新卒より就職が難しい」ことを理解した上で転職を行ってください。

どうすれば第二新卒の転職はうまくいくのか

では、そんなリスクもある第二新卒の転職。

どうすれば成功に導くことができるのか。

「第二新卒転職成功の秘訣」を具体的に見ていくことにしましょう。

未来の計画をしっかり立てる

まだ若いあなたには、「未来」のことなんてわからないかもしれません。

それでも、第二新卒の転職には「未来の展望」が何より大切です。

5年後10年後どうなっていたのか?どんな仕事で働いていたいのか?キャリアはどうなっていたいか?

将来の部分が曖昧な状態では、第二新卒の転職は決してうまくいきません。

スケジュールを決めて転職する

第二新卒の転職は時間との戦い。

しっかりと細かくスケジュールを立てましょう。

ここまでで応募企業を決めて、退職日はここ、ここまでで面接に合格して、この日に初出勤する。

そんな、「転職のスケジューリング」が大切です。

改めて自己分析する

就職活動や転職活動は、やはり「自己分析」が大切です。

短かったかもしれませんが、あなたが実際に社会で働いてみてどうだったのか。

自分が他の人より秀でているのはどんな部分なのか。

もう一度考え直してみましょう。

転職理由を思い出す

どうして転職したいと思ったのか。

その理由をもう一度思い返してみましょう。

しかし決して、次職の面接で、ネガティブな転職理由を正直に伝えてはいけません。

ネガティブな転職理由だったとしても、上手にポジティブな理由にコーティングするのが転職成功のコツです。

第二新卒の転職は簡単か?難しいのか?

第二新卒の転職自体の難易度は難しいのか、簡単なのか?そこも考えていきましょう。

ここで言う「転職の難易度」は、あくまで2017年12月段階の難易度です。

今後またどう日本情勢が傾いて、転職市場に影響が出るかはわかりません。

現代日本は慢性的な人手不足

現在の日本は、ハッキリ言ってどの分野も「人手不足」です。

第二新卒くらい若い人材は、どの企業も喉から手が出るほど欲しい。そんな状態です。

特に人手不足が嘆かれてるのが「IT業界」です。

ITの理解が無い文系の若者がSEになる「文系SE」が増えているのが、人手不足である証左ですよね。

贅沢を言わなければ転職自体は難しくない

贅沢なことを言わなければ、第二新卒の若者は転職自体は難しくありません。

企業、業界を選ばなければ、それほど苦労なく転職は成功するはず。

しかし…大手企業は第二新卒を募集していない?

とはいえ…新卒と第二新卒が明確に違う部分があります。

それは、上でも触れたように、そもそも「第二新卒を募集していない企業がある」ということです。

そもそも応募できないのですから、第二新卒の転職が成功するはずがありません。

特に、大手銀行や大手企業など、古い歴史を持つ日本企業が、第二新卒を募集していないイメージです。

第二新卒は「本当に自分を必要としてくれる会社」に転職するべき

転職を考えた第二新卒が考えるべきなのは、「次は本当に自分を必要としてくれる会社で働く」ということです。

一部上場企業や、ブランドのある企業ではなく、自分の能力を活かせて、自分がイキイキ働ける会社。そこで働く事を考えるべきです。

しかし、企業の数は多く、職種の幅は広いです。

自分が働くべき一社をみつけるのは容易なことではありません。

しかし、仕事は人生においてかなり重要な事柄。

慎重に自分の未来を見つけていきましょう。

転職エージェントに相談

まだまだ社会を知らない第二新卒は、やはり知識を持つアドバイザーが必須。

そのアドバイザーは、「転職エージェント」にいます。

転職エージェントは第二新卒だったとしても手を差し伸べてくれるはず。

転職エージェントのキャリアコンサルタントの中には、第二新卒の年と近い年代の社員も多いです。

同年代の「転職のプロ」に、自分の将来働くべき仕事のアドバイスをもらいにいきましょう。

リクルートエージェント

第二新卒の転職でおすすめしたい転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、転職エージェント業界NO1の求人数を持っていますから、幅広い選択肢の中から自分の将来を考えることができるのです。

キャリアコンサルタントと相談しながら、幅広い求人情報を見極めていきましょう。

まとめ

第二新卒の転職市場は、実は最近熱気を増しています。

「とりあえず3年働け」という新卒へのメッセージはもはや過去のものです。

転職市場での価値を考えても、第二新卒の状態で行う転職には大きな価値があります。

転職という言葉が頭をよぎったなら、一度冷静に転職理由や動機を考えて、やはり転職しかないと決意したなら、無理せず転職エージェントを頼ってください。

コメント