第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング

第二新卒 希望別転職サイトランキング

新卒で入社したばかりでも、「転職」を考える人は多いです。

新卒から間もない人のことを「第二新卒」と呼びますが、そんな新卒から時間が経てずに転職する「第二新卒の転職」に役立つ転職サイト・エージェントをランキング形式で紹介します。

第二新卒は、他の年代と比べると比較的若者も多いので、転職の難易度はそこまで高くありません。転職先企業の見極めさえうまくいけば、「失敗」はあまり考えられないでしょう。

しかし、そんな選択肢の広い「第二新卒の転職」だからこそ、第二新卒向け転職サイト・エージェントをしっかり活用したいですよね。

  1. 第二新卒におすすめ!転職サイト・エージェントランキング
    1. 1位 ハタラクティブ
    2. 2位 リクナビNEXT
    3. 3位 doda
    4. 4位 リクルートエージェント
    5. 5位 マイナビジョブ20s
    6. 6位 ウズキャリ第二新卒
    7. 7位 MIIDAS
  2. 第二新卒の転職でもエージェントが活躍する
    1. 転職に慣れない若者にアドバイスをくれる
      1. エージェントから企業への推薦 交渉を行ってくれることも
    2. ピッタリの求人を提案してくれる
    3. 「ひとりじゃない」安心感が手に入る
    4. 転職エージェントを上手に使うコツ
      1. エージェントをいくつか併用する
      2. 転職時期を聞かれたら「すぐにでも」と伝える
      3. キャリアコンサルタントと相性が合わなければ「チェンジ」してもらう
      4. 推薦文に気を配る
      5. 一つの求人案件は一つのエージェントから応募
  3. 第二新卒はどの企業でも貴重
    1. 普遍的にどの業界も若手不足
  4. 「フリーター」と「第二新卒」の違い
    1. 「離職時期」「現在の状況」で属性が決まる
    2. フリーターからの就職は専門のエージェントから
  5. ニーズで転職エージェントを使い分ける
    1. 自分のペースで求人を選びたいなら「リクナビNEXT」
    2. アドバイザーと相談しながら転職したいなら「ハタラクティブ」
  6. 転職サイト・エージェント以外の転職方法
    1. 公的支援制度を利用する
    2. 出身校のキャリアセンターで転職する
  7. まとめ

第二新卒におすすめ!転職サイト・エージェントランキング

それでは早速、「第二新卒の転職」に強い転職サイト・エージェントを1位から紹介していきます。

第二新卒は、他の属性とは異なる条件で転職することになるので、独自の目線から転職サイトを比較することになります。

1位 ハタラクティブ

第二新卒におすすめの転職サイト、1位は第二新卒や既卒の転職に特化している「ハタラクティブ」です。

案件数、コンサルタントの質、書類作成のアドバイスなど、どこを取っても一級のエージェント。

第二新卒に特化しているため、サポートのノウハウはしっかりできており、内定率も80%以上という実績があります。

しかし、求人の数と質は、リクルートエージェントなどにかなわないので、他の大手エージェントとの併用をおすすめします。

ハタラクティブの使い勝手は?サポートの充実性は?
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

2位 リクナビNEXT

リクルートの運営する転職サイト「リクナビNEXT」もおすすめです。

さすがリクルート、求人数は転職サイト中トップ。豊富な求人の中には、もちろん第二新卒受け入れの求人もあります。

自分の経歴書、履歴書を登録しておけばスカウトが届くサービスもあり、転職サイトと思えないサービスの充実ぶりが自慢です。

特におすすめなのが「グッドポイント診断」です。グッドポイント診断を受けることで、自分の強みやスキルを知ることができます。そこで得た自己分析を元に、転職活動を行ってください。

リクナビNEXTの口コミ・評判 サービス内容
リクナビNEXTは国内最大級の転職サイト。国内最大級がゆえ抱える求人数も膨大です。リクナビNEXTの、他にはないメリットとデメリットを調べてみることにしましょう。

3位 doda

リクルートに次ぐ求人大手「doda」も第二新卒の転職にピッタリのサービスを展開しています。

dodaも最近ニーズが高まっている「第二新卒」に力を入れています。求人の質、量、サービスがそれぞれ充実しています。

第二新卒向けページも用意されており、第二新卒の求人を職種別で検索、大手求人に絞った第二新卒求人の紹介など、第二新卒の求人だけで細分化して紹介してくれています。

dodaに登録して、希望すればキャリアコンサルタントと相談することも可能。第二新卒の転職に心強い味方をつけることができます。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

4位 リクルートエージェント

転職エージェント最大手「リクルートエージェント」は、やはり第二新卒の転職でも強いです。

圧倒的な求人数、過去の転職希望者を成功に導いてきた実績が、転職希望の第二新卒を助けます。

まずは、とにかく豊富な求人をチェックするという目的で、「とりあえずリクルートエージェントに登録」くらいの軽いノリで利用してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

5位 マイナビジョブ20s

若手求人の扱いに強いマイナビの、20代、第二新卒に特化したサービスが「マイナビジョブ20s」です。

マイナビジョブ20sのサービスは多岐に渡ります。第二新卒のための「無料相談会」から、「20代の転職HOWTO」など、第二新卒の転職に役立つコンテンツを多数提供しています。

求人が東京・大阪・名古屋が中心と、利用エリアに限りがありますが、それさえクリアすればかなりおすすめの転職サイトです。

6位 ウズキャリ第二新卒

株式会社ウズウズが提供する「第二新卒専用」の転職サービスです。

さすが第二新卒に完全特化したサイトらしく、

  • 内定率の高さ
  • キャリアコンサルタントが全員第二新卒
  • ブラック企業ゼロ
  • など、独自の強みがあります。

    内定が決まった後も、入社前フォロー、入社後フォローの制度があり、さすがニーズを意識した手厚いサービスを受けられます。

    7位 MIIDAS

    人材大手「パーソル」の運営するスマホベースの転職サイト。

    転職サイトの新しい形であることもあり、メインターゲットは「第二新卒」など若手人材。

    会員登録すれば、登録社の情報を元に、データベースから「適正年収」をリサーチすることができます。

    転職活動も、過去のデータベースに基づいた転職が可能です。自分と同じようなキャリアの持ち主が、どこへ転職しているのか。自分の身の回りの転職状況を知ることができるのも、MIIDASのメリットです。

    MIIDAS(ミーダス)の口コミ・評判サービス内容
    MIDASはスカウトシステムを採用しており、登録者を気に入った企業からのスカウトを待つタイプの転職サイト。一問一答に答えるだけで、簡単に自分のレジュメを登録できます。後は、企業からのスカウトを待つのみ!

    第二新卒の転職でもエージェントが活躍する

    第二新卒の転職には、「転職サイト」を使う場合と、「転職エージェント」を活用するケースが考えられます。

    私は断然、転職サイトを使うよりも転職エージェントを使って転職する方が、転職活動を有利に進められると思っています。

    第二新卒転職には転職エージェントを使うべき理由を説明します。

    転職に慣れない若者にアドバイスをくれる

    第二新卒ということは、新卒で入った企業を長くても2,3年で辞めてしまったということです。

    ということは、年の頃せいぜい25。ほとんどの人がはじめての転職のはず。

    転職には考えるべきことが多く、無知な若者には苦しいことも多いです。

    転職エージェントに登録すれば、エージェント在籍のキャリアコンサルタントと相談しながら転職活動を進めることができるため、疑問、不安を解消できます。

    エージェントから企業への推薦 交渉を行ってくれることも

    エージェントが、転職先企業への推薦、内定後の交渉まで行ってくれることもあります。

    一人きりの転職活動ではまずありえない「推薦」や「交渉」を受けるためにも、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

    ピッタリの求人を提案してくれる

    やはり大きいのは、エージェントのキャリアコンサルタントが、利用者の希望、状況に応じた求人を提案してくれることでしょう。

    特に転職したことがないなら、求人を自分の目で見定めるのはかなり難しいです。

    やはりここは、転職のスペシャリストたるキャリアコンサルタントに頼ってみるのが一番でしょう。

    「ひとりじゃない」安心感が手に入る

    なかなかバカにできないのが、キャリアコンサルタントと一緒に転職できることによる「一人じゃない」という安心感です。

    私にも経験があるのですが、転職活動はとにかく不安で苦しいです。

    先行きが未確定で、自分の将来がどうなるか不安、そして面接を受けた企業からの不採用通知…。

    とにかく苦しい状況に追い込まれることばかりです。そんな苦難も、キャリアコンサルタントが一緒に居てくれれば、きっと乗り越えることができるはずです。

    転職エージェントを上手に使うコツ

    自分にピッタリのエージェントを見つけたら、次は実際にそのエージェントで転職活動を進めることになります。

    いざ転職エージェントを活用しはじめた後の事を考えて、転職エージェントを上手に使うための活用法を学んでおきましょう。

    エージェントをいくつか併用する

    転職エージェントには登録数の制限はありません。

    複数のエージェントを同時に利用することで、多くの求人を見られる、自分にあったキャリアコンサルタントを見定めることができるなど、多くのメリットがあります。

    転職エージェントは基本的に利用料も無料なので、第二新卒の転職に強いエージェントを複数利用しておくことをおすすめします。

    転職時期を聞かれたら「すぐにでも」と伝える

    転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントとの面談を行うこととなります。

    キャリアコンサルタントに、希望する転職時期を聞かれたら「すぐにでも」と伝えておきましょう。

    転職エージェントは、転職時期が早く、すぐ成果に繋がりそうな人から相手します。

    エージェントも商売ですから、すぐにお金になりそうなところから手をつけるわけですね。

    ですから、エージェントから手厚いサービスを受けるためには、「すぐにお金になりそうですよ」というアピールをするべきなのです。

    キャリアコンサルタントと相性が合わなければ「チェンジ」してもらう

    転職エージェントの使い勝手は、求人の数、質も大切ですが、多くの割合を「キャリアコンサルタントとの相性」が決めます。

    エージェントを利用し始めて、担当したキャリアコンサルタントとの相性が悪いと感じたら、その後も利用し続けるのはあまり良くありません。

    別のキャリアコンサルタントにも相談したいと思ったら、エージェント側に「コンサルタントを変えてもらいらい」と相談してみてください。

    推薦文に気を配る

    エージェントが「推薦文」を書いてくれることがあるでしょう。

    その推薦文を、担当のコンサルタントに丸投げするのはリスクです。

    もし推薦文が出来たなら、利用する側としては一度推薦文を確認したいです。まさかマイナスなことは書いてないでしょうが、「面接で聞け」のようなことが推薦文で書かれていることもよくあります。

    一つの求人案件は一つのエージェントから応募

    エージェントを複数利用することが多いでしょうが、複数のエージェントから、一つの案件に応募するのはやめましょう。

    複数のエージェントから応募された時点で、その案件は「不採用」となってしまいます。

    くれぐれも、一つの案件には一つのエージェントから、を心がけましょう。

    第二新卒はどの企業でも貴重

    第二新卒の転職に難易度について考えてみると、第二新卒の転職それ自体の難易度は、ハッキリ言って低いです。

    30代、40代の転職を考えると、第二新卒の転職なんて考えるべき内容も少なくなります。

    まだ20代、多少の失敗はまだまだその後やり直しがきくからです。

    普遍的にどの業界も若手不足

    第二新卒の転職が簡単である大きな要因に、どの業界も若手が人手不足であることが挙げられます。

    若手の転職は、スキルがなくても「ポテンシャル」をアピールすることで、多くの企業が採用に踏み切ってくれると言われています。

    若いと、研修などでスキル不足を補うことができるからです。

    まだまだ若者には「伸びしろ」があるということですね。ですから、若ければ若いほど、転職市場では有利となります。

    「フリーター」と「第二新卒」の違い

    第二新卒と少しにた属性で「フリーター」があります。

    フリーターと第二新卒の違い、しっかり理解しておきましょう。

    「離職時期」「現在の状況」で属性が決まる

    第二新卒は、「新卒で入った企業を3年以内に辞めた人」です。

    つまり、第二新卒であることを決定的に裏付けるのは、「時期」なのです。

    対してフリーターは、「アルバイト収入がメインの人」です。こちらは時期は関係ありません。

    ですから、「第二新卒かつ、フリーター」ということも十分あり得るでしょう。

    新卒の時期から3年以上経って、アルバイト収入がメインなら、それは「既卒」で「フリーター」ということになるでしょう。

    フリーターからの就職は専門のエージェントから

    フリーターになってしまったら、第二新卒に特化した転職エージェントを使うべきではありません。

    フリーターの転職に強い転職サイト・転職エージェントを使って正社員職を探すべきでしょう。

    フリーターから就職も、若いならまだまだ可能です。

    ニーズで転職エージェントを使い分ける

    転職エージェントは数が多いです。自分にあった転職エージェントを見極めるためには、自分の「転職ニーズ」を考えてみることをおすすめします。

    上で紹介した転職サイトと転職エージェント、どんな人がどのように利用するべきなのか、紹介したいと思います。

    自分のペースで求人を選びたいなら「リクナビNEXT」

    自分のペースで求人を探したいなら、転職エージェントより転職サイトを使って転職活動を進めるべきです。

    そしてやはり、転職サイトを利用するというなら、おすすめなのが「リクナビNEXT」です。

    リクナビNEXTは求人数が多いだけでなく、スカウトサービスも対応している。

    「現在まだ在職中で自分のペースで職探しをしたい」人などは、リクナビNEXTを使った転職をおすすめします。

    アドバイザーと相談しながら転職したいなら「ハタラクティブ」

    第二新卒は、アドバイザーなど、専門の相談相手がいると一気に転職成功率が上がります。

    第二新卒の転職に特化したエージェント「ハタラクティブ」なら、あなたの転職活動がとても効率的に進められるはず。

    ビジネスマナーの研修から、何からなにまで面倒を見てくれる転職エージェントが、「ハタラクティブ」です。

    転職サイト・エージェント以外の転職方法

    転職サイト・転職エージェントを使ったけど転職活動が思うように進まなかったなら、それ以外の方法を模索するしかありません。

    具体的に、転職サイト・エージェントを使わない転職の方法を探してみましょう。

    公的支援制度を利用する

    国が用意した公的支援制度を利用して転職も可能です。

    国の就職支援制度といえばやはり「ハローワーク」が有名です。

    また、若者向けの求人を中心に扱う「ヤングハローワーク」もありますから、第二新卒の転職でもハローワークは活躍しそうです。

    出身校のキャリアセンターで転職する

    忘れられがちなのが、「出身校のキャリアセンター」です。

    第二新卒だろうと、卒業生ならば利用可能です。詳しくはネットで出身校+キャリアセンターで検索してみてください。

    まとめ

    新卒から3年程度で離職してしまったのが「第二新卒」です。

    第二新卒の転職には、第二新卒に強い転職サイト・転職エージェントを使うのが一番です。

    効率的に、第二新卒を受け入れてくれる求人を探して申込みましょう。

    コメント