人は見た目が9割!面接の第一印象を劇的に良くする方法

面接を受ける若い女性 転職を成功させる秘訣

転職活動において、面接は切っても切り離せない重要な要素です。

面接の点数が採用合否に影響するため、しっかりと対策を打つことが大切です。

面接ではどんな対策が必要か、第一印象を良くするにはどうすればよいか、詳しく紹介します。

第一印象は「見た目」「口調」「メッセージ」で決まる

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で、心理学を研究しているアルバート・メラビアン教授が1971年に発表した論文によると、第一印象に影響を与える要素には「言語」「聴覚」「視覚」の三つがあると記されています。

メラビアンの実験では、感情を伝えるコミュニケーションにおいて、笑いながら怒っているなど、矛盾した情報を受け取った時に人が重視するのは、見た目が55%、口調や声のトーンが38%、メッセージの内容が7%だったとまとめられています。

面接においては、第一印象に影響を与える三つの要素を意識して使う一ことで、メッセージを意図通りに正しく強力に伝えることができ、面接官への印象をよくすることが可能です。

コミュニケーションはメッセージがあって初めて成立しますが、声のトーンや表情、ボディランゲージを意識して「伝える力」を高め、面接を有利に進めていくことが大切です。

見た目の印象を良くするポイント

第一印象は、「初対面の数秒間で相手が受ける印象」と言われています。

面接官とは初対面であることがほとんどですが、面接官は身なりをみて面接者がどんな人物であるかを見定めた後、話し声や話し方を加えて第一印象が良いか悪いかを判断しています。

身だしなみを整えることが好印象を与えるポイントですが、特に意識しておきたいのは「清潔感」です。相手の目に触れる全ての要素に対し、自分自身を客観的に観察して不潔に思われる箇所がないかどうかを確認します。

笑顔も大切

服装や髪型の乱れは意識することで変えることができ、面接官の目に奇抜に映ったりだらしない印象を与えないようにすることが大切です。第一印象を高めるには「笑顔」であることが欠かせません。

面接官に対して緊張感をほぐし、安心感を与える効果があるからです。笑顔を意識すると顔にある表情筋を刺激し、脳に楽しい気持ちを分泌させる効果があるため、面接官との初対面による緊張でぎこちない笑顔だったとしても、脳内物質の働きによって自然な笑顔へと変えることができます。

自身の笑顔は面接官にも伝染するため、その場の雰囲気を良い方向に変えていくことが可能です。姿勢の良さも加点要素があります。立っている時は、頭から吊られているように背筋を伸ばし、胸を張った状態で顎を少し引いておくと、美しい姿勢を保てます。

椅子に座っている時は、猫背にならないように意識し、腰を深くかけて座ることで背筋が伸び、頼りがいのある雰囲気を面接官にアピールできます。

口調や声のトーンを意識する

口調や声のトーンを意識することも、コミュニケーション力を高める要素の一つです。

面接官がゆっくりしたテンポであれば自身も同様にゆっくりと、早口であればできるだけ合わせて話すことで、話しやすくて気が合うと好印象を持ってくれるようになります。

面接の状況に応じ、楽しい話であればテンポよく、大切な話の時にはゆっくりと落ち着いた口調で話すなど、テーマによってテンポを変えることで面接官に伝えたいことが正しく伝わるようになります。

声のトーンも重要で、普段よりもやや高めで語尾まではっきりと聞き取れる声が理想的です。声の大きさも面接官に合わせることで、しゃべり方が似ているなと感じ取ってもらえれば、親近感をもって面接に臨んでもらえるようになります。「

あー」や「えー」といった、つなぎの言葉を多用しないことも必要です。緊張やとっさに言葉が出てこない時、無意識に声に出てしまう癖がある人もいますが、普段の会話から意識することでつなぎ言葉の回数を減らすことが可能です。

面接官との会話にも気を配る

面接官とのコミュニケーションにおいては、メッセージ自体が必要不可欠な要素ですが、会話をする際には丁寧な言葉遣いを心がけることがポイントです。

品の良さや謙虚さをアピールすることができるからです。面接官と心地よく話ができるように「ですます口調」を最後まで意識して、乱暴な言葉が出ないように注意します。

日ごろから友達言葉を多用している場合は、面接に備えて意識的に綺麗な言葉で話すように訓練することも必要です。

「今日の面接を楽しみにしていました」など、面接官と会えてよかったと思えるようなフレーズをさりげなく加えておくと、好感度は上がっていきます。

思わず面接官が笑顔になってしまうような嬉しい一言をプラスしておくことで、第一印象をさらに高めていくことが可能です。

まとめ

面接で第一印象を良くするには、見た目が最も重要であることが分かりました。

清潔感を保つために身だしなみに気を付け、笑顔を意識することが印象度を上げるポイントです。

口調や声のトーンも意識しつつ、語尾まではっきりと丁寧な言葉で話すことで、面接官への印象度をさらに高めることが可能です。しっかりと準備して面接に臨みましょう。

コメント