第二新卒がやばいといわれるワケとは?転職市場で成功するコツ

第二新卒 ヤバいと焦る既卒・第二新卒

第二新卒と聞くと、予測変換にやばいって出てきます。実際SNSなどの反応を見ても「第二新卒ってやばい」「オワタ」なんて書き込みもちらほら見かけます。

ネガティブなイメージが強い第二新卒ですが、なぜここまでにも「第二新卒はやばい」なんて言われるのでしょうか。

今回は転職市場において第二新卒がやばいと言われる真相と、そのネガティブなイメージを払拭して転職を成功させるためのポイントを解説していきます。

第二新卒がやばいのではない、そいつがやばいだけ

いきなり結論から入ると、第二新卒がやばいのではなく、ただ単にやばい奴が第二新卒に流れてきているだけなんです。

第二新卒がやばいのではなく、しっかり就職活動を行わずに適当に入社してしまったやばい奴が、ワンチャンを狙って第二新卒枠に流れ込んでいるのだけです。

そもそも第二新卒は、いま非常に注目を浴びている市場でもあります。

POINT

  • 新卒入社時にすでに基礎的な社会人研修は受講済みである
  • 即戦力としてすぐ業務に取り掛かれる
  • 年齢も若くポテンシャルが高いと評価されやすい

このように評価するされ、第二新卒枠での採用活動に積極的に取り組む企業が増えてきました。

つまり、ヤバい第二新卒と言われないようにするためには、「第二新卒が市場に求められていることはなにか?」というニーズをしっかり把握して、アピールしていくことが大切です。

第二新卒として転職活動を制するためには、第二新卒の需要の理解を深めましょう。

そのためにも、なぜ第二新卒はやばいと言われがちであるかを把握することが大切です。

企業から第二新卒がやばいといわれる理由

それではなぜ、第二新卒はやばいと言われがちなのか。

その理由を解説していきます。

やばい理由①すぐ辞めてしまうから

第二新卒は新卒から3年間の人材のことを指します。

現代では同じ企業に少なくとも3年間は勤めたほうが良いという風潮があります。

その理由には、企業の神髄に知るには3年ほどかかるということ。半年そこらで、ましてや新卒で入社した会社を短期間で理解できるわけがないとされています。

入社してすぐ辞めるような人材であると「打たれ弱い・一つのこと長く続けられない」などネガティブな評価になりやすいです。

そのため新卒で働いた会社をすぐに辞めてしまい、第二新卒枠で転職した、イコール「うちで働いてもすぐにやめてしまうのではないか?」「忍耐力がなく、仕事が長続きしないのではないか?」と企業としてもリスクが大きいように感じてしまうのです。

やばい理由②仕事に対して指示待ち・受け身

いざ入社し働きだしても、すべて指示待ち状態・受け身で、自分から仕事を見つけようとしないと、やばいやつだと認識されてしまいます。

1社目で働いていたとはいえ、学生気分が抜けていなかったり、どのように取り組んでいけばいいのか迷いが多く消極的になりがち。

しかし第二新卒は、その人のポテンシャルを評価されやすい傾向にあります。

実践的なところはまだまだであっても、やる気があるか、自分か進んで取り組もうとする姿勢があるかを特に求められると言っても過言ではありません。

それにも関わらず、消極的・やる気がない・元気がないような振る舞いをしてしまうと、「やばい第二新卒を採ってしまった…」と思われやすいです。

やばい理由③基本的なマナーがなっていない

基本的なマナーがしっかりと身についていないと、やばい人材と認定されやすいです。

第二新卒は、多くの企業が入社のタイミングで行う社会人としてのマナー研修などをすでにマスターしているとしたい上で採用を行う会社が多いです。

必要最低限のマナー面はもうすでに即戦力としてマスターしており、実践的な業務スキルからスタートできる前提でいます。

挨拶のマナー1つもしっかりできていないと「最初の会社でなにやっていたの?」とあきれられてしまうことも。

社会人経験のない学生の採用とは異なるため、基礎的なマナーがしっかりついていないと、そもそも「非常識な新人が入ってきた」なんて思われかねません。

やばい理由④前の職場をやめた理由が言えない

前の職場の退職理由をしっかりと言えない場合も注意です。

採用面接時では聞かれることが多いですが、退職理由を尋ねられてもはっきりとした理由がなかったり、リスキーな理由があったりすると「今回採用しても、意味もなく退職されてしまうのではないか」と判断されかねません。

例文を押さえよう!第二新卒者の自己PRの書き方
入社したもののやりたい仕事とは違っていた、もっとスキルアップできる会社に移りたい、などさまざまな理由から転職を考えている人も多くいるでしょう。 その中でも企業からの需要が高いのが第二新卒です。 しかし、同じように転職を考えている...

第二新卒ってやばいかも…と思う理由

未経験の仕事を探す女性

企業に限らず、自分で第二新卒として働く際のリスクを把握しておく必要位があります。

『第二新卒でも良い求人がたくさんある!』と言った言葉に飛びついて、後先を考えずに行動するのは危険です。

自分が第二新卒として働く際に、リスクもしっかりと頭に入れておきましょう。

短期間で退職をした事実

転職活動では、無論これまでの経歴を元に選考を行います。

いくら第二新卒の市場がアツいとはいえ、「短期間で退職をした」という事実は大きいです。

採用担当者が納得のいくような相応の理由が無いと、ネガティブな評価となってしまうのを避けられません。

それを踏まえた上で、なぜ退職にいたったのか・それでも採用したいと思わせるアピールができるかを対策をする必要があります。

同期がいない

第二新卒での入社となると、企業によっては中途採用者と同じ枠組みとなるため、新卒の時のように同期入社の仲間がいないことがほとんどです。

新卒入社の時は同時期に入社をしたメンバーがいるため、手を取り合って切磋琢磨していくことも出来ますが、第二新卒の多くは自分一人で戦わなければなりません。

第二新卒者が退職を決める理由

第二新卒がやばいとされてしまう原因を解説してまいりましたが、そもそもどのような理由で退職を決め、第二新卒として転職を決めたのでしょうか。

ここでは、第二新卒者は退職を決めたよくある理由を紐解いていきます。

POINT

  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 思っていたのと違った
  • 給料が少なかった
  • 他にやりたい仕事が見つかった

    人間関係がうまくいかなかった

    上司や同期と、うまく人間関係が構築できず退職を決めてしまうケースも多いです。

    特に仕事をするなかでコミュニケーションを取らないわけにはいかず、ストレスに感じて退職を決意してしまうことも。

    人間関係や一緒に働く人の雰囲気までは入社前にわからないため、対策もできず運ゲー状態です。

    うまく馴染めないまま、このまま毎日顔を合わせなくてはならないのかと焦る気持ちもわかります。

    しかし次の職場では人間関係がうまくいく保証はどこにもないです。

    ハラスメントでないなら少し様子をみるのも大事

    セクハラやパワハラなどハラスメントによる人間関係のトラブルでなければ、すぐに退職を決めずに様子を見ることが大切です。

    一見殺伐とした環境に思えても、慣れてきたらそんなことがなかった、本配属された部署の雰囲気は良かった、など好転することもあります。

    怖いと思っていた上司も、慣れてきたらいい関係性になったなんてことも。

    新卒入社して数か月で、すぐに退職を判断してしまうのはもったいないです。

    少々辛いかもしれませんが、すこし様子を見てから判断しても遅くはありません。

    できればこのまま辞めずに環境がよくならないか、時期をうかがってみましょう。

    しかしハラスメントを受けている場合は耐える必要はありません。社内や外部の専用窓口に相談するなど、早めに対処を行いましょう。

    職場の人間関係で悩む人へ。こうすれば人間関係は改善できる
    「職場で苦手な同僚がいて悩んでいる」 「上司が怒ってばかりいて、会社に行くのが辛い」 こんな風に悩んでいませんか? なるべく関係を持たないようにしたくても、仕事上でコミュニケーションが必要になってしまうのが職場というもの。 ...

    思っていたのと違った

    いざ入社してみたら、思っていた仕事内容と違った…。なんてこともよくあります。

    こちらも実際に働いてみないとわからないため、入社前に対処することが難しいとも言えます。

    具体的にどのように違ったのかを明文化してみる

    入社した企業が思っていたのと違ったのであれば、思い描いていた内容とどのような差異があったのかを明らかにすることが大切です。

    違いをはっきりと述べ、自分が目指すところを明らかにして次に進むことができるのであれば、第二新卒枠を狙った転職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

    しかし自分が思い描いていた利用との違いをはっきりと言い表せないのであれば、いざ転職活動をしても「また同じような理由で辞めるんじゃないの?」と言われてしまう可能性も。

    もしはっきりと自分の理想との違いを言い表せないのであれば、まずは今いる職場で頑張ってみることをおすすめします。

    働いていく中で、自分が求める理想がはっきりとしてくることもあるでしょう。

    給料が少なかった

    入社前はあまり重視していなかったけど、いざ働いてみると給料が少なかった…生活できない…という理由から、転職を検討するケースも多いです。

    しかしこの場合も、少ないのは今だけなのか・試用期間が終わったら給料に変化があるのか・そもそも聞いていいた条件と異なるのかなど、原因をしっかりと洗い出すことが大切です。

    現状の転職活動では、転職時に年収をアップさせるのは相当の努力が必要となります。

    多くの転職者は、前職よりも給料が下がったケースが多いため、ましてや新卒での転職となると、条件を上げるのは資格を取るな相当の努力が必要になります。

    現在の給料状況をよく考慮した上で、しっかりと判断することが大切です。

    新卒の期間だけ辛いのなら、節約を頑張ってみる

    使用期間の給料が少ない…というのであれば、新卒の期間だけでも本気で節約に取り組むことも大切です。

    見直してみると、意外なところで思わぬ出費をしていたなど新たな発見があります。

    また新卒の間に節約術を身に付けておくと、その後の人生でも役立つことばかり。

    新卒の間だけどうにか乗り越えればよいでのあれば、転職をせずに様子をみることも大切です。

    お金がない新卒社会人の節約術8選!上手にやりくりするコツとは?
    新卒で始めた一人暮らし、なかなかお金が貯まらないし、どう節約したらいいかわからないですよね。私も新卒で東京で一人暮らしを始め、どう節約したらいいのかがわからず、試行錯誤しながら生活していました。私も今年度で社会人3年目になりましたが、毎月生

    他にやりたい仕事が見つかった

    実際に働いてみると、やっぱりちがう方向に進みたくなった・働いてみて、より自分のやりたいことが見つかったと言った理由から、第二新卒での転職活動を検討するケースも。

    自分のやりたいことがはっきりしているのであれば、それに向かって動くのも良いでしょう。

    しかし第二新卒枠は増えてきているものの、やはりそれなりにしっかりと働いてきたことをアピールするのでもおそくはありません。

    安易にすぐに退職を検討するのではなく、今の会社で働きながら、自分が本当にやりたいことに向かう準備をするのも良いでしょう。

    第二新卒の転職活動を味方にするコツ

    第二新卒はやばいなんて言われてしまうことはあるにしても、自分がなぜ第二新卒として改めて転職活動をしようと思ったのかを論理的に説明できれば何の心配もありません。

    その上で、より第二新卒の転職をスムーズに進めていくためにも、第二新卒の転職時に気を付けておきたいコツを紹介していきます。

    POINT

    • 社会人としての基本的なスキルはついているとアピール
    • ポテンシャルをアピールする
    • 自己分析を怠らない
    • 応募企業の研究をする
    • とにかく気になる企業に応募し続ける
    • プロの手を借りて行動する

    社会人としての基本的なスキルのアピール

    第二新卒者が注目されている理由において、「基本的な社会人スキル・マナーが身についているため、即戦力となりやすい」という点があります。

    そのため採用担当者に対し、いかに基本的なマナーが身についているかをアピールするのも大切です。

    • 前職の研修でしっかりと学んだ
    • 至らないところもあるかもしれないが、自分でも勉強をした

    など、とにかく即戦力となることをしっかりとアピールしましょう。

    ポテンシャルをアピールする

    第二新卒が注目されているもう一つの理由は、ポテンシャルの高さです。

    新卒の採用時においても、本人のスキルの高さも考慮されることもありますが、それ以上に「やる気・向上心があるか」「一緒に働いていきたい人物であるか」といったポテンシャルの部分をより評価される傾向にあります。

    基礎的なマナーがついているということも評価ポイントにはあるものの、やはりまだまだ若手ということも採用担当者は分かっています。そのため、より人物像を重視するのです。

    そのためスキルメント同じくらい、ポテンシャル面のアピールも重要となってきます。

    これまで自分が頑張ってきたことや意識してきたエピソードと絡めながら『やる気・向上心がある』面をうまくアピールできるようにしましょう。

    「仕事する上で大切にしていることはなんですか」の正しい回答例とNG回答例
    面接で「仕事する上で大切にしていることはなんですか」と聞かれたらどう答えますか? 「一応答えは考えてあるけど、正解かわからない」 「どう答えたら良いか検討もつかない」 こんなふうに悩んでいる人も多いのではないでしょうか? ...

    自己分析を怠らない

    ポテンシャルのアピールにも共通していきますが、自己分析もしっかりと行うことが大切です。

    ポテンシャル面をアピールするための材料を提示するためにも、分析がしっかりとできていないと「そのアピールに対する根拠がないじゃん!」と反論されて終わります。

    より具体的な根拠までしっかりと話せるように、しっかりと自己分析を行いましょう。

    自己分析に対する考え方は、下記の記事でもご紹介していますが、自分一人ではなかなかうまくできない場合は、第二新卒向けのエージェントで指導を受けるのも効果的です。

    転職活動における【自己分析】の考え方。課題解決の経験を思い返してみよう
    転職活動において自己分析の有無は、その後の結果に少なからず影響を与えます。ここでは、自己分析の考え方やポイントについて解説しています。

    応募企業の研究をする

    応募をしたい企業を見つけたら、とにかく企業研究を行いましょう。

    仮に転職エージェントなどを利用して紹介を受けた求人であったとしても、企業理解が出来ていないと「やる気がないな」「受け身姿勢だな」という評価になってしまいかねません。

    その企業のどんなところに惹かれたのか、自分自身と合うと感じたのかなどもしっかりと用意をしておきましょう。

    とにかく気になる企業に応募し続ける

    選考対策をしっかりと行った後は、気になった企業にどんどん応募をしていきましょう。

    とにかく数を打ち続けることが大切です。

    第二新卒者の市場が熱い分、ライバルが多いのも事実。特に良い求人は何人もの応募者が殺到し、何倍何十倍になる、なんてことも少なくありません。

    そのため、とにかく気になった企業はすぐに応募をすることが大切です。

    プロの手を借りて行動する

    転職エージェントを利用して第二新卒の転職活動を進めていくのも、良いでしょう。

    最近は第二新卒に特化した転職エージェントもあるため、自分に合ったサポートを受けることができます。

    他にもエージェントをりようするメリットには、下記ようなものがあります。

    • 自分に合った求人を紹介してもらえる
    • 公に募集されていない求人もある
    • 企業とのやりとりやプッシュも代行してもらえる
    • 面接指導や書類添削もして貰える
    • ビジネスマナー研修などがあるところも

    そのため、第二新卒の転職こそ、エージェントを利用することがおススメです。

    「自分は第二転職で就職できるかわからない…ヤバいかも…」という人こそ、エージェントを利用すべきです。

    第二新卒の転職におすすめのサービス

    第二新卒の転職をスムーズに進めるためのコツでも、エージェントの利用をオススメしました。

    ここでは、実際におすすめのサービスをご紹介していきます。

    ハタラクティブ

    求人数約10万件
    対象エリア全国
    総合評価4.0
    スタッフの質4.0
    地方求人4.0
    • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職もOK
    • 入社後のフォロー体制も充実
    • サポートの手厚さも評判が高い

    ハタラクティブは、第二新卒や既卒に特化した就職エージェントです。

    自分に合った求人紹介をはじめ、企業とのやりとりなども行ってもらえます。

    サポートの手厚さも評判で、第二新卒でも自信をもって転職活動に取り組むことができます。

    ハタラクティブ評判の真相とは?口コミをもとにメリット・デメリットを徹底解説
    ハタラクティブの利用時に気になることが、実際の利用者の評判ですよね。 評判を調べていても情報が煩雑していたりと、評判の本当のところがわかりにくいところがあります…。 今回は、ハタラクティブの評判の真相を解明するために、利用者の口...

    第二新卒エージェントneo

    求人数約15000件
    対象エリア全国
    総合評価3.5
    スタッフの質4.0
    地方求人3.0
    • 第二新卒だけでなく既卒・フリーターの就職にも対応
    • 内定後のサポートもバッチリ
    • 一人当たりのサポート時間は8時間

    ネオキャリアが運営している第二新卒エージェントneoもおススメです。

    名前にも入っている通り、第二新卒の転職支援に特化したサービスと言います。

    第二新卒だけでなく、既卒・中卒・高卒なども支援が強く、就職を目指す若年層へ高い信頼を得ています。

    また『就職相談のしやすさ』でも人気を誇ります。一人当たりのサポートに割く時間は、トータルで8時間にも。

    より自信をもって取り組むことができるでしょう。

    第二新卒エージェントneoの評判の真相を口コミから徹底解説!
    第二新卒や既卒での就職活動を行う場合、通常の転職エージェントなどでの活動では、取り扱う求人の幅が多すぎてしまい効率的に進めにくいですよね。 そのため応募を行っても、『実は第二新卒は対象外であった』なんてことが発覚し、選考に申し込むこと...

    マイナビジョブ20’s

    求人数約1500件
    対象エリア全国
    総合評価5.0
    スタッフの質5.0
    地方求人4.5

    マイナビジョブ20’sは、人材大手のマイナビが運営している若年層に特化した就職・転職支援サービスです。

    適職診断を受け、その結果に基づいた求人紹介や面談を受けることができます

    またマイナビグループは若年層への支援を強みとしており、新卒の就職支援のつながりを活かした大手や優良求人など質の高い求人を多く保有しています。

    大手グループのサービスということもあり、安心感は抜群に高いと言えます。

    その高い求人を紹介してもらいたい、安心できるサービスを利用したいという方はマイナビジョブ20がおすすめです。

    第二新卒転職に強いマイナビジョブ20'sの口コミでの評判はいい?
    マイナビジョブ20'sを利用して転職するべきか否か、マイナビジョブ20's利用者の口コミから調べたい…。 今回は、そんな方に向けて今回、口コミや評判をもとに転職エージェントとしてマイナビジョブ20'sが使いやすいか否か、詳しく説明して...

    第二新卒は需要が高まってきている

    第二新卒がやばいわけではなく、やばいひとが第二新卒枠を狙っていることが多いとも言えます。

    そのため企業がやばいと認識する理由を把握して、対策を行うことが大切でしょう。

    また加えて、よりスムーズに進めるためのコツを押さえておくことがポイントです。

    POINT

    • 社会人としての基本的なスキルはついているとアピール
    • ポテンシャルをアピールする
    • 自己分析を怠らない
    • 応募企業の研究をする
    • とにかく気になる企業に応募し続ける
    • プロの手を借りて行動する

    戦略的に進めて、第二新卒の転職を成功させましょう。

    既卒向けの就職サイト・エージェント6選!使いこなすコツや注意すべきポイントとは
    既卒での就職活動を進めていくのであれば、既卒向けのサービスの利用がおススメです。 また既卒向けの就職サービスには、就職サイトと就職エージェントがあります。これはそれぞれ役割が異なるため、自分に合ったサービスを利用することが大切です。 ...
    第二新卒の転職で役立つ転職サイト・エージェントランキング
    新卒で入社したばかりでも、「転職」を考える人は多いです。 新卒から間もない人のことを「第二新卒」と呼びますが、そんな新卒から時間が経てずに転職する「第二新卒の転職」に役立つ転職サイト・エージェントをランキング形式で紹介します。 ...
    例文を押さえよう!第二新卒者の自己PRの書き方
    入社したもののやりたい仕事とは違っていた、もっとスキルアップできる会社に移りたい、などさまざまな理由から転職を考えている人も多くいるでしょう。 その中でも企業からの需要が高いのが第二新卒です。 しかし、同じように転職を考えている...
    中小企業への転職は後悔に終わることがほとんど?リスクを回避して成功させるのコツとは
    一念発起して中小企業に転職をしたものの、めっちゃ後悔している… しかし大企業から中小企業への転職して後悔してしまう人には、共通した理由があります。 また中小企業の転職は運ではありません。 し...

    コメント