コンサル転職に役立つ資格を紹介!転職で有利になりたい方必見!

職種別転職エージェント

コンサル業に転職を考えている方が増えています。

そのため、少しでも有利になるために、資格の取得を検討されている方も多いでしょう。

しかし、そもそもコンサルの転職に資格が必要とされているのか、どんな資格を取得すればいいのかわかりませんよね。

そこで、今回の記事では、コンサル転職に役立つ資格について解説します。

これからコンサル業に転職を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

そもそもコンサル転職に資格は必要?

そもそも、コンサル業への転職に資格が必要かどうか、気になりますよね。

結論から言えば、コンサル業への転職には資格は必要ありません。

求人を見ていただければわかるのですが、必須の要件があることはほとんどないですね。

資格は必要ありませんが、あれば役に立ちます。

資格を取っておくことで以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 資格は必須ではないが有利になる
  • ポテンシャル採用のひと押しになる

これらのメリットについて解説します。

資格は必須ではないが有利になる

資格は必要ありませんが、あると有利になることは間違いありません。

資格を持っているということは、資格を持っていない人よりも有利になります。

全く同条件であれば、資格者のほうが優先的に採用されるでしょう。

また、基礎知識を身に着けて資格試験に合格しているため、信頼性もアップします。

そのため、コンサル業の選考で有利に働くと思われる資格やコンサルの分野によっては、選考を有利に進められるでしょう。

後ほど、コンサル業におすすめの資格について具体的に紹介します。

ポテンシャル採用のひと押しになる

多くのコンサル業では、ポテンシャル採用をおこなっています。

コンサル業は、企業の経営問題を解決することが仕事になるのですが、転職前に軽々の経験をしている方は少ないです。

そのため、経験よりもポテンシャルによって採用されることが多いですね。

ポテンシャル採用を重要視しているのであれば、自分自身の時間を削って資格を取得しているとなれば、ポテンシャルの裏付けになります。

より具体的に、資格を取得するまでのプロセスを説明することで、さらに有利になりますね。

戦略系コンサルに役立つ資格

まずは、戦略系コンサルに役立つ資格について解説します。

戦略系コンサルに役立つ資格は以下のとおりです。

戦略系コンサルに役立つ資格

  • MBA
  • 中小企業診断士
  • Project Management Professional

これらの資格についてそれぞれ解説します。

MBA

MBAは、戦略系コンサル以外にも役に立つ資格です。

また、海外MBAを取得しているのであれば、取得する間に身についた英語力もアピールすることが出来ます。

ただ、現場に基づいて考えなければならないので、必須条件ではありません。

また、MBAを持っているからという理由だけで採用されることもないでしょう。

あくまでも、あると有利くらいに思って取得してください。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業に対するコンサルをおこなうための資格です。

そのため、クライアントに中小企業が多いときにはとても考え位される資格です。

しかし、クライアントが大手企業の場合には、必要ない資格ともいえるでしょう。

ただ、経営者が用いる用語の勉強も必要になるため、その用語の理解には役立つことが多いです。

Project Management Professional

Project Management ProfessionalはPMPと言われる資格ですね。

プロジェクトマネジメントに関連する資格です。

プロジェクトマネージャーとしての知識を持っていると判断されます。

プロジェクトマネージャーを経験したことがなくても取得することが出来てしまうため、この資格を持っていても「知識を持っているだけ」と判断されてしまうことがあると覚えておきましょう。

ちなみに、独立したいと考えている場合にも役に立つ資格なので、今後独立していきたいと考えているのであれば、取得することがおすすめです。

財務系コンサルに役立つ資格

続いては、財務系コンサルに役立つ資格について解説します。

財務系コンサルに役立つ資格は以下のとおりです。

財務系コンサルに役立つ資格

  • 公認会計士
  • 簿記
  • 税理士

これらの資格についてそれぞれ解説します。

公認会計士

公認会計士は、財務系のコンサルに必要な資格です。

公認会計士の資格を持っていることで、自分の提案が会計基準に合致していることを保証できます。

そのため、公認会計士を持っていないコンサルタントと、スタート地点で差を付けることが出来ます。

公認会計士としてコンサル転職をしたいのであれば、若いときにコンサルに近い経験をしておくことがおすすめです。

実務の経験がないと、年齢によっては内定をもらえる確率が下がってしまう可能性もあるので注意しましょう。

簿記

プロパー社員の全員が簿記を取得しているコンサル会社もあるくらい、重用視されている資格です。

原価計算をする必要があるので、取得を目指しましょう。

事前に簿記2級を取得していることで、早く会社に慣れることができるので、ぜひ取得してみてくださいね。

税理士

公認会計士と同じ王に、会計分野のスペシャリストということをアピールできます。

財務系のコンサル業に転職したいのであれば、ほぼ確実に有利に働きます。

税理士であれば、企業再生やM&Aなど、いろいろな場面で活躍が見込めます。

そのため、コンサル業に転職する際に有利になれるでしょう。

IT系コンサルに役立つ資格

続いては、IT系コンサルに役立つ資格について解説します。

IT系コンサルに役立つ資格は以下のとおりです。

IT系コンサルに役立つ資格

  • SAP認定資格
  • Certified Information Systems Security Professional

これらの資格についてそれぞれ解説します。

SAP認定資格

SAP認定資格は、ITベンダー資格の代表的な資格ですね。

SAPの導入や開発経験がある場合、とても需要が高いです。

SAPのサポートが2027年で終了してしまうため、SAPSへの移行が進んでいます。

そこで、SAPのコンサルができる方の需要が高まっていることを覚えておきましょう。

Certified Information Systems Security Professional

Certified Information Systems Security ProfessionalはCISSPと略されます。

CISSPは、国際的に認められている情報セキュリティの認定資格ですね。

官公庁系のセキュリティは基本的にCISSP保持者が対応しています。

そのため、セキュリティやITソリューションを手掛ける場合には、とても有利になれる資格です!

その他のコンサル転職に役立つ資格

高卒 就職勝ち組

最後に、その他のコンサル転職に役立つ資格を解説します。

その他のコンサル転職に役立つ資格は以下のとおりです。

その他のコンサル転職に役立つ資格

  • プロジェクトマネージャー試験
  • TOEIC、英検
  • 社会保険労務士

これらの資格についてそれぞれ解説します。

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクトマネージャー試験は、プロジェクト全体の進捗を管理する役割のある資格です。

成果物のクオリティ・それにかかるコスト・納期など、いろいろな制約がある中で、確実に成功に導くためのマネージャーにならなければなりません。

プロジェクト全体をまとめる役割を担うことになるので、責任重大な仕事でしょう。

しかし、その分やりがいもある仕事を任されるようになるので、プロジェクトマネージャー試験も転職で有利になります。

また、プロジェクトマネージャー試験を取得するのであれば、実務経験があるとより良いです。

TOEIC、英検

英語のコミュニケーション能力を図るための資格がTOEIC、英検です。

昨今では、プロジェクトグローバル化も進んでいるため、英語力の高い方の需要が高まっています。

そのため、TOEIC、英検を取得していることで、転職で有利に働くでしょう。

TOEICの場合には、700点以上が第一条件になることもあるため、それを目指しましょう。

社会保険労務士

社会保険労務士は、クライアントの給与計算や就業規則の作成のような仕事を担当する際に必要な資格です。

人事や労務関連をおこなう際に有利に働きます。

組織人事系コンサル業に転職したいと考えているのであれば、取得を目指しましょう。

コンサル転職で資格が役立つのは30歳前後まで

20代のポテンシャル採用の場合には、資格を持っていることが有利になることがほとんどです。

しかし30歳を過ぎてしまっていると、資格だけではあまり有利に進みません。

なぜなら、資格の知識があるだけで、経験がないからです。

30代を超えてくると、ポテンシャル採用というよりは実務経験による採用がメインになります。

コンサル業界に限りませんが、資格と実務の経験の両方が必要になってくるので、30歳を超えてから資格取得だけを目指すことはやめておきましょう。

30代の転職活動は大変!転職前後に押さえておくべき7つのポイント

【まとめ】コンサル転職に役立つ資格

この記事では、コンサル転職に役立つ資格について解説しました。

コンサル業への転職と言っても、さまざまな分野のコンサルがあることを覚えておきましょう。

その上で、役に立つと考えられている資格の取得を目指すことがおすすめです。

また、30歳を超えてから資格だけを取得してもあまり意味がありません。

30歳を超えてからコンサル業に転職を考えているのであれば、前職の経験を活かせることが前提である必要があります。

資格だけでは意味がないということを覚えておいてくださいね。

コンサルに転職をして後悔する人とは?短期間で転職してしまう可能性も

コメント