コンサルに転職をして後悔する人とは?短期間で転職してしまう可能性も

転職を後悔職種別転職エージェント

キャリアアップや高収入を目指して、コンサルに転職する方が増えています。

未経験からでも、比較的転職しやすいという点で、コンサルを希望しているという方も多いです。

ただ、未経験でコンサルに転職をしても、すぐに後悔をしてしまって、転職してしまう方がいます。

この記事では、コンサルに転職をして後悔する人の特徴について解説します。

これから、コンサルに転職しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

コンサルに転職をして後悔する人とは?特徴の解説

まずは、コンサルに転職をして後悔する人の特徴について解説します。

コンサルから内定をもらえるということは、それなりにポテンシャルや才能を認められて採用されていることが多いです。

それでも、後悔してしまう方が多いというのには理由があります。

コンサルに転職をして後悔する人の特徴は以下のとおりです。

コンサルに転職をして後悔する人の特徴

  • 「とりあえず」コンサルに転職してしまう人
  • コンサル業に幻想を抱いている人
  • 30代になってからコンサル業に転職している人
  • ハードワークに慣れていない人
  • 会社は年功序列であるべきだと思っている人
  • 自分自身を課題評価している
  • スキルを学ぶ姿勢がない

これらの理由についてそれぞれ解説します。

「とりあえず」コンサルに転職してしまう人

「とりあえず」という理由で、コンサルに転職してしまう人は後悔してしまうことが多いです。

コンサルという言葉の意味はなんとなく理解しているけれど、実際にはどのようなことをするのか知らない場合もありますよね。

コンサル=成長できそう、転職で有利になりそう、年収が高そうという理由からコンサルに転職する方も多いです。

この結果、理想とのギャップで後悔してしまうことがあります。

コンサル業に幻想を抱いている人

また、コンサル業に幻想を抱いている方も後悔してしまう可能性があります。

前提として、コンサル業というのは、泥臭く仕事をしなければいけない仕事です。

実際には、現場に行って情報を手に入れることをしなければならないことや、EXCELのデータと終電まで戦うこともあります。

このように、コンサルと一言で言っても様々な仕事があるということを覚えておきましょう。

コンサルのスキルが十分に無いと判断されてしまえば、単純作業だけをおこなうこともあります。

そのため、コンサルに幻想を抱いていると、ギャップで後悔してしまうことと覚えておきましょう。

30代になってからコンサル業に転職している人

30代になってからコンサルに転職をしていると、後悔する可能性があります。

30代までくれば、ビジネスマンとしての実績やスキルをたくさん蓄えていますよね。

そのスキルや実績に誇りを持っていることから、コンサルでも役立てると思ってしまう方がいます。

しかし、他業種で活躍していた場合、コンサルのスキルに関してはまったくありません。

1からコンサルのスキルを身につけるとなると、就業時間内では収まりません。

休日も返上して、努力する必要があるので、ゆっくりしたいと考えている方にとっては、後悔してしまうでしょう。

また、30代にもなれば、結婚して子供がいる家庭も多いですよね。

そんな中、休日返上をしなければいけないとなると、とてもつらいです。

そのため、30代を超えてからコンサル業に転職をすると、後悔してしまうでしょう。

ハードワークに慣れていない人

コンサル業は、とてもハードな仕事です。

ハードワークに慣れていないとなると、後悔してしまう可能性があります。

クライアントからキツく叱られたり、詰められたりする可能性もあるため、身体的だけでなく、精神的にもハードです。

加えて、転職してコンサル業に携わっているとしても、クライアントからすれば関係ありません。

徐々に仕事に慣れていけばいいと思っているのであれば、必ず後悔します。

1秒でも早くコンサル業に慣れようと、努力できる人間がコンサル業に転職しても後悔しないでしょう。

会社は年功序列であるべきだと思っている人

コンサル業は、年功序列の制度はないと思っておきましょう。

30代でコンサル業に転職した場合、20代の若者よりも役職が低いことがほとんどです。

自分がアサインされたプロジェクトのマネージャーが自分よりも年下ということも多いため、ストレスを感じてしまう可能性があります。

未経験でコンサル業に転職するとなると、どうしてもいろいろな業務で指摘を受けてしまいます。

転職でコンサル業に入社しているのであれば、基本的に年下から指摘を受けてしまうので、年功序列を意識している方にとっては屈辱でしょう。

また、新卒からコンサル業で働いている方にとっては、詰めることは当たり前だと思っています。

そのため、能力が足りていないと、かなりストレスを感じます。

年齢を意識してしまう方は、コンサル業に入ってから後悔すると覚えておきましょう。

自分自身を課題評価している

コンサル業に転職する前の会社で、とても大きな功績や実績がある場合、クライアントと退治することができると錯覚してしまう方がいます。

そのような方がコンサル業に転職をしてしまうと、挫折をしてしまう可能性があるので注意です。

コンサルに転職をする方は、30歳前後のことが多いです。

転職をする前に働いている期間は、10年程度ですよね。

しかし、コンサル業のクライアント先は、何十年もやっている社員が多いです。

そのため、たった10年程度しか働いていない場合、クライアントからの信頼を得られない可能性もあります。

前職で、経験豊富だったとしても、コンサル業界では役に立たないということを覚えておきましょう。

前職の経験を活かして、マウントを取ろうとしても、クライアントの知識のほうが豊富な場合がほとんどなので、気をつけてくださいね。

スキルを学ぶ姿勢がない

未経験で、コンサル業に転職するとなると、スキルを1から身に着けなければなりません。

しかし、自分からスキルを学ぶ姿勢がない人もいますよね。

特に、プライドが高く、前職での実績が高い人の場合、要注意です。

コンサル業に転職をしたとしても、すぐに活躍できると思っているのであれば、すぐに後悔します。

コンサル業について何も知らないのであれば、1から学び直さなければなりません。

基本的に、EXCELやPowerPointのようなツールや会議の議事録を取ることまで、さまざまなスキルが求められます。

新入社員に教わることもあるので、プライドが高い方には無理でしょう。

どんなことでも1から学ぶ必要があるので、しっかりと学ぶスタンスを持って転職しない限り、後悔をします。

コンサルに転職をして後悔しないための方法

ここまで、コンサルに転職をして後悔する人の特徴について解説しました。

しかし、コンサルに転職したいと考えている方も多いですよね。

そこで、ここからは、コンサルに転職をして後悔しないための方法について解説します。

これからコンサルに転職をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

コンサルに転職をして後悔しないための方法は以下のとおりです。

コンサルに転職をして後悔しないための方法

  • コンサルの仕事を理解する
  • コンサルタントになりたい理由を明確にする
  • 成長したい人

これらについてそれぞれ解説します。

コンサルの仕事を理解する

そもそも、コンサルの仕事内容がどのようなものなのかを理解しましょう。

コンサルから転職したいと考えてしまう方の中には、入社前に描いていたイメージと違うというギャップを感じてしまう人も多いです。

そのため、事前にコンサルの仕事内容をしっかりと理解しておく必要があります。

コンサル業の顧客は、大手企業の経営者や経営層、事業部長のような偉い方です。

そのため、1年目から会社に貢献するようなことはできないと覚えておきましょう。

基本的に1年目では、作業をすることがほとんどなので、意識しておいてくださいね。

コンサルタントになりたい理由を明確にする

そもそも、なぜコンサルタントになりたいのでしょうか。

その理由が明確でないと、コンサル業に入社したとしても後悔してしまいます。

基本的には以下の2点に答えられる方が、コンサルに入るべき方といえるでしょう。

POINT

  • コンサルとして働いて、誰に貢献したいのか・どこに貢献したいのか
  • 1を元に、なぜコンサル業界を志望しているのか

これらの質問は、実際の面接でも聞かれることがほとんどなので、しっかりと答えられる用にしておきましょう。

成長したい人

コンサル業は、仕事に慣れるまでに時間が掛かってしまいます。

普通の業務だけで慣れようとしているのであれば、成長はできません。

自分自身で積極的に勉強をし、1秒でも早く成長したいと思っている方であれば、おすすめの職種です。

成長のためなら、土日も返上して勉強できるのであれば、コンサル業に転職をしても問題ありません。

コンサル転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

キャリアを考える

最後に、コンサル転職におすすめの転職サイト・転職エージェントについて解説します。

これから、コンサル業に転職をしたいのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用することがおすすめです。

コンサル業に初めて転職するのであれば、わからないことも多いですよね。

そんなときにサポートしてくれるのが、転職サイトや転職エージェントなので、必ず利用しましょう。

コンサル転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは以下のとおりです。

コンサル転職におすすめの転職サイト・転職エージェント

  • アクシスコンサルティング
  • マイナビエージェント
  • doda

これらの転職サイト・転職エージェントについて紹介します。

転職サイト比較ランキング!本当に優秀な転職サイトはどれなのか?

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルに特化しているエージェントサイトです。

コンサルに特化した転職情報が多いので、コンサルに転職したい方におすすめでしょう。

非公開求人が77%もあるので、ここでしか見ることができない求人も多いです。

コンサルに特化して転職活動をおこないたいのであれば、アクシスコンサルティングを利用してみましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手企業のマイナビが運営している転職サイトです。

新卒から第二新卒まで幅広く求人を取り扱っているのが特徴的ですね。

転職支援サービスが手厚いので、転職に不安を感じている方におすすめの転職サイトです!

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?

doda

doda最後に紹介する転職サイトは、dodaは業界トップの求人数を誇っています。

10万件以上の求人数があるため、希望しているコンサル業も見つけることができるでしょう。

また、非公開求人も多数あるため、ここでしか見ることができない求人も見つけられます。

担当者が個別にサポートしてくれるため、はじめて転職する方でも安心して利用できますね!

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

【まとめ】コンサルに転職して後悔する人は多い

この記事では、コンサル転職をして後悔する人の特徴について解説しました。

コンサルに転職して後悔する人の特徴をもう一度まとめておきます。

コンサルに転職をして後悔する人の特徴

  • 「とりあえず」コンサルに転職してしまう人
  • コンサル業に幻想を抱いている人
  • 30代になってからコンサル業に転職している人
  • ハードワークに慣れていない人
  • 会社は年功序列であるべきだと思っている人
  • 自分自身を課題評価している
  • スキルを学ぶ姿勢がない

コンサルについて、前情報無しで転職をしてしまうと、必ず後悔してしまうので気をつけてくださいね。

また、コンサルに転職しても、後悔しないという自信があるのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動をしてみましょう!

40代の転職活動を成功させる方法とは?【キャリアコンサルタント直伝!】

コメント