コンサルタント転職を成功させるための転職理由とは?具体例を解説

職種別転職エージェント

「コンサルタントに転職を考えているのに、しっかりとした転職理由が思い浮かばない…」
「コンサル未経験でも転職理由がしっかりしていればコンサルタントに転職できるのかな?」

このような悩みを抱えている方は多いです。

転職理由は職務経歴書と同じくらい重要で、転職理由次第で採用が見送られてしまう可能性があります。

そこでこの記事では、選考を有利に進めるための転職理由について解説します。

コンサルタントへ転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンサルタントに転職を成功させるなら転職理由が大切

冒頭でもお伝えしましたが、コンサルタントに転職を成功させるなら転職理由が大切です。

まずは、この理由について解説しますね。

基本的に、コンサルタントの転職では志望動機を自由記述式にしています。

そのため、何を書けばいいのかわからなくなってしまう方も多いです。

しかしそれこそが、採用側の狙いでもあります。

自由記述式でもしっかりと答えられる人材かどうかを確認しているわけですね。

転職理由が曖昧になっていると、自由記述式を埋められないため採用側の期待に答えられません。

採用側の期待に答えるためにも、転職理由がとても大事です。

コンサル転職に役立つ資格を紹介!転職で有利になりたい方必見!

コンサルタント転職を成功させるための4ステップ

転職理由がとても大事だということはわかっていただけたかと思います。

そこで続いては、コンサルタント転職を成功させるための4ステップについて紹介します。

転職理由を考えて、それを伝えるまでが転職に必要なポイントです。

それらを上手くできるように4ステップを紹介しますね。

具体的には以下のとおりです。

コンサルタント転職を成功させるための4ステップ

  • ステップ①ご自身のキャリアを思い返して強みを洗い出す
  • ステップ②転職後に成し遂げたいことをまとめる
  • ステップ③成し遂げたいことを元に目標と達成プランを立てる
  • ステップ④これらを伝えるための練習をする

これらのステップについてそれぞれ解説します。

ステップ①ご自身のキャリアを思い返して強みを洗い出す

転職理由を考えるのであれば、そもそも自分自身を知らなければいけません。

そのためまずは、ご自身のキャリアを思い返してみましょう。

そうすることで、自分の強みを洗い出せますね。

しかし、「自分には強みがありません…」と落ち込んでしまうかもいます。

それは大きな間違いで、他の人にできないことが自分にできるのであればそれだけで強みになります。

そのため、行きたい職種のコンサルタントに転職しようとしているライバルにできなくて、自分にできることを強みとしてアピールできるようになりましょう。

そのためにも、まずはご自身のキャリアを思い返して強みを洗い出す必要がありますね。

ステップ②転職後に成し遂げたいことをまとめる

仮に、コンサルタントへの転職が成功した場合何を成し遂げたいのでしょうか。

  • 「年収をあげたい」
  • 「キャリアを積みたい」
  • 「自分自身の成長につなげたい」

上記はほんと一部で、ほかにもたくさんの成し遂げたいことがありますよね。

しかし上記のような成し遂げたいことを伝えても、転職は成功しません。

そこで、ご自身の目線で考えるのではなく採用側の立場に立って物事を考えてみましょう。

コンサル転職で注目されているのは、「あなたを採用してどのようなメリットが生まれるのか」です。

相手が求めていることを元に、成し遂げたいことを考えてみましょう。

ステップ①で洗い出したご自身の強みを絡めて、成し遂げたいことを考えてください。

その上で企業に対して、採用するメリットを提示するのが重要です。

ステップ③成し遂げたいことを元に目標と達成プランを立てる

ステップ②で考えた成し遂げたいことを元に、目標と達成するためのプランを明確にしましょう。

コンサル未経験者を採用するとなれば、採用と育成のためにコストが掛かってしまいます。

そのため、「この人はすぐに転職してしまいそうだな…」や「あまり成長しなさそうだ…」と思われてしまえばそれまでです。

しかし目標に対する明確なプランが用意されていれば、信頼度が増しますよね。

ここでポイントになるのが、大きな目標に対する小さな目標を伝えることです。

大きな目標はコンサルタントになって、最終的に成功させたいことですね。

それに対する小さな目標を掲げられると、大きな目標への道筋を描けていると判断してもらえます。

目先の目標だけでなく将来的な目標を掲げているのであれば、すぐに転職してしまうそうと判断されなくなりますね。

しっかりと目標と達成プランを立てましょうね。

ステップ④これらを伝えるための練習をする

今までのステップをすべて踏まえて、上手く伝えられるように練習しましょう。

ここまで上手く進められたのに、伝える際にミスをしてしまうともったいないですよね。

特にコンサルタントの仕事はクライアントに対して論理的に説明する機会が多いため、説明が下手だと適正がないと判断される可能性があります。

面接で転職理由や志望理由を伝えるのは、プレゼンテーションのようなものです。

コンサルタントとして働くのであれば、プレゼンテーションスキルは必須なので面接もスキルを見られます。

そこで、面接の練習をするのがおすすめですね。

面接の練習する方法としては、自分が話している姿を録画することです。

それを見てみると、自分の欠点がすぐにわかります。

人と対面で面接の練習をしてもらうとより良い練習になるのですが、恥ずかしい方もいますよね。

そのため、自分自身で録画をしてみて弱点や欠点を見つけてください。

それらをひとつひとつ潰していくことで、面接が上手くなりますよ!

コンサルタント転職を成功させるための転職理由の作り方

続いては、コンサルタント転職を成功させるための転職理由の作り方について解説します。

コンサルタントの選考に通過するためには、転職理由が大事だと伝えていますね。

ここでは具体的な転職理由の作り方を紹介します。

以下のポイントを抑えましょう。

コンサルタント転職を成功させるための4ステップ

  • ステップ①ご自身のキャリアを思い返して強みを洗い出す
  • ステップ②転職後に成し遂げたいことをまとめる
  • ステップ③成し遂げたいことを元に目標と達成プランを立てる
  • ステップ④これらを伝えるための練習をする

これらのポイントについてそれぞれ解説します。

職種・業種別に転職理由を考える

転職理由は「なぜこの会社を選んだの?」の質問以外にも「なぜIT業務コンサルタントの仕事に就きたいの?」という職種や業種別の質問も来ます。

コンサル業界はいろいろな職種があるので、なぜその業種にこだわっているのかについて具体的に解説しなければいけません。

「自分自身の経験を活かしたい」や「〇〇を成し遂げたい!」のように明確な理由を考えましょう。

自分の体験を元に話を作る

転職理由を考えるときには、自分自身の体験を元に話せるといいですね。

一般論をいくら話したとしても、採用担当者は聞き飽きています。

それでは採用担当者の印象に残れませんよね。

そのため、自分自身の体験ベースで転職理由を考えましょう。

「自分にしかない経験」を説明するべきですね。

それらを簡潔にまとめる

結局のところ、上手く理由を伝えられなければ意味がありません。

紙で書く場合にも口頭で説明する場合にも、簡潔にまとめましょう。

面接官にわかりやすいように伝えたほうが、印象がいいですよね。

一文一義を意識してわかりやすく伝えましょう。

コンサルタント転職でよくある転職理由

実際にどのような理由でコンサルタントに転職をしているのか気になりますよね。

他の人の理由を真似するのは良くないですが、参考程度に見るくらいならOKです。

ここでは、コンサルタント転職でよくある転職理由について紹介します。

具体的には以下の理由が多いです。

コンサルタント転職でよくある転職理由

  • さまざまな事業に関われる
  • 自分自身の成長につながる
  • 人脈が作れる

これらの転職理由についてそれぞれ解説します。

さまざまな事業に関われる

コンサルタントに依頼をする企業は、日系企業から外資系企業までさまざまな大手会社です。

そのため、大規模な事業に関われます。

大規模な事業に関われるとなると、さまざまな知識や経験を得られますよね。

中にはグローバルな案件で、いろいろな国の方と関わる機会があります。

どれも貴重な体験ですよね。

そのような経験を元に自分を成長させたい方が、「さまざまな事業に関われる」を理由にしています。

自分自身の成長につながる

コンサルタントをする場合には、以下のようなスキルが必要です。

  • プレゼンテーションスキル
  • プロジェクトマネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル

これ以外にもたくさんのスキルや知識を要求されます。

上記のスキルは、コンサルタントだけで使えるスキルではありませんよね。

ビジネスマンとしてあるべきスキルなので、コンサルタントとして働くだけでビジネスマンとして成長できます。

さまざまな面で大きく成長できるので、転職理由に選ばれやすいです。

人脈が作れる

コンサルタントの仕事はいろいろな案件をこなします。

基本的に大規模な事業にいってさまざまな人と関わりますよね。

そこで人脈を大きく広げられます。

また、同じ社内の同僚や上司も大事な人脈になります。

同僚や上司が有名企業から引き抜かれることもありますからね。

そうなれば、重要なポストの人との人脈を作れます。

このように、人脈を作って仕事を有利に進めたいというのも転職理由に選ばれています。

面接でコンサルタントへの転職理由を伝える時のポイント

実際にコンサルタントの面接に行ったときに、転職理由を伝える必要があります。

ただ、何も考えていないと困ってしまいますよね。

そこで今回は、聞かれる質問に対して伝えるべきポイントを3つ紹介します!

具体的には以下のとおりです。

面接でコンサルタントへの転職理由を伝える時のポイント

  • この業界でなければいけない理由を明確にする
  • この企業でなければいけない理由を明確にする
  • この企業にどのように貢献できるか明確にする

これらについてそれぞれ具体的に解説います。

この業界でなければいけない理由を明確にする

そもそも、この業界でなければいけない理由が聞かれます。

例えば、戦略系コンサルティングファームに転職したいとしましょう。

そこで、転職理由を聞かれたときに「企業の問題を解決するために戦略を立てたいと思っています!」と伝えたら「この業界じゃなくてもできるよ?」と言われてしまう可能性があります。

それでは、志望動機として不十分ですね。

もっと「具体的になぜコンサルタント業界でなければいけないのか」について理由を伝えましょう!

この企業でなければいけない理由を明確にする

コンサルタントの転職に限らず「なぜ数ある企業の中からうちの企業を選んだのですか?」という質問はよくあります。

その理由は人それぞれありますよね。

しっかりと「ほかの企業ではなくこの企業を選んだ理由」を伝えましょう。

競合企業の調査を怠っていると、「ほかの企業でも同じようなことができますよ」とツッコまれてしまうので気をつけてくださいね。

この企業にどのように貢献できるか明確にする

最後に、企業や採用側の立場に立って考えてみましょう。

企業や採用側は「この人を雇ってどのくらいの利益ができるかな?」と考えています。

そこで、会社に貢献できるポイントを伝えなければ採用する気になりませんよね。

そのため、自分の強みを明確にして企業に対してどれくらいの貢献ができるかアピールしましょう。

ほかの転職者と同じような知識や経験になってしまうと埋もれてしまうので、違う角度から物事を考えてみるといいですね。

未経験からコンサル転職するときの転職理由の具体例を紹介

ここまで、面接でコンサルタントへの転職理由を伝える時のポイントについて紹介しました。

しかし、実際に転職理由の例が合ったほうがわかりやすいですよね。

そこで、ここでは未経験からコンサル転職するときの転職理由の具体例を紹介します。

2つ紹介するので、参考にして転職理由を考えてみましょう。

私は以前、アパレル企業で生産管理部門に7年在籍していました。
そこでは、主に東南アジアにおける製造拠点の管理に携わっていました。
7年間で得た生産管理の知識や経験を元に、他の製造業でも活躍できるかと思います。
そこで、製造業のクライアントを複数持つ貴社の社員として働きたく思っています。
今までの経験と知識を以って、コンサルタントとして貴社に貢献いたします。
また、コンサルタントとしてのキャリアも歩んでみたいという気持ちがあり、貴社を志望いたしました。
銀行の法人営業を10年ほどおこなってきました。
そこでは、売上金額数億円~20億円の企業を担当しており、融資の営業をおこなってまいりました。
営業を通じて多くの経営者と関わりましたが、銀行の法人営業では経営戦略に深く関わることができず、うまく支援できないこともありました。
そこで、コンサルタントとしてのキャリアを歩みたいと思い、貴社を志望しております。
コンサルタントの経験はございませんが、銀行の法人営業で培った分析力を活かし、経営戦略に関わりたい所存です。

このように、「以前の仕事を活かしてコンサルタントに転職したい」ことを伝えましょう。

コンサル転職は未経験でも可能?面接で見られているポイントを解説

コンサル経験がコンサル転職するときの転職理由の具体例を紹介

続いては、コンサル経験者からコンサル転職するときの転職理由の具体例を紹介します。

こちらも2つ紹介するので、参考にして転職理由を考えてみましょう。

前職ではIT業務コンサルタントとして大手企業のシステム案件を担当していました。
また、M&Aが決定した際に合併の最適案を考えて実行する役目を果たしていました。
M&Aにふれることで、IT業務コンサルタントからM&Aにも興味を持つようになり、貴社を志望しております。
IT業務コンサルタントだけでなく、M&Aの交渉から関わりコンサルタントとしてのキャリアを積みたいと考えております。
これまで大手企業やスタートアップ企業の事業再生に携わっていました。
売上数億円規模の事業再生に関わっているうちに、より大きな売上の企業を事業再生に関わりたいと思うようになりました。
そこで、売上数兆円のクライアントを複数持つ貴社を志望しております。
これまでの経験を活かし、貴社のクライアントを支援、再生していきたいと考えております。
「コンサル経験を活かして別のコンサルタントに転職したい」ことを伝えましょう。

【まとめ】コンサルタント転職を成功させるための転職理由

この記事では、コンサルタント転職を成功させるための転職理由について紹介しました。

まずは、以下のステップを踏んで転職理由を考えてみましょう。

コンサルタント転職を成功させるための4ステップ

  • ステップ①ご自身のキャリアを思い返して強みを洗い出す
  • ステップ②転職後に成し遂げたいことをまとめる
  • ステップ③成し遂げたいことを元に目標と達成プランを立てる
  • ステップ④これらを伝えるための練習をする

その次に以下のステップを踏んで転職理由作ります。

コンサルタント転職を成功させるための転職理由の作り方

  • 職種・業種別に転職理由を考える
  • 自分の体験を元に話を作る
  • それらを完結にまとめる

このように進めることで、転職活動もうまくいきますよ!

コンサルタントの転職では、しっかりとした転職理由が重要です。

転職したい理由が曖昧としているのであれば、まず転職理由を固めましょう。

コンサル転職におすすめのエージェント10選!選び方や使い方も解説

コメント