職務経歴書の書き方は転職エージェントのキャリアコンサルタントに教わって

面談をしているスーツ姿の女性 提出書類

意中の転職先の人事担当者にアピールするためにも重要になるのが、職務経歴書です。

採用にこぎつけるためには、その精度をあげたいものです。職務経歴書を書く際には、キャリアコンサルタントの助言やアドバイスを聞くのが良いといえるでしょう。採用の現場に精通していますので、頼りになる存在です。

なぜキャリアコンサルタントが良いのか

職務経歴書といえば、転職活動をする上での必須アイテムであることは多くの人が理解しているのではないでしょうか。転職活動をする人にとっては、転職先に自らをアピールするためには重要なものになることは間違いないといえます。

しかしながら、職務経歴書を書くのもそのノウハウを持ち合わせていることが重要といえるかもしれません。

職務経歴書を記入する際には、転職エージェントや転職サイトに在籍するキャリアコンサルタントに教わって書くのが良いでしょう。でもなぜキャリアコンサルタントに教わるのが良いかについて、疑問を持つ人もいるかもしれません。

取り立ててキャリアコンサルタントが表現力やアピール力があるのでしょうか。

少なくとも転職エージェントや転職サイトの第一線で働くキャリアコンサルタントは、企業の人事担当者などとのやり取りを多くしていることもさることながら、実際に多くの転職希望者と転職先とを結びつけた経験がありますので、やはり、好ましい職務経歴書の書き方も知っているといえるでしょう。

履歴書とは異なる職務経歴書

職務経歴書と履歴書とは異なりますが、その違いを明確にしておく必要があります。企業の人事担当者もその違いについては、しっかりと見ているはずですので、記入する際には注意しましょう。

履歴書では、住所や転職回数などが見られます

履歴書で見られるポイントといえば、応募者の住所や転職回数、志望動機などです。

もし、入社が決まった際には、無理なく通勤ができるかや過去の転職回数などから直ぐに辞めてしまうのではないかなどの点についてチェックが入ります。また、志望動機については、より具体的な動機が書かれているかも重要といえるのではないでしょうか。加えて丁寧に書いているかなどもチェックポイントになります。

応募者の能力や適正がわかる職務経歴書

職務経歴書を人事担当者が見る際には、求める能力を持っているかなどの点について重点的にチェックが入ります。

履歴書よりもより具体的な職務の経験が書かれていますので、応募者の適正を判断する材料になるのです。また、信憑性があるかどうかについても見られることになります。

職務経歴書の具体的な記入方法

職務経歴書を実際に記入する場合には、具体例にどのような点に注意すれば良いのでしょうか。いくつかのポイントがありますので整理しておきましょう。

面接時を意識して書き上げる

人事担当者との面接の際には、職務経歴書を見ながらというのが一般的です。その時を意識して書き上げることが重要です。「こんな質問が飛んでくる」などを予測して書くことができれば、面接時の好印象につながることも期待できます。

羅列だけはダメ

経験や経歴を羅列するだけでは、面接官の興味を引き寄せることは難しいかもしれません。ただ単に古い順から並べるというだけではなく、どのような職務をどのくらいの期間経験したかなどの具体的なことも記入しておくことが求められます。

応募先のニーズを見極めて

これから応募しようという企業のニーズを念頭に置いて職務経歴書を作成することも重要です。自分本位で書くのではなく、相手にどういうふうに見られるかを意識することが大切です。応募先の業界なども考慮して書くことが大事なことです。

必ずキャリアコンサルタントの助言をもらうこと

職務経歴書が転職先への内定を引き寄せるために重要となることは理解することができたかもしれません。キャリアコンサルタントの助言やアドバイスを聞くことも重要なのは、その職務経歴書を書くための重要なポイントについてを理解しているからに他なりません。

職務経歴書は、あまりにも多くの枚数を書き上げたとしても、決して好印象につながるというものでもありません。かえって読みにくいという印象を与えてしまうことにもなりかねません。

理想的には、1~2枚程度にまとめてあるのが良いといえるのではないでしょうか。また、記入の仕方にも工夫が必要です。小見出しやレイアウトなどを用いて、見やすいようにすることが大切です。

過去に勤務した会社の業種や業態、業界などについても、まとめておくことで、見る側も見やすくなることはいうまでもありません。そして必ず、キャリアコンサルタントに見せて修正点などの助言やアドバイスをもらうようにしましょう。

カギを握るキャリアコンサルタント

転職先を見つけるために大切となる職務経歴書ですが、書き上げるためのノウハウについては、キャリアコンサルタントの助言やアドバイスを聞き入れることが重要です。多くの転職希望者を転職先に送り込んできた実績がものをいうのです。

人事担当者のチェックポイントやその企業ならではの採用方針にも精通しているキャリアコンサルタントの存在は、転職希望者にとっては極めて大事といえるでしょう。

コメント