日本コカ・コーラへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

日本コカコーラ 有名企業への転職

様々な清涼飲料水の販売で圧倒的な知名度の高さを誇る企業と言えば「日本コカ・コーラ株式会社」ですよね。

アメリカで開発された後に日本に普及した大人気商品のコカ・コーラですが、その人気は現代においても衰えることを知らず、多くの人々に愛されています。

この看板商品だけではなく、お茶やスポーツ飲料、コーヒー飲料など幅広い商品開発を行っています。

では、清涼飲料水製造・販売の大手とも言える日本コカ・コーラで働くにはどうすれば良いのでしょうか?その条件などを詳しく解説していきます。

日本コカ・コーラの企業概要

アメリカで誕生したコカ・コーラが日本に上陸したのは大正時代のことです。
多くの詩人や作家たちの作品に登場しているコカ・コーラは、それだけ日本人にとっても親しみのある存在だったと言えるでしょう。

それから200年以上経った現在でも高い人気を誇る商品を生み出し、支え続ける日本コカ・コーラ株式会社とはどのような企業なのでしょうか?

事業内容

日本コカ・コーラには大きく分けて3つの事業があります。

それぞれの事業内容に合わせて製造販売を行っているのですが、一体どのような事業が行われているのでしょうか?

日本コカ・コーラを支え3本柱とも言える3つの事業について見ていきましょう。

製品製造事業

日本コカ・コーラが企画・開発した原液を受け取り、それを利用して製品を製造します。

数多くの商品を製造することもあり、日々厳重な品質管理を行いながら製造しています。

清涼飲料事業

清涼飲料事業には3つのチャネルがあり、それぞれ役割が違います。

まず、ベンディングですが、自動販売機を通じて商品を販売するマーケット担当を行っています。

自動販売機はお金を入れて希望の商品ボタンで選ぶことで、受取口から商品が出てくるという仕組みになっていますが、これを時代のニーズに合わせて自動販売機そのものの展開も進めています。

例えばお金を入れずにスマートフォンで買い物をするC-mode機や、省エネを重視したノンフロン・キャッシュレス次世代自動販売機などが挙げられます。

次に、チェーンストアですが、スーパーやホームセンターなどの量販マーケットを担当しています。

お店によってお客様の来店目的が異なるので、それに合わせた商品の品揃えを心がけ、販売促進に役立てています。

そのため普段からお客様のニーズを把握できるよう調査・分析を行い、どのような販売策をとるのかを提案しています。

最後に、リテール・フードサービスですが、リテールでは一般手売りマーケットを担当し、フードサービスではレストランや映画館などの施設内で販売をするマーケットを担当しています。

様々な年代の人が集まることから、商品の種類も幅広く用意しています。

ヘルスケア・スキンケア事業

多くの清涼飲料水を製造販売していますが、ジュースに分類される嗜好品ばかりを作っているわけではありません。

実は、健康食品や特定保健用食品、化粧品などの製造販売も行っているのがこの事業です。

トップのメッセージ、企業理念

「世界中にさわやかさをお届けすること。

前向きでハッピーな気持ちを味わえるひとときをもたらすこと。

新たな価値を生み出し前向きな変化をもたらすこと」。これが私たちのミッションです。

このミッションのために、旗艦ブランドである「コカ・コーラ」を初めとする炭酸飲料、缶コーヒー、お茶、水、果汁飲料などの幅広いカテゴリーにおいて、50を超えるブランド、800以上の製品を日本のお客さまにお届けしています。

本年も変わらず、みなさまの日々の生活を潤す存在であり続けることを目指して、世界屈指の先進市場である日本のお客さまの多様な嗜好やライフスタイルに寄り添う製品の提供と、サービスのイノベーションの追求に、ボトラー社と一丸となって取り組んでまいります。

また、お客さまの生活に身近な清涼飲料メーカーとして、当社ではサスティナブルな地域社会づくりにも、製品づくりと同様の情熱を注いでいます。

サスティナブルな地域社会をつくるための当社の取組は幅広く、活動の種類もさまざまですが、すべてに共通しているのは「地域を第一に考えること」。

当社は、北海道から沖縄まで全国5つのボトラー社と共働して、各地で製品を製造・販売する、地域に根差した企業です。

だからこそ、各地域のみなさまと一緒に課題解決に取り組み、サスティナブルな方法でともに成長することを目指しているのです。

会社概要

会社名日本コカ・コーラ株式会社
所在地東京都渋谷区渋谷4-6-3
資本金36億円
事業内容清涼飲料の製造販売
従業員数487人(2017年3月31日時点)

日本コカ・コーラの採用職種・仕事内容

世界的に人気の高いコカ・コーラの製造会社で働きたいと思う人もたくさんいるでしょう。

では日本コカ・コーラで働くとしたらどのような仕事内容があるのでしょうか?

就職・転職を目指す人々が気になる求人情報について解説してきます。

アシスタントファシリティマネージャー

必要に応じたビルディングオペレーションや、スペースプランニング、建設プログラムのサポートなどを行います。

商品に関する業務ではなく、職場環境や事業展開などに大きく携わることになる職種だと言えるでしょう。

主な仕事内容としては下記の通りです。

  • ベンダー管理
  • 財務管理
  • プロセス管理
  • 人材管理
  • クライアントの満足度

英語が必須スキルとなり、その他にも技術的なスキルが求められます。

マーケティングリーダー

日本のスポーツ飲料カテゴリーにおけるマーケティングを行います。

その中でも、リーダー的存在としての活躍が求められるので、市場調査や分析など、リーダーシップをとってどんどん実行していく積極性が必要です。

応募に必要な資格や条件は下記の通りです。

  • マーケティング分野で3年以上の経験
  • Excel、PowerPoint、WordなどのITスキル
  • 分析データを戦略的な推奨事項に形成するスキル
  • 前向きに前進しる情熱
  • チームワークを大切にし、リーダーシップを発揮できる

プロジェクトマネージャー(分析化学)

微生物学的な分析を必要とする専門の職種です。

コカ・コーラシステム内の品質システムを維持、強化していくための技術検証を行い、分析的試験方法を開発していきます。主な仕事内容をいくつか紹介します。

  • 事実に基づいたリスクアセスメントを可能にするため、原料と飲料の両方について実験を実施する
  • 新規および既存の食材や飲料について評価する
  • 研究所でISO認証を維持するための所有権を取得する
  • 実験室機器や運用予算の管理

様々な実験を日常的に行う分野なので、専門知識を必要とします。

その中で必要となる資格や条件は下記の通りです。

  • プロジェクトマネジメントのスキルと経験
  • ネイティブな日本語とビジネスレベルの英語
  • 基本的なITスキル(Excel、Word、PowerPoint)
  • 微生物学や分析化学の専門知識

ビジネスサービスマネージャー

ITソリューションの展開をサポートし、運用チームが実施しているアプリケーションの継続的なサポートを行います。

具体的な仕事内容は大きく分けて5つがあります。

  • ビジネスアカウント管理
  • ビジネス分析
  • プロジェクト管理
  • サービス管理
  • イノベーション

戦略を立てるためにも各国の文化を理解し、管理しなければなりません。

そのため、日本だけではなく様々な国に関する知識や人々の特徴、ITの知識が必要となります。

科学者

消費者に満足してもらえるような商品を提供し続けるため、新製品の革新を通じて技術ソリューションを提供します。

ブランドマーケティンググループや外部リソースと連携し、開発の詳細を調整します。

この職種に求められるスキルは下記の通りです。

  • プロジェクト管理スキル
  • プレゼンテーションや交渉ができるコミュニケーションスキル
  • 十分な英語力
  • 食品産業における3~5年以上の経験
  • 製品開発経験3年以上

HRスペシャリスト

様々なプロジェクトの管理を行い、イベントなどを無事に遂行できるよう立ち上げから準備までのすべてを担います。主な仕事内容として下記の通りです。

  • プロジェクトの人事や管理
  • プレゼンテーションの準備
  • 会議のセットアップ

プロジェクトは1つに限らず、同時進行でいくつも始動している場合が多いため、複数の仕事をしっかり管理し実行できる能力が必要です。

日本コカ・コーラの給与・年収

様々な職種がある日本コカ・コーラですが、就職・転職した際には日本国内だけではなく、海外にも目を向けたグローバルな活躍が求められます。

では、そんな大手企業ではどれくらいの年収が期待できるのでしょうか?

平均や年代別など、いくつかの項目に分けて解説していきます。

全体の平均年収

日本コカ・コーラの仕事は非常に多岐にわたります。

そのため、どんな職種で働くかだけではなく、役職や年齢によっても差が大きいのが特徴です。

そんな諸々の点を踏まえた上で全体的な平均を出すと、大体年収800万円前後となります。

他業種と比較すると高い水準だと言えると思います。

不景気な現代では年収800万円以上稼ごうと思ったら、大手企業に就職するか、役職をもらうくらいしか方法がありません。

初任給が10万円程度だという20代の若者たちも多いので、それを考えると日本コカ・コーラはそれだけ大きな企業だということが分かります。

年代別の年収

では、年代別に見ると年収はどのような変化があるのでしょうか?

年代平均年収
20~29歳650万円
30~39歳800万円
40~49歳950万円
50~59歳1000万円

職種や勤続年数などによって年収は異なりますが、基本的に年齢とともに年収が上がっていっているのがよく分かります。

まだキャリアを積んでいない20代という若手の場合は、全体平均を下回る500万円代や600万円代となりますが、キャリアを積んでいけば30代後半で1000万円をこえるのも夢ではありません。

日本コカ・コーラの競合企業と平均年収比較

日本コカ・コーラは外資系ということもあり、給与水準も高くなっています。

では他の競合企業と比較するとどうなるのでしょうか?

企業名平均年収
日本コカコーラ800万円
アサヒ1000万円
サントリー937万円
日本ペプシコーラ販売405万円
キリンビバレッジ676万円

日本コカ・コーラと同様に、大手メーカーとして名高いアサヒやサントリーは、年収1000万円近い平均値を出しています。

それに比べると日本コカ・コーラは少ないように見えるのですが、同じコーラという飲料としてライバル的企業となる日本ペプシコーラ販売と比べると、その差は一目瞭然です。

全体的に見ると、日本コカ・コーラの給与水準は高いと言っても良いのではないでしょうか。

給与に関する口コミ・評判

給与水準は他の競合企業に比べると高めです。しかし、一度上がるとその後下がらないので、長くいる人は職種に関係なく多くもらっているという傾向があります。年収アップを目指すのであれば、勤続年数が必須項目となります。

作業実績に応じてボーナスがつきます。自分の実績をアピールすれば、多くのボーナスが期待できます。

ビジネスが安定しているので、年金制度はしっかりとしている上に、昇給も毎年のようにあります。なかなか昇給しない企業も多いことを考えると、大手に入って良かったと実感させられるポイントの1つだと言えます。

職種によって残業がついたりつかなかったりします。昇進してから残業代はつかないという社内規定に変わることもあったので、作業時間のわりに給与が少ないと感じることもあります。

日本コカ・コーラの福利厚生制度

仕事に対するやりがいも大切ですが、やはり働いていくのであれば福利厚生も気になりますよね?

そこで日本コカ・コーラにはどのような福利厚生の制度があるのかをいくつか紹介していきます。

健康管理

定期健康診断が行われているだけではなく、メンタルヘルス無料カウンセリングも行われています。

体調面の健康だけではなく、精神面での健康も大切だという考えがうかがえます。

日頃感じているストレスにはどんなものがあるのか、また、今どんなことに困っているのかなどを踏まえて、社外カウンセラーがしっかりカウンセリングを行ってくれます。

出産・育児支援制度

産前産後休暇や育児休業は、母となる女性に認められた福利厚生です。

ただ、そんな正当な権利さえも否定する企業も多く、マタニティハラスメントに苦しむ女性たちもたくさんいます。

しかし、日本コカ・コーラでは、働きたいという女性たちを全面的に応援し、バックアップする体制が整っています。

育休が終わった後にも、育児のために勤務時間を短縮させたり、看護休暇をとれるようにしたりなど、女性たちが少しでも働きやすいようにと配慮しています。

福利厚生サービス

提携機関が提供しているサービスを、お得に利用できる福利厚生サービスが整っています。

日本コカ・コーラは大手企業なので提携先も多く、グルメやレジャーなど多種多様なサービスが受けられます。

ディズニーランドへの招待

毎年12月には、ディズニーランド近くのホテルで表彰式が行われます。

そのため、社員はもちろんのこと、その家族もディズニーランドに招待してもらえるという日本コカ・コーラならではの福利厚生があります。

特に、幼い子どもがいるという社員にとっては、家族サービスにもなるので、社員だけではなく家族にとっても嬉しいことですよね。

福利厚生に関する口コミ・評判

管理職になると残業代がつきませんが、それ以外の非管理職の場合にはしっかりと残業代をくれます。仕事が多くて大変なときもありますが、その分だけしっかりと給料に反映されるのでモチベーションアップにもつながります。

他店舗が一定期間で集まって会議を行い、そのまま飲み会が開かれます。社員感での親睦を深めるチャンスになるので、チームワークをより大切にしながら仕事ができます。

正社員ではなく派遣社員であっても、同等の福利厚生があったのが嬉しかったです。会社主催のイベントにも堂々と参加できました。

清潔感があるオフィスが維持されているので、気持ちよく仕事に向かえます。

勤務時間・休日休暇

大手企業は福利厚生が整っていて働きやすいというメリットがありますが、それを維持させるためには継続して業績を伸ばし続けなければなりません。

そうなるとどうしても勤務時間がのびてしまったり、休日が減らされたりというような不安が出てきますよね?

実際のところはどうなのか、日本コカ・コーラの勤務時間や休日休暇についても見ていきましょう。

フレックスタイム制

フレックスタイム制というのは、労働者が自分の仕事の都合を考えながら働く時間を決められるという柔軟な働き方です。

日本コカ・コーラではこの働き方を採用しているので、労働者は自分で自分の管理をしていかなければなりません。

守山工場を除いて、標準労働時間は7時間15分です。

完全週休2日制

土日に必ず休みになる完全週休2日制を採用しています。

また、祝日や年末年始も休みになるので、仕事とプライベートを両立させやすいと言えるのではないでしょうか。

現代では年末年始の休みもほとんどないという企業が増えてきているので、5日間も休みが取れるというのは嬉しいですよね。

定期的に与えられる休暇

勤続5年という一定期間を過ぎると、1~2週間の休暇がもらえます。

これは有給休暇とは違う休暇で、自分で休みをつくるタイミングがつかめないという人にとっては、しっかり休みをとるチャンスだと言えます。

また、節電のための休暇や、オフィス移転に伴う休暇などもあるので、他の企業とは少し違った形で休みが与えられる場合もあります。

ただ、これらは突然会社から言い渡される場合があるので、仕事の管理が余計難しくなるという可能性も考えられます。

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇を導入しているため、旅行に行ってプライベートを楽しんだり、ゆっくり休んで心身ともに疲労を回復させたりという時間を設けることができます。

激務の中でもこういった休暇がもらえれば、しっかり休んだ後にまた頑張ろうという気持ちになれますよね。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

休暇をとる制度はたくさんありましたが、激務な部署だときりが良いところまで仕事がいかず、結局休む暇もなく仕事をするということもありました。

仕事量が多いときは当たり前のように残業になり、間に合わない場合には仕事を持ち帰るということもあります。

リフレッシュ休暇があったので、プライベートとの両立ができて仕事にもメリハリがつけやすくなりました。

社内の教育・研修制度

日本コカ・コーラでの教育の仕方や研修制度は下記の通りです。

  • E-learning
  • コカ・コーラユニバーシティ
  • OJT

基本的には現場で学ぶOJTとなるので、研修制度がたくさんあるというわけではないようです。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

OJTなので、自分から聞こうという積極性がないと仕事を教えてもらえない場合があります。

逆に自分からどんどん聞いていけば、丁寧に教えてくれる先輩もたくさんいます。

職種によってはスキルアップのための研修もあり、アトランタ本社に行くこともあります。

個人の裁量が大きいのですが、研修や会社補助で受けられるトレーニングがまったくないわけではありません。その際には積極的に参加をすることが大切だと思います。

職場の雰囲気や社風

大手というだけあって、仕事ができるキャリアマンやキャリアウーマンばかりが在籍しているようなイメージがありますが、実際の職場の雰囲気はどのようなものなのでしょうか?

今後採用試験を受けてみたいと思っている人のために、日本コカ・コーラの社風を紹介します。

切磋琢磨できる環境

定期的に飲み会を開くなど、従業員のチームワークを大切にしているので、切磋琢磨できるという特徴があります。

仕事は1人で行うものではなく、みんなで協力して行うものという考えが強く、自分からチームにどんどん携わっていくことで良好な職場環境が築けるでしょう。

それがやりがいや仕事の成果に結びついていきます。

努力次第でどんどんスキルが上がる

OJTというだけではなく、誰でもアイディアを提案できる環境があるので、チャンスがたくさんある職場だと言えます。

実績が認められればどんどん上に上がっていくことも期待できるでしょう。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

社員同士で仲が良いので、仕事がやりやすいです。困ったときにはお互いに助け合い、忙しい仕事も楽しく乗り切れます。

新人でも先輩たちがしっかりフォローしてくれます。おかげで安心して仕事に向かえています。

育児のため時間短縮で働いていますが、誰も嫌な顔をせず、優しく配慮をしてくれます。そんな仲間たちに迷惑をかけないように、働ける時間は一生懸命働こうと前向きになれました。

日本コカ・コーラへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

大手企業への転職はそう簡単なものではありません。そのブランド名だけではなく、安定した福利厚生や給与が魅力的だということから、転職を希望するライバルたちも多くなるでしょう。

そのため、倍率も必然的に高くなりがちなのですが、このような大手企業への転職はどのような転職サイト・転職エージェントを利用したら良いのでしょうか?

BIZREACH

会員制を採用しているからこそ、非公開求人なども幅広く提供してくれます。

また、2600名以上のヘッドハンターがいるので、職務経歴を見てスカウトをしてくれる可能性もあります。

年収750万円以上のハイクラス転職を効率的に行える転職サイトだと言えるでしょう。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

JAC Recruitment

外資系企業に強い転職エージェントです。約25,000社との取引があり、そのうちの約60%が非公開求人となっています。

つまり、この転職エージェントを利用することで、他では見つけられないような求人に出会える可能性があるのです。

今までの経験から強みに感じていることを長所とし、最適な求人を提案してくれます。

JACリクルートメント利用者の評判は良い?あらゆる点からサービスを比較
高収入、高キャリアなハイクラス求人を豊富に扱っており、ハイキャリア転職の転職支援が得意なJACリクルートメント。 ハイキャリア転職に特化した転職エージェントは他にもありますが、中でもJACリクルートメントはどんな特色、利用にあたってど...

CAREER CARVER

キャリアカーパー

年収800万円以上の求人を15000件以上も扱っているというハイクラス専門の転職サイトです。

大手リクルートグループのサービスということから安心して利用できるという人もいるのではないでしょうか?

ハイクラス専門のヘッドハンターが多く在籍しているので、ハイキャリアポジションへのスカウトが期待できます。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)の使い勝手は?サポートの充実性は?
キャリアカーパーは、ハイクラス向け求人をメインで扱う転職エージェント。キャリアアップや年収アップを狙った転職にはピッタリです。他の転職エージェントと併用して、効果的な転職活動を進めましょう。

まとめ

日本コカ・コーラが大手と言われるのは、商品の魅力だけではなく、そこに携わる人々のモチベーションの高さや、仲間たちと協力し合える環境にあると言えるのではないでしょうか?

グローバルに活躍している企業だからこそある程度の経験やスキルは必要となるので、未経験でも良いという企業に比べると転職は難しくなってしまいます。

しかし、それさえクリアしていれば誰でも挑戦できますし、転職サイトや転職エージェントをうまく利用することで、転職も可能となるでしょう。

コメント