転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

CME@薬剤師転職は使うべき?利用者の口コミから強みを解説

CME@薬剤師転職薬剤師転職サイト

CME@薬剤師転職は医師紹介を代表として活躍しているCMEが運営している薬剤師専門の転職サイトです。

医療全般で勢力を拡大しつつある企業が運営しているので着目する薬剤師も増えてきました。

転職サイトとしての特徴も運営会社の影響が大きくなっています。

どのような強みがあるのか、メリットやデメリットに着目して確認しましょう。

CME@薬剤師転職のメリット・デメリット

CME@薬剤師転職を利用するのには特徴的なメリットとデメリットがあります。

特にメリットを生かせるのかという点に着目するとCME@薬剤師転職の強みを理解しやすくなります。

メリット

  • 目的に応じた求人の検索がしやすい
  • 調剤薬局からの求人が豊富
  • アフターフォローまで充実するサービス

目的に応じた求人の検索がしやすい

CME@薬剤師転職の求人検索システムの特徴として特集記事から求人を探せるのはメリットです。

働きやすさにこだわる、高給与・高時給にこだわる、スキル・キャリアで選ぶといった形で様々な種類の特集が組まれています。

ママ薬剤師として活躍する、未経験・ブランクありといった女性に多いパターンにも対応しているので、薬剤師に女性が多いという状況にも配慮してあるのが魅力です。

50歳や60歳になってから転職したいという人にも募集記事の特集があって探しやすくなっています。

特別に転職にこだわりがある人ほどCME@薬剤師転職を使うと希望の求人を探しやすいのが魅力です。

調剤薬局からの求人が豊富

CME@薬剤師転職で扱っている求人は病院や企業もカバーされていますが、大半を占めているのは調剤薬局です。

ドラッグストアは特に少なめですが、調剤に関わっている職場からの求人に特化している傾向があります。

経験豊富・未経験を問わずに求人が豊富なので、ベテランであればキャリアを生かして高待遇での転職先を探すことができ、未経験の人は教育研修がしっかりとしていてこれからキャリアを作りやすい職場を見つけることが可能です。

調剤薬局は全国各地の求人をカバーしているのでどの地域の人もエリア内に転職先を見つけられます。

正社員のフルタイム勤務だけでなく、パートの仕事も豊富にあるので自由な働き方を選べるのもメリットです。

アフターフォローまで充実するサービス

CME@薬剤師転職ではキャリアコンサルタントによるサポートサービスを充実させているのもメリットです。

コンサルティングによる求人紹介を行うのは当然ですが、面接対策をしたり、面接に同行したりするサービスも受けられます。

さらに、転職を終えたらそれでサービスは終わりというわけではないのがCME@薬剤師転職の魅力です。

アフターフォローを徹底していて、入社後に面談をして良い待遇で働けているか、仕事内容や勤務時間などに満足できているかという点をヒアリングしてもらえます。

そして、不満がある場合には職場との交渉をしてくれたり、もう一度転職をして仕切り直しをするのを提案してくれたりするのがメリットです。

デメリット

  • 調剤薬局であっても求人の総数が少ない
  • 医師特化型のサイトが主なので薬剤師の専門性が低い
  • マッチングのミスが起こりやすい

調剤薬局であっても求人の総数が少ない

CME@薬剤師転職は調剤薬局からの求人が豊富ではあるものの、絶対数で比較すると他の大手の薬剤師転職サイトに比べるとかなり少ないのが事実です。

地域特化型というわけでもないので、各地域ごとの求人数で見ても少なめで、近隣に職場を見つけられない可能性があります。

また、待遇の比較が難しい場合もあり、本当に良い待遇の求人なのかがCME@薬剤師転職だけを使っているとわかりにくいのがデメリットです。

調剤薬局以外になるとその状況も顕著になります。

他の転職サイトも併用してできるだけ多くの求人に目を通せるようにすることはCME@薬剤師転職を利用する上で欠かせません。

医師特化型のサイトが主なので薬剤師の専門性が低い

CME@薬剤師転職はもともと医師専門の転職サイトを運営してきたCMEが行っている事業なので、キャリアコンサルタントももともとは医師を相手にしていたことがしばしばあります。

そのため、薬剤師に対する専門性が低いキャリアコンサルタントも少なくないのがデメリットです。

医療全般に対する知識は持っていても、調剤薬局などで調剤や処方監査などの業務をする視点があまりしっかりとしていないキャリアコンサルタントもいます。

キャリアプランについて相談したり、現場の状況について確認を取ってもらったりする場合には、薬剤師の事情について詳しいキャリアコンサルタントかどうかをよく吟味した上で相談しなければなりません。

マッチングのミスが起こりやすい

医療特化型のサイトを運営してきた企業という影響はマッチングにもデメリットを生んでいます。

キャリアコンサルタントが薬剤師のスキルについてよく理解できていない場合があり、さらに調剤薬局でのニーズも正しく把握できていないことがあるのです。

キャリアコンサルタントの能力次第ではあるものの、ミスマッチを起こしてしまって転職に失敗したという声もないわけではありません。

この意味でも担当になったキャリアコンサルタントにマッチングをしてもらう上では、能力の高さや知識の深さ、理解力の良さといった点をよく吟味することが必須です。

他の転職サイトも利用して比較できるようにしておくと良し悪しを見極めやすくなります。

他の薬剤師転職サイトと比較してCME@薬剤師転職は使いやすいか?

CME@薬剤師転職は目的に応じた求人を検索しやすいサイトという点では使いやすいですが、薬剤師に特化していないキャリアコンサルタントに当たってしまうリスクがある点で心配があります。

他の転職サイトを併用して、キャリアコンサルタントの良し悪しを自分で判断できるようになっておくと有効活用可能です。

良いキャリアコンサルタントに巡り会えれば手厚いサポートも受けられるので魅力的な転職サイトになるでしょう。

CME@薬剤師転職のキャリアコンサルタントについて

CME@薬剤師転職のキャリアコンサルタントについては個々に能力差があるので慎重に吟味することが重要です。

しかし、CME@薬剤師転職で働けているキャリアコンサルタントには全体として特徴があるので理解しておきましょう。

医療全般に精通している

CME@薬剤師転職で働けているキャリアコンサルタントは医療全般に精通しているのが特徴です。

もともと医師求人の紹介をするキャリアコンサルタントとして働いてきた人も多いので、医師の視点から現場の良し悪しや求人の魅力を判断する能力も持っています。

現場での仕事が忙しくなりやすいことや、医療サービスを行う上でのストレス、医療費に関わる問題などに広い知識を持っているので相談しやすい人が多いのが特徴です。

しかし、処方科目の違いによる働きやすさなどの薬剤師に特化した細かな点に対応できないキャリアコンサルタントも多いので気をつけなければなりません。

面接にも同行してもらえる

CME@薬剤師転職ではキャリアコンサルタントが徹底したサポートを行うシステムを作り上げています。

キャリアコンサルタントはしばしばコンサルティングを通してキャリアプランを考える手助けをしたり、希望条件に合っている求人を紹介したりするだけに留まってしまうこともあるでしょう。

しかし、CME@薬剤師転職のキャリアコンサルタントは転職の応募のときにも活躍してくれます。

応募してから採用してもらうまでに大きなハードルになるのが面接を通過することですが、面接にキャリアコンサルタントが同行してくれるのです

自分の希望をよく理解しているキャリアコンサルタント同伴で面接を受けられることで安心できるのが魅力となっています。

条件交渉に積極的

CME@薬剤師転職のキャリアコンサルタントは薬剤師の希望を実現するのに尽力してくれるのも特徴です。

給与や働きやすさなどのこだわりがある人にとっては、それをできるだけ理想に近づけるのが転職の成功の可否を分けます。

その点に着目し、CME@薬剤師転職のキャリアコンサルタントは条件交渉を徹底的に行ってくれるのです。

年収は何万円以上を希望する、この曜日は働けない、勤務時間帯は何時から何時までといった形で具体的にキャリアコンサルタントに希望を伝えれば、その条件で納得してもらえる雇用先を探しつつ交渉を進めてもらえます。

面接に同行してくれたときにも交渉をしてくれるのでより良い待遇で働ける可能性が高まるのが魅力です。

CME@薬剤師転職の利用に向いている人

CME@薬剤師転職で転職活動をするのに向いている人はどのような薬剤師なのでしょうか。

具体例を三つ挙げるので、そのどれかに該当するようならCME@薬剤師転職の利用を検討してみると良いでしょう。

調剤薬局への転職を希望している人

調剤薬局で働きたいと考えている薬剤師はCME@薬剤師転職を利用する意味があります。

調剤薬局からの求人が比較的豊富なので偶然希望する条件のものが見つかれば転職に速やかに成功できるからです。

特に働きやすさや年収にこだわりがあるというときには、それに特化して厳選された求人もあるので希望を実現しやすくなっています。

地方に住んでいるので求人が見つかりにくいという場合でも問題はなく、全国各地から求人を集めているので助かるでしょう。

キャリアに応じた転職先の検討ができるので、調剤薬局で働くのであれば転職サイトとしての利用価値は高いと言えます。

転職後までサポートを受け続けたい人

CME@薬剤師転職を利用すると転職後までサポートを受けられるのが魅力であり、いつまでも充実したサポートを受けられる転職サイトを選びたい人に向いています。

転職をする理由として、今まで働いてきた職場で人間関係で苦労したり、待遇の悪さにストレスを抱えたりしたというものを挙げている場合のように、薬剤師として働くのにネガティブな印象を持っているときには転職してから健全に働けるかで不安になりがちです。

転職後にも何か不安が出てきてしまったときには気軽にコンサルティングを受けられるのはCME@薬剤師転職の魅力であり、安心して働き続けられる職場を見つけ出すという意味でも重要なサポートを受けられます。

目的は明確でも条件ははっきりとしていない人

転職をしたいときに明確な目的はあるけれど、それを具体的にどのような条件として定めたら良いかわからないという薬剤師にもCME@薬剤師転職は向いています。

今よりも私生活を重視できる職場で働きたいと考えても、どのような勤務時間と福利厚生を兼ね備えていれば良いのかがわからないという場合はよくあるでしょう

そのときに働きやすさにこだわる求人の特集を見てみると、どのような待遇の組み合わせになっているのが優良求人かを判断できます。

それを参考にすると自分にとって魅力のある条件が浮き彫りにされて、転職先に求める条件を自分なりに決められるようになるでしょう。

特集記事を有効活用できる点で目的がはっきりとしている人はCME@薬剤師転職を使うのが賢明です。

CME@薬剤師転職と併用するべき薬剤師転職サイト

CME@薬剤師転職は単独で使用してしまうとリスクがあります。

求人の網羅性は低く、サポートについても薬剤師に特価していない可能性があるからです。

うまく他の転職サイトも併用して転職を有利に進めましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はCME@薬剤師転職と併用するときに有効な転職サイトの代表格です。

薬剤師に特化しているキャリアコンサルタントに担当してもらえるので、薬剤師ならではのこだわりに適切に対応してもらえます。

また、カバーしている求人も病院やドラッグストアなどに広がっているため、CME@薬剤師転職にはない豊富な候補からより良い職場を選び出すことが可能です。

ファーマキャリア

ファーマキャリアは薬剤師専門のコンサルティングベースの転職サイトです。

コンサルティング力では定評があり、CME@薬剤師転職と比較してみてどちらが良いかという判断をすることができます。

特に交渉力の高さではよく知られているので、どれだけ待遇を良くしてくれるのかを比べてみると良し悪しがよく分かるでしょう。

CME@薬剤師転職に現在載っている求人情報

CME@薬剤師転職では企業名を公表している求人はあまり多くはありません。

病院などからの求人もないわけではありませんが、企業名が公開されているものがないので調剤薬局からの求人を二例紹介します。

エール薬局ちわら店

山形県鶴岡市にある精神科応需、一日あたりの処方せん枚数38枚程度の小さな調剤薬局からの求人です。

比較的小さな薬局なので希望を伝えやすく、原則として日曜祝日が休みではあるものの、勤務時間や勤務日については条件交渉をしやすくなっています。

年収は400万円から600万円であり、落ち着いて希望の勤務条件で働きやすいことを考慮すると優良な職場です。

たんぽぽ薬局岐阜中央店

東海エリアを中心として店舗展開を行っているチェーンの調剤薬局からの求人です。

岐阜県にあって総合科目の応需、一日あたりの処方せん枚数が100枚程度で標準的なレベルの忙しさの調剤薬局になっています。

年収は400万円から540万円で標準的ですが、完全週休二日制になっていて、夏季休暇などもあり、十分に休みを取りやすくなっているのが特徴です。

プライベートを重視するワークライフバランスにしたいという薬剤師に向いている待遇になっています。

CME@薬剤師転職総評

CME@薬剤師転職は医療に関して詳しいキャリアコンサルタントに対応してもらえる点で優れている転職サイトです。

調剤薬局からの求人が大半を占めているので、他の転職サイトも利用しないと優良求人を撮り損ねてしまうリスクがあります。

キャリアコンサルタントも薬剤師に詳しいとは限らないで気をつけなければなりません。

CME@薬剤師転職利用者の口コミ

CME@薬剤師転職を利用して転職した人の口コミ評価はどのようになっているのでしょうか。

すぐに良い待遇の調剤薬局に転職できた

私はCME@薬剤師転職を利用してすぐに転職をすることができました。仕事が辛くなってきたのでパートへの転職を希望したのですが、すぐに自宅の近くにある求人を紹介してもらうことができ、わずか一ヶ月の間に転職手続きを終えることができたのが印象的です。

(40代・東京・女性)

連絡してからの応答が早かった

主人が病気になって稼げるようにならなければならないと考えたのが私が転職を決めた理由です。すぐにでも高年収の求人が欲しいと伝えたところ、翌日には回答をもらえてすぐに転職先を決めることができました。

(20代・大阪・女性)

自分で主体的に転職先を選べた

私はキャリアチェンジを考えて調剤薬局の求人をCME@薬剤師転職に要求しました。細かな希望を伝えるとすぐにかなりの数の求人リストを送ってくれるので主体的に希望の転職先を決められたのが良かったと思います。

(30代・千葉・男性)

希望している求人が見つからなかった

CME@薬剤師転職を使ってみてわかったのが、なかなか希望通りの求人を紹介してもらえないことでした。地域柄、求人が少ないのはわかるのですが、期待していたほど多くの求人を紹介してもらえなかったのは失敗だったと思います。

(30代・島根・女性)

好みの転職先を見つけるまでに時間がかかった

私がCME@薬剤師転職を利用してみて不満だったのは、なかなか希望通りの転職先が見つからなかったことです。転職先への希望を何度も伝えているのに、その度に紹介してくれる求人に必ず不満点が残っていました。たまたま理解力が低いキャリアコンサルタントに当たってしまったのかもしれませんが、三ヶ月もあれば転職できると思っていたのに八ヶ月もかかってしまったのはCME@薬剤師転職を利用して失敗したと感じた点です。

(30代・大阪・女性)

コメント