登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

中小企業への転職は失敗に終わることがほとんど?転職を成功させるためのコツとは

中小企業から大企業に転職中小企業のコラム

一念発起して中小企業に転職をしたものの、失敗してしまった…

しかし大企業から中小企業への転職して失敗してしまう人には、共通した理由があります。

また中小企業の転職は運ではありません。

しっかりと入念に対策を行えば、転職失敗は防ぐことができます。

今回は、大企業から中小企業への転職で失敗してしまう人にありがちな理由に加えて、転職失敗を防ぐためのコツも併せて解説していきます。

中小企業への転職はなぜ失敗してしまうケースが多いのか

実際に毎日働いていくとなると、本当に自分にあっている職場で働きたいもの。

しかし大企業から中小企業への転職活動を行った人の多くは、中小企業に転職を行った際に「失敗した」と感じているのです。

しかし中小企業への転職活動で「失敗した」と感じる人には、ある共通点があります。

それは中小企業へ転職をすることへのリスクをしっかりと理解していないこと。

きちんとリスクを把握せずに、中小企業への転職活動を行ってしまうと、失敗に繋がってしまいかねません。

ここからは転職時に起こりうるリスクをチェックしていきましょう。

給料水準が下がってしまった

一つ目は、前職よりも給料水準が下がってしまうことです。

一般的に大企業と中小では前者の方が、高給であることがほとんどですよね。

また大企業に限らず、転職時には年収が下がってしまうことがほとんどです。

もちろんベンチャーなど、職種や年代によっては、大企業で働く同年代よりも高給であることもあります。

しかし転職時には、ほとんどは給与水準が下がってしまうことが多いゆえに、大きなリスクとなりやすいのです。

社会的信用力がなくなった

中小企業への転職における失敗のリスク、2つ目は、社会的信用力がなくなってしまうことです。

名の知れた大企業の場合、倒産などの確率も低い・高給であることが多いということから、社会的な信用力がとても高いです。

そのため、マイカーローンや住宅ローンを組む際に、審査に給与が安定しているという評価となり、審査に通りやすいというメリットがあります。

一方、あまり名の知れていない中小企業の場合、単純に収入面が不透明であることから、社会的な信用力が低いとされます。

たとえば一口に「広告業」と言っても、大手広告と中小の広告では雲泥の差がありますよね。

このようなネームバリュー面でもリスクが生じることを頭に入れておく必要があります。

教育制度が整っていない

中小企業の場合、転職をしても社内での教育制度が整っていないケースがあります。

大企業の場合、教育システムやOJTなど、入社してからの教育制度が整っていることが多いです。

しかし中小企業の場合、特に教育システムが整備されていないことが多いです。

そのため、上から自動的に仕事が降ってくるようなシステムが出来ている大手で働いていた環境から、自分でどんどん学びに行くタイプの中小企業に転職した際に、そのギャップについていけずに失敗してしまった、と感じることが多いと言えます。

裁量が多すぎる

中小企業の場合、一人当たりが担当する仕事量が多いことから、転職失敗してしまった、と感じることが多いです。

特に大手企業の場合、仕事が細分化されているケースも多いです。一つの商品を売り出すにしても、企画、開発、マーケティング、営業、広報など、様々な部署でそれぞれの仕事を行うことが一般的です。

しかし中小企業の場合、企画から営業まで全て自分一人で行うことが多いです。

自分が携わった製品の最後まで自分の手で持っていくことができるのは魅力的な分、自分一人当たりの裁量が大手とは歴然の差のため、そこで疲弊してしまうということも少なからずあります。

逆に、世に出す製品の企画から営業までの一連を全て自分の目で確かめたい、という人には、中小への転職もアリだと言えるでしょう。

福利厚生面が少ない

大手企業は、社内体制も整っている分、福利厚生も充実していることがほとんどです。

基本的な有給休暇や健康診断に加え、アミューズメントパークやマッサージの割引サービスなど、企業独自の福利厚生が行われていることも。

一方で中小企業では基本的な有給休暇などはある物の、大企業のような特別な福利厚生が無いのがネックと言えます。

なぜ中小企業へ転職をしようと考えるのか

そもそもなぜ、このようなリスクがあるのにもかかわらず大企業から中小企業への転職を考えるのでしょうか。

ここでは、中小企業への転職を考える人が、転職を考えるきっかけを解説していきたいと思います。

自分の能力に過信しすぎた

大企業の中でもまれたことにより、「この会社でこれだけの能力を発揮したのだから、中小で働けば役員クラスになれるのかもしれない」と過信してしまいがちです。

しかし実際は、大企業で担当した仕事はほんのひと握り、同じ分野の仕事も中小で1から10まですべて担当したら、過信しすぎていた…と気づくことも多いのです。

大企業での競争についていけなくなった

大企業では母数が多いため、昇進の座席争いの競争率もとても高いです。

そうなると上に上り詰められるのはほんの一握り。そうなると、残りの人は中堅ポジションでその会社に残り続けるのもしんどいこともあるでしょう。

そのことから、企業内での競争についていけなくなってしまい、少しレベルを下げた中小企業におりれば、大企業ブランドの効果でそれなりのポジションをたもてるのではないか?と考える人も多いです。

自分のキャリア・スキルアップに限界を感じた

「これ以上、この会社でキャリア・スキルをアップしていくのは難しいな」と感じた結果、転職を検討する人も多いようです。

とくに大企業では自分が担当する業務が限定されていることも多いことから、仕事自体のスキルアップに限界を感じることもあるでしょう。

その点、中小企業では一人当たりの裁量も大きいため、よりスキルアップを図るためにも、転職を考える人も多いです。

仕事内容に不満があったから

大手企業の場合、希望の会社に入れたからと言って必ずしも希望の仕事ができるとは限りません。

部署の配属なども希望は取るものの、必ずしもその希望が反映されるわけでは無いのです。

時には希望していた部署とはかけ離れた部署に配属になることもあるでしょう。

また全国に支店のある企業の場合、希望とは違うエリア配属となるケースも。

そういったことから、より希望に合った環境を夢見て、転職を検討するケースも多いでしょう。

中小企業への転職を失敗しないためには

ここまで、中小企業への転職失敗にありがちなリスクや、転職を考えてしまうきっかけなどを紹介してまいりました。

しかし中小企業の転職=失敗、という訳ではありません。

きちんとリスクを理解した上で、納得のいけば失敗することはないでしょう。

ここからは、中小企業の転職に失敗しないためのコツを解説していきます。

前職での経験を持ち込みすぎない

中小企業転職後に失敗と感じてしまうのには、中小企業への転職リスクを理解していないために起こってしまうと言えるでしょう。

リスクを把握しておけば勿論、転職後の失敗を防ぐことは出来ますが、それ以外にも「失敗してしまった…」と感じてしまうことがあります。

それは、大企業時代の経験を持ち込みすぎてしまうことです。


「前職ではこのようなやり方が主流だった」「前職ではこのようなことは省いて仕事を行っておりました」というように、前職時代の価値観を持ち込みすぎてしまうと、疎まれる原因になりやすいです。

特に大企業からの転職の場合、いい意味でも悪い意味でも色物として見られやすいです。中には大企業へのコンプレックスが強い人もいるでしょう。

そんな中、現場では一番経験が浅いとなる人が、一丁前に「前職では」と口をはさんでいると、職場環境も悪くなりがちです。

あくまで前職は前職、郷に入れば郷に従え精神で、前職の話は持ち込まないようにしましょう。

もちろん、意見を求められた際に答える分には問題ありません。

転職する目的を明確にする

大手から中小企業への転職を行う際は、失敗のリスクをふまえたうえで、自分は何の目的で中小企業に転職をするのかを明確にしましょう。

  • 環境を良くしたかった
  • 限定的ではなく一連の流れで仕事がしたかった
  • スキル・キャリアアップがしたかった

などのように、中小企業に行く目的を明確にし、リスクと相違が無いかチェックするだけでも、転職失敗をしてしまうリスクを十分に避けることができます。

そのためまずは転職を行う目的をきちんと明確にしておきましょう。

転職先の中小企業について念入りに調べる

転職先の中小企業について、きちんとした調べを行いましょう。

大企業と違い規模が小さいため、イメージとのギャップが生じるだけでも転職に失敗してしまった、という感覚に陥りやすいです。

入社を検討している企業の公式HPはもちろんのこと、転職サイトの口コミなども入念にチェックを行いましょう。

ここで注意したいのが、口コミを鵜呑みしすぎないことです。

確かに実際に働いていた人の生の意見をチェックできるのは良いですが、基本的にネガティブな口コミが多いです。

そもそも転職の口コミサイトは、辞める人が書き込むことがほとんどです。在籍者が書き込みを行ってしまうと、内部告発や情報漏洩になりかねないためです。

そのためネガティブな口コミも多く、なかには情報を持って書き込みがされていることもあります。

真偽の判断は自分自身で行うことになってしまいますが、鵜呑みしすぎず、参考程度でチェックを行いましょう。

中小企業への転職失敗を防ぐには、エージェントなどで情報収集がカギ

中小企業への転職に失敗してしまった…なんてことを防ぐためには、プロからの転職支援や、情報収集をすることが大切です。

特に縁故採用なども難しいから自分で求人を見つけなければ…という人は、転職エージェントを利用をオススメします。

転職エージェントでは、求人紹介を始め、書類や面接対策なども行ってもらえる転職サービスです。

ただ求人紹介を行うだけでなく、その企業の内情や、これまでの動向なども情報収集を行っています。

そのためただ闇雲に転職活動を行うのではなく、プロも意見を聞きながら活動をすすめていくことができます。

また中小企業は大手企業に比べて、情報が少ないため、自分だけでは情報が賄いきれないことが多いです。

そこでプロの意見を聞きながら活動を進めることで、失敗を防ぐことができると言えます。

どこの転職エージェントを活用すればいいか分からない…というかたは、下記の記事も参考にしてみて下さい。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング
20代の転職活動の成功の確率を上げるには、利用する転職サイト・エージェント選びがカギを握っています。 ここでよい転職サイト・エージェントを利用できないと、なかなか自分の希望の仕事が来まらない、仕事を紹介してもらえない…なんてことになり...
求人数の量&質に強い転職サイトランキング
転職エージェントを利用する人の、転職エージェント選びで最も重要視する基準をご存知でしょうか。 エン転職の調べによると、エージェント利用者が最も重要視するポイントは「自分の応募したい求人を持っているか」という点です。 転職エージェ...

中小企業への転職失敗は未然に防ぐことができる

今回は、中小企業への転職が失敗にはどのようなことが原因にあるのかについて解説してまいりました。

中小企業への転職に失敗してしまうのには、中小企業に転職することのリスクを把握していないことが原因にあります。

改めて転職活動が失敗してしまう原因を振り返っていきましょう。

  • 給料水準が下がってしまった
  • 社会的信用力がなくなった
  • 教育制度が整っていない
  • 裁量が多すぎる
  • 福利厚生面が少ない

これらの転職時のリスクを把握した上で、なぜ中小に転職をしたいのかを、明確にすることが大切です。

その上で、転職活動成功へのコツを駆使していきましょう。

中小企業に転職する時のメリット・デメリットは?経験者の口コミも紹介
中小企業に転職時には、メリット・デメリットそれぞれ気になりますよね。 転職活動は時間もお金もかかるため、失敗せずに良い求人を見つけたいところ。 しかし中小企業の転職時は、会社の情報源も少なく、なにかと不透明な部分も多いですよね。...
仕事選びで大切なことは?自分の中で仕事に優先順位をしっかり設定しておきましょう
次に自分が働く仕事を選ぶ上において、あなたはどんなことを考えるでしょうか? 仕事を決める上において、「給与」「やりがい」「働きやすさ」など、様々なことを考えることになります。 仕事というものは、働く人、働く会社など、様々な要因が...
第二新卒は有利?大手企業に転職するときのポイント
第二新卒から転職を考えるのであれば、大手の企業に挑戦してみるのもいいでしょう。 第二新卒であっても憧れの大手での採用を掴む可能性は十分に考えられます。 新卒の就活で大手への採用がかなわなかった人にも大手で働くチャンスがあると言え...

コメント