登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

年収を上げるにはどの調剤薬局に行けば良い?調剤薬局で働く薬剤師の年収について

薬剤師のお仕事

薬剤師が働く上でポピュラーな場所のひとつに、調剤薬局での仕事があります。

調剤薬局は全国にあり、待遇も様々です。

そのため、年収が低い調剤薬局の薬剤師の求人も沢山存在します。

職を探す時には、通勤時間や福利厚生なども確認して求人を見ると思いますが、給料は必ず見ますよね。

同じ働くのなら、給料が良い薬局で働きたいものです。

今回は、調剤薬局で働く薬剤師の年収と、給料をあげるにはどうしたら良いか、まとめてみました。

薬剤師と看護師で年収が高いのはどっち?どちらほうがより将来性のある仕事なのか
意外と同系列の職業の年収というものは知らないものです。 それはどの業界でも同じ。 たとえそれが薬剤師や看護師など、医療系の仕事でも同じです。 医者ともなれば、なるまでに高いハードルがあることなどが理由で年収が高く、将来的に...

調剤薬局で働く薬剤師の年収

調剤薬局で働く薬剤師の年収は、450万円~700万円です。

全薬剤師の平均は530万円です。

調剤薬局で働く薬剤師が一番多いため、全薬剤師の平均と似たようなものになりますね。

年収にばらつきがあるのは、店長などの管理職と一般薬剤師が混ざっているためです。

調剤薬局で働く正社員薬剤師の年収

次に、働き方による年収の違いを見ていきましょう。

正社員薬剤師の年収は、ボーナスがあるパターンと年俸制に分かれます。

どちらも年収を考えると同じで、いつどれだけの給料が貰えるかが違うだけです。

正社員薬剤師は、主任や管理職になる道が開かれているため、昇格することで給料を上げることができます。

また、財形貯蓄や持ち株会、互助会など、福利厚生の面で優遇されているため、年収以上のものが得られるケースが多いです。

性別の違い

薬剤師の正社員薬剤師の年収は、男女で100万円ほど違います。

女性は産休などで無休になる時期があり、稼ぎ時の時期に男性と年収が開く事があります。

また、女性にはパート勤めの人が多いため、平均年収が男性と開いてしまいます。

しかし、調剤薬局の薬剤師の年収は、勤務年数で大きく上がることはないため、そんなに気にしていない薬剤師も多いです。

調剤薬局で働くパート薬剤師の時給

調剤薬局では、パートの薬剤師も働いています。

パートの時給は2000円と他の業種よりかなり高いです。

探せば3000円の調剤薬局もあります。

加えてパート薬剤師は女性が多いので、稼ぎ柱の男性の年収が安定していれば、年収は気にせず働いている人もいるようです。

調剤薬局に勤める派遣薬剤師の年収

派遣薬剤師の時給はパートより高く、4000円の求人もあります。

働き方によっては、派遣の方が時間に融通がきく上に正社員の時より年収が上がるなんて薬剤師もいます。

しかし、年収が高いため、一度派遣になると正社員に戻ろうとしても希望年収で採用してくれる薬局が無く、年収を諦めるか派遣を続けるかしかなくなります。

一度上がった年収ですので、なかなか派遣をやめられない薬剤師が多いです。

年収が上がる調剤薬局

次に、年収が上がるための調剤薬局の選び方を紹介します。

調剤薬局はその特徴によって薬剤師の年収が上がります。

早速見ていきましょう。

田舎や離島など、薬剤師が不足した場所にある調剤薬局

薬剤師の需要と供給の関係で、給料が上がる調剤薬局があります。

薬学部の無い県はどうしてもUターン就職などでしか薬剤師を見込めず、薬剤師の数が不足しています。

そのため、給料が上がる傾向にあります。

月収70万円の調剤薬局の薬剤師もありますので、住む場所にこだわりがないのなら離島などの薬局の求人も探してみても良いでしょう。

ただ、一度入ると次の薬剤師の応募が来ないため、辞めたくても辞められないのも離島薬剤師の困難のひとつです。

長く勤める決意をしてから応募しましょう。

24時間営業などの特殊な調剤薬局

長い時間開局している薬局は、夜勤手当てなどがもらえます。

この手の薬局には、時間外と言う概念がなくなるので、何時でも患者さんが来局します。

そのため、自分が帰る時間になっても患者さんがいて、残業をすることになる薬剤師もいます。

手当てなどが加算されて、結果的に年収が上がります。

残業が多く忙しい調剤薬局

特殊な業務形態の調剤薬局でなくても、忙しい調剤薬局は残業手当がつくため年収が上がります。

大手チェーンなどの残業手当が時間管理でしっかりつく会社は、残業手当として10万円つく事もあります。

月に10万円つくと、年収120万円のアップですね。

ボーナスは基本給から計算されることが多いので、ボーナスが低いと感じるかもしれません。

忙しい調剤薬局は毎日へとへとになるので、自分のライフスタイルとの兼ね合いが問題になります。

忙しい調剤薬局はそれだけ多くの処方せんを扱えて勉強になるので、若いうちは良いかもしれません。

働く場所の指定による年収アップ

チェーンの調剤薬局は、転勤があります。

働く場所の融通を効かせることで、年収が上がります。

今働いている店舗のみの勤務から、自宅からの通勤内の勤務、住居を移動しての転勤あり、全国どこでも勤務できるような働き方まで自分で選びます。

移動範囲が広いほど手当が高くなり、また昇給も早くなります。

まとめ

いかがでしたか。

調剤薬局の薬剤師の年収と、年収の上げ方についてまとめます。

  • 調剤薬局の薬剤師の年収は、450万円~700万円
  • パート薬剤師は時給2000円ほど
  • 派遣薬剤師は時給4000円になれることも
  • 年収が上がる薬局は、離島や24時間営業などの特殊な形態の調剤薬局
  • 働く時間や場所によって手当が高くなる

コメント