調剤薬局へ転職する人はどんな不満を持っているのか?薬剤師にありがちな悩みを紹介します

薬剤師の転職

薬剤師の働く場所は、薬局、病院など様々です。

また、資格を持つという意味で、転職もしやすい職になっています。

病院など別の職場での勤務から、調剤薬局へ転職する薬剤師はどのような悩みや不満を持っているのでしょうか。

この記事では、調剤薬局へ転職する薬剤師の声をまとめました。

現役薬剤師が語る!薬剤師に向いている人、いない人
理系女子高生の間で人気な進学先のひとつが薬学部。 白衣を着てカッコいい! 手に職があって働きやすそう。 そんな気持ちで受験を目指し始める子も多いはず。 薬剤師が仕事をする業界は、他の業界とは全然違った特殊な世界です。...

職場別調剤薬局へ転職する薬剤師の悩み

薬剤師の職場は多岐にわたりますが、多くの薬剤師が資格を持って仕事をする職場は主に以下の3つです。

  • 病院
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア

それぞれの職場から、調剤薬局へ転職する薬剤師の悩みを職場ごとに説明します。

病院薬剤師の悩み

まず始めに、病院薬剤師が感じている悩みを紹介します。

やりがいを感じる一方、労働環境に悩みを持つ薬剤師が多いようです。

給料が低いまま上がらない

薬剤師の職場の中で、給料が低いのが病院薬剤師での仕事です。

病院薬剤師の職は、入院患者さんの病気や治療経過をしっかりとフォローすることができ、勉強になるため新卒薬剤師に人気です。

大きな病院になると、新薬を積極的に使用したりするとこで、最先端の治療を間近で学ぶことができます。

また、病院側も求人を出すと、応募してくる薬剤師が多いため、体力に自信があり給料が低くても頑張ってもらえる新卒薬剤師を採用します。

平均年齢が他の職場より低い病院薬剤師では、頑張って働いても給料が上がらない事が多いです。

そのため、一定期間働くと職能に見合った給料を望む薬剤師も増えてきます。

他の薬剤師の友達の給料の半分で仕事をして、やるせなさを感じて退職を考える薬剤師も出てきます。

平均年齢が低いため業務に不安を感じる

大病院は新卒しか採用しない職場がほとんどです。

毎年その職場に対して右も左も分からない薬剤師が入社してきます。

入社後三年目までの離職率は50%と一般的に言われる病院薬剤師の環境において、三年目以降の薬剤師の割合は少ないため、ベテランの部類に入ります。

しかし、三年目というのはまだまだ仕事を覚えて、これから伸びていくという期間です。

人によっては、未熟な部分のある自分が後輩の育成を命じられたり、大きな仕事を任されたりする事が苦痛になる事もあります。

調剤薬局の薬剤師の悩み

調剤薬局の薬剤師はどのような悩みを抱えているのでしょうか。

病院の薬剤師とは違った面からの悩みが多いようです。

転勤がある

薬剤師の資格を持って働く時に大切になってくるのは、患者さんとの信頼関係です。

患者さんは個人情報を公開し、親にも話さない自分の体の事を打ち明ける事もあるのですから、時間をかけた人間関係を築き上げなければいけません。

特に、調剤薬局は生活習慣病など長い年月をかけてお付き合いしていく患者さんたちもいます。

そのため、転勤があると配属された薬局で培った信頼関係をまたイチから作り上げ直さなければいけません。

転勤があるチェーン薬局に勤めている薬剤師の中には、自身の生活環境が変わることも含めて、転勤を嫌がる方もいます。

同じような処方に退屈することも

近くの病院が小さな規模だったり、薬の処方に変化がない眼科などの処方せんを受け付ける調剤薬局では、毎日同じような薬を扱います。

「お変わり無いですね」という会話を毎日続けるのが退屈になり、もっと色々な症例に出会いたいと感じる薬剤師もいるようです。

処方せんの内容は配属先の店舗によって違うので、自分に合った調剤ができるかは運の要素が強いかもしれません。

ドラッグストアの薬剤師の悩み

ドラッグストアの薬剤師は、店舗管理者になって店長として店舗をまとめたり、薬剤師しか販売できない第一類医薬品を販売したりします。

彼らの悩みは接客業の悩みと近いものがあります。

ノルマがある

病院や調剤薬局の薬剤師は、無償で行っているわけではありません。

営利目的で経営しています。

しかし、根本は医療を提供することで人々の病気を治したり、和らげたりする事ですので、各薬剤師にノルマはありません。

基本的には向こうから患者さんが出向いてくれるのを待ちながら業務を行っています。

しかし、ドラッグストアの薬剤師は物を販売することで利益を生み出しますので、化粧品や健康食品など、薬以外の品に対してはノルマがあります。

それを達成するのに一苦労している薬剤師もいます。

品出しやクレーム対応など、薬剤師の免許が要らない仕事がきつい

毎日段ボールから商品を出して並べたり、レジを打ったりするのも業務のひとつです。

薬の販売だけでは採算が取れないので、薬剤師も他の人と同じ業務を平行して行います。

お客さんからのクレーム対応も行わなければならないため、接客の負の一面に辟易する薬剤師もいます。

まとめ

薬剤師の職場別に悩みをまとめました。

それぞれの職場に特徴があるので、薬剤師の働く環境には個人の性格や取り巻く環境に左右されがちです。

他の職場から、調剤薬局の薬剤師への転職をする事は現状への悩みと勇気が必要です。

自分に合った職場環境を手に入れるため、悩みとじっくり向き合ってください。

コメント