ケアマネ転職は未経験だと厳しい?未経験の転職先の探し方や転職成功のコツ

ケアマネ転職は未経験だと厳しい?未経験の転職先の探し方や転職成功のコツ-アイキャッチ 介護士転職コラム

「未経験だとケアマネ転職は難しいのかな?」
「未経験でもケアマネ転職を成功させるコツを知りたい!」

ケアマネの資格は取ったけど実務経験はないという方は、転職について不安もありますよね。

ケアマネ転職は未経験の場合だと厳しい面も多いですが、転職は出来ます。

しかし未経験でケアマネ転職を成功させるには、ポイントを抑えておくことが重要です。

そこで今回は、未経験でケアマネ転職はできるのか、どのような職場で働けるのかについて詳しく解説します。

また、未経験でケアマネの転職を成功させるポイントや職場の選び方、ケアマネに必要なスキルも紹介しています。

記事の後半では、ケアマネの働きがいやキャリアプラン、よくある質問についてもまとめているので、ぜひ参考にしみてください。

ケアマネ転職は未経験だと厳しい?

実務経験がない未経験の状態でケアマネに転職するには、厳しい面もあります。

ケアマネは資格を取った後に実務経験を積むことで、学ぶことが多いです。

そのため、未経験だと転職が順調にいかない可能性もあるので、理解しておきましょう。

特に勤務しているケアマネが少ない施設であれば、即戦力が求められます。

ケアマネの求人の中には施設につき1人のケアマネのみ必要とする場合も多く、未経験だと不利になりがちでしょう。

また2人以上のケアマネが勤務している場合でも、実務をこなす中で相談しにくい環境も多いです。

実務未経験の方がケアマネとしての教育を基礎から学べる体制が整っていない求人は、転職が厳しいと考えておきましょう。

ケアマネの需要は高いですが、未経験では転職が難しい可能性が高いので、余裕を持って転職活動を始めることが大切です。

特に正社員採用は難易度が高い!

未経験でケアマネに転職するには厳しい面があり、特に正社員としての採用は難しくなります。

ケアマネは基本的に1つの施設に複数人が在籍することが少ないことから、即戦力が必要です。

そのため即戦力としては期待できない未経験の方が正社員として雇用されるには、コストを考えるとより難しいと言えます。

未経験の方であればパートから始めて、とにかく実務経験を積むこともおすすめです。

ケアマネとしての実務経験を積み1人でも業務を行えるようになれば、即戦力として活躍できます。

ケアマネの需要は高いため実務経験があれば、大きな強みとして転職活動を有利に進められるでしょう。

正社員に強いこだわりがない方は、まずパートといった働き方で始めることもおすすめですよ。

そもそもケアマネって?

そもそもケアマネとは、ケアマネージャーの略称であり介護支援専門員とも言われます。

ケアマネの仕事内容は、介護を必要とする方が介護サービスを受けられるように、介護サービス提供の計画書の作成やサービス事業者との調整を行うことです。

上記の中でも介護サービス計画書であるケアプランを作ることが、中心的な仕事になります。

そのためケアマネの資格を持っていれば、介護保険に関するプロとして認識されますね。

ケアプランは介護サービスを利用する方の課題や目標を決めるスキルが求められ、状況に応じてケアプランの変更も必要です。

また、あらゆる介護施設から利用者の方に合った施設を見つけて提供することも、重要な業務になります。

ケアマネージャーは、利用者との面談やサービス事業所との連絡調整、ケアプラン作成といった、デスクワークも多いことが特徴です。

ケアマネの資格を活かせる職場って?

ケアマネは主に施設ケアマネと居宅ケアマネに分けられます。

施設ケアマネの主な職場は以下の通りです。

  • 主な職場特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム

上記のような施設に勤務するケアマネを施設ケアマネといいます。

施設ケアマネはケアプランの作成に加えて、介護職員や生活相談員を兼務することも多いです。

一方居宅ケアマネの主な職場は、居宅介護支援事務所です。

ケアマネ業務を行うには、利用者の方の自宅を訪問しケアプラン作成を行います。

施設ケアマネと居宅ケアマネの違いは以下の通りです。

施設ケアマネ居宅ケアマネ
職場あらゆる介護施設居宅介護支援事業所
仕事内容介護施設の利用者のケアプランを作成利用者の自宅に伺いケアプランを作成
兼務兼務する場合が多い基本的に兼務なし
研修の頻度少ない多い
配置人数利用者100人に対して1人以上利用者35人に対して1人以上

ケアマネと言っても、施設ケアマネか居宅ケアマネかで仕事内容や職場は大きく異なります。

自分に合った職場を選びましょう。

未経験がケアマネ転職する際に求められるスキルって?

考える女性

「ケアマネ未経験だけど、転職で何をアピールすれば良いの?」

ケアマネの転職は資格を持っていても未経験だと難しい場合が多いです。

未経験の方がケアマネの転職を順調に進めるためには、ケアマネに求められるスキルを知っておく必要があります。

未経験でもケアマネ転職を成功させたいなら、ケアマネに活かせるスキルを磨いてアピールポイントにしましょう。

ケアマネに求められるスキルは主に以下の通りです。

  • スキル管理職としてのスキル
  • 傾聴力などのコミュニケーション力
  • パソコンスキル

管理職としてのスキル

ケアマネは利用者の方の課題を見つけて解決するためにどうすれば良いか、見極める力が必要になります。

また、一人ひとりの利用者の進捗状況やスケジュールを把握する管理能力も必要です。

そのため、管理職としての課題解決力やまとめる力というのは、非常に役立てられるスキルになりますよ。

過去に管理職として働いたことがある方は、強いアピールポイントとして活かせるでしょう。

特に居宅ケアマネの場合スケジュール能力が重要になるので、自分のスキルをどのような職場で活かすか考えることも大切です。

傾聴力などのコミュニケーション力

ケアマネは、利用者や利用者の家族から話を聞いて、サービス関連事業所との連携をとる必要があります。

多くの方と関わる機会の多いケアマネにおいて、円滑にコミュニケーションを取れるスキルは必要ですね。

特に利用者からニーズを聞き出し満足してもらうには、傾聴力が重要になります。

利用者に寄り添ったコミュニケーションを取れることは、大きいアピールポイントです。

自分のコミュニケーション力を活かして、利用者の納得のいく施設調整が行えることを伝えましょう。

パソコンスキル

ケアマネの仕事には利用者との面談や施設調整以外にも、書類作成といった事務作業も多いです。

そのため最低限のパソコンスキルがないと、業務をスムーズに進められないこともあります。

パソコンスキルをアピールすることで、事務作業においては役立てられることを伝えられますよ。

ケアマネは場合によっては、一日中座って事務作業を行っている、ということも少なくありません。

特定の業務内容でも発揮できるスキルがあれば、未経験でも転職できる可能性は高まりますよ。

未経験者がケアマネ転職を成功させるポイント

介護士の女性 ワンポイント

「ケアマネに活かせる自分の強みが分からない。」
「自分のスキルを活かせる職場が分からない。」

これまでケアマネに必要なスキルを紹介しましたが、未経験者がケアマネの転職を成功させるには他にも抑えておくべき点は多いです。

そこでこのトピックでは、未経験者でもケアマネへの転職を成功させるポイントについて、以下を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • ポイント自己分析や業界研究を徹底する
  • キャリアプランを明確にする
  • 職場に求める優先順位を決めておく

自己分析や業界研究を徹底する

未経験者がケアマネ転職を成功させるには、自分の強みや価値観を明確にして、業界においてどのように活かすのか考えましょう。

自己分析を行うことで、自分が重視することや経験、強みや弱みを把握できるので、ケアマネとして、どのように働けるか分かりますね。

また、ケアマネとはどのような仕事なのか、どのような特徴があるのか、詳細を理解しましょう。

業界研究を深める事で、自分の強みをどのように活かせるのか、本当に自分に合っている業界なのか確認できます。

特に業界や応募する施設に関する情報収集は徹底することで、実際に働いた後のギャップも減らせます。

自分の強みの活かし方が明確になることで、未経験でも貢献できることを印象づけましょう。

面接官からも適正があると判断され、転職も成功しやすくなりますよ。

キャリアプランを明確にする

未経験がケアマネへの転職を成功させるには、将来どのようになりたいのか、詳細なキャリアプランを作ることも重要です。

キャリアプランがあることで未経験でも意欲が伝わり、今後の成長に期待されやすいでしょう。

ケアマネとして面接官が求めていることは、施設への貢献度や人間性があります。

未経験でも入職したらどのように働きたいのかが明確であれば、活躍もイメージしやすいですね。

キャリアプランについては、応募する施設の特徴や働き方を抑えて、できるだけ詳細に考えておきましょう。

自分の具体的な経験を入れて話すと、より伝えやすいですよ。

職場に求める優先順位を決めておく

未経験でケアマネに転職する場合は、職場において譲れない点や妥協できる点を明確にしておくことが必要です。

ケアマネ転職を未経験で成功させるには、ある程度妥協点を作っておくようにしましょう。

給与や働き方など全てにこだわっていると、転職が順調に進まない可能性が高いです。

特に正社員にこだわるのであれば、難しい面も多いと理解しておきましょう。

最初はパートから始めて、実務経験を優先させることもおすすめですよ。

未経験者がケアマネ転職するための職場の選び方

上記では未経験者がケアマネ転職を成功させるためのポイントについて紹介しました。

しかし上記のポイントを抑えていれば、どの職場でも受かるわけではありません。

未経験者に合った求人を見つけて応募することが大切です。

そこでこのトピックでは、未経験者がケアマネ転職する際の職場の選び方について、以下の点を紹介します。

  • 職場の選び方ケアマネの在籍数が多いか
  • 未経験歓迎の求人か
  • 研修制度は整っているのか

ケアマネの在籍数が多いか

未経験者がケアマネ転職をするのであれば、ケアマネの在籍数が多い施設や事業所がおすすめです。

特に施設ケアマネであれば、ケアマネの在籍数が少ないことが予想されるので確認しましょう。

在籍しているケアマネの方が多ければ、未経験で入っても先輩に分からない事を相談できます。

しかし自分と合わせて2人程度だと、業務中に質問する機会も少ないので気を付けましょう。

ちなみに居宅ケアマネの場合は、1事業所の人数が施設ケアマネに比べて比較的較的多いですよ。

未経験歓迎の求人か

求人を探す際に、未経験歓迎の求人に絞って探すことも良いでしょう。

未経験歓迎や未経験可能なケアマネの求人は少ないかも知れませんが、基礎から学べる可能性が高いです。

分からないことや相談したいことを、気軽に聞ける環境が整っていると考えられるので、未経験の方も働きやすいでしょう。

未経験歓迎の求人でも、在籍ケアマネ数も見ることが必要です。

教育に時間や人員といったコストを割けられる職場なのか、考えるようにしましょう。

研修制度は整っているのか

未経験でケアマネに転職する場合は、研修制度が整っているのかも重要です。

求人を探す際に、教育研修制度の充実さを条件に入れてみると良いでしょう。

研修制度が整っていれば、未経験から始めても成長が期待できますね。

ケアマネの求人には、研修制度ありの求人が意外と多いです。

どのような研修制度が行われているのか、どれくらいの頻度なのか、確認してみましょう。

ちなみに研修制度が整っている求人には、同時に未経験可能なものが多いので、おすすめですよ。

ケアマネージャーになるためにおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介!

ケアマネの働きがいやキャリアプラン

ポイントをメモする女性

ケアマネージャーのとして働く中でやりがいを感じることには、利用者の方から感謝された時という声が多いです。

ケアマネージャーは自分が作成したケアプランをもとに、利用者の方に良い影響があれば、直接感謝される機会もたくさんあります。

直接お礼を言われることで、誰かの役に立ったというやりがいや達成感に繋げられますね。

また、自分の仕事に対して自信ももてるため、モチベーションにも繋がるでしょう。

ケアマネは自由度が高い仕事なので自分のやり方次第で、仕事を増やす事も可能です。

向上心を持って仕事に取り組むことで、ケアマネとしてのスキルも磨けますね。

ケアマネのキャリアプランって?

介護業界で働く方は、ケアマネを目標にしてキャリアアップする方が多いのではないでしょうか。

ケアマネを目標としている場合、実際ケアマネになった後のキャリアプランに悩んでしまう方も多いと思います。

しかし実際はケアマネになった後にもあらゆるキャリアアップが可能です。

ケアマネの主なキャリアプランは以下の通りです。

  • 認定ケアマネージャーを目指す
  • 主任ケアマネージャーを目指す

認定ケアマネージャーとはケアマネの上位資格であり、ケアマネの次のキャリアアップとして目指す片が多いです。

主任ケアマネージャーは、ケアマネージャーとして5年以上勤務することで研修を受けられるケアマネの最上位資格です。

主任ケアマネージャーは、認定ケアマネージャーの資格を取得すると3年以上の勤務で研修を受けられるので、まずは認定ケアマネージャーを目指しましょう。

ちなみに主任ケアマネージャーは、地域包括支援センターで働く機会も多いため、介護施設以外での働き方を考える方にもおすすめですよ。

ケアマネになるための手順や必要な資格を紹介!

ケアマネになるための手順は主に以下の通りです。

  1. 手順ケアマネの資格である介護支援専門員実務者研修受講試験の受験資格を満たす
  2. 介護支援専門員実務者研修受講試験に合格する
  3. 介護支援専門員実務者研修を受ける
  4. 介護支援専門員資格登録簿に登録申請を行う
  5. 介護支援専門員証が交付されるとケアマネとして業務開始

上記の手順をふむことでケアマネとして働くことが出来ます。

ではそれぞれの内容について詳しく解説します。

ケアマネージャーに合格するための勉強方法とは?

①介護支援専門員実務者研修受講試験の受験資格を満たす

ケアマネになるにはまず、ケアマネの資格を受験するための資格を取得する必要があります。

ケアマネの受験資格としては、以下の2つのうちいずれかの経験が必要です。

  • 指定された国家資格に基づく実務経験が5年以上かつ従事日数が900日以上
  • 介護施設などで相談援助業務などに通算5年以上従事し従事日数が900日以上

上記のうちいずれかを満たすことで、介護支援専門員実務者研修受講試験が受けられます。

国家資格を持っていなくても可能なので、安心してください。

ちなみに指定された国家資格には主に以下があります。

  • 国家資格医師
  • 歯科医師
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士

    またケアマネの資格を受験するために必要な要件は、都道府県によって異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

    ケアマネになるには経験や資格だけでなく、介護保険に関する法律や制度の知識や高齢者に関する知識も必要です。

    そのため、ケアマネの資格取得は比較的難易度が高いと覚えておきましょう。

    ②介護支援専門員実務者研修受講試験に合格して研修を受ける

    ケアマネの資格を受ける要件を満たしたら、介護支援専門員実務者研修受講試験の合格を目指しましょう。

    介護支援専門員実務者研修受講試験には、幅広く正確な知識が必要とされるため、試験の難易度は比較的高いです。

    試験は年に1回とチャンスが少ないので、できるだけ早く合格できるように勉強しましょう。

    試験に合格した後は、介護支援専門員実務者研修を87時間以上受ける必要があります。

    また実習もあるため、試験に合格してもすぐにケアマネとして働けるわけではありません。

    研修では修了評価が実施されますが、修了評価の合格も必要です。

    ③介護支援専門員資格登録簿に登録申請を行う

    研修を受け終わると、介護支援専門員資格登録簿に登録できます。

    登録申請を行うことで介護支援専門員証が交付され、ケアマネとして働けます。

    ちなみにケアマネの資格は5年ごとに更新が必要です。

    更新を忘れてしまうと資格が失われ、ケアマネとして働けなくなるので気を付けましょう。

    更新を忘れた場合は、もう一度研修を受けることでケアマネとして働けますよ。

    ケアマネになるには、道のりが厳しく時間もかかります。

    そのためすぐに行動にうつすことが重要ですよ。

    ケアマネに関するよくある質問

    このトピックでは、ケアマネに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

    • 介護業界未経験からケアマネになるまでどれくらいかかる?
    • ケアマネージャーが向いている人って?

    介護業界未経験からケアマネになるまでどれくらいかかる?

    未経験からケアマネになるには、最短でも8年かかります。

    ちなみに未経験や無資格でケアマネを目指す場合、以下の流れで資格取得することがおすすめです。

    • 介護職員初任者研修
    • 実務者研修
    • 介護福祉士
    • ケアマネージャー

    介護業界において実務経験を積みながら、ケアマネの資格取得に向けて取り組みましょう。

    未経験から介護業界でのキャリアを始めるのであれば、資格取得に対して制度が整っている職場がおすすめですよ。

    またケアマネになって仕事に慣れるには、とにかく先輩から学ぶようにしましょう。

    ケアマネの後のキャリアアップも考えることで、介護業界でのキャリアプランを明確に出来ますよ。

    ケアマネが向いている人って?

    ケアマネが向いている人は主に以下の通りです。

    • コミュニケーションが得意
    • 視野が広く気を遣える
    • 事務作業やパソコン業務も得意
    • 誰かの役に立ちたい人
    • 向上心がある

    上記に当てはまる方はケアマネージャーが向いていますよ。

    ケアマネは、利用者の方やその家族、サービス事業所と関わる方が多いことから、人間関係やコミュニケーションにおいて大変だと言われがちです。

    そのため、特にコミュニケーション力があり誰かの役に立つ仕事がしたい方に、ぴったりですね。

    未経験でケアマネ転職するには難しい面もある!

    ケアマネの実務経験が未経験で転職するには、現実問題難しいことも多いです。

    職場によって異なりますが、1つの施設や事業所において必要とされるケアマネは少ないことから、即戦力が求められがちです。

    そのため、未経験だと活躍が期待されにくく、転職が思うように進まない可能性も把握しておきましょう。

    未経験でケアマネ転職を成功させるには、未経験歓迎の求人を探すことが重要です。

    自分が職場に求めるポイントに優先順位をつけて、自分に合った職場を見つけましょう。

    最初はパートから始めて実務経験を積み、正社員を目指すと言った働き方もおすすめですよ。