ケアマネジャーへの転職は可能?ケアマネジャーの仕事とは?

介護士のお仕事

ケアマネジャーへの転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

ケアマネジャーは、一般的な介護士とはまったく違う仕事をこなします。ケアマネジャーとは、介護支援専門員の別名で、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成を行うスペシャリスト。

ケアマネジャーとして働くためには、「介護支援専門実施研修受講試験」に合格しなければなりません。

介護福祉士はステップアップのために、ケアマネジャーとなることのできる資格取得を目指したり、医療幅を広げるために看護師がケアマネジャーを目指すケースもあります。

ケアマネジャーの仕事

まずは、介護のスペシャリスト、ケアマネジャーの仕事から知っておきましょう。

介護士の仕事とどのような違いがあるのでしょうか?

ケアプラン作成

代表的なケアマネジャーの仕事は、介護保険サービスの利用者のためにケアプランを作成することです。

ケアプランを作ることで、サービス利用者がどんな問題を抱えているか、その問題を洗い出して、自立した生活を遅れるように支援します。

介護サービスを受ける上でもっとも多い問題が、介護給付金に関する問題です。この介護給付金の管理を行うのも、ケアマネジャーの重要な仕事。

ケアマネジャーが、きちんと事業所へ介護給付金が支払われるように、国民健康保険団体連合会への必要書類提出を行います。

介護施設の斡旋

ケアマネジャーの、もう一つの重要な仕事が、介護が必要な人と介護施設の斡旋があります。

介護施設の種類や数は多く、それぞれ異なる特徴があります。そんな特徴さまざまな介護施設を、利用者のニーズに合わせて紹介していく…。

これは介護のスペシャリストたるケアマネジャーにしかできないことです。

そして、この介護施設紹介のスキルが欲しいからこそ、看護師がケアマネジャー資格を取ることがあるのです。

ケアマネジメント以外の仕事は?

ケアマネジャーの仕事は、ケアプラン作成や、介護事業所紹介だけではありません。

ケアマネジャーはその他、生活困窮者に生活保護申請の手伝いをしたり、食事に困っている方に配食の手配をします。

また、施設利用者と家族の仲を取り持ったり、高齢者に地域社会参加を後押しします。

ケアマネジャーの転職時期は?

ケアマネジャーの求人が出る時期は、一般的に9月から3月頃に出るといわれています。

夏の賞与が出て、それから年度末までの期間ですね。組織内の人材が動くのは、年始より年度末のほうが多いです。

人が動く時期のほうが、求人が多く出るのは当然ですよね。

どうやってケアマネジャー求人を探す?

ケアマネジャーへ転職したいと思った時、ケアマネジャーの求人をどのように見つけるのか。

それは簡単です。介護士専門の転職サイトを使えばよいのです。具体的におすすめの介護士転職サイトを紹介します。

スマイルサポート介護

スマイルサポート介護の求人は全部で50000件以上。利用者満足度も96.7%と高く、利用者からの指示も厚いです。

全国への転職に対応しており、求人が多く、コンサルタントの提案力も高い。スマイルサポートに弱点は見当たりません。ケアマネジャーへの転職を考えた時、ピッタリの転職サイトだと言えるでしょう。

介護のお仕事

介護のお仕事に在籍するコンサルタントは、多くが業界経験者。

自身の経験に基づいた転職サポートを行ってくれるため、介護業界転職希望者も、コンサルタントに信頼がもてます。

ケアマネジャー転職失敗談

ケアマネジャーへ転職した全員が、転職がうまくいって幸せに働いているわけではありません。

ケアマネジャー転職に失敗した人の体験談を調べておいて、自身の転職活動に活かしましょう。

Kさん 28歳

介護職よりも一歩離れた場所で、コンサルタントのような業務をやりたいと思い、ケアマネジャーになりました。

しかしいざケアマネジャーになってみると、やる仕事は介護領域のものが多く、介護士時代とあまり変わっていない印象でした。

介護士の仕事に、ケアプラン作成などケアマネジャーの専門的な仕事が増えて、むしろ以前より仕事が増えたほどです。

こんなことならケアマネジャーにならなくてよかったかな…なんて。

人手が少ない事業所で働くと兼務させられることも

事業所によっては、Kさんのようにケアマネジャーと介護士を兼務するような形になることも。

もしケアマネジャーの仕事に集中したいなら、実際に勤務を始める前の面接で「ケアマネジャーに集中したい」という意思を伝えてください。

ケアマネジャー年収相場

ケアマネジャーの年収も調べておきましょう。

ケアマネジャーの平均年収は「394万円」です。介護士の平均年収が「378万円」ですから、年収相場で考えると単純に少し高いですね。

それに加え介護士は勤務時間が長く、仕事内容もハードと言われます。ケアマネジャーの方が、介護現場に直接関わらないため、若干ライトな仕事と言えるかもしれません。

ケアマネジャーの需要は下がっている

近年要介護認定が厳しくなり、要介護者の人数が減ったこと、ケアマネジャーの求人が減ったことなどにより、ケアマネジャーの需要が下がっています。

せっかくケアマネジャーとなれる資格が手に入っても、ケアマネジャーとして働くのは簡単ではないかもしれませんよね。

まとめ

ケアマネジャーとして働く上で知っておくべき情報を載せました。

しかしケアマネジャーの有資格者は大勢いるものの、実際にケアマネジャーとして勤務している人はそれほど多くありません。

ケアマネジャーとして働くための道は、狭き門であるということですね。

コメント