転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

キャリアチケットは使いやすい?口コミや評判からサービスの実態を調査

転職エージェント

新卒で行う就職活動は大きな負担です。

先行きが未確定で、自分の中でやりたいこともしっかり定まっていない。

自分に何ができるかもわからない…。

こんな状態で行う就職活動が簡単なはずもありません。

そんな就職活動で悩める子羊(新卒)のためにあるのが、新卒の就職支援サービス、キャリアチケットです。

そのサービス名からも、利用者にキャリアのチケットを渡したい意思をくみ取ることができます。

これから行う就職活動に不安な気持ちを抱いている新卒も、ぜひキャリアチケットで自分の歩む方向性を見つけてください。

  1. キャリアチケットは新卒の学生向け就職サービス
    1. キャリアチケットの仕組み
    2. サポート力に強み!キャリアチケットのコンサルタント
    3. 企業との横のつながりも強み
  2. 新卒向けの求人サイトではだめなのか
    1. 求人サイトを使った転職活動は効率が悪い
    2. 失敗のフィードバックが自分に帰ってくる
  3. キャリアチケットの求人の質は高いか?
    1. 全体の求人数としては多くない
    2. キャリアチケットの求人が強い業界
  4. キャリアチケットのデメリット
    1. サービスを受けられるのは関東圏と大阪の学生のみ
    2. まだまだ大企業とのコネクションが乏しい
    3. 求人応募が少なくなる
  5. 現代日本の新卒就職事情
    1. 若手不足で新卒は超売り手市場
    2. 新卒であまりにも条件で贅沢を言わなければ就職できる
    3. ミスマッチを起こさないためにキャリアチケットで就職活動を
    4. 「だめなら転職すればいい」は危険
  6. キャリアチケットのカウンセリング
    1. 会社で対面面談
    2. カウンセリングで聞かれること
      1. 自己分析
      2. 求人紹介
  7. キャリアチケットを使って就職活動を行った口コミ
    1. 立教大学 文学部
    2. 東洋大学 ライフデザイン学部
  8. キャリアチケット利用の流れ
    1. 公式サイトから申し込み
    2. 折り返し電話に対応
    3. 会社にて面談
    4. 応募先企業との面接
    5. 内定
  9. キャリアチケットに関してよくある質問
    1. サービスの利用料は?
    2. 面談を受けるにあたって準備することは?
    3. 面談はどこで受けられるの?
      1. 渋谷支店
      2. 池袋支店
      3. 秋葉原支店
      4. 横浜支店
      5. 大阪支店
  10. キャリアチケット 総評

キャリアチケットは新卒の学生向け就職サービス

キャリアチケットと聞いても、まだまだマイナビ新卒などの大手サービスには知名度が及ばないこともあり、まだまだ利用を躊躇してしまう人も多いでしょう。

しかし実は、このキャリアチケット、知る人ぞ知るとても優秀なサービスです。

まだまだ利用者が少ないこともあり、キャリアチケットは現在利用者へのサポートがとても手厚い状態です。

現在就職活動真っただ中で、人からサポートを受けでもしないとまともに就職活動を進めることが難しい…なら、キャリアチケットに申し込み利用を開始するべきです。

キャリアチケットの仕組み

キャリアチケットの仕組み、キャリアチケットに成果が発生する仕組みについて説明しておきたいと思います。

キャリアチケットの役目は、登録した新卒が求める企業探しの条件に沿って仕事を探して、、企業と利用者のマッチングを行います。

新卒学生と企業の仲介役、紹介を担うのです。

「どの会社で働けばいいんだろう」

なんて悩んでいる方も、キャリアチケットに在籍する歴戦のキャリアコンサルタントへ相談するだけで、「どうしよう」なんて悩みは即解決です。

サポート力に強み!キャリアチケットのコンサルタント

新卒がキャリアコンサルタントに相談しながら就職活動を進めるメリットは多いです。

すでに過去多くの人の就職を成功に導いてきたプロのコンサルタントが、就職の相談から、エントリーシートの添削、提出書類の作成など、あらゆるサポートを担っています。

当たり前ですが、キャリアチケットの方で条件の悪い企業、ブラック企業の求人は排除しています。

求人を出す企業は徹底的に調べ上げてくれるのは、キャリアチケットの大きな強みです。

企業との横のつながりも強み

キャリアチケットを運営するレバレジーズ株式会社は、以前からあらゆる業界の求人を扱う人材会社として運営されてきました。

そのため、企業に推薦枠も多く、書類選考なしで選考を進められるメリットがあります。

大手企業から、優良のベンチャー企業、様々な企業の求人取り扱いがあります。

一人で就職活動を行っていても、なかなか縁がない企業ともつながることができるのは、キャリアチケット利用の大きなメリットでしょう。

新卒向けの求人サイトではだめなのか

キャリアチケットはいわば「エージェント」です。

しかし新卒向けサービスの中には、自分で求人を探して求人に応募する新卒向けの求人サイトがあります。

求人サイトで就職活動を進めるのはだめなのか。

エージェント、求人サイトそれぞれの就職活動について、今回少し学んでいきましょう。

求人サイトを使った転職活動は効率が悪い

求人サイトを使って行うのは、就職活動におけるすべてです。

求人を自分で探して、求人に申し込み、応募先企業と面談のスケジュールのすり合わせを行って、書類を作って、面接を受けて…。

これらすべてを自分ひとりの力のみで行うことになります。

キャリアチケットなら、専属のコンサルタントが求人検索から書類作成、面接対策などの面倒事をすべてサポートしてくれます。

一人で行う就職活動は、悩む時間も多く非効率です。

きちんと行動に正しい結論を出したいなら、キャリアチケットで十分サポートを受けて就職活動を行うのをおすすめします。

失敗のフィードバックが自分に帰ってくる

求人サイトで行う就職活動の責任を追うのはすべて自分です。

その活動のなかでなにかトラブルが起きたとすれば、その責任を追うのはまぎれもなく自分。

そうした、ミスが許されない環境下で行う就職活動は、結構ストレスフルです。

時間のリソースを大きく割いた後そうした、結果がついてこないどころか悪い結果が残ってしまうと、就職活動のモチベーションがただただ下がることになります。

キャリアチケットの求人の質は高いか?

これから就職しようという学生が気になるのは、「キャリアチケットの求人の質は高いか」ではないでしょうか。

これからの人生の命運を左右するといっても過言ではない「求人」です。

この質が低いとなれば、誰もキャリアチケットで就職活動を行おうとは思わないのではないでしょうか。

就職してから「思ったのと違う」というミスマッチが起こらないために、事前にキャリアチケットが扱う求人について、少し調べておきましょう。

全体の求人数としては多くない

キャリアチケットが扱う全体の求人数としては、決して多いとは言えません。

それは、キャリアチケット側が求人をかなり厳選していること、しっかり良質な条件を確認できた場合のみ扱っていることが要因の一つです。

さらに、まだまだキャリアチケットは、新卒向け就職支援サービスとしてのキャリアが乏しいことも要因として挙げられるでしょう。

求人数が多いとは言えないとしても、キャリアチケットの扱う求人の質自体は決して低くないと言えるでしょう。

不安なら、マイナビなど大手のサービスを併用しておくことをおすすめします。

マイナビ新卒紹介の使い勝手は?Twitterの評判もチェック!
マイナビ新卒紹介は、言うまでもなく大手人材企業「マイナビ」が運営するサービス。 ターゲットはもちろん、卒業したばかりの新卒です。 他の転職エージェントと同じく、担当のキャリアコンサルタントが利用者に向けて、おすすめの求人紹介から...

キャリアチケットの求人が強い業界

キャリアチケットが扱う求人が多い業界は、

  • エンジニア
  • 営業
  • 販売
  • 接客
  • 施工管理

などです。

その他の業界、職種の求人についても取り扱いがあります。

必要なら、キャリアチケットのコンサルタントに相談してみてください。

キャリアチケットのデメリット

キャリアチケットを利用して就職活動を行うことで、不利益、デメリットを感じることもあるでしょう。

具体的に、キャリアチケットにはどのようなデメリットがあるか、キャリアチケットの弱みもしっかり知っておきましょう。

サービスを受けられるのは関東圏と大阪の学生のみ

キャリアチケットはまだまだ駆け出しの新卒向け就職支援サービスです。

そのため、まだまだサービス提供地域に制限をかけています。

現在キャリアチケットのサービスを受けられるのは、一都三県の学生と大阪の学生のみ。

そういった大都市圏で、学生の反応を確かめて、その後地域を広げるかどうか決める、というのがキャリアチケットが考えている戦略でしょう。

※2019年より、対応エリアが増え、

  • 福岡
  • 仙台
  • 名古屋
  • 京都

にも対応するようになりました。

新卒の就職ニーズは全国にありますから、今後ますますエリアが広がっていく可能性があります。

まだまだ大企業とのコネクションが乏しい

まだできたばかりの就職支援サービスであることもあり、キャリアチケットは大記号とのコネクションが乏しいです。

いい会社の優良サービスというものは普通、大企業などと多くのコネクションがあるものです。

ですがこのキャリアチケットの新しいがゆえの弱みというものも、今後払拭されるのも時間の問題でしょう。

求人応募が少なくなる

私が新卒時代言われたのも、「できるだけたくさん求人は応募しろ」ということでした。

言い方が悪いですが、「数撃ちゃ当たる」の精神で、新卒の就職活動は求人応募を行うのが普通です。

しかしキャリアチケットを使っていては、コンサルタントから紹介された数少ない求人への応募へと限られてしまうので、そういう点では少しデメリットです。

そうした、就職活動での自分の自由度を下げたくないなら、別で求人サイトの併用を行うことをおすすめします。

現代日本の新卒就職事情

キャリアチケットは新卒向けの就職支援サービスです。

利用する新卒は総じて全員、就職活動を行うわけですから、新卒の就職市場の状況もあらかじめ把握しておく必要があります。

若手不足で新卒は超売り手市場

現代日本は、少子化の煽りを受けたこともあり、多くの企業で若手人材不足となっています。

そのため、「若い」という資産なとても強いです。

若さという、失うと二度と手に入らないものを持っているだけで、就職を行うとき余裕で就職できるというわけです。

そのため新卒は、私の時代のように就職氷河期の時代と比べると、かなりイージーモードな転職活動が可能なのです。

新卒であまりにも条件で贅沢を言わなければ就職できる

新卒という日本の就職活動における最強のカードがあれば、あまりにも身の程に合わない大企業を希望したりしない限り、はっきり言って楽勝です。

だからといってどこに就職してもいい、というわけでもないでしょうから難しいです。

最初に就職する会社は、その後の人生を決めると言っても過言ではありません。

慎重に、それでいて真以外の起こり得ない就職をしなくてはならないのです。

難易度が低いからといって、何も努力しなくていいかというと、当然そんなこともありません。

ミスマッチを起こさないためにキャリアチケットで就職活動を

「選び放題」
「どこでもいいや」

という気概で就職活動を行ったとしても、その後「こんなはずじゃなかった」という就職活動のミスマッチが起こるのは避けられません。

それならば、就職活動のプロたるキャリアチケットのコンサルタントを頼って、より正しい就職活動を行ったほうがはるかに良いです。

最初から、自分の力を過信せず、素直にその道のプロを頼る気持ちを持っておいてください。

「だめなら転職すればいい」は危険

たしかに最近は以前と比べて、かなり転職のハードルが低くなっています。

しかし、だからといっていつでも転職し放題かというとそんなことはありません。

転職は以前よりやりやすかったとはいえ、いつでも、今の会社に不満を持ったらやっていいというわけでもありません。

そもそも、転職活動が多くなれば多くなるほど、その後転職の難易度が上がるからです。

今後まだ転職の可能性があるならなおのこと、転職回数はできるだけ少ない人生を目指すべきです。

20代で2回転職を行うリスクは?どんなことに注意しておくべきか
日本では、まだまだ「新卒で入った会社で定年まで勤め上げる」価値観が根付いています。 しかし、こんな人材の流動性を妨げる言論は、世界規模でみればありえないことです。 日本人は安定志向が強いこともあり、「レールに沿った人生」を良しと...

キャリアチケットのカウンセリング

キャリアチケットに登録すると、キャリアチケットの在籍のキャリアコンサルタントと面談して、その中でどんな会社に就職したいかという「就職活動の希望」を出すことになります。

このコンサルタントと面談、その他相談や書類の添削などを行うことができるのが、キャリアチケットの強みです。

自分ひとりの狭い支店で行う就職活動と、プロの意見を聞きながら行う就職活動。

どちらがより成功率が高いか、もはや言うまでもありません。

会社で対面面談

キャリアチケットの面談は、運営会社のレバレジーズ株式会社の会社内で、キャリアコンサルタントと面談で行います。

面談でコンサルタントと顔を突き合わせながら行うことになるので、偽りのない、正直な言葉のやり取りを行うことができるはずです。

コンサルタントと直接面談して、自分が持っている就職活動に対する疑問、思想をぶつけてください。

カウンセリングで聞かれること

実際にキャリアチケットにてコンサルタントと面談を行った場合、何を聞かれるのか具体的に知っておきましょう。

自己分析

まずは、キャリアコンサルタントの質問を通して、己の姿を再確認することができます。

自分がどんなスキルを持っているのか、何ができて何が苦手なのか。

自己分析を進めれば、自分の進むべき道がきっと開けてくるはずです。

求人紹介

面談の内容をもとに、キャリアチケットから求人の紹介を受けることができます。

プロが客観的に、面談の内容に沿って選んだ求人ですから、その求人がマッチしている信頼性はかなり高いです。

このなかで気に入った求人があれば、実際に申し込んで選考に進む…というわけです。

キャリアコンサルタントは面談内容から求人を探すため、きちんとあなたの要望に沿った求人を紹介してくれることでしょう。

自分で求人を探すよりも、遥かに条件にあった求人を見つけられるはずです。

キャリアチケットを使って就職活動を行った口コミ

実際にキャリアチケットを使って転職活動を行った人の口コミをみて、キャリアチケットの優秀さを探っていきましょう。

キャリアチケットは実際に利用するに足るものなのか。

新卒向け就職支援サービスは多いですから、なにか特筆すべきものがないと、実際に使おうかなとはならないはず。

実際に使った人しか、キャリアチケットが真に使いやすいかはわからないのです。

立教大学 文学部

そこまで高望みした企業に応募してないはずなのに、なかなか採用をもらえない現状にやきもきするばかりでした。

しかしキャリアチケットに相談することで、自分が面接で見当違いなことばかり喋っていたことに気づきました。

キャリアチケットに相談することで、自分のスキルや自分のやりたいことに気づいて、自分にあった企業の選考を受けることができました。

やっぱり頼るべきはプロですね。

東洋大学 ライフデザイン学部

自分と、他の大学から応募しているライバルとの間に、スキルや学歴で大きな隔たりを感じました。エントリーシートすら通らない生活はメンタルにも悪影響でした。

しかしキャリアチケットは、私にあった、学歴フィルターをあまりかけない、人間性を評価してくれる会社を教えてくれました。

キャリアチケット利用の流れ

実際にキャリアチケットを使って就職活動を行う際、どのような流れで展開が進むのか。

キャリアチケット利用の流れをここでおさらいしておきましょう。

公式サイトから申し込み

まずは何はともあれ、キャリアチケットの公式サイトよりサービス利用の申込みが必要です。

キャリアチケットは申込後の折返し電話で、必要事項を聞かれることもあり、最初の申込み段階ではほとんど入力することがありません。

申し込み自体にかかる所要時間は1分程度でしょう。

折り返し電話に対応

申込みが終わると、キャリアチケットからフリーダイヤルで利用者あてに電話がかかってきます。

その電話にて、面談の日時を決めます。

どうしても実際に会社へいって実地の対面面談が難しいなら、電話面談を希望することで、電話面談の手順や流れを説明してくれるでしょう。

会社にて面談

打ち合わせた時間通りに面談が行われます。

面談にて、コンサルタント相手にあなたの就職活動に関する思いの丈をぶつけてください。

その面談内容に応じて求人をいくつか紹介してもらえるので、実際に応募という流れになります。

そこではもちろん、提出書類の添削から、面接対策まで受けることができます。

あなたは就職活動に関して何も心配する必要がないのです。

応募先企業との面接

さあ次は実際に面接です。

打ち合わせ通り、あなたのポテンシャルを発揮してください。

内定

面接で認められたら内定が出ます。

志望通りの企業から内定が出たなら、そこで就職活動は終わりです。

キャリアチケットに関してよくある質問

キャリアチケットを利用していると、様々な疑問が利用者の頭をかすめるでしょう。

先んじてその疑問を解消しておきたいと思います。

サービスの利用料は?

キャリアチケットをどれだけ使ったおしても、利用料は一切かかりません。

どれだけコンサルタントに連絡して、どれだけ質問しても、書類の添削を受けても面接対策を受けても、そこに利用料はかかりません。

どうせお金がかからないなら、存分にサービスを使うほうがお得ですよね。

面談を受けるにあたって準備することは?

面談を受けるにあたって、なにか持ち物、先に考えておくことがないか気になる方も多いはず。

しかし、面談を受けるときの準備も大したものはありません。

特に持ち物はなく、服装も自由でかまいません。

面談はどこで受けられるの?

面談を受けられる場所は、日本で5ヶ所のみ。

これらの地域で面談が難しいなら、電話面談を打診してみましょう。

渋谷支店

池袋支店

秋葉原支店

横浜支店

大阪支店

キャリアチケット 総評

いかがだったでしょうか。

レバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職支援サービス「キャリアチケット」について、今回は説明しました。

キャリアチケットはこれから就職しようと考える、新卒の学生向け支援サービスです。

これから行う就職活動に不安な学生はぜひ、キャリアチケットを使って就職を行ってください。

コメント