病院薬剤師は働きやすい?病院薬剤師の実情は?病院に転職する秘訣も紹介

かかりつけ薬剤師 薬剤師のお仕事

薬剤師の就職先は多いです。

ドラッグストア、調剤薬局から、クリニック、病院まで。

そのなかで、確固たる理由のもと「病院薬剤師」として働き始めたあなた。

しかし、病院薬剤師の仕事は、様々な事情で病院特有の悩み、不満が発生しがちです。

「最新技術のもと、患者とちょくに触れ合って、医療従事者として一番やりがいを感じられる」

という願いは通らないのか。

病院薬剤師として働いている人たちの実情はどのようなものなのか。

病院薬剤師として働く薬剤師たちの状況、そして働きやすい病院の条件、働きやすい病院で病院薬剤師として働くコツを紹介します。

病院薬剤師の現状

まずは、病院で働く薬剤師、病院薬剤師の現状から調べていきましょう。

しかしここで病院薬剤師と一括りで説明しても、その病院規模、業務内容など現場の状況でも条件が変わってきます。

あくまでここの説明は、「病院薬剤師としての働き方の参考」として捉えておきましょう。

病院薬剤師のメリット

薬剤師が病院で働くメリットは多いです。

多くの薬剤師が「病院勤務」を希望するその理由、病院薬剤師として働くメリットを具体的に調べてみましょう。

患者さんと直に触れ合える

病院薬剤師は、患者さんと直に話しながら、会話の中で医療方針を直に考えながら直に服役指導を行うことができます。

調剤薬局やドラッグストアの薬剤師は、処方箋に従って調剤後、簡単に服役指導を行うのが精一杯です。

やはり医療従事者たるもの、患者の医療方針を一緒に考えたいと思うもの。

病院薬剤師として働く大きなメリットの一つは、やはり「やりがい」が見逃せません。

最先端医療現場で働くことができる

大きな病院になるほど、最先端医療現場になります。

ある程度大きな病院で働くことによって、最先端医療現場で働くことができるのです。

最先端医療現場で自分のスキルを高めていきたいならぜひ、病院薬剤師として働くことをおすすめします。

小さなクリニック近くの調剤薬局では決してできない経験ができるはずです。

病院薬剤師のデメリット

病院薬剤師として働くことで生じるデメリットがあります。

病院薬剤師のデメリットも、あらかじめしっかり抑えておきましょう。

病院内での地位が低い

薬剤師の立場は、病院内においてかなり低いです。

医師や看護師に比べて、病院によってはかなりぞんざいな扱いを受けることもあります。

そのため、病院で働きたい薬剤師は、なるべく薬剤師の扱いが丁寧な、薬剤師にとって働きやすい病院を探すことが必要になるのです。

病院薬剤師の年収

病院薬剤師の年収相場を知っていますか?

実は、病院薬剤師の年収相場は決して高くありません。

他の薬剤師と比べて、年収が低いのです。

年収を第一に転職を考えている薬剤師には、病院への転職はおすすめできないのが実際のところです。

病院薬剤師の年収が低い理由

薬剤師手当が出るドラッグストアや、調剤薬局の年収と比べて100万円~200万円ほど低い病院薬剤師ですが、当然低い年収には理由があります。

病院薬剤師の年収が低い理由は大きく分けて2つです。

人気だから

やりがいのある、最先端医療現場で働ける、そして薬剤師としてのスキルが身につく病院薬剤師の仕事は人気です。

多くの薬剤師が、病院薬剤師として働きたいと思っているのです。

しかし多くの薬剤師が来てくれるという、病院の立場からしてみると「低い年収でこきつかえる」立場でもあります。

ぞくにいうやりがい搾取にあうのが、病院薬剤師という働き方なのです。

病院内での立場が弱いから

現在どの病院でも、経営改善により「人件費引き下げ」が行われています。

そして、病院内で真っ先に給与が引き下げられるのが薬剤師なのです。

病院内において、医師より、そして看護師よりも立場が弱い薬剤師は、どうしても年収が低い傾向にあります。

病院薬剤師へ転職する時気をつけること

さて、多くの薬剤師のあこがれ、「病院薬剤師」ですが病院薬剤師に中途で転職する時に気をつけておくべきことがあります。

何も考えずに転職してしまうと、転職活動のミスマッチを起こしてしまいます。

先に注意する部分をしっかり抑えてから、実際に転職活動を行って下さい。

世に出る病院薬剤師求人の多くが「慢性期病院求人」

病院薬剤師自体の求人は、決して少なくありません。

例えば、「リクナビ薬剤師」で東京の薬剤師求人を検索してみると…。

東京だけで317件、決して悪くない数です。

しかしこの中で、薬剤師に人気の「急性期病院」の数はほんの一握り。実は、世間に降りてくる薬剤師求人の多くが、「慢性期病院」の求人なのです。

確かに慢性期病院で働く薬剤師も病院薬剤師には変わりありません。

しかし、慢性期病院での勤務は、ルーチンワークが多く同じことの繰り返し…ということが多いです。

急性期病院で働けば、様々な病状、怪我の患者と接することができるので、やりがいがあり、スキルアップにもつながるのです。

急性期病院への転職方法は、このすぐ後説明します。

人気の急性期病院に転職するには?

さて、多くの薬剤師にとっての憧れ「急性期病院」へ転職するには、どんな方法で転職すればいいのでしょうか。

多くの病院が薬剤師を新卒で採用しますが、中途で病院への転職も可能です。

転職時期を3月にすれば、新卒で内定が出たものの薬剤師試験に落ちて採用が取り消された薬剤師の「空き」が生まれるからです。

さて、その「空き」をどのように見つけるかが大切です。

薬剤師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談する

病院と一番密に繋がっているのが、薬剤師転職サイト在籍の「キャリアコンサルタント」です。

病院が空きを埋めるため、最初に相談するのが「薬剤師転職サイト」ひいては「キャリアコンサルタント」だからです。

キャリアコンサルタントに病院求人が出てないか相談するのが、一番確実で早く病院薬剤師求人をキャッチする方法です。

3月の少し前から、薬剤師転職サイトに登録しておき、キャリアコンサルタントとしっかり関係性を築いておくことをおすすめします。

急性期病院に直接直談判する

病院に空きが出てないか、直接問い合わせてみるという方法もあります。

しかし欠員なんてそうそうでないので、かなり効率が悪いかもしれませんが…。

薬剤師の病院転職はキャリアコンサルタントとしっかり相談を

病院に転職したい薬剤師は、まずともあれ「キャリアコンサルタントと相談」を念頭において動きましょう。

病院薬剤師は人気なので、一人で転職活動を行うのはかなり難しいです。

働きやすい病院、働きにくい病院をしっかり見定める

病院規模、病院の働き方、業務内容などによって、働きやすい、働きにくいの差が出てきます。

この、「薬剤師が働きやすいか、働きにくいか」を見定めるのも、キャリアコンサルタントの仕事です。

キャリアコンサルタントは、薬剤師が働く現場の実情を調べるうのも仕事の一部なので、キャリアコンサルタントにその病院が働き癒やすいか働きにくいか聞くことで、働きやすさを簡単にしることができるのです。

おすすめ転職サイト:ファーマキャリア

では、どの薬剤師転職サイトに登録すればいい?

ということが気になる方も多いでしょう。

私がまずおすすめするのが、「ファーマキャリア」です。

ファーマキャリアは、キャリアコンサルタントの手厚いサポートと、幅広い条件の求人の取扱いに強い薬剤師転職サイトです。

病院転職を考える薬剤師は、まずその取っ掛かりを得るためにファーマキャリアへの登録をおすすめします。

ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判・口コミから強みを解説
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

おすすめ転職サイト:薬キャリ

もう一つ薬剤師転職サイトを紹介するとしたら、私は「薬キャリ」をおすすめします。

薬キャリは、決して全体の求人数が多いサイトではないですが、病院求人の取扱いに強い転職サイトです。

そして、時に強引でしつこいと言われるほど熱心なキャリアコンサルタントのサポートを受けることで、無駄なく求人探しができるはずです。

薬キャリエージェントは使うべき?利用者の口コミ・評判から強みを解説
数ある薬剤師転職サイトの中でも、薬キャリエージェントに目をつけて、これから利用しようかと検討中の方も多いのではないでしょうか。 薬キャリエージェントは実際転職を考えている薬剤師にとって使いやすいのか。 他の薬剤師転職サイトと何が...

まとめ

いかがだったでしょうか。

病院への転職を考える薬剤師に役立つ情報を、今回は紹介しました。

病院薬剤師は、多くの薬剤師のあこがれですが、だからこそ転職難易度は高いです。

薬剤師転職サイトのキャリアコンサルタントを頼って、空きが出た病院の求人を見逃さないようにしてください。

コメント