病院薬剤師が薬局へ転職するためにはどうすればいいのか

薬剤師の転職

薬剤師の転職先にはいくつかの選択肢があります。

例えばよく聞くのが「病院から薬局への転職」です。

どうして多くの人が「病院から薬局への転職」を行っているのか。

病院から薬局へ転職するとどんなメリット・デメリットがあるのか。

今回は、病院から薬局への転職を考えている方のために、薬剤師が病院から薬局へ転職する際に知っておくべき情報をご紹介します。

病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

まずは、病院薬剤師と薬局薬剤師の働き方の違いから知っておきましょう。

病院薬剤師の働き方

病院薬剤師の働き方は、病院の規模により多少変わります。

大学病院、総合病院、中・小規模病院、それぞれで働く薬剤師で多少状況は変わります。

大きな病院で働く薬剤師になると、駐車調剤から、外来化学療法室での抗がん剤調剤、救命救急業務など、業務の幅が広くなります。

薬局薬剤師の働き方

薬局薬剤師も、どこに薬局があるかで多少働き方は変わります。

ですが基本的には、医師が出した処方箋に基づいて薬を調剤する調剤業務。在庫管理や、医薬品の品卸など、薬局の経営に関係する業務も含まれます。

病院薬剤師が薬局薬剤師へ転職する動機

それでは、どんな理由で、病院薬剤師は薬局薬剤師への転職を考えるのか?

薬局薬剤師への転職理由を考えていきましょう。

病院薬剤師が体力的に辛い

病院薬剤師として働くのは、単純に体力が必要です。

病院の形態にもよりますが、病院によっては当直や土日祝日勤務の当番業務が回ってくることも。

対して薬局薬剤師は、基本的に当直勤務がなく、自分の都合に合わせた勤務が可能です。

そんな時間の都合を合わせることで体力を求められる病院薬剤師の働き方を苦に、薬局薬剤師への転職を考える人が多いです。

薬局薬剤師のほうが高給与

一般的に、平均年収が高いのは「薬局薬剤師」です。

新卒で働き始めたスタートラインから考えても、病院薬剤師と薬局薬剤師では年収に差が出ます。

その差を埋めるために、病院薬剤師から薬局薬剤師への転職を考える薬剤師は多いです。

コミュニケーション、勤務形態、単純に薬局薬剤師の方が楽

薬局薬剤師の、患者さんとのその場限りのコミュニケーション、無理ない勤務時間、あらゆる点で、薬局薬剤師のほうが楽です。

厳しい環境で、薬剤師としてのキャリアをしっかりと形成したい、という意思がないならば、薬局薬剤師として働くので十分かもしれません。

薬局薬剤師に転職するメリット

薬局薬剤師へと転職すると、どんなメリットがあるのか。

病院から薬局薬剤師へ転職するメリットを考えましょう。

給与が上がる

薬局薬剤師へ転職すれば、単純に年収が上がることが多いです。

「今より年収を上げたい」と考えている薬剤師には、薬局薬剤師としての働き方がおすすめです。

自分の生活に合わせた仕事ができる

当直勤務もほとんどない薬局薬剤師。生活リズムを崩さない働き方ができるでしょう・。

薬の処方など以外にも仕事が回ってくる

ドラッグストアで働く薬剤師なら、薬の調剤以外にも仕事が回ってきます。

「自分は医療業界の、薬の調剤におけるプロフェッショナルになるんだ」

という強い意思がない限り、薬局薬剤師で働いたほうが幸せを得られるかもしれません。

福利厚生が安定した薬局が多い

薬局の規模にもよりますが、手厚い福利厚生を得られるところも多いです。

反対に病院で手厚い福利厚生をくれるとなると、かなり大規模な病院に限られてくるかもしれません。

病院薬剤師として働くメリットも

反対に、病院薬剤師として働き続けるメリットも考えておきましょう。

薬局薬剤師より安定している

「店舗」としての側面が強い薬局、そこで働く薬局薬剤師より、病院薬剤師のほうがずっと安定しています。

大きな病院になればなおさら、経営が波打つこともないので、そこで働く薬剤師も安定した働き方をすることができます。

長く安定した働き方を望む薬剤師には、病院薬剤師のほうが向いているでしょう。

患者さんと密にコミュニケーションを取れる

これも人によってメリットかデメリットか変わってくるポイントではありますが、「患者さんとの密なコミュニケーション」を取れるのが病院薬剤師の特徴です。

入院患者と話しながら、病院薬剤師はカルテ、服役履歴から調剤を行っていきます。

そうした「患者さんとの密なコミュニケーション」を取りたい薬剤師には、病院薬剤師としての働き方が最適です。

病院ならではのやりがいがある

上の方で述べた通り、病院薬剤師は医療分野における業務幅が広いです。

医療チームの一員として仕事が求められるので、医療知識が増えていき、責任ある仕事ができるので、やりがいを求める薬剤師にはピッタリです。

やりがいを求めるなら病院薬剤師、給与面などで働きやすさを求めるなら薬局薬剤師、といった感じでしょうか。

薬剤師転職サイトで希望通りの転職を

もしあなたがすでに「病院から薬局薬剤師」への転職を考えているなら、すぐにやることがあります。

それは、「薬剤師専門の転職サイトへの登録」です。

薬剤師転職サイトへ登録すれば、在籍したキャリアコンサルタントと相談しながら、希望通りの転職活動を進めることができます。

病院から薬局薬剤師への転職にピッタリの薬剤師転職サイトをいくつかご紹介します。

マイナビ薬剤師


大手人材企業マイナビが運営する「マイナビ薬剤師」がまずおすすめです。

病院から薬局という、薬剤師にとってキャリアチェンジとも言える転職にも対応できるだけの、豊富な求人を扱っています。

しかも都心から地方まで日本全国の転職に対応可能。

転職を希望する薬剤師は、まずマイナビ薬剤師へ登録をおすすめします。

マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフは、「派遣薬剤師求人」に強い薬剤師転職サイト。

好条件の派遣薬剤師求人を探している方にピッタリの薬剤師転職サイト。

条件の良い派遣薬局薬剤師求人を探している方は、ぜひファルマスタッフを使った転職を行ってください。

ファルマスタッフは使うべき?利用者の口コミから強みを解説
ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する転職サイトです。 日本調剤グループがもともと運営していたことから医療業界では高い信頼を獲得してきたサイトとしてよく知られています。その歴史的背景からどのような特徴を持っているサイト...

まとめ

いかがだったでしょうか。

病院で働く薬剤師が、薬局薬剤師へと転職する時知っておくべき情報を紹介しました。

働き方が違うので、キャリアチェンジとも言える病院薬剤師から薬局薬剤師への転職。

しっかりと薬剤師転職サイトを使った転職をおすすめします。

コメント