登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

部下が辞めていく上司の特徴と企業からやるべき働きかけ

職場の悩み

社員が会社を辞める要因は様々あると思いますが、多くの場合「上司が嫌で辞める」ことが多いです。

私の知り合いの多くも、実際に上司が原因で辞めてしまう人が多かったです。

社員にとって上司が持つ影響力は計り知れません。

今回は、実際のところどんな上司は部下が辞めていきがちなのか、部下が辞めていく上司の特徴を調べていきましょう。

そして、その上司に会社からやるべき働きがけが何かないのか、それも調べてみたいと思います。

部下が辞めていく上司の特徴

まずは、そのものずばり、部下が辞めていく上司の特徴を調べていきましょう。

どんな上司のもとを、部下は去っていくのか。

まったく上司に問題がないなら、部下だって辞めたいとはならないはずなのですが…。

部下に高圧的な上司

多くの辞めてしまう部下が「高圧的である」ことを理由にしています。

上司だって以前は新人だったくせに、その時の気持ちは忘れて、部下に高圧的な態度を取っているようでは、部下も上司を見限ろうとするでしょう。

以前上司からされた経験からか、もともとの気質なのか、部下に高圧的な態度を取っていると部下はどんどん離れていくでしょう。

部下に高圧的な態度で接する。

部下のミスをフォローするどころか、高圧的な態度でそのミスを指摘する。

これら高圧的な姿勢が続く限り、その上司には部下がとどまることはないでしょう。

部下に仕事を教えない上司

部下に大していっさい仕事を教える気がない上司なら、部下も「会社を辞めたい」と思うのが自然です。

上司から仕事を教えてもらえないと、部下としてもスキルアップできません。

部下の仕事を面倒みるのは、言うまでもなく上司の仕事です。

手取り足取りわかりやすく部下の仕事を教えてあげる上司が、「良い上司」です。

部下の話を聞かない上司

部下といっさい会話する気ない上司も、部下が離れてしまいがちです。

しっかり部下の話に耳を傾けて、適切な距離感で会話してくれる上司でないと、部下は離れていきがちです。

部下の話を聞かない上司は、部下が「こうだと思う」という意見があったとしても、それを無視して自分の価値観をぐいぐい押し付けてきます。

今は令和の時代です。

ワンマンで仕事を押し切る上司は今や昔、昭和の人間でしょう。

仕事が遅い上司

部下からすると、上司はいつだってバリバリ仕事を処理していてもらいたいもの。

とろとろ仕事して、仕事が遅い上司のもと働きたいと思う部下はいません。

仕事が遅い部下も、上司が離れていきがちです。

パワハラがひどい上司

パワハラがひどい上司は、言うまでもなく部下がついてきません。

過度な干渉や、無意識のパワハラを受ける部下は会社をさります。

わかりやすい、「部下が辞めていく上司」ですね。

部下を育成できない

部下を育成するのは、上司の一番重要で大切な仕事。

部下を育成するのが下手な上司は、部下が辞めていく上司です。

上司たるもの、部下のスキルアップをうながし、部下の不得手はしっかりフォローして、逆に得意なポイントはしっかり伸ばしてあげる努力をするべきでしょう。

「この人についていっても自分に未来はない」

そんなことを思わせた時点で、部下はその上司のもとを去ります。

部下が辞めると上司の責任になるのか?

そもそも、部下が辞めてしまうのは上司の責任足り得るのか。

部下がやめてしまうのは、部下の責任ではないのか。

部下がやめるのは誰の責任か。

そして部下が辞めることで会社はどれくらいの、どのような被害を受けるのか、ご説明します。

部下のマネジメントも上司の仕事である

そもそも大前提として、部下のスキルアップ支援、仕事の支援を行うのは上司の約目です。

上司は部下をマネジメントしてなんぼ。

部下がスキルを活かして、のびのび仕事できる環境を作るのは、上司の業務のひとつなのです。

部下が辞めていく上司というのはつまり、その上司の仕事の責任をきちんと果たしてないということ。

仕事を果たしてない上司が会社から評価を受けないのは当然の帰結です。

部下が辞めると会社に多大なコストがかかる

部下が会社を辞めてしまうことで、会社は大きな打撃を受けます。

社員が一人辞めるというのは、会社にとって大きなリスクです。

単純に社員の生産性が失われるだけでなく、部下にかけた教育のコストも損してしまいます。

さらに、その社員が辞めることで、他の社員に悪い影響を及ぼしかねないです。

社員が一人辞めるというのは、実は多くの要素に絡む問題だったのです。

新入社員を登用して育てるコストがかかる

社員が一人辞めるということは、その分その社員の穴を埋めるために他の社員を登用しなければならないということ。

再び社員を採用するためには、採用活動に割くためのコストが必要になります。

その分、お金や時間、そして社員の労力というコストを払うことになります。

さらに採用できたとしても、その採用した社員を教育するという別のコストがかかります。

一人社員が抜けると、その後会社が支払うコストはとても大きなものになります。

辞める部下の前兆

それでは、会社を辞めてしまう部下の辞める兆候を調べておきましょう。

辞める兆候が見えたら、部下を後押しして、辞めないようにすることができます。

しかし本当に社員の辞める意思が固まっていたとしたら、その時点で上司から働きかけることは何もないのですが…。

会社の愚痴が多い

部下が口を開くたびに会社の愚痴を言うようになってしまったら、かなり危ないです。

その口に出さずにはいられない会社の不満は、やがて爆発して、会社を去る選択肢一択になるでしょう。

最近会社の愚痴を言うケースが多くなった社員がいたら、要注意です。

上司の愚痴が多い

上司の愚痴ばかり言う部下は、わかりやすく危ないです。

上司の愚痴を頻繁に言うということは、上司への不満が溜まっているということ。

その不満を放っておいたままにすると、いずれ会社にはいられなくなります。

部下に愚痴を言わせるような上司は、部下が辞めていく上司の代表格だと言えますよね。

いい上司なら、部下は愚痴なんて何一つ言わないはずなのです。

勤務後すぐに退社する

上司の元を去ってしまう部下は、仕事が終わったらすぐ退社しがちです。

もしかしたら、仕事のあと転職活動しているのかも。

一刻も早く家に帰りたいと思うほど、会社に思い入れがないのかもしれません。

勤務後すぐ退社する部下がいたら、上司は要注意です。

一度しっかり話を聞いてあげてもいいかもしれません。

仕事ができる部下が仕事に真剣ではない

普段バリバリ仕事できる部下が、ある時仕事に入れ込めていない時。

仕事に大して真剣ではない様子が見て取れた時、それも結構危ない兆候です。

仕事ができる部下なのに、しっかり仕事できてない、仕事したくてもできない環境にいるということは、それだけ働きにくい環境に現在身を置いているということに他ならないのです。

普段仕事ができる部下の様子ほど、注意して観察しておくべきでしょう。

部下が辞める会社がやるべきこと

部下が辞めていく上司が一番問題です。

その上司には、マインドを変えてもらうのは大前提です。

その上司が現在と同じ姿勢で仕事している限り、その会社、その上司はずっとそのままだからです。

そして会社としても、組織のあり方を抜本から考え直すべきかもしれません。

組織、会社が環境を良くするためにできることを、具体的に説明していきます。

職場快適度チェックを行う

厚生労働省が推奨している通り、現在の職場が働きやすい環境かどうか調べるために、「職場快適度チェック」を行いましょう。

社内が働きやすく快適な環境でないと、そこで働く社員はパフォーマンスを活かして仕事することはできません。

厚生労働省が推進する職場快適度チェックは、平成4年に公表された快適職場指針を元に、ストレスフリーな職場環境のソフト面の現状を把握するためにできました。

もしかしたら現状すでに働きにくい職場環境が出来上がっているかもしれず、だとしたら早めに環境を改善する努力が必要なのです。

社員がもし快適な職場で働いていないとしたら、「辞めたい」と思うのも当然のことなのです。

社員のキャリア形成をしっかり行う

職場で働く社員にとって、自分のキャリアがどうなるのかという「キャリアプラン」を知りたいと思うのは当然のことです。

「自分はこの会社で働いたとして、どのようにキャリアが上がっていくのか」

それを知ることができないとしたら、大きなストレスになってしまうことでしょう。

会社ができることは、社員一人ひとりのキャリア形成をしっかり行って、社員に未来を見せてあげることなのです。

自分の先行きが見えてない状態で生きるのは、かなり大きなストレスになってしまうでしょう。

人間関係を明確にする

社員同士の人間関係を明確にしておくのも大切です。

上司と部下だけでなく、社員と社員の横のつながりを大事にして、誰と誰が影響しあってるのか。

そうしたなかなか見えづらい人間関係をはっきりと把握できる状態にしておくことは、とても大切です。

上司は部下のモチベーションコントロールをしっかり行いましょう

仕事する上でモチベーションが湧いてこないところでは、とても仕事できません。

部下が働く上でモチベーションが湧いてこないような職場が出来てしまっているとしたら、なんとか手をつくしてモチベーションが湧いてくる職場にしなければなりません。

どれだけ働きやすい環境を作れるかも、上司の腕の見せどころです。

仕事のモチベーションが上がらない人に試してほしい8個の対策
同じ仕事を続けているとモチベーションは下がってしまいがちですが、そもそもなぜやる気を失ってしまうのか。その原因と、モチベーションを上げるために試しておきたいことをお伝えします

まとめ

入ってくる部下が次々辞めてしまうような上司はいないでしょうか。

そうした上司は、いったいどこに問題があるのか。

そんな上司がいる会社は、職場環境を良くするために何ができるのか。

部下が辞めていく上司について、今回は考えてみました。

コメント