登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
77,778件
非公開求人数
61,365件
対応地域
全国+海外
対象属性
20~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ

部下のマネジメント方法とコツは?マネジメントに悩んだときこそ知っておきたい4つのこと

部下との人間関係

部下を持つと、「部下をマネジメントする」という重要な役割を担うことになります。

ところが、いざ自分に部下ができると、「部下のマネジメント」って具体的に何をしたらいいか分からないと悩んでしまう上司が大半です。

そこでこの記事では、マネジメントの意味、マネジメント業務の内容、部下のマネジメントのコツについてご紹介します。

「部下のマネジメントがうまくいかない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

部下のマネジメントとは

「マネジメント」とは、組織を管理する業務のこと全体を指します。

部下をマネジメントする場合は、部下の仕事や役割を管理し、部下が知らないことは育成しながら、組織をまとめて成果を出すことを求められます。

よくマネジメントと混同しやすいフレーズに「リーダーシップ」が挙げられますが、マネジメントとリーダーシップは、厳密に言うと少し意味が異なります。

「部下のマネジメントがうまくいかない」場合、もしかしたらあなたの振る舞いはマネジメントではなく「リーダーシップ」の方かもしれません。

どのような違いがあるのか、マネジメントの本質とは何かを、もう少し詳しく見ていきます。

マネジメントは目標達成の近道

マネジメントとは、一言で現すと「組織を管理すること」。

今回のテーマである「部下のマネジメント」に関して言えば、部下の業務を管理し、部下の能力を引き出すために育成することで、チームや会社全体の成果を上げることを意味します。

適切にマネジメントできている組織は、部署内のメンバー1人1人が、自分の能力を最大限発揮しながら、そのチームの出せる結果を最大化することができます。

「1人1人が自分の能力を最大限発揮する」というポイントが重要で、部下が能力を発揮できるかどうかは、上司のマネジメント能力にかかっているのです。

つまり、マネジメントとは、ただ仕事の進捗を管理すればいいのではなく、部下の特性を掴みながら、その人の能力を伸ばせるよう育成しながら、適材適所に人員を配置できるかどうかがカギを握るのです。

所属している社員に適切な役割を与えることで、それぞれが業務にフルコミットでき、その結果、定めた目標に最短距離で到達できるのです。

適切なマネジメントは、「目標達成への近道」とも言えるのです。

マネジメントとリーダーシップとの違い

では、マネジメントとリーダーシップは、どのような点が違うのでしょう。

マネジメントは組織の全体管理である一方、リーダーシップは、現場で自ら行動して部下に適切な指示を出しながら、業務を遂行することを指します。

マネジメントは俯瞰的に全体を見て指揮をとることが求められるのに対し、リーダーシップは中に入って舵をとることが求められるのです。

組織において、上司は「マネジメント能力」と「リーダーシップ能力」の両方が求められるため、一括りにマネジメント業務の難易度が一気に上がるのです。

マネジメントばかりの上司では、現場のリアルな問題や課題を把握できないまま指示ばかり口出しして、風通しの悪い雰囲気になりかねません。

一方、リーダーシップばかりの上司では、目の前の課題にとらわれすぎて、中長期的な目標の管理や俯瞰的な課題の捉え方ができなくなってしまいます。

マネジメント能力が高い上司は、森全体(組織全体)を見る能力と、木1本1本(社員1人1人)を見る能力の両方が求められるのです。

何人も部下を抱えてマネジメントを行う場合は、部下を指導・育成しつつ組織全体を管理するマネジメントと、率先して行動するリーダーシップ、この2つの役割をバランスよく行うことが重要です。

部下のマネジメントに必要な4つのこと

部下をマネジメントするといっても、その業務内容は多岐にわたります。

ここからは、マネジメント業務について必ず必要な4つことをご紹介します。

  • 部下の目標を設定する
  • 部下を指導・育成する
  • 部下を評価し、必要なフィードバックをする
  • 部下のやる気を引き出す

部下の目標を設定する

まず、必要なことは、部下の目標設定です。

部署やチーム全体の目標を達成するために、まずは部下1人1人に個別の目標を設定しましょう。

部下の目標を設定する時には、

  • 部下が成長できる目標であるか
  • 部下が自分ごととして取り組める目標であるか
  • 部下の特性(性格や長所・短所)に合っているか

を、部下本人にも確認します。

目標を部下と共有することで、部下自身に「何を目標に頑張るのか」、「目標を達成すると、どのように成長できるのか」を把握させます。

部下自身が与えられた業務に納得できれば、業務が「自分ごと化」し、自発的に仕事を進められるようになるでしょう。

部下を指導・育成する

部下が目標を達成できるように、仕事をサポートしたりフォローするのも、マネジメントの大切な役割です。

特に、部下が知らないことや未経験のことは、指導しながら部下を育てていきましょう。

部下との関係を良好に保ちながら指導を行うコツは、普段から部下とコミュニケーションを密に取ることです。

「この部下は精神的な面で不安なので、精神面でのサポートを増やそう」、「この部下は、せっかちでうっかりミスが多いから、確認プロセスを明確にしてあげよう」など、部下に合わせた指導方法をカスタマイズしていくことが大切です。

部下が予定通りに仕事を進めているかどうかも管理し、予定通りならねぎらいの言葉をかけてあげ、遅れたりトラブルがおきている時は、しっかりサポートしてあげましょう

タイプ別に見る部下の指導方法!心がけること・言い方ひとつで部下は変わる!?
部下を指導するのは上司の大切な役割。 と頭ではわかっていても、やる気がない部下や、コミュニケーションが苦手な部下など、一人一人に個性があって、「部下の指導」と一言で言っても、これがかなり難しいものです。 部下の指導・育成方法に悩...

部下を評価し、必要なフィードバックをする

マネジメントの役割として、仕事内容を評価し、必要に応じてフィードバックをすることも重要です。

定期的に部下と面談の場を作り、良いところも改善点もフィードバックする機会を作りましょう。

自分はどの部分の目標が達成できていて、どこが足りていないかを部下自身に気づかせることで、部下の成長を促します。

日ごろからコミュニケーションがとれており、信頼できる上司から的確にフィードバックされると、部下のモチベーションアップにもつながるでしょう。

部下のやる気を引き出す

「仕事のモチベーションは自分で上げるべきだ」と思う人もいますが、部下のモチベーション・やる気は上司の対応一つで変えることができます。

  • 上司に相談しやすい
  • 上司から信頼されている
  • 上司と良好な関係を築けている

と感じる部下は、仕事へのモチベーションが高く、自発的に業務に取り組むことができるため、自然と成長スピードも早くなります。

また、部下のモチベーションを上げるためにも、部下の話や意見をしっかり聞き、部下に業務をどんどん任せましょう。

任せられる=信頼れていると部下自身が感じるようになると、その分やる気と責任感が芽生えて、ますます、部下は前のめりに仕事に取り組めるようになります。

ここで大切なことは、萎縮してしまうほどプレッシャーの大きな役割は与えないことです。

ほどよいチャレンジ案件が、部下を成長させるにはベストな環境だということを忘れないでください。

部下のマネジメントのコツ

「仕事ができる」と「マネジメントがうまい」は、必ずしもイコールの関係ではありません。

部下をうまく管理しながら育成して、組織を成長させていくには、マネージャーとしてコツが必要です。

最後に、部下をマネジメントするときのコツをおさえましょう。

リーダーシップスキルを磨く

マネジメントを成功させるためには、リーダーシップも必要です。

部下が「この上司についていきたい」と思えるような上司にならないと、スムーズなマネジメントはできないのです。

リーダーシップ能力が高い上司は、ビジョンがしっかりしていて、部下の特性に合った業務を任せ、部下のやる気をどんどん引き出すことができます。

リーダーシップで重要なのは、部下よりも率先して行動し、上司自身が成長し、失敗を恐れない姿勢を見せること。

部下に指示するだけでなく自分も率先して動き、部下の成長をサポートしつつ自分も成長できるよう努力しましょう。

時には、リスクを恐れずに行動する姿勢を持てば、部下からの信頼を得て、チーム全体がまとまっていきます。

心に余裕を持つ

部下のマネジメントは、感情的にならず心に余裕を持つことが大事です。

マネジメントにおいて部下のモチベーションはとても大事ですが、上司が感情的に指示を出したりフィードバックしても、部下が心を閉ざすばかりで成長につなげられません。

中には、なかなか成長スピードが遅い部下もいます。

そのとき、上司の心に余裕がないと、部下の成長をゆっくり見守ったり、部下を信頼して業務を任せることができず、マネジメントがうまくいかなくなってしまいます。

常に心のゆとりを保つためにも、仕事以外で熱中できる趣味に没頭したり、休日はゆっくり過ごすなどして、ストレスフリーな生活を心がけるのも大切です。

部下とコミュニケーションをとる

部下のマネジメントを成功させるためには、日々のコミュニケーションが欠かせません。

部下とコミュニケーションを取ることで、部下が上司の指示や評価、フィードバックを素直に受け止めやすくなります。

上司と部下の関係が悪いと「部下が指示に従わない」、「部下のやる気がない」という状態になり、マネジメントもうまくいきません。

何気ない日常会話こそ、チームワークをスムーズに進める鍵を握るということをお忘れなく。

適切にフィードバックする

部下のマネジメントで重要なのが、部下に的確なフィードバックする能力です。

仕事の目標を設定して仕事を任せたあと、何のフィードバックもなしに「任せて終わり」では、部下の成長を促すことができません。

普段から部下の仕事ぶりを観察し、フォローすることで「部下の改善点」が見えてくるはずです。

気づいたことは、定期的に面談を開くなどして、部下に適切にフィードバックしてあげましょう。

フィードバックする時には改善点だけでなく、小さなことでもいいので頑張ったこと、努力したことを褒めてください。

自分のどんな行動がチームにプラスになるのかを伝えることも、大切なフィードバックになります。

人前で叱らない

時には部下を叱る場面も出てきますが、叱るときは人前で話すのはやめましょう。

人前で叱ると、部下の仕事へのモチベーションが下がるだけでなく、上司に対して信頼も失ってしまう可能性があります。

一度信頼がなくなると、再構築するのは時間がかかり、最悪の場合、もう二度と信頼関係を修復できない事態にもなりかねません。

注意される要因を作ったのは部下自身であったとしても、部下を叱るときは、別室で話をするなど、人がいないところで短く要点を伝えてあげてください。

ここでも、感情的にならず、部下の意見や気持ちにも耳を傾けながら、改善点を伝えるのが良いマネジメントのコツです。

マネジメントのコツを4つおさえよう

部下のマネジメントは、「組織全体の管理」と、指示を出しながら舵を取る「リーダーシップ」の2つの能力が求められると言うことがわかりました。

今よりも質の高いマネジメントを行うために、まずは今回ご紹介した4つのコツを押さえましょう。

どれも、部下のマネジメントの基本的なポイントになります。

マネジメントとリーダーシップのバランスをうまくとりながら、あなたの部署の成果をどんどん最大値に近づけていってください!

コメント