派遣社員にボーナスは出るの?派遣社員が知っておくべきボーナス事情

派遣社員の基本情報

「派遣社員にボーナスはない」

とは、世間でよく知られている事実です。

どんな仕事を、どの業界でしていたとしても同じです。

たとえ長期で一つの職場に勤務していたとしても、「ボーナスなし」の待遇は変わらずです。

正社員と変わらない仕事を長期間こなしていたとしても、「ボーナスが出ない」待遇の理不尽さを感じる人は多いようです。

今回は、派遣社員とボーナスの関係、そもそもどうして 派遣社員にボーナスが出ないのかなどについて、詳しく調べていきたいと思います。

どうして派遣社員にはボーナスが出ないのか

なんで派遣社員にはボーナスが支給されないのか。

仕事関係にかかわらず、派遣先企業に関係なくボーナスが出ないのは、なんだか違和感すら感じてしまいます。

派遣社員にボーナスが出ないその理由から、学んでいきましょう。

そもそもボーナスとは

ボーナスとは、簡単に言ってしまえば「会社の業績に応じて社員に支給されるお金」です。

一般的には賞与なんて呼び方もします。

そもそもボーナスは、企業からの善意で支払われているものなので、企業は社員にボーナスを支払う義務も責任も存在しません。

たとえ正社員でも、ボーナスが支給されないなんて会社も世間にはたくさん存在します。

一般的に年二回支給されるボーナスは、支給までの半年間の査定により支給額が上下するのが一般的です。

正社員に対して支給されるボーナスだと、会社に長く在籍しているしている人ほどボーナスの額が高くなっていくのが一般的です。

社員が20人か30人程度の中小企業なら、支給されるボーナスは10万円にも満たないところも多いです。

派遣社員のボーナスは基本給に含まれている

派遣社員はボーナスをもえらないので損しているかといえば、実はそんなこともありません。

というのも派遣社員に支払われる給与は、派遣先企業から派遣会社に支払われる予算から支給されます。

大枠の予算内から派遣社員の時給は設定されているので、それとは別にボーナスとしての給金が支払われることはないのです。

ですから、ボーナスがもらえないからといって、一概にそれだけで派遣社員が損しているかというと、そんなこともないのです。

まとめると、派遣社員のボーナスは、毎月の給与に分散して含まれているということです。

派遣社員がボーナスをもらう方法

それでもなんとかして、派遣社員が企業からボーナスをもらうための方法はなにかないのでしょうか。

今後の働き方の中で、ボーナスが支給される働き方を希望しているなら、ボーナスをもらうことができる働き方を考えなくてはいけません。

特定派遣として働く

実は派遣社員にはいくつか種類もあります。

それが一般派遣と、特定派遣という働き方です。

一般派遣はおなじみの働き方。

派遣会社に間接雇用を受けて、派遣先企業へ派遣されるのが「一般派遣」です。

対して特定派遣は、派遣会社に正社員として雇用された上で、派遣先企業に派遣されるというもの。

派遣社員としての働き方は大きな違いこそないですが、正社員雇用されているということは、それだけ待遇が良くなるということですよね。

特定派遣なら、雇用されている派遣会社からボーナスの支給を受けることができます。

一般企業の正社員になる

派遣社員ではなくなってしまうものの、派遣社員から一般企業の正社員という働き方にシフトすることで、ボーナスを受け取ることができるようになります。

派遣社員と正社員では、仕事内容や仕事の責任などがかなり変わります。

派遣社員のように、自由が効く働き方ができなくなってしまうかもしれませんが、ボーナス支給や有給休暇など待遇がよくなるのは間違いあります。

未経験でも正社員登用を目指せる就職サイトを活用して、正社員登用を目指してみてください。

ハタラクティブの使い勝手は?サポートの充実性は?
ハタラクティブは20代の転職に特化した転職エージェント。正社員経験がなくとも、別のスキル、ポテンシャルがあれば、フリーターでもハタラクティブがサポートしてくれます。

紹介予定派遣から就職

派遣社員の種類の一つ、「紹介予定派遣」なら、正社員前提の仕事ができるようになります。

紹介予定派遣は、企業が派遣社員を採用して、試用期間中に「正社員雇用するか」どうかを見極めるというもの。

この試用期間中に正社員したいと思えば、自社の正社員として採用します。

しかし、正社員雇用しないと決めれば、正社員雇用はされません。

派遣社員側も、企業側も「お試し期間」としての勤務を行うということです。

最長6ヶ月の試用期間内で、派遣社員と企業は採用するかどうかを見定めることになります。

短期間の勤務ならボーナス目当てに正社員になる意味はない

派遣社員のいいところは、「定められた短期間のなかで自由な働き方ができる」ということ。

安定した働き方を望んでいる方は、いずれ正社員への雇用形態切り替えを考えるべきですが、自由に気ままな働き方を希望している方は「派遣社員」としての働き方を考えていくべきです。

「ボーナスが欲しい」

なんて薄っぺらい考えで正社員として働くのは、時間のリソースが取られるなどの理由で損です。

主婦のみなさんは、扶養内で働くことを考える必要がありますよね。

自分にあった働き方を選ぶ

大切なのは、自分の希望に合わせた働き方を考えるということです。

あなたが「他人に縛られない働き方がしたい」と思っているなら、正社員として働くべきではありません。

正社員は給与が上がる、ボーナスが出るなど、派遣社員より待遇の改善が見込める代わりに、働き方に多くの制約がつきまとうからです。

「いずれ正社員に」と考えているなら、派遣社員として働く中でスキルアップを

派遣社員ははっきり言って安定しません。

派遣社員の働き方に「安定しない」と危機感を覚えているなら、ゆくゆくは正社員へのステップアップを眼前の目標に備えていくべきです。

それならば、派遣社員として働くなかでも、資格を取る、正社員雇用を目指す業界で働くなどスキルアップを考えながら働くのをおすすめします。

派遣社員とボーナスまとめ

いかがだったでしょうか。

どうして派遣社員にはボーナスが出ないのか。

そして派遣社員がボーナスをもらうために何をすればいいのか。

それぞれの疑問について、わかっていただけたでしょうか。

派遣社員として働いている限り、ボーナスをもらうのは難しいです。

ボーナスをもらうためには、ボーナスをもらえる働き方へのシフトが求められるのです。

コメント