登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ
転職者が選ぶ顧客満足度1位の「マイナビエージェント」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
15,492
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
マイナビエージェントの無料登録へ

母子家庭のママにおすすめのお仕事を徹底紹介!

母子家庭派遣社員の基本情報

今や、子供がいても「バツ1」や「バツ2」は当たり前の時代になっています。

また未婚の母も珍しいことではなく、私の周りにもこういった状況で頑張っているママはたくさんいます。

このようないわゆる「母子家庭」のママですが、仕事を探すうえで、制約を付けざるを得ないことが多々あります。

それは、パパがいない分はママが代わりをする必要があり、それに伴い時間の使い方に制限がかかる為です。

そこで今回の記事では「母子家庭のママの環境」や「母子家庭のママが仕事を選ぶ際にポイントにすること」に着目しながら【母子家庭のママにおすすめのお仕事】について、ご紹介したいと思います!

小さい子供がいてもできる仕事はどれ?アルバイト?派遣?
「小さい子供を抱えていると、どこにも雇ってもらえない」 なんて声をよく聞きます。 小さい子供がいても働くことができる仕事は、どこのどんな働き方なのか。 今回は、小さな子どもを抱えている方に、小さな子供がいても働らける仕事に...

母子家庭のママになると、環境はどう変わるか?

母子家庭のママになった背景は、基本的には「離婚」「死別」「未婚」のいずれかだと思います。

それぞれ背景は違っても、母子家庭のママになると環境は共通してこのように変わります。

  • 一家の大黒柱になる
  • 子育てにおけるパパの役割も、ママが行う

一家の大黒柱になる

母子家庭では、ママが仕事をすることはマスト条件になります。

なぜなら一家の大黒柱として、子供と一緒に暮らしていけるだけのお金を稼げるのはママしか居ないからです。

きちんと将来のことも見据えたうえで、どう稼ぐかを考える必要があります。

子育てにおけるパパの役割も、ママが行う

夫婦は「夫」と「妻」の役割を、それぞれが分担して行うことができます。

しかし、母子家庭のママの場合には「夫」がいないので、その役割もママが行う必要があります。

実家の両親の援助を得られる人もいるかもしれませんが、それでもパパの役割を全て両親に補ってもらうことは厳しいでしょう。

やはり、ママがその分頑張る状況になると言えます。

母子家庭のママが仕事を選ぶ際にポイントにする点

前項では「母子家庭のママになると、環境がどう変わるか?」についてご紹介しました。

これを踏まえて、母子家庭のママが仕事を選ぶ際にポイントにするのは下記4点です。

  1. 子供との時間が取れる
  2. 最低限必要な収入を得ることができる
  3. 母子家庭のママを歓迎している
  4. 将来的に長く働ける(もしくは将来につながる)

①子供との時間が取れる

母子家庭のママが、朝から晩までフルで働き、残業もして休日出勤も行うなんてことは、現実的ではありません。

それだけ働けば、収入面では安心ができるかもしれませんが、子供との時間を取ることは不可能になります。

聞き分けの良い子供であれば、ママが仕事を頑張っていると理解するでしょう。

その為、ぐっと我慢して「もっと時間を作って欲しい」などとワガママを言ってこないかもしれません。

それでもそういった気持ちを持っているということは、寂しさの裏がえしでもあるので、何かのタイミングで爆発したり、心の歪みとして出てくる可能性もあります。

やはり、子供との時間を取ることは大切なことです。

その為、母子家庭のママが仕事を選ぶ際に「子供との時間が取れる」働き方を選ぶことは、とても重要になります。

②最低限必要な収入を得ることができる

子供との時間を取ることはできても、生活できないほどの収入では、現実問題厳しいです。

子供との時間もとりつつ、生活できる最低限の収入も得られるということを考えながら仕事を探す必要があります。

生活できる最低限必要な収入とは、下記などを指します。

食費

生きていくうえで、決して欠かすことはできない費用です。

自分1人であればまだしも、成長期の子供がいる場合には切り詰めすぎはよくありません。

外食の回数を減らし、栄養バランスを考えながら自炊をすると、節約も健康も両方手に入れることができます。

光熱費

「電気」や「ガス」や「水道代」を指します。

電気やガスは業者を変えると安くなる場合もありますので、比較検討してみることもおすすめします。

住居費

アパートであれば毎月の家賃や契約更新料が該当します。

持ち家であれば、住宅ローンの返済金額に該当します。

通信費

携帯料金やインターネットの料金を指します。

今の時代、これらを全てカットするのは厳しいと言えます。

その為、格安な携帯会社に変更したり、その携帯会社から出ている格安のインターネット環境を利用するなど、節約する方法はたくさんあります。

教育費

子供の保育園代や、遠足代などを指します。

もう少し大きいお子さんであれば「高校の授業料」や「大学の入学料」や「修学旅行代」や「習い事の費用」なども含まれます。

交際費

ある程度までは削ることが可能です。

しかし、誰とも会わない・美容院にも一切行かないというのはなかなか難しいところなので、クーポン券や美容院のカットモデルなどを賢く利用しましょう。

生命保険

「お金がないから生命保険はかけない」と言っている母子家庭のママをよく目にします。

しかし、お金がないからこそ生命保険には入った方が良いと言えます。

ママにもしものことがあった場合、子供はその時点から収入が無くなってしまいます。

普通に就職もできる年齢であれば話は別ですが、そうではない年齢の子供の場合、自分で生活費を稼ぐことは不可能です。

このような時に生命保険をかけておけば、ママにもしものことがあった時に、子供に保険金がおりてきます。

③母子家庭のママを歓迎している

「母子家庭のママ歓迎」とうたっている求人は、やはり母子家庭のママの生活スタイルに合うような働き方ができる職場であるケースが多いです。

周囲にも母子家庭のママがいるので、子供の急な熱などにはお互い様という雰囲気があったりします。

そういった職場では早退に理解があったり、母子家庭のママ向けの福利厚生が充実しているケースもあります。

またこういった職場では、周囲の母子家庭のママと、お互いに情報交換ができたりもします。

④将来的に長く働ける(もしくは将来につながる)

もし給与が高くて、子供との時間が取れるような仕事だとしても、1ヶ月限定でしか働けないなど、将来的に長く働けない職場だと、また就職活動をする必要があります。

母子家庭のママにとって、ママの収入が途絶えるということは一家の収入が途絶えるということでもあります。

働けない期間があると、生活費が入りませんし、精神的にも焦りがでてきます。

そうならない為にも、将来的に長く働ける(もしくは将来につながる)仕事を選ぶ必要があります。

その為には、下記のことを考えて仕事を選ぶと良いでしょう。

  • 少し給与が低くても、最低限必要な収入を安定的に得ることができる
  • 短期間しか働けないとしても、将来につながる資格取得が可能

母子家庭のママにおすすめのお仕事10選

それでは、母子家庭のママにおすすめのお仕事を10個ご紹介します。

①家事代行

一般家庭で掃除・洗濯などの身の回りのお世話をしたり、お年寄りや子供のお世話をします。

以前流行ったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の森山みくりが働いていた仕事も「家事代行」ですね。

昔の女性は結婚すると専業主婦になるケースが多かったですが、現在では夫婦共働きが多数を占めます。

このような時代背景があり、家事に対してお金を払うという考えが浸透してきています。

テレビでもよく「家事代行」についての特集が組まれています。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 平均時給が1,000~1,300円位と、高時給である
  • 1日2~3時間位から働くことが可能なので、臨機応変な働き方が可能
  • 本業として働くことも、副業として働くことも可能
  • 掃除や洗濯や料理など、今までのシングルマザーとしての経歴をそのまま活かせる

②看護助手

基本的に「医療業務以外」の看護師のアシスタント業務が主な仕事です。

看護師資格を持っている看護師は医療業務を行えますが、看護助手は資格を持っていないので医療業務は行えません。

看護助手は、主に下記のような仕事を行います。

  • 朝食や昼食の配膳
  • シーツ交換
  • ナースステーションの整理整頓

看護師になる場合には資格取得が必須ですが、2~3年かかります。

もし今後給料upなども狙い看護師を目指すのであれば、看護助手をしながら専門学校に通う方法もありでしょう。

病院によっては、看護助手をしながら看護師免許の取得を目指す人に対して、補助が出るところもあるので、そういった病院を探すのも良いでしょう。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 資格が不要なので、すぐに働ける
  • 病院には託児所があることが多いので、そこに子供を預けることが可能

③webライター

webサイト上の文章を作成するお仕事です。

クラウドソーシングという「発注者」と「受注者」をつなぐサイトもあり、ここに登録すると沢山のwebライターのお仕事があります。

最初から高単価で稼ぐことは厳しい世界ですが、しっかりと経験を積めば稼げるようになります。

また、クラウドソーシングの利用だけではなく、企業と直接契約している専属のwebライターもいます。

文章作成に自信がある人には向いていると言えます。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 在宅で仕事ができるので、子供と一緒に過ごすことができる
  • ネット環境とPCさえあればどこでも作業が可能なので、
    様々なライフスタイルに対応可能
  • 実力によっては、普通に企業で働くよりも稼ぐことが可能

④派遣社員

派遣会社に登録して別の企業で働きます。

働く業種は様々ですが、主に「登録型派遣」と「無期雇用派遣」に分かれます。

この2つの違いは下記の通りです。

登録型派遣

派遣会社に登録した後、自分とマッチする企業が出てきたら、派遣会社と企業が契約をし、契約期間中のみお給料が支払われます。

無期雇用派遣

・派遣会社と無期限で契約を結びます。

自分とマッチする企業が出てこず、どこの企業にも働きに行っていない状態でも、登録している派遣会社に出社することでお給料は支払われます。

母子家庭のママは、登録型派遣を選ぶ人が多いです。

理由は下記の通りです。

★無期雇用派遣よりも簡単に働き始められる
★もし無期雇用派遣を視野にいれても、正社員や契約社員という働き方を選んだ方が安定性もある為、結果的にそちらを選ぶママが多い

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 残業無しが基本なので、子供との時間を取りやすい
  • 時給平均が1,000円を超えるので、同じ時間数働いた場合に、他の仕事より稼げる
  • 特に「ママ歓迎」の派遣会社があり、そういった会社にはママ向けの福利厚生が整っている

⑤コールセンター

電話を受ける受信業務(インバウンド)と、発信業務(アウトバウンド)の2種類があります。

PCの簡単な操作と、日本語を話すことができれば始めることができます。

電話が苦手な人でも、マニュアルが用意されていることがほとんどなので、誰でもできると言えます。

しかし、クレーム処理をすることも多く、入れ替わりが激しい職ではあります。

その為、ストレス耐性に強い人の方が向いていると言えます。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • コールセンターは女性の割合が多いので、子育てへの理解を得やすい
  • シフト制の現場が多く、時間の融通がききやすい
  • 平均時給が1,200~1,300円と高めなので、限られた時間の中で効率よく稼げる

⑥保険の外交員

生命保険などを、会社や個人に販売する人のことです。

企業に属する社員ではなく、個人事業主として働くことがほとんどです。

断られることも多い仕事ですが、契約が取れるとその分報酬が上乗せされます。

人と話すことが苦ではなく、断られても気にしないという精神を持ち合わせる人にとっては、とても働きやすい仕事だと言えます。

また保険内容にも詳しくなるので、今後の人生の「もしも」についてや「お金のこと」を考えることが多い母子家庭のママにとっては、生活する上の知識もつくので一石二鳥と言えます。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 時間の融通がききやすい
  • もし契約がとれなくても、最低限のお金は保障される
  • 今後母子家庭のママとして生きていくうえで、必要な知識を身に着けることができる

⑦起業

何か資格をもっていたり、特技があれば、起業することもアリでしょう。

何らかの商品を販売するのであれば、自宅の1部を店舗にし、そこで販売することも可能です。

また、コンサルタント業であれば店舗は必要なく、インターネット経由で商売することができます。

資金がなくても国などから貸してもらえる方法はありますし、特に希望の職種が無ければ、資金ゼロから始められる事業を選択するのも良いでしょう。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 全て自己管理なので、時間の融通がきくと共に、家事・子育ても両立できる
  • やり方によっては、かなりの金額を稼ぐことができる

⑧エンジニア・プログラマー

エンジニアやプログラマーの経験はないという人でも、やる気があれば大丈夫です。

例えばハローワークに「職業訓練校」というものがあります。

ここでエンジニア・プログラマーになる為の勉強をするという方法があります。

エンジニア・プログラマーは在宅でできることも多く、会社に属さずに個人事業主として働けば、ライフスタイルに沿った働き方が可能です。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 個人事業主であれば、在宅勤務も可能なので、家事・子育てを両立できる
  • IT業界は常に人材不足なので、働き口には困らない仕事である

⑨保育士

認可保育園や認可外保育園などで、食事やお昼寝をはじめ、子供たちの生活全般のお世話をします。

保育士資格を持っていない場合は「保育補助」という無資格でOKな職種からはじめると良いでしょう。

保育補助は、保育士さんのアシスタント的なポジションです。

今後のことも考えると、資格のある保育士の方が仕事に困らないですし、給与も変わります。

その為、保育補助として働きながら、通信講座や専門学校に通って「保育士資格の取得」を目指す方法もありでしょう。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 保育士は優先的に保育園に預けることが可能
  • 今後もなくならない仕事なので、働き先が常にある

⑩工場勤務

工場で働く女性は案外多く、母子家庭のママも多く働いています。

特に資格がなくても働けることが多く、交代制のことが多い為、定時になると上がれることが多いです。

≪母子家庭のママにおすすめの理由≫

  • 定時で上がれることが多い
  • 場所によるが、時短勤務も可能
  • 工場によっては、託児所や子供と一緒に住める寮がある

まとめ

今回の記事では【母子家庭のママにおすすめのお仕事】について、ご紹介しました。

母子家庭のママは仕事につけないとか、職を選べないなどという意見もありますが、状況をプラスに捉えると見えてくるものがまた違ってきます。

母子家庭のママだからこそ「時間に制約がかかっても、その分凝縮した働き方を意識できる」わけです。

そうすると、時間があってもダラダラ働いている人より、高い評価をもらうことだって可能です。

また、母子家庭のママ目線だからこそできる仕事もあります。

状況をマイナスに捉えるのではなく、どう生かして働くかを考える方が、はるかに充実した生活を送れるハズです。

コメント