薬剤師のボーナスの相場はどれくらいなのか?働く現場でボーナスの額は変わる?

薬剤師のお仕事

薬剤師にとって楽しみな年2回の「ボーナス」ですが、このボーナス、他の薬剤師はどれくらいもらっているのでしょうか?

また、現在のボーナスに満足してないとしたら、どうすればいいのか?

今回は、ほとんどの薬剤師が気になっている「ボーナス事情」について、詳しく解説していきたいと思います。

もらえるボーナスについて調べてみると、現在働いている企業の規模、そして自分の今後のキャリアプランについても考えるきっかけになります。

薬剤師の平均年収は?それぞれの業種の年収をチェック
医療系の専門職である薬剤師は、景気に左右されにくく、安定しているといわれています。 では、薬剤師のお給料というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「安定している」、「若いうちから高給」、「高い」、「6年勉強しないといけな...

薬剤師のボーナス事情

まずは、薬剤師のボーナス事情から調べていきましょう。

当然ですが、薬剤師は働き方、働く職場などによりボーナス額が変わります。

なるべく多くのボーナスをもらいたいなら、「なるべく稼げる薬剤師」として仕事をするべきなのです。

具体的に、ボーナス額にどれくらいの差が出るのか、業種ごとに調べていきましょう。

ドラッグストア薬剤師のボーナス

まずは、マツモトキヨシのような薬剤師で働く薬剤師のボーナスから。

年齢ボーナス額
20代82万円
30代96万円

ドラッグストアで働く薬剤師がもらえるボーナス額は、薬剤師全体の平均より少し上です。

なぜなら、ドラッグストアで働く薬剤師の業務幅は広いからです。

ドラッグストア内の商品管理、接客、店舗管理など、やることが多いドラッグストア薬剤師。

薬剤師業務以外も行うことになるものの、「ボーナス」や「年収」最優先で仕事を選びたい方はぜひ、ドラッグストアで勤務することをおすすめします。

病院薬剤師のボーナス

病院内で働く薬剤師のボーナスについても調べてみましょう。

年齢ボーナス額
20代84万円
30代94万円

病院薬剤師のボーナスを調べてみると、そのボーナス額は決して高くないことがわかります。

薬剤師全体のボーナス額平均と同じか、少し下回る程度でしょう。

しかし病院薬剤師は、他の薬剤師と違い「夜勤手当」が出ることがあるので、全体の給与額は少し高くなることも。

また、薬剤師として高いスキルを求められることが多いので、「スキルアップ」や今後の「キャリアアップ」にも最適でしょう。

調剤薬局薬剤師のボーナス

調剤薬局で働く薬剤師のボーナスはどうなのでしょう?

年齢ボーナス額
20代72万円
30代86万円

調剤薬局薬剤師は、初任給、その後の昇給も、ボーナス額も高くありません。

「稼ぐ」ことを優先して働きたい薬剤師にとって、調剤薬局は「働きやすい職場」とは言えないのです。

新卒一年目薬剤師のボーナス

新卒一年目の社員は、ボーナスをもらえない職業、職場が多い中、薬剤師は新卒一年目でもボーナスをもらえることが多いです。

先程は「年代別の平均ボーナス額」を説明しましたが、今度は新卒一年目の平均ボーナス額を調べてみましょう。

職場平均ボーナス額
ドラッグストア30万円
病院11万円
調剤薬局16万円

やはり給与、ボーナスともに、ドラッグストア薬剤師が高い結果となりました

ですが、すべての新卒一年目薬剤師がボーナスをもえらるわけではないことも、しっかり覚えておいてください。

都市部で働く薬剤師なら、ほとんどがボーナスをもえらるはずですが…。

薬剤師がボーナスを上げるには?

では、現在もらっているボーナスに満足してない場合、どうすればボーナス額を上げることができるのか?

ボーナスを上げるために、現在働く薬剤師が今すぐできることを、一緒に考えていきましょう。

資格を取得する

薬剤師のスキル、知識を表明するための資格は多いです。

そうした資格を持っていることで、資格手当として給与アップが見込めます。

そして給与はボーナス額にも反映されるので、自動的に資格がボーナス額アップに影響してくるということです。

「研修認定薬剤師」や「小児薬物療法認定薬剤師」などの資格があれば、専門薬剤師になることができるので、ボーナスアップを見込めます。

管理職になる

管理職になれば、当然ボーナスアップを見込めます。

バリバリ会社に貢献している管理職の薬剤師になるには、様々な条件があるものの、わかりやすいのは「コミュニケーション能力」でしょう。

現場や部下を管理するには、高いコミュニケーション能力が求められます。

つまりボーナスアップを狙うためには、「高いコミュニケーション能力」を身につける必要があるということです。

ボーナスの高い企業へ転職すること

一番手っ取り早いのは、「今よりボーナス額が高い職場に転職すること」です。

今の職場で業績をあげて 貢献度を上げてボーナスアップを狙うのは、多少時間がかかるため「面倒くさい」と感じる人も多いでしょう。

実際多くの転職した薬剤師が「ボーナスアップ」「給与アップ」を目的としています。

マイナビ薬剤師

ボーナスアップで役立つ薬剤師専門の転職エージェントでまずおすすめしたいのが、「マイナビ薬剤師」です。

キャリアコンサルタントの対応力が高く、全国の薬剤師求人に対応しているなど、多くのメリットがあります。

求人数も多いため、多くの求人を紹介してもらえるという強みもある転職エージェントです。

マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

ファーマキャリア

ファーマキャリアは、転職に対して要望を持つ薬剤師にぴったりの転職エージェント。

なぜなら、ファーマキャリアには要望通りの求人を作ることができる「オーダーメイド求人」のサービスがあるからです。

「もっと賞与が欲しい」なんて要望も、場合によっては通るかもしれません。

ファーマキャリアは使うべき?利用者の評判から強みを解説
ファーマキャリアは、株式会社アデブティマが運営する薬剤師専門の転職エージェントです。 独自の「オーダメイド式」というシステムを採用している、独自の転職エージェントとして、多くの薬剤師から高い人気をほこっています。 薬剤師のみなさ...

ボーナス支給が多い職場はその他福利厚生も手厚い

ボーナス支給に手厚い職場は、「他の福利厚生は大したことないけど、ボーナスだけ手厚い」なんてことはありません。

ボーナス額が高い病院、職場というのは得てして、ボーナス以外の福利厚生も手厚いものです。

薬剤師としてのキャリアプランを考えた転職を

つまり、薬剤師が「ボーナスの高いところに行きたい」と考えるのは、ボーナス以外の「キャリアアップ」などの面でもメリットがあるということです。

薬剤師は人材の流動性が高い業界です。自分の働きやすい職場を見つけるには、転職という選択肢が一番てっとり早くて確実です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

薬剤師がもらっているボーナスについて、今回は説明しました。

薬剤師としての働き方や働く職場で、もらえるボーナスは全然変わります。

「もらえるボーナスを上げるために自分ができること」を、真剣に考えてみてください。

コメント