ベンチャーへの転職を失敗しないためには?

ベンチャーへの転職を失敗しないためには? 転職コラム

転職活動を気に、ベンチャー企業に挑戦しようかな、なんて考える人も多いと思います。

一攫千金できそう、自分の裁量で仕事がデキそう・仕事に対する熱量が高い人が多そうなんてイメージがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、ベンチャーへの転職は、安易な気持ちで行うと絶対失敗します。

今回は新卒でベンチャー企業に入社した筆者が、なぜ安易な気持ちでベンチャーへの転職を行うと失敗するのかを紹介していきます。

ベンチャー企業に転職するメリットとは?転職前に知っておくべきこと

安易にベンチャーへの転職をすると失敗するワケ

安易にベンチャーへの転職を行うと失敗するのには、イメージと実際のベンチャーの様子が違うからです。

自分が想像しているベンチャーへのイメージと、実際のイメージが異なってしまった状態で転職活動を行ってしまうと、転職が失敗してしまった…と感じてしまうことが多いです。

そこでベンチャーへ転職が失敗してしまったと感じる人は、ベンチャーに対してどのようなイメージを持っているのでしょうか。

一般的にベンチャーに抱きやすいイメージは、下記のようなものが多いと言えるでしょう。

  • 高収入が見込める
  • 自分で仕事を動かせる
  • アツい気持ちで働いている人が多い

このようなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

ここでは、ベンチャーに対してギャップが生まれやすいイメージを解説していきます。

お金が稼げるからと安易な気持ちで転職

確かにベンチャーでは個人の裁量も大きいため、同じような中小企業と比べても収入が高いケースがあります。

特にいわゆる一般的に高学歴の部類に属するMarchような有名大学の出では無くても、大企業に勤められた時と同じくらいの給与を手にすることができる人も多いのです。

そのため学歴にコンプレックスがあったとしても、ベンチャー企業では高収入を手にすることも出来るということで、よく考えずに転職を決めてしまい、ギャップに悩む人も多いです。

自分の裁量で仕事ができる

ベンチャーでは少数精鋭で働いているため、一人の仕事の裁量がとても多いです。

そのため仕事量は多いですが、ある程度は自分で作業量を調整出来てしまいます。

一方大手企業の場合、一つのプロジェクトでもでも色んな部門の人がいるため、その仕事には多くの人が携わっていることが多いでしょう。

自分で1から10までプロジェクトを進めることにやりがいと感じる人もいれば、大変だと感じる人には失敗と感じてしまうこともあるかもしれません。

風通しのいい職場=いい職場ではない?

よくベンチャー企業に聞くのは、風通しのいい職場であったり、向上心が高い人が集まっているなどを聞くことも多いかと思います。

しかし必ずしも働く職場の風通しがいいとは限りません。

企業によっては大手のように厳しい環境もあるでしょう。

自由さを求めてベンチャーに転職を行うのは、イメージのギャップが生じやすいです。

福利厚生があまりよろしくなかったときのギャップ

福利厚生の面を考慮すると、ベンチャーはあまり制度が整っていないケースも多いです。

そのため大手からのベンチャーに転職を行った場合、福利厚生があまり充実していないことからそこでギャップを感じてしまう人もいるかもしれません。

不安定さを知らない

ベンチャー企業は経営状況が安定しているわけではありません。

そのためリストラのようなことも頻繁に起きます。

そのことを理解しないで転職してしまうと、失敗してしまう可能性が高いです。

企業を選ぶ際にメリットの面ばかりを意識していると、不安定さを度外視してしまうので気をつけましょう。

内定をもらえただけで転職をする

転職活動をしていて、全然内定がもらえなかったら焦ってしまいますよね。

そんなときにベンチャー企業から内定がもらえたら「とりあえず転職するか…」という気持ちになってしまう方もいるでしょう。

ただ内定をもらえたからという理由だけで転職をしてしまうと、失敗につながる確率が高まってしまいます。

転職というのは人生で何十回もすることではありませんし、1度1度で人生を左右することもあります。

そんな大切な選択を内定をもらえたからという理由だけでおこなうのはもったいないです。

本当に自分が働ける環境か、仕事の内容をしっかりと把握しているか、考えてから結論を出しましょう。

ベンチャー企業というだけで転職をする

ベンチャー企業に転職したいと考える方もいますよね。

ベンチャー企業=華やかで勢いのある会社だと思っている方も多くいるかと思いますが、必ずしもそのとおりとは限りません。

もちろん風通しが良いベンチャー企業もありますが、経営者の言葉にすべて従うしか無い企業もあります。

ワンマン経営をひたすら繰り返していることもあるので、ベンチャー企業=自由ということはありません。

企業が求めている人材像やその企業のことを調べてから転職を考えましょう。

ベンチャー転職を失敗しないための見極めるコツとは

ベンチャー転職を失敗しないための見極めるコツとは

ベンチャーへの転職が失敗したと感じてしまう人には、自分が持っていたイメージとのギャップが生じたときに、そう感じる人が多いでしょう。

つまりベンチャーへの転職を失敗しないためには、ベンチャーへのイメージを正しく矯正する必要があります。

またこのように言ってしまうと、ベンチャー=イメージだけよくて労働環境が最悪なんて感じる人も多いでしょう。

しかしベンチャー企業にもしっかりとしたいい企業はあります。

大事なのは自分の認識のズレを把握することと、見極めるコツを使うことが大切です。

ここではより良いベンチャー企業への転職を目指すために、失敗を防ぐためのコツを解説していきます。

POINT

  • 自分がどうありたいかを明確にする
  • 高い年収が得られるなどの理由で飛びつかない
  • 経営者の理念についていけるかを確認する
  • 口コミサイトを鵜呑みにしない
  • 会社の雰囲気を知っておく

自分がどうありたいかを明確にする

まず転職をして、自分がどのようにありたいかを明確にする必要があります。

きちんと目的もなく転職を行ってしまうと、仮にベンチャー企業でなくても、転職した後で後悔してしまいかねなくなってしまいます。

そこで転職して自分がどうなりたいのか、そのなりたい自分はベンチャー企業で叶えることができるのかをよく考えることが重要です。

また、直近のことだけでなく自分のキャリアについても考えながら進めていくことが大切です。

高い年収が得られるなどの理由で飛びつかない

ベンチャー=稼げるというイメージに飛びついて転職を決めないことも大切です。

確かにベンチャー企業は高給を手にすることも出来るかもしれませんが、その分自分の裁量も大きいです。

そのため有休が取得しづらく、全く休むことができなかったり、ボーナスなどの賞与がなかったりなど、毎月の収入以外でのデメリットが多いケースも多いです。

特にベンチャーなんかではまだ創立して数年で社内制度も整っていないところや、社長が兼務で労務や人事などを行っているケースも多いです。

そのため、福利厚生面などに関しては大手企業に劣ってしまうことは事実でしょう。

また求人に安易に「稼げる」といったような文言があるとところも注意が必要です。

稼げる=それなりの犠牲があることは頭に入れておくことが大切です。

それを踏まえてもやりたいことがあるのならば、腹をくくって取り組むのも良いかもしれません。

経営者の理念についていけるかを確認する

ベンチャーに転職を考えている時には、経営者の理念についていけるかも重要なポイントです。

大手では存在する部署も多く、規模感も大きいので、その部署ごとのカラーなどがあるでしょう。

しかしベンチャーの場合、トップの意見がそのまま反映されているケースがほとんどです。

そのため、経営者の理念に自分が納得できないと、その職場で働くのには厳しいとも言えます。

そのギャップから、転職してみたものの失敗に感じてしまった…なんてことにもなりかねません。

逆に経営者の理念に共感できるのであれば、そのそういったギャップは生まれにくいとも言えます。

口コミサイトを鵜呑みにしない

このサイトでもそうですが、転職時には会社の口コミを参考にしたほうがいい、なんてアドバイスもよく耳にしますよね。

しかし、ベンチャーの場合はあまり口コミサイトの意見を鵜呑みにしない方がいいと言えます。

そもそもその会社で働いている母数が少ないので、口コミの数も少ないです。

また会社にポジティブな感情を持っているのであれば、わざわざネットに会社の口コミを書こうと思いませんよね。

口コミサイトに書き込みを行う人は、なにかしらのヘイトがたまって、どこかにぶつけたいという気持ちから、口コミサイトに書き込みを行うことが多いです。

そのため参考程度に、みる分には良いと思いますが、鵜呑みにしてしまうのは絶対にやめましょう。

少し前の情報でも全然違うことも

ベンチャーの場合、経営者の距離も近いことから仕事の決まるスピードがとても速いです。

そのため、ちょっと前の口コミで書いてあることも、自分が転職する時にはまるっと変わってしまっていることも多いのです。

そういった観点からも、口コミサイトなどはあまり参考にならないと言えるでしょう。

筆者もベンチャーで働いていたことがありますが、入社前にネットで情報を入念に調べたのに、入社をしたら全然情報と違った…なんてことはザラにありました。

ベンチャーに限らず、とも言えますが、実際に自分の目で確かめることが一番確実と言えるでしょう。

会社の雰囲気を知っておく

ベンチャー企業に転職する際には、会社の雰囲気を知っておくべきです。

年収や業務内容ももちろん大切ですが、会社の雰囲気がマッチしないと長続きしません。

働く上で同僚や上司はとても重要な存在です。

雰囲気が合っていなければ居心地が悪くなってしまいますからね。

収入や業務内容だけでなく、会社の雰囲気を調べて下さい。

会社の雰囲気を知るためには、会社のホームページを見るのが一番です。

また企業へ面接に行った際にできるだけ見学をさせてもらいましょう。

ベンチャー転職に向いている人・向いていない人の特徴

ベンチャー転職で失敗しない人の特徴について解説します。

向いている人や向いていない人について知っておけば、転職するかどうかも考えられますからね。

それぞれ解説します。

ベンチャー転職に向いている人

ベンチャー転職に向いている人は以下に当てはまる方です。

POINT

  • 収入面よりもキャリアアップを目指している方
  • 責任感のある仕事がしたい方
  • やりたいことに挑戦したい方
  • 何よりも仕事を優先したい方

これらに当てはまるのであれば、ベンチャー企業に転職をしても失敗する可能性は低いです。

ベンチャー転職に向いていない人

ベンチャー転職に向いていない人は以下に当てはまる方です。

POINT

  • 上司からの指示で行動を決めたい方
  • 当事者意識を持っていない方
  • 安定して生きていきたい方
  • プライベートを優先したい方

上記に当てはまるのであれば、ベンチャー企業に転職することはおすすめできません。

万が一ベンチャー転職が失敗したときは…?

万が一ベンチャー転職が失敗したときは…?

転職が失敗してしまった…という時は、もう一度転職活動を行うことも視野に入れましょう。

面倒をきちんと見てくれるエージェントを利用して、転職活動を行うことが大切です。

転職エージェントは社内事情に精通していたり、これまでサポートしてきた転職活動の実績から膨大なデータを蓄積しているため、自分で調べるよりも正確な情報を持っているケースも多いです。

しかし転職エージェントを利用する時は、きちんといい所を利用しないと、失敗してしまうこともあります。

利用者の希望を聞かず、希望にかすりもしない職種を進められるなんてこともあるのです。

ベンチャーへの転職を失敗させないためにも、利用する転職エージェント選びも大切です。

転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?

マイナビエージェント

マイナビエージェント00_トップページ

  • キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれる
  • 非公開求人が多い
  • サービスが充実している
  • 20代など若者の転職に強い

マイナビエージェントではキャリアアドバイザーがしっかりと転職サポートをしてくれます。

ベンチャー企業の求人も多数掲載されており、若者向けの転職エージェントです。

非公開求人数もたくさんあるため、良いベンチャー求人を探している方はぜひ利用してみてくださいね。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?

無資格・未経験でも転職可能!

dodaエージェント

  • 取り扱い求人数が桁違い
  • エンジニア・技術職・営業の求人が多い
  • 面接対策などのエージェントサービスも手厚い
  • 年収査定やレジュメビルダーなど転職準備のコンテンツが充実
  • 転職フェアなども豊富

dodaエージェントは、自分で求人を探すこともエージェントに紹介してもらうこともできます。

エンジニア・技術職・営業の求人が多く、ベンチャー企業への転職を可能です。

転職フェアをおこなっているので、ベンチャー企業の雰囲気を知る機会があります。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説

ビズリーチ

  • スカウト型の転職エージェント
  • 登録に審査がある
  • 有料プランが用意されている

ビズリーチではハイクラス向けの求人が多数掲載されています。

ベンチャー企業の中でも、役職を目指すのであればビズリーチを利用しましょう。

年収600万円以上の求人多数なので、ぜひ利用してみてくださいね。

ビズリーチの評判を徹底解説!メリットデメリットや口コミもご紹介

高年収を目指せる!

リクルートエージェント

  • 求人数 約50,000件
  • 非公開求人数 約46,000件
  • 対応地域 全国

リクルートエージェントは、大手人材のリクルートが運営をおこなう転職エージェントサービスです。

あのリクナビがやっているなら、大手人材の求人しかないんじゃないの?

なんて思われがちですが、リクルートエージェントではベンチャーの求人数も多数取り扱っています。

そのためベンチャー企業への転職活動にもピッタリのエージェントサービスと言えるでしょう。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!

キャリトレ

キャリトレ

  • 求人数 約100,000件以上
  • 運営会社 ビズリーチ
  • 対応地域 全国

キャリトレは情報を登録しておくことで、企業からスカウトが届く求人サービスです。

ベンチャー企業の求人数も多いため、とりあえずベンチャーに興味はあるけど…みたいな人でも安心して利用が出来る求人サービスです。

キャリトレの口コミ・評判サービス内容はどうなのか?求人、サポート内容も調査

ギークリー

ギークリー

  • 求人数 約6900件以上
  • 運営会社 ギークリー
  • 対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

ギークリーは、ITやWEBの求人が充実している転職サービスです。

そのため、ITやWEB系のベンチャーを狙っている人には、おススメの転職サービスと言えるでしょう。

一つデメリットを上げるとすれば、対象エリアが首都圏に集中しているため、自分の希望の地域が対象外の方は、他のサービスを利用する方が良いでしょう。

ギークリーのサポート内容・口コミ評判

ベンチャー転職失敗を防ぐには入念な準備が大切

今回は、ベンチャー企業へ転職の失敗を防ぐためには、についてご紹介してまいりました。

ベンチャー企業に転職時に失敗したと感じてしまう人には、ベンチャーに対するイメージと実情が異なったことが多いと言えます。

そのため、事前にしっかりと自分の認識をすり合わせた上で、転職活動を行うことが大切です。

また転職時に失敗しないように、今回ご紹介した見極めるコツを駆使することも大切です。

  • 自分がどうありたいかを明確にする
  • 高い年収が得られるなどの理由で飛びつかない
  • 経営者の理念についていけるかを確認する
  • 口コミサイトを鵜呑みにしない

これらを使いながら、転職活動を成功させていきましょう。

貴方の転職活動が成功することを願います。

大企業からベンチャーへ転職した筆者が考える、ベンチャーの転職前にやらずに後悔した7つのこと