美容部員を辞めたいと思う人は多い?辞めたい原因と対処法を解説!

美容業界の転職

美容業界の最先端として働く美容部員は、華やかで魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。

あこがれの華やかな職業ではありますが、美容部員の離職率は高いといわれています。

美容部員として働いていく中で、「精神的」「体力的」に限界を感じて辞めたいと思う人も少なくありません。

では、なぜ美容部員として働く人は「辞めたい!」と思ってしまうのでしょうか?

本記事では、美容部員を辞めたいと感じる原因と対処法について詳しく解説します。

また、記事後半では美容部員を離れて、別業種で働きたい人向けにおすすめの転職サイトの紹介をしていますので、参考にしてみてくださいね。

美容部員を辞めたいと考えている人は多い

美容部員は華やかな職業ですが、仕事内容はハードで辞めたいと考えている人は実は多いんです。

実際に働いている人のなかには「辞めたい」といっている美容部員の方は大勢います。

SNSで見かけた美容部員のリアルな声を紹介します。

美容部員辞めたい

(引用元ページ:Twitter)

新しいマネージャーに変わって一ヶ月…いい人に変わったのになんでこんなに疲れるんだろ(´・_・`)体の痛さはんぱない(>_<)ほんと美容部員向いてないし、早く辞めたい(/ _ ; )3月まで頑張れ自分!

(引用元ページ:Twitter)

美容部員辞めたいのに、やっぱり化粧品好きだから惹かれちゃう困る

(引用元ページ:Twitter)

美容部員って辞めたいけど 辞めたくないわ(笑) だっていっぱい化粧品貰えるもん(笑) ほんで仕事はじめてから 変わったのがmake品より スキンケアがほしい(笑)

(引用元ページ:Twitter)

美容部員で働いている人は辞めたいと考えている人は実は多いんですよね。

実際に働いている人の声を見ても、体力的・精神的にも大変なお仕事ということが分かります。

ただ、辞めたいと考えているけど、美容商品が好きだからやめることを決意できていない人も見かけられました。

美容部員の離職率は約30%

美容業界の離職率は高く、毎年人材不足といわれています。

その中でも、美容部員の離職率は約30%と高い傾向があり、平均勤務期間は2年間といわれています。

離職する理由として、過酷な労働環境や人間関係など、退職する理由はさまざまです。

ただ、離職率が高いからといって、どの職場も働きにくい環境というわけではありません。

人材不足という点から業界全体で待遇面や働き方を見直し、働きやすい環境を整えている会社も多く見られますよ。

まだまだ人材不足の美容部員ですが、美容部員に対するイメージは徐々に変わりつつあるといって良いでしょう!

美容部員を辞めたいと思う原因5選

美容部員として働いているけど辞めたいな~

そう思う人も多いのではないでしょうか。

実際に美容部員を辞めている人は何が原因で辞めているのでしょうか?

美容部員を辞めたいと思う理由はさまざまですが、代表的な原因として下記の5つがあげられます。

  1. ノルマが厳しい
  2. 体力的に限界を感じた
  3. 人間関係がうまくいかない
  4. 給与や待遇面に不満がある
  5. 仕事が合わなかった

美容部員で働く人たちが辞めたいと思う原因について解説します。

①ノルマが厳しい

美容部員を辞めたいと思う1つ目の原因として、「ノルマが厳しい」という点があげられます。

美容部員は販売職のため一店舗ごとにノルマを設定して、目標達成のためにモチベーションを高めながら働くことが多いです。

また、店舗によって個人ノルマを課している職場もあります。

ノルマは美容部員に限らず販売職であればつきものですが、ノルマに対して苦手意識を持っている人にとっては厳しいと感じてしまうことも考えられますよね。

特に新入社員や経験が浅い時期は、仕事に慣れるまでノルマを達成することが難しく、プレッシャーになってしまう人もいます。

そのため、若いスタッフが成果をあげられずに退職してしまうケースが多いです。

また、ノルマが厳しいあまり、お客様に寄り添った接客ができなくなってしまう人もいるようです。

ノルマがあることで売り上げばかりを気にしてしまい、お客様に押し売りをしてノルマを達成しようと考えてしまう人もなかにはいます。

そうなってしまっては、お客様のためにはなりませんよね。

ノルマが厳しいことで自分の思い描いていた働き方ができなくて、精神的・体力的に辛くなって辞めてしまう人が多いといえるでしょう。

②体力的に限界を感じた

美容部員を辞めたいと思う2つ目の原因として、「体力的に限界を感じた」という点があげられます。

美容部員の職場は、デパートやショッピングモールなど人が多く集まるところで働きますよね。

人が集まるところは忙しく、1日中接客しなくてはなりません。

1日中接客することは、想像以上に大変なんです!

理由として美容部員の接客は、座ることはなく基本立っていることが普通で、忙しい職場であればあるほど立ちっぱなしです。

また、美容部員は人に見られる仕事でもあるため、立ち姿も美しくなくてはなりません。

ヒールを履きながら姿勢をきれいに保たなくてはならないので、体力的にも相当きつい仕事ということが分かりますよね。

また美容部員の仕事は接客だけでなく、重い商品を大量にストック置き場に置くという仕事もあります。

このことからわかる通り、美容部員は一見華やかなイメージではありますが、力仕事も多く体力が必要になる職種です。

体力がない人にとっては、体力的にきつく「辞めたい!」と思ってしまうケースも多いようですね。

③人間関係がうまくいかない

美容部員を辞めたいと思う3つ目の原因として、「人間関係がうまくいかない」という点があげられます。

美容部員は男性が少なく、20~30代の女性が多い職種です。

女性社会では、ほかの会社とは違った雰囲気があって女性ならではのトラブルが起きやすいといわれています。

女性は繊細なので、ちょっとしたことでも悪口や噂話をしてしまうんですよね。

そのため女性ばかりの職場になると、小さなトラブルから人間関係が悪化するケースも考えられます。

特に、周りと協力して働く美容部員では人間関係がうまくいかないとストレスを感じてしまいますよね。

商品知識やお客様対応だけでなく、職場の社員に対しても気を使わなくてはいけない環境から、精神的に疲れて辞めたいと思う人が多いんですね。

④給与や待遇面に不満がある

美容部員を辞めたいと思う4つ目の原因として、「給与や待遇面に不満がある」という点があげられます。

給与や待遇面に関して雇用形態や職場にも変わってきますが、比較的給料が安いといわれることが多いです。

業界的にも給料が低いのは仕方がいないと考える人も少なくありませんが、美容部員の仕事量と給料が見合っていないと感じてしまう人も。

基本的に美容部員はスキルや経験に応じて給料は上がっていきますが、職場や雇用形態によってはノルマを達成しても評価に反映されない場合もあります。

評価や給料が上がらないと、働くうえでのモチベーションを維持することが難しくなってしまいますよね。

そうなってしまって仕事に対してのやる気がなくなって「なんのために働いているのだろ」とネガティブになって辞めてしまう人も多いようですね。

⑤仕事が合わなかった

美容部員を辞めたいと思う5つ目の原因として、「仕事が合わなかった」という点があげられます。

「仕事が合わなかった」と思う人の特徴として、美容部員について深く理解せずに働いてしまった人が多い傾向が多いですね。

美容部員は華やかなイメージだからこそ、働くのは楽しそうと考えて入社する人も少なくありません。

ただ、美容部員は楽しいだけじゃないんです。

美容部員は華やかで魅力的に見えますが大変な仕事も多いため、そのギャップから辞めてしまう人も多いですね。

仕事が大変な理由として、美容商品を扱っているプロとして働かなくてはなりません。

そのため、美容部員は覚える内容も多く、商品だけでも覚えることは多岐に渡ります。

誰よりも知識が必要で、毎日勉強が必要な職業といえるでしょう。

商品知識がないまま接客をしてしまっては、お客様に不信感を与えて商品を買ってもらえなくなってしまうでしょう。

そうなってしまうとノルマも達成できず、さらに仕事がつらくなってしまいますよね。

相当な覚悟を持って働かない限り、美容部員は厳しく大変なお仕事なんです。

イメージしていた働き方と違って、仕事が合わないと思い辞めてしまう人も多いといわれています。

美容部員を辞めたいと思った時の対処法5選

美容部員として働いている中で、辞めたいと思う人もいるはずです。

実際に美容部員として辞めたいと思った場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

原因に合わせた対処法を理解しておきましょう。

では解説します。

①ノルマが厳しい時の対処法

ノルマが厳しい場合の対処法として、下記の2つの対処法があげられます。

  • 販売するコツをつかむ
  • ノルマのない会社を選ぶ

ノルマを達成せるためには、販売するコツを理解しておかなくてはいけません。

販売するコツさえ理解できれば、ノルマを達成させることも可能になるでしょう。

ノルマが厳しいと感じる人は販売のコツをつかんでないのかもしれませんね。

販売するコツとして、商品のセールスポイントを覚えるといいですよ。

セールスポイントをアピールすると、お客様からはプロとして見られて信頼感から商品を購入してもらえる確率が上がります。

商品すべてを覚える必要はないですが、「先輩はどのように商品を販売しているのか」などを観察してみると販売時のコツが良くわかりますよ。

販売するコツをつかめば、商品販売が楽しくなってノルマが達成できなくても辞めずに頑張ろうと思えるようになるはずです。

ただ、どうしてもノルマが厳しいという人はノルマのない会社を選ぶのも一つの手ですね。

最近では、働き方改革や社会問題の影響でノルマがない会社も実は増えているんです。

求人を探す際に、「ノルマなし」と記載している会社もたくさんあるので、探してみるのもいいですね。

②体力的に限界を感じた時の対処法

体力に関しては個人差があるため、一概にこのようにすれば解決ができるというアドバイスができません。

どうしても体力的に限界を感じてしまった場合は、別の仕事を探すという対処法があります。

美容部員は体力仕事も多いため、美容部員の仕事が合わない場合はオフィスワークの仕事を探してみるなど自分に合った仕事を探すと良いでしょう。

実際に体力的に厳しくて、美容部員からオフィスワークの仕事に転職する人も多いそうですよ。

体力的に限界を感じてしまった場合は無理せず、新しい職場を見つけてみると良いでしょう!

③人間関係がうまくいかない時の対処法

人間関係が合わない時の対処法として、下記の方法があげられます。

  • 仕事だと割り切る
  • 合わない人とは距離を置く
  • 上司に相談をする

仕事での人間関係は重要で悩む人も多いのではないでしょうか?

ただ、人間関係で悩みすぎてストレスになってしまっては意味がありませんよね。

人間関係がストレスに感じてしまうのであれば、「仕事上の関係」と割り切ることも大切ですよ。

割り切って、必要最低限のコミュニケーションにするということは一つの対処法です。

また、どうしても苦手な人がいる場合は、無理に人間関係を築く必要はありません。

苦手な人に対しては、直接顔を合わせる機会を減らすだけでも気持ちは楽になりますよ。

たとえば、メールやチャットなどのツールを使って連絡を取ることも一つの手ですね。

無理せず、自分のストレスを感じない自分に合った方法で接することが大切です。

それでも問題が解決しない場合は、「上司に相談する」という対処法もあります。

上司に相談することで、職場環境の改善をしてもらえることや異動して新しい職場で働ける可能性も考えられます。

どうせ上司に相談しても、何も変わらないでしょ…

と思ってはダメですよ!

勇気を出して、行動することで人間関係を改善できる可能性は高いです。

上司に限らず、相談できる人を見つけてみるのもいいですね。

④給与や待遇面に不満がある時の対処法

給与や待遇面に不満がある時の対処法として、転職をしてキャリアアップを目指すという方法があります。

美容部員は業界的にも、給与が低いといわれていています。

理由としては、上がつかえていてキャリアアップが難しいため、役職に就けずに給料が伸びないという点があげられます。

その場合は、自分の経験やスキルを伸ばして転職していくと、給与や待遇面を高められる傾向がありますよ。

1つの職場で働くことも大切ですが、転職をすることでより高い給料や待遇で働けるケースも考えられるので、転職を視野に入れてみるのもいいかもしれませんね。

⑤仕事が合わなかった時の対処法

なかには思った仕事内容と違い、美容部員の仕事を辞めたいと感じる人も多いようですね。

仕事が合わない人は、別業種へ転職するという対処法があります。

美容部員から別業種への転職は難しそう

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

美容部員で培った高いコミュニケーション能力と提案力は別業種でも有利に働きますよ。

美容部員での経験を活かして、自分に適した職業で働きましょう!

美容部員を辞める時の2つの注意点

美容部員-面接

次に、美容部員を辞めたいと思っている人のために職場を辞める際の注意点を紹介します。

辞める時の注意点を理解しておかないと、職場とのトラブルに発展してしまう可能性も考えられます。

注意点を理解して、円満に退社するように心がけましょう。

美容部員を辞める時の注意点として下記の2つがあげられます。

  1. 遅くても1か月前には伝える
  2. ポジティブな退職理由を伝える

では詳しく解説します。

①遅くても1か月前には伝える

美容部員を辞める時の注意点として、遅くても1か月前に伝えるようにすることが大切です。

辞めることを決意してしまったらすぐにでも仕事はやめたいですよね。

明日から働きたくないな~

そう思う人も多いと思いますが、現実的に厳しいです。

会社を退社するときは、最低でも1か月前に伝えることが一般的です。

というのも、事前に辞めると伝えることで企業側もあなたが辞めるための準備ができますよね。

新しい人材の確保や引継ぎの業務など、なるべく負担になる前に準備ができます。

突然辞めてしまうと会社に迷惑をかけてしまうため、トラブルになる可能性が高まります。

円満に退社をするためにも早めに伝えると良いでしょう。

2~3か月前に退社する旨を伝えると会社も余裕を持って準備ができるため、早めに伝える努力をしましょう。

②ポジティブな退職理由を伝える

次に、美容部員を辞める時の注意点2つ目にポジティブな退職理由を伝える必要があります。

「退職をする」と伝えると必ず、「なぜ辞めるのか」を聞かれるでしょう。

その際に、ネガティブな内容や不満を抱えた内容を直接伝えてしまっては、悪いイメージを与えかねません。

ほかにも、ネガティブな退職理由に対して改善案を提示されて、退職を引き留められてしまうケースも考えられます。

退職理由は人それぞれではありますが、ポジティブな理由を述べるようにしましょう。

また、「今の職場では実現ができない理由」や「仕方のない理由」を踏まえると納得してもらえるので、退職しやすくなりますよ。

「別の業界でキャリアを積みたい」「結婚・出産」「家庭の事情」など、納得感のある退職理由が望ましいですね。

円満に退職するためにもなるべくネガティブな理由は避けて、ポジティブな理由を伝えることを心がけましょう!

美容部員を辞めたい人におすすめの職種3選

美容部員ではなく、他の業種で働きたいと考えている人もなかにはいるはずです。

では、実際に美容部員を辞めた人はどの業種で働くことが多いのでしょうか?

美容部員を辞めた人におすすめの職種として下記の3つがあげられます。

  1. エステティシャン・美容カウンセラー
  2. アパレル店員
  3. 営業職

では、詳しく紹介します。

①エステティシャン・美容カウンセラー

美容部員を辞めたい人におすすめの職種1つ目に、「エステティシャン・美容カウンセラー」があげられます。

美容部員を辞めて、美容の知識や経験を活かしたいと思っている人にとってはうれしいですよね。

美容部員で学んだ「肌の知識やメイクの技術」「お客様に寄り添う高いコミュニケーション能力」はエステティシャンや美容カウンセラーに活かせます。

エステティシャンというと知識や経験がないと難しいと思われがちですが、問題ありません。

美容部員として培った高い知識とスキルがあれば、採用の際に有利になるんです。

お客様を美しくすることがやりがいと感じる人であれば、美容に携われるエステティシャンや美容カウンセラーがおすすめですよ。

美容業界で新たにスキルを磨けるので、多くの美容部員がエステティシャンや美容カウンセラーに転職していることが多いです。

②アパレル店員

美容部員を辞めたい人におすすめの職種2つ目に、「アパレル店員」があげられます。

アパレル店員は美容とは離れてしまいますが、おしゃれでお客様を美しくすることには変わりはありません。

おしゃれが好きな人は、アパレル店員を目指す人も多いですよ。

アパレル店員の主な仕事内容は接客販売のため、美容部員と似ています。

美容部員の仕事内容が好きだった人はアパレル店員に転職する人もよくいますよ。

美容部員で身につけた高いコミュニケーション能力と商品知識を吸収する能力をいかして活躍してみるのもいいですね。

また、アパレル店員は美容部員に比べて自由に働けるのでおすすめです。

「メイク」「髪型」「ネイル」「服装」など、おしゃれを自由に楽しめるのは、アパレル店員の特権ですね。

③営業職

美容部員を辞めたい人におすすめの職種3つ目に、「営業職」があげられます。

美容部員は毎日接客をしていた経験から、高いコミュニケーション能力がある人が多いです。

営業では、お客様の心をどうつかむかが大切になってきます。

高いコミュニケーション能力がある美容部員は、お客様の立場になって物事を考えられるという点から即戦力になりやすいです。

営業職と美容部員は仕事内容が全然違うと思われてしまうことが多いですが、実は必要なスキルは似ていますよ。

もし、美容に携わっていたいというようであれば、美容業界の営業職も視野に入れてみるのもおすすめです。

美容業界の営業といってもいっぱいあるよ!

スキンケアからヘアケアまでさまざまな商品を扱っている会社が多くあるので、一度調べておくと良いですね。

特に営業職は給料が高い傾向にあるため、給料面に対して不満を感じている人は営業職として働くことをおすすめします。

美容部員におすすめの転職サイト3選

転職をするうえで、転職サイト選びは非常に大切です。

転職サイトの選択を間違ってしまうと、転職を失敗してしまう可能性も考えられます。

美容部員におすすめの転職サイトとして下記の3つがあげられます。

  1. パソナキャリア
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

では1つずつ詳しく解説します。

①パソナキャリア

パソナキャリア

運営会社株式会社パソナ
求人数約5万件
求人対応地域全国
おすすめポイント女性活躍推進サポートサービスが充実

パソナキャリアは、特にキャリアアドバイザーが親切で、女性でも安心して頼れるエージェントが多数在籍しています。

安心して頼れる理由として、業界ごとに専門のコンサルタントがいるので、親身に相談ができる環境が整っています。

また、パソナグループ全体で女性の社会進出を目指しているため、女性でも安心して働けるようにサポートしてくれるんです。

実際に利用者も女性が多く、女性からの支持が高いのが特徴的ですね!

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

②マイナビエージェント

マイナビエージェント

運営会社株式会社マイナビ
求人数約2万件
求人対応地域全国
おすすめポイント女性のアドバイザーが多い

マイナビエージェントは、20代や第二新卒などキャリアが浅い人におすすめの転職エージェントです。

理由として、マイナビは新卒採用のノウハウが充実しており、そのままノウハウを生かしてサポートができるからです。

また、マイナビエージェントでしか募集をしていない人気企業も多数あるので、幅広く業種を見てみたいという女性にはおすすめですよ。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

③リクルートエージェント

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
求人数約20万件
求人対応地域全国
おすすめポイント業界トップクラスの求人数を誇る

リクルートエージェントは利用者も多く、女性の利用者が最も多い転職エージェントです。

求人数も多いため、年齢問わずさまざまな女性が利用していますよ。

人気の理由として、キャリアアドバイザーのサポートが充実しており、未経験からキャリアチェンジを考えている人でも安心して転職ができるという点です。

特に、美容部員の方はキャリアチェンジをする際は、わからないことも多く不安になりますよね。

そんな不安に対して、しっかりとサポートできる環境が整っているので、もし転職でキャリアチェンジを考えているようであれば、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントの評判は?口コミから見るメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

まとめ~美容部員で辞めたいと思った時は、無理せずに対処方法を考えよう!~

美容部員は一見華やかで楽しそうなイメージはありますが、実は離職率が高く「辞めたい」と感じている人がたくさんいることがわかりましたよね。

辞めたいと思う原因としては大きく分けて5つに分けられます。

  1. ノルマが厳しい
  2. 体力的に限界を感じた
  3. 人間関係がうまくいかない
  4. 給与や待遇面に不満がある
  5. 仕事が合わなかった

原因を理解したうえで、自分はどのような対処法を取ると上手くいくのかなど考えることが大切ですよ。

対処法を理解することで、今以上に働きやすい環境が整って自分の夢に近づけるでしょう。

美容部員の仕事を「辞めたい!」と思ったらこの記事を参考に実際に行動してみてくださいね。

コメント