転職者が選ぶ顧客満足度1位の「doda」
doda
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
60,000
非公開求人数
17,846
対応地域
全国
対象属性
20~30代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
非公開
求人数は業界ナンバーワン!また、「初めての転職」におすすめの転職サイトです。サポート体制に定評があり、サービス利用者の満足度も業界トップクラス!
dodaの無料登録へ
登録者数の多い人気の転職サイト
高年収求人数No.1!「ビズリーチ」
ビズリーチ
総合評価
求人の質
コンサルの質
サポート体制
公開求人数
80,000件
非公開求人数
非公開
対応地域
全国+海外
対象属性
30~50代の男女
強い業種
全業種
年収UP率
90%以上
年収600万円以上を望む方からの支持率No.1のビズリーチ!他社サービスに比べスカウト機能が充実しており、ハイクラス求人数も業界イチです。
ビズリーチの無料登録へ

朝起きて仕事に行きたくないと感じたらどうすればいい?うつ病の可能性も

仕事のストレス

「仕事に行きたくない」
「毎朝起きて仕事のことを考えるとつらい」

このように、朝仕事のことを考えるとつらくて、仕事に行きたくいと感じるなら、とにかく仕事を休むことをオススメします。

そのまま無理して仕事を続ければ、うつ病などの精神病を患う恐れがあります。

しかし、「朝から仕事を休むなんてできるわけがない」と、仕事を休むことに否定的な人は少なくないでしょう。

そこで今回は、仕事を休むべき理由から仕事を休むことのメリット・デメリット、当日に仕事を休む方法、そしてうつ病の危険性まで紹介していきます。

仕事に行きたくないと朝から思ったときに取るべき行動

仕事に行きたくないと朝から思ったら、選択肢は以下の2択です。

  • 仕事を休む
  • 頑張って仕事に行く

あたり前ですが、この2択のどちらかを選択しなければいけません。

自分の心身の状態から仕事に行くか休むかを判断しましょう。

基本的には仕事を休むことをオススメします。

朝起きて「仕事に行きたくない」というのは何かしら仕事に対して拒否反応を起こしているからこそです。

無理しすぎると体に悪影響ですし、精神的な苦痛によってうつ病などの精神病にかかる可能性があります。

もちろん一般論としては仕事に行くことが正しいとされますが、自分の気持ちの状態を判断軸に仕事に行くか休むか選択しましょう。

以下では、それぞれの選択肢について深掘りしていきます。

仕事を休む

結論をいえば、朝起きて仕事に行きたくないと思ったときは仕事を休むことをオススメします。

「仕事に行きたくない」そう思うということは、今の仕事に対して何らかの不満があるはずです。

仕事を休めば、今の仕事のことや将来的なキャリア形成についてじっくり考える時間を持つことができますし、精神的にも肉体的にも回復できます。

しかしその一方で、仕事を休めば会社の現場に影響を与えるという点が大きなデメリットです。

特に、サービス業の場合は現場の人数が仕事効率に直接影響するため、その日に仕事を休めば職場の人間に迷惑がかかります。

このように、急に仕事を休むという選択肢には、職場での信用やキャリア形成にもリスクがあるといえるでしょう。

とはいえ、それは会社の人事的な問題であって従業員が責任を負う必要はありません。

急に仕事を休むというのは常識はずれだと周りから思われるかもしれませんが、自分の体調や心の状態を優先するべきです。

常識通りに生きる必要はありませんし、自分の感情を大事にして、自分主体で物事を決定することをオススメします。

頑張って仕事に行く

仕事に行きたくないと思っても、頑張って仕事に行くというのも選択肢の一つです。

特に、以下のケースの場合は頑張って仕事に行く方がベターです。

  • 仕事に行きたくない具体的な理由はない
  • 仕事自体には充実感を覚えている

このように、仕事に対してネガティブな気持ちがなければ仕事に行くことをオススメします。

いつも仕事を楽しんでいるようなら、朝の仕事に行きたくないという感情は一時的なもので、出勤してしまえばいつの間にか仕事に熱中していることでしょう。

しかしその一方で、仕事が精神的につらく、仕事に行きたくない具体的な理由があれば、無理して仕事に行くことをオススメしません。

つまりは、軽い気持ちで仕事を休むのはよくありませんが、仕事に行くか休むかの選択は自分の気持ちを最優先に考えるべきということです。

仕事を休むメリット

仕事休むメリットは以下の2つが考えられます。

  • 自分の時間を作れる
  • 精神的、肉体的に回復する

常に忙しく働いている人であれば、自分の時間を作れずに仕事のことや将来のことをじっくり考える暇がないことがほとんどでしょう。

仕事を休んで自分の時間を持つことによって、仕事に対する不満などを整理し、将来的なキャリア形成について計画することができます。

また、現在仕事に対して精神的に苦痛を感じているのであれば、精神療養にもつながります。

このように、時間的な余裕を持つことで精神療養、かつキャリアプランの計画ができるというのが、仕事を休むメリットです。

仕事を休むデメリット

仕事を休むデメリットには以下の2つが考えられます。

  • キャリア形成の失敗や信用を失うリスク
  • 現場の営業に迷惑がかかる(特にサービス業)

1〜2日程度の休みなら大きな支障をきたすことはありませんが、長期的な休みや休む回数が多い場合は、今後のキャリア形成および職場の人間からの信用を失うリスクがあります。

「頑張れない人」と思われてしまえば、周りから頼られることもなくなるでしょう。

また、サービス業で勤めている人の場合、当日の休みは現場に大きな迷惑がかかります。

少ない人手でお店を回していることが多いので、他の人に出勤してもらうなどで対応しなければいけません。

職場の環境や業種などで休むことによるデメリットは異なりますが、基本的に周りに迷惑をかけることになります。

そのため本来は気軽に仕事を休むことはできません。

しかしながら、自分の身を粉にしてまで働く必要はないため、仕事を休むかどうかは、自分の心身の状態を優先に考えて判断するようにしましょう。

仕事に行きたくない理由を考える

仕事に行くか休むかを決める前に、まずは仕事に行きたくない理由を考えましょう。

漠然と「仕事に行きたくないなぁ」と思って仕事を休んだところで、問題の解決につながらないからです。

なぜ仕事に行きたくないのか、最近どんな嫌なことがあったか、また無理しすぎていないかなどを考えましょう。

その上でどう行動するのがベストなのかを判断しなくてはいけません。

たとえば一時的に行きたくないと思っているだけなら、頑張って仕事に行くことで解決する可能性があります。

一方で、前々から仕事がつらいと感じていたなら、無理して仕事をする必要はありません。

また、その日は休んで、仕事のことについてじっくり考えてみて、転職をしようと決心するするのも一つの手段です。

仕事に行きたくないなと思ったら、まずはその理由を考えましょう。

仕事に行きたくないとき、当日に休む方法

転職で悩む3年目

当日休む場合は仮病を使うのが無難です。

仮病で休むことに後ろめたさを感じる人は多いでしょう。

しかし、体に異常がなくても、心が疲弊している場合は休むべきです。

一見健康体に見えても心は傷だらけで、無理して働き続ければいずれうつ病になるなど、体を壊すことになります。

そのため、仕事に行きたくないと思ったら、心の病気にかからないために仮病を使ってでも休むべきといえます。

当日休む方法として以下の5つがあります。

  • 体調不良
  • 子どもの体調不良
  • インフルエンザ
  • 急性胃腸炎
  • 葬式の参列

ここからは、それぞれの方法についてくわしく解説していきます。

仕事に行きたくないと思ったら休むべき!つらいなら転職も考えよう
「仕事に行きたくない。働きたくない。」 「でも仕事に行くのが当たり前だし自分は甘えてるだけだ。」 このように、仕事のことを考えるとつらくなり、仕事に行きたくないと感じているのであれば、まずは仕事を休みましょう。 仕事に行きたく...

体調不良

仮病で休むときには基本的に体調不良がオススメです。

主な体調不良には以下のものがあります。

  • 発熱
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 生理痛

仮病で体調不良を訴えるときは、具体的な症状を伝えると効果的です。

漠然と「風邪をひきました」といっても信ぴょう性はありません。

風邪で休むときは「38度の発熱で」や「昨夜から少し体調が悪くて様子を見ていたのですが…」などと、症状に具体性を持たせることでよりリアルに感じさせることができます。

しかしながら、職場の人事体制や仕事内容などといったそれぞれの職場環境によっては、多少の体調不良では休ませてくれないことがあります。

体調不良の連絡をして結局出勤することになれば、その日は仮病を演じながら働かなくてはいけません。

そのため、自身の職場環境から体調不良の仮病が通用するかどうかを、あらかじめ判断する必要があります。

子どもの体調不良

自身の体調不良ではなく、子どもの体調不良を理由に仕事を休むという方法があります。

子どもがいない人は、家族やペットの体調不良を利用することができます。

家族が体調不良を起こし、その看病のために休むとなれば、会社側も休みを認めざるを得ないことがほとんどでしょう。

しかし、子育てに理解のない会社の場合は、通用しない可能性があります。

また、子どもの体調不良でも病児保育を利用するなどで出勤している人がいれば、その人と比較されて「簡単に仕事を休む人」と思われてしまいかねないので注意が必要です。

とはいえ、自身の体調不良よりも子どもをはじめとした体調不良を理由にした方が、休める確率は高いと考えられます。

インフルエンザ

インフルエンザで休むという方法があります。

厚生労働省でインフルエンザの時は外出を控えることを推奨されているため、基本的に仕事を休める可能性が高いです。

さらに、インフルエンザによる休暇の場合は、1日ではなく5日間程度の休みをもらえるため、数日間休みたいという人にとっては利用価値の高い仮病理由です。

しかしながら、インフルエンザは季節的な制限を受けるため、インフルエンザが流行しやすい冬季にしか仮病として活用することが難しいでしょう。

また、会社によってはインフルエンザを認める証明書が求められるところがあります。

もし診断証明書が必要な企業の場合は、インフルエンザを理由に仮病で休むことはできません。

あらかじめ、会社のインフルエンザ休暇に対する体制を確認しておきましょう。

急性胃腸炎

急性胃腸炎などの消化器系の体調不良は仮病とバレにくのでオススメです。

胃腸炎とは胃や腸に炎症が起きる症状のことで、下痢や食欲不振、吐き気、嘔吐などの症状を伴います。

嘔吐や下痢によって脱水を起こしたり、血液中のカリウム濃度が低下し、重篤な状態になる可能性のある危険な病気です。

そのため、痛みや症状を我慢しながら仕事ができるレベルの体調不良ではありません。

さらに、急性ということで突然の発症もありえる病気なので、急性胃腸炎を訴えれば朝仕事に行きたくないときでも、仕事を休める可能性は高いでしょう。

葬式の参列

葬式に参列することを理由にするのも、会社を休むための方法です。

急な不幸ということで、朝起きてその日休む口実としては信憑性があります。

葬式の参列を理由に会社を休むときは、できる限り現実的かつ遠い親戚を対象にしましょう。

たとえば、両親や祖父母、兄弟などの葬式というと、その後嘘がバレる可能性が高いので、叔父や叔母、従兄弟の祖父母など、葬式に参列するのが妥当な親戚が現実的です。

しかし、あまりにも不謹慎なため、仕事を休みたいときの最終手段として考えておくべきです。

仕事を休む日に注意すべきこと

仕事を休むことになったら、以下のことに注意しなければいけません。

  • SNSを利用しない
  • 外出しない
  • 休んだ日のことは話せるようにしておく

ここからは、その具体的な理由について解説していきます。

SNSを利用しない

仕事を休む日はSNSの利用を控えましょう。

なぜならSNSは会社の人間にバレる可能性があり、ズル休みしていると思われるからです。

会社の関係ないと思われる人と連絡を取り合ったとしても、どこでその情報が漏れるかわかりません。

たとえば、仕事を休んでいるうちに遊んでいる近況を発信したことが会社にバレれば、職場での信用を失うことになります。

もちろん、SNSによって会社に情報が流れる可能性は高くありませんが、自らリスクを冒してまでSNSを利用する必要はないでしょう。

そのため、仕事を休む日は極力SNSの利用を控えることをオススメします。

外出しない

仕事を休む場合は外出も控えるべきです。

いつどこで社内の人に見られるかわかりません。

特に体調不良を理由にして休んでいるのに、アクティブな行動をしているところがバレればズル休みと思われてしまいます。

たとえば、美容室に行ったりスポーツジムに行ったり、ショッピングをしに繁華街を出歩くのは危険です。

出歩いている現場を社内の関係者に見られれば、そのことについて言及されるのは確実です。

しかしながら、スーパーや薬局、病院等に出かけている場合は、外出も認められるでしょう。

そのため、仕事を休む日は極力外出せず、自宅で過ごすことをオススメします。

休んだ日のことは話せるようにしておく

休んだ日のことは事細かに話せるようにしておきましょう。

休み明けに出社をすれば、休んでいた日のことを聞かれる可能性は高いです。

「昨日はどう過ごしたの?」「体調は大丈夫?」「病院に行った?」など、心配されることがほとんどでしょう。

休んだ日のことを聞かれて「遊んでいた」と答えるわけにもいきません。

また、特にアリバイを何も考えず質問されたときに、つじつまが合わないことを話してしまうと「本当に体調不良だったのか」などと怪しまれてしまいます。

仮病で休んだときは、その日の体調がどう変化したのか、また病院へ行った時間や寝ていた時間などを話せるようにしておきましょう。

朝起きて仕事に行きたくないと思うのはうつ病かも

朝起きて仕事に行きたくないと思ったら、うつ病を疑いましょう。

うつ病とは、簡潔にいえば憂鬱な気分や意欲低下が続く病気で、脳のエネルギーが低下することによって、人と関わるのを怖がるなど社会的生活が営めなくなる病気です。

人間関係のトラブルや職場・家庭環境が要因で発症します。

朝思い悩むということは、仕事するのがつらいと体が拒否反応を起こしているからで、うつ病を患う環境にいるのかもしれません。

そのため、朝起きて仕事に行きたくないと慢性的に思うようならうつ病を疑いましょう。

うつ病な主な症状

うつ病を患えば心と体に異常をきたし、その主な症状には以下のものがあります。

【心の症状】

  • 気分が憂うつ
  • 根拠のない不安や焦り
  • 何に対しても興味が持てない
  • 食欲や性欲など意欲の低下
  • 自分を責めてしまう

など

【体の症状】

  • 眠れない
  • 食欲の低下
  • 疲労感や倦怠感
  • 頭痛や吐き気

など

心の症状は目で見ることはできないため、他人が判断することはできません。

一方で、体の症状は目で見てわかりやすいですが、それがうつ病によるものかどうかを周りが判断することは非常に難しいでしょう。

また、うつ病の症状はこれだけではなくいくつもあります。

そのため、仕事に行きたくないと思って精神的な苦痛を感じるのであれば、自分の意思で病院へ行くことが非常に大切なのです。

自分で判断せずに必ず専門の病院へ

うつ病かどうかは自分で判断せずに、仕事がつらいと思ったらすぐに病院へ行きましょう。

ひとことに「うつ病」といっても、症状の現れ方や重症度、病型などによって分類化されるため非常に複雑な病気です。

自分がどの種類のうつ病なのか、そもそも本当にうつ病なのか、統合失調症などのほかの精神病ではないのか、これらを自分で判断することは困難です。

また、うつ病ではない状態でも、「自分はうつ病なんだ」と思い込むことで、マイナスな考えしかできなくなりますし、本当にうつ病にかかる可能性が高くなります。

そのため、うつ病かどうかは自分で判断せず、必ず心療内科の病院を受診しましょう。

転職するという選択肢

「仕事に行きたくないな」と思ったら、転職するという選択肢を持っておくことは非常に重要です。

今の職場に不満や仕事するのがつらければ、長期休暇を取得して精神療養をするという方法もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。

そのため、仕事がつらくて行きたくないときは転職することも検討するべきなのです。

転職はマイナスなものではありません。

特に、新入採用の場合「すぐに転職したら経歴に傷がつく」「他に自分が雇ってくれる会社が見つかるとは限らない」と考えてしまうものです。

しかし、実は日本全国で中小企業と呼ばれる会社は380万社もあります。

つまり、自分が働ける場所はいくらでもありますし、自分に適した会社がきっとあるということです。

今の会社がつらいなら転職して新しい人生をスタートさせた方がいいです。

このように、転職するというのはマイナスではなくむしろプラスな選択肢なので、仕事に行きたくないと思ったらぜひ転職も考えてみてください。

今の会社をスムーズに辞める方法

転職しようと思っても、今の会社を退職するのが難しいと考えている人は多いでしょう。

今の会社をスムーズに辞めるためには、退職理由を明確に考えておく必要があります。

たとえば、オススメの退職理由とオススメしない退職理由は以下のとおりです。

【オススメの退職理由】

  • 新しい分野の勉強をして、自分のスキルを高めたい
  • これまでの経験を活かして、違う環境で自分の力を試したい
  • 資格を取るために勉強に専念したい
  • 海外留学に行って語学力を磨きたい
  • フリーランスになって自分でサービスを作りたい

など

【オススメできない退職理由】

  • 会社に行きたくないから
  • 仕事が忙しすぎて続けられない
  • 会社に苦手な社員がいる

など

また、退職理由と転職理由は違います。

たとえ退職理由で「フリーランスになりたいから退職します」といったとしても、実際にフリーランスになる必要性はありません。

つまりは、会社が納得せざるを得ない退職理由を決めておくことが重要なのです。

「仕事辞めたい!けど言い出せない…」方のために言える方法を伝授
様々な事情、様々な理由で「仕事辞めたい!」と思う方も多いはず。 現代は一つの仕事を続けるより、二社、三社と転職して渡り歩くのが当たり前の時代です。 そんな、次の職場を探している方の多くが悩んでいることがあります。 それが、...

退職届は遅くても1ヶ月前まで

退職届は遅くても1ヶ月前までに出しましょう。

1ヶ月というのは、現在従事している業務の引き継ぎなども含めたおおよその期間です。

逆にいえば、必ずしも1ヶ月前までに退職届を出さなくてはいけないということではありません。

法律では退職の日から2週間前までに申し出なければいけないと定められているため、退職する14日前に退職届を提出すれば法律上は退職可能です。

とはいえ、会社側の都合もありますので、1ヶ月前を目安に考えておくといいでしょう。

また、就業規定などで会社側が退職届を出してから退職するまでの期間を定めている場合があります。

そのため、退職をする際は就業規定などで退職届の提出期限があるかどうかも確認しておくことをオススメします。

退職代行サービスとは

自ら退職を伝えられないという人は、退職代行サービスというものがあります。

退職代行サービスとは、第三者が代わりに退職の意向を伝えてくれるサービスのことで、何らかの理由で自分から退職が伝えられない人に利用されています。

たとえば、上司からパワハラを受けていたり、職場の人間関係が悪いなどが理由で、退職を自分からいい出せないという人は少なくないでしょう。

そんなとき、退職代行サービスを利用することで、たとえブラック企業でもほぼ確実に退職できます。

ただし、退職代行サービスには3〜5万円の費用がかかるというデメリットがあります。

また、法律上は代行業者が未払いの賃金を求めることはできないため、退職に際して会社に交渉したいことがある場合には利用できません。

未払い賃金などを求める場合は弁護士に依頼する必要があります。

とはいえ、自ら退職届が出せない人は、退職代行サービスの利用をオススメします。

転職支援サービスは4つ

転職をする場合、転職支援サービスの利用がオススメです。

主な転職支援サービスには以下の4つがあります。

  • 求人誌
  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

ここからは、それぞれのサービスについてくわしく解説していきます。

求人誌

転職活動をする上で求人誌を利用する方法があります。

求人誌とは紙媒体の求人広告のことで、駅やコンビニなどに無料で設置されていることがほとんどです。

地方の求人に強いことが特徴で、無料で、かつオフラインで応募できるという点が求人誌の大きなメリットといえます。

しかし、掲載されている求人は限られており、人気企業や優良企業が募集されていることはまれです。

絶対に転職に失敗したくないという人にはあまり向いていません。

そのため、求人誌を使った転職活動は、自宅近辺の企業へ就職したいという人にオススメです。

ハローワーク

ハローワークを利用する転職活動も選択肢の一つです。

ハローワークとは国営の職業紹介事業のことで、地元の企業を中心に数多くの求人情報が掲載されています。

求人誌とは異なり、ハローワークには窓口があり、求職者の転職をサポートするスタッフがいます。

転職に関する悩みに答えてくれたり、書類の添削をしてくれたりなど、一人で転職するのが不安な人にオススメです。

しかしその一方で企業に関する情報が少なく、中にはブラック企業も含まれています。

そのため、企業と人材とのミスマッチが起こる可能性が高いため、自分で企業の実態をしっかりと見極められる能力が必要です。

ハローワークの強みは転職サポートと豊富な地元求人の2点にあるので、地元の企業に転職したい人にハローワークをオススメします。

転職サイト

転職サイトで転職活動をするのも選択肢の一つです。

転職サイトとは求人を掲載しているWEBサイトのことで、スマホやパソコンを使って気軽に転職活動ができます。

転職サイトのメリットは、求人情報が豊富で自分のペースで転職活動できるという点です。

また、大手転職サイトは全国対応していることが多く、住んでいる地域に関係なく、地元の求人から都心部の求人まで選択の幅が広いことが特徴です。

しかし、転職後のミスマッチ率はやや高く、基本的に求人のチェックや応募、面接までを全て自分でこなす必要があるため、初めて転職する人にはやや難易度が高いといえます。

そのため、転職サイトはすでに転職経験がある人や、自分のペースでじっくり企業を選びたいという人に向いています。

転職エージェント

転職活動を始めるなら、転職エージェントの活用がオススメです。

転職エージェントとは、プロのキャリアコンサルタントによるサポートを受けられる転職支援サービスです。

求職者のヒアリングから求人の紹介、企業への連絡、面接対策、書類の添削まですべてサポートしてもらえるため、質の高い転職活動が期待できます。

また紹介のみでしか応募できない、優良企業の非公開求人も多く、転職後にミスマッチする可能性が低いという点がメリットです。

さらにこれらすべてのサービスが無料で利用できます。

一方で、転職エージェントのデメリットは担当のコンサルタントの質にばらつきがある点です。

質の低いコンサルタントが担当になれば、不本意な転職をさせられる可能性があります。

とはいえ、コンサルタントを変更することは可能です。

そのため、転職活動をするなら転職エージェントを活用することを強くオススメします。

転職を焦ってはいけない

転職活動を進める上で、焦って転職しないよう注意しなければいけません。

なぜなら、焦って転職すれば企業とミスマッチする可能性が高いからです。

結果的に転職先の仕事が合わず、また転職することになりかねません。

「早いうちに今の会社を辞めたい」という気持ちで転職を焦っても、悪い結果を生みやすいだけです。

特に、転職サイトやハローワークは短期間で転職ができてしまうので注意が必要です。

転職は焦らず、さまざまな企業を見極める必要があります。

そのためには、キャリアコンサルタントのサポートを受けられ、ミスマッチが少ない転職エージェントの利用がオススメです。

オススメの転職エージェント3選

オススメの転職エージェントは以下の3つです。

  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • doda

これらはどれも総合型の大手転職エージェントで、求人数が方法なので幅広い選択肢の中から自分に最適な企業を見つけることができます。

とはいえ、転職エージェントは他にいくつもあります。

中にはエンジニア専門のエージェントなど、業界別に特化しているところもあるので、転職したい業界が決まっているなら、それら特化型のエージェントを利用するのもオススメです。

ここでは、転職希望者に特にオススメしたい上記3つの大手エージェントを紹介していきます。

マイナビエージェント

転職エージェントを利用するなら、マイナビエージェントをオススメします。

マイナビエージェントは、転職の大手「マイナビ」が提供する転職エージェントです。

20代を中心に若者向けの求人の数が多く、第二新卒の転職に強いことが特徴です。

さらに、キャリアコンサルタントのサポート体制に定評があり、求職者のニーズをうまく引き出し、より最適な求人を紹介できるよう力を入れています。

その一方で、高収入の求人や役職採用の求人など、ハイクラス求人が少ない点がデメリットです。

転職エージェントとしてのバランスはいいものの、30代〜40代の求職者にはあまり適しているとはいえないでしょう。

そのため、比較的若年層の求職者にマイナビエージェントをオススメします。

マイナビエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
マイナビエージェントは実績のある、大手転職エージェント。キャリアコンサルタントの質も評判が高く、求人の数、質ともに優良です。

パソナキャリア

続いてオススメの転職エージェントがパソナキャリアです。

パソナキャリアは、大手人材派遣会社の「パソナ」が運営する転職エージェントです。

派遣事業で得たコネクションと実績を武器に、パソナキャリアにしかない求人を豊富に取り扱っています。

口コミや評判では担当コンサルタントのレスポンスが早いことが評価されています。

担当者と二人三脚で転職活動を進めたいならパソナキャリアがベストでしょう。

パソナキャリアのデメリットは、求人が都心部に集中していることと、求人数がマイナビエージェントをはじめとしたその他大手転職エージェントに劣ることです。

とはいえ、初めての転職活動なら、担当者のサポートが手厚いパソナキャリアの利用をオススメします。

パソナキャリアの評判は?口コミを元にメリット・デメリット・使い勝手を徹底解説!
パソナキャリアを利用する前に、実際の評判や口コミも気になりますよね。 パソナキャリアのような転職エージェントの場合、求人の質だけでなく、キャリアアドバイザーの質なんかも気になるところです。 転職を成功させるには、良い転職サービス...

doda

dodaもオススメの転職エージェントの一つです。

dodaの特徴は豊富で幅広い求人数と、登録後に届くスカウトメールの量が多いことです。

特にIT系、通信、営業、企画系の求人が多く、「IT系に転職したいな」などとなんとなく考えている人にはdodaが向いています。

また、スカウトメールの量が多いので、たくさんの選択肢から自分に最適な求人を見極めたいという人には、dodaが非常に適しているといえるでしょう。

しかし、転職活動を積極的に行なっていない人には、大量のスカウトメールがしつこく感じるかもしれません。

また口コミや評判では、キャリアコンサルタントからの連絡が多いという意見が散見されるため、dodaの登録は通知の数に注意が必要です。

とはいえ、転職活動を本格的に行うなら、豊富な求人数と大量のスカウトメールからdodaをオススメします。

dodaのエージェントは転職におススメのサービス!評判・口コミを徹底解説
転職サービスのdodaは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアドバイザーの手厚いサポートを受けながら転職活動を行うことができる転職サイトです。 しかし実際に利用をするとなると、評判やメリット・デメリットなども気になりますよね。 そ...

まとめ

毎朝起きて「仕事に行きたくない」と思うようなら、とにかく仕事を休みましょう。

仕事に行きたくないと思うのは、今の仕事に対してなんらかの不満があり、精神的につらいと感じていることが考えられます。

そのまま無理し続けて仕事をすれば、いずれうつ病などの精神病を患う可能性が高いです。

うつ病を治すのには時間がかかり、通常その間は働くことがままなりません。

つまり、仕事に行きたくないと思いながら無理して仕事をしても、うつ病になってしまったら元も子もないのです。

仕事に行きたくないときは、仮病を使ってでも会社を休むことをオススメします。

また、今の仕事がつらくて行きたくないのであれば転職も考えましょう。

こちらの記事ではオススメの転職方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コメント