アサヒビールへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

アサヒビール 有名企業への転職

アサヒビールへ転職(中途採用)は可能か?年収はどの程度?

キャリアアップのために、大きな企業や有名企業に転職したいと考えているかたもいるのではないでしょうか?

しかし、どういったアプローチ方法で転職を進めるのか、転職サイトなどは利用すべきなのかなど、具体的にどのような方法を取れば転職が成功するのかわからない、という方もいるかもしれません。

今回は、業界内でも有名なアサヒビールへの転職に関する情報を紹介します。

転職活動の参考になるよう、募集職種や役に立つ転職サイトなどの情報も含んでいます。

アサヒビールの企業概要

アサヒビール株式会社はビールなどのお酒類を販売している企業として有名で、ビールにおいては国内のシェア率第1位の企業です。

1889年に前身である企業が設立されて以降、お酒をメインに開発・製造・販売を続け、現在では従業員数3,000名を超える大きな企業となっています。

事業内容

アサヒビールではお酒をメインとした事業が展開されていますが、実はそれ以外の事業も展開しています。どのような事業があるのか見ていきましょう。

ビール類事業

ビール類事業はアサヒビール最大の強みとなっている事業で、アサヒビールの研究開発力や技術力を駆使して様々な新しいビールが販売されています。

また、発泡酒においても研究・開発がなされており、2017年度まで10年連続で販売数量が1,000万箱を突破するほど売上を伸ばしていました。

酒類事業

この事業はビール類以外の酒類を研究・開発しており、洋酒や焼酎などを取り扱っています。

例えば、ワインの場合は輸入・国産ワインのラインアップの拡充を図り、顧客に新しいワインの楽しみ方や魅力が提案されます。

また、顧客の多様なニーズに対応できるよう、取り扱っているお酒のジャンルの幅が広いことがこの事業の特徴です。

文化・スポーツ事業

アサヒビールではお酒類に関連した事業だけでなく、文化・スポーツを支援するための事業もあります。

事業内容としては、美術や音楽などの展覧会・演奏会などの支援の他、野球日本代表のオフィシャルサプライヤーを務めるなど、国内における文化・スポーツの発展のための活動が多くなっています。

トップのメッセージ、企業理念

平素はアサヒビールならびにアサヒグループに格別のご支援とお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、『食の感動(おいしさ・喜び・新しさ)』を通じて、世界で信頼される企業グループを目指すというアサヒグループの「長期ビジョン」の実現に向け、第6次中期経営計画に取り組んでおります。

第6次中期経営計画の最終年となる本年、当社は「イノベーションの推進による新たな価値創出で、No.1戦略の深化を目指す!」をスローガンに、強みである研究開発技術に磨きをかけ、イノベーションを推進し、お客様の期待を上回る価値創出と、新たな需要創造を目指して参ります。

昨年、日本経済は緩やかな回復基調となりましたが、酒類業界にとっては、6月の改正酒税法施行による店頭価格の上昇、夏場の天候不順で大きな逆風が吹きました。

そうした環境において、付加価値のある商品やサービスの提供によって総市場の拡大を進めていくことは、我々に課せられた大命題と捉えております。

2026年税率一本化を見据え、本年をビール市場の改革元年と位置づけ、停滞するビール市場を拡大する!という強い信念を胸に取り組んで参ります。

今後とも一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

会社名アサヒビール株式会社
所在地〒130-8602東京都墨田区吾妻橋1-23-1
資本金20,000百万円
事業内容ビール類事業、酒類事業、文化・スポーツ事業など
従業員数3,179名

アサヒビールの採用職種・仕事内容

アサヒビールでは多岐にわたる職種が募集され、様々なジャンルの知識を持った人材が求められています。

転職を検討する際は、自分の希望や能力に合った職種があるかどうかを調べる必要があるため、ここから紹介する6つの職種に関してもチェックしておきましょう。

業務用営業

業務用営業は業務用酒販店・飲食店・外食チェーンといった店舗などにアサヒビールの商品を提案することが仕事です。

具体的には、顧客となっている各店舗の売上向上やリピーターを作るなど、課題解決に向けた取り組みを行います。最終的な目標は、アサヒビールの商品を店舗で取り扱ってもらい、店舗で販売してもらうことです。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

営業企画

営業企画の仕事はアサヒビールで取り扱っている商品の販売促進や、過去の販売実績の分析、予算作成のために行う統計業務などが挙げられます。

販売促進に関しては地域ごとの特性を把握し、その特性に合った企画を提案します。

分析と統計に関しては、過去のデータから課題を見つけ、課題解決のために戦略を立てていきます。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

マーケティング

マーケティングでは商品開発から販売戦略に関わる企画を立案し実行することが仕事となっています。

アサヒビールの社内において新商品の販売やブランド戦略を立てるために重要な職種です。

この職種にはメディア関連の広告に携わるマーケティング部や広告を制作する宣伝部、市場調査やブランド調査分析などを行う企画部などの部署があります。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

醸造

醸造はアサヒビールが生産しているビールを、高品質で同じ味に維持し続けるための職種です。

具体的には、ビール造りに不可欠な原材料と酵母を使い、社内の研究所が開発したビールの味を再現することが仕事となっています。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

エンジニアリング

エンジニアリングはアサヒビールの商品を製造している工場の設備や建物などの導入・更新・保全などを行うことが仕事です。

商品の製造だけでなく、工場内で働いている社員の安全や仕事を設備面から支えることが重要な職種となっています。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

商品開発

これまでアサヒビールが培ってきた技術を駆使して、新たな商品を開発することが商品開発の仕事です。

一つの枠にとらわれることなくトライアンドエラーを繰返して、美味しい商品を作り続けることが求められる職種となっています。

給与

  • 大学卒:月給221,500円
  • 大学院修了:月給236,500円

アサヒビールの給与・年収

ここからの段落では、転職活動中にチェックしておきたいアサヒビールの給与・年収に関して紹介していきます。

全体の平均年収

アサヒビール全体の平均年収は996.0万円(※有価証券報告書による)となっていました。

過去4年の平均年収の推移をみると、大きな変動はありませんが、平均年収が1,000万円を超える年度もあります。

年代別の年収

年代平均年収
20~24歳648.8万円
25~29歳827.3万円
30~34歳937.7万円
35~39歳1018.1万円
40~44歳1095.0万円
45~49歳1148.8万円
50~54歳1213.7万円
55~59歳1204.5万円
60~64歳871.4万円

アサヒビールの競合企業と平均年収比較

企業名平均年収
アサヒビール996.0万円
キリン1046万円
サントリー1032万円
サッポロ882万円
オリオンビール596万円

アサヒビールと競合企業の平均年収を比較したところ、キリンとサントリーよりも低い結果となりました。

しかし、年度によってはこの2社と並ぶこともあり、競合企業との差はあまりないようです。

他の2社よりも平均年収が低くなった理由の一つとしては、アルコール以外の飲料の売上が他の2社よりも低いことが挙げられます。

紅茶や緑茶、ノンアルコールビールといった商品に関して、他の2社の方が売り上げが伸びているため、年収にも影響しているようです。

給与に関する口コミ・評判

契約社員ですが、残業代はすべてきっちりもらうことができるので、繁忙期などはしっかり稼ぐことができます。

私は専門職として働いているのですが、スタート時給を相談することができたため、給与に関しては満足しています。

同じ地域の他の企業に比べて給与は高いと思います。また、半年ごとに査定が行われ、あらかじめ定められた項目に従って評価を受けます。自分の実力があればさらに給与を貰うことができるのは嬉しいです。

アサヒビールの福利厚生制度

アサヒビールには社員が豊かに暮らすことができるような福利厚生制度が用意されています。

ここからの段落では、アサヒビールの代表的な福利厚生制度を4つ紹介します。

福利厚生に関しては転職時にはチェックしておかなければならないポイントとなっているので、じっくり確認しておきましょう。

レクリエーション

この福利厚生制度では、アサヒビールの社員が仕事のストレスを発散したり、同じ社内の人間と積極的にコミュニケーションが取れたりするように、レクレーションに関する様々な費用を負担してもらうことができます。

具体的には、コミュニケーション補助費として一人あたり年間12,000円の補助費が支払われたり、クラブ活動の費用をある程度負担してもらえたりすることが可能です。

住宅

アサヒビールでは全国に借上物件・社有物件を完備しており、社員一人一人のニーズに合わせ住みたい物件を選べるようになっています。

また、単身赴任支援制度や在宅貸付金などもあり、住宅に関する負担を少しでも軽減させることができます。

カフェテリアプラン

カフェテリアプランは社員自ら好きな福利厚生が選べるようになっている制度のことです。

アサヒビールの場合は年間90,000円の補助額が社員に付与され、豊富なメニューの中から自分の好きなプランを選べるようになっています。

健康

アサヒビールでは社員の健康面をサポートするために、健康管理室による保健指導を行ったり、法定外健診が受けられたりします。

さらに、精神面のフォローも行うことを目的に、メンタルヘルスケアや過重労働者が無理なく働けるようにフォローする体制も整備されています。

福利厚生に関する口コミ・評判

交通費に関する福利厚生の中には、新幹線通勤ができるような高額のサポートが用意されていました。さらに、住宅補助が数十万円受けられるので、家庭を持つ私としては助かっています。

健康推進活動や資格取得補助といったサポートが充実していて、他の会社よりも福利厚生が手厚くなっていると感じます。

家庭の事情で突然休まなければならないときは、気軽に休暇を取ることができるので助かります。冠婚葬祭の際も無理なく休むことができました。

社員の負担を少しでも少なくしようとしている姿勢が会社から感じられます。特に、子供のいる家庭の場合は金銭面における負担がかなり軽減されていると思います。

勤務時間・休日休暇

実際に働く上で確認しておかなければならないポイントとして、勤務時間や休日休暇が挙げられます。

肉体的・精神的な負担のことを考えて自分にあっているかどうかを判断するためにも、ここから紹介するアサヒビールの勤務時間・休日休暇に関してはチェックしておきましょう。

勤務時間

アサヒビールの基本的な勤務時間は本社の場合は9:00~17:30、工場や研究所では8:30~17:00となっています。

また、フレックス制が導入されているため仮に残業が発生した際は、翌日の朝はゆっくり出勤するなど調整することができます。

休日に関して

原則としては週休2日制(土曜、日曜が休日)が導入され、年間休日は123日となっています。

もし、休日出勤が発生した際は振替休日が取得できるようになっているため、過剰に働くことはありません。

休暇に関して

アサヒビールの社員は年次有給休暇が年間10~20日与えられているため、この範囲内であれば休暇を自由に取得することができます。

また、慶弔休暇やリフレッシュ休暇などもあり、家庭の事情でどうしても休まなければならなくなった場合は休みやすい環境となっています。

子育て・介護のための休暇

小さい子供がいる社員や、要介護の家族がいる社員の場合、事前に申請しておくことで子育て休暇や介護休暇を取得することができます。

さらに、女性社員の場合は、妊娠中の体調不良などで休まなければならなくなったとき、出産休暇などを取得することが可能です。

勤務時間・休日休暇に関する口コミ・評判

完全週休2日制で休日出勤が発生しても、振替で休日を取得できる他、もし、仕事の都合で取得できない場合は賃金として還元されるので良いと思います。

フレックス制度が導入されていることで、自分らしい働き方ができます。私の場合は子供の送り迎えをするために、勤務時間を調整しています。

介護や育児に理解のある制度があるのは素晴らしいです。どうしても休暇が取りたいときは気軽に取ることができるので安心できます。

残業するときは上司に必ず報告し、過剰な労働をしていないかどうか厳しくチェックされます。身体への負担のことを考えてくれているので安心して働くことができます。

社内の教育・研修制度

  • 自己研鑚プログラム
  • キャリアデザイン制度
  • 公募制度
  • グループ合同新入社員研修
  • ブラザー・シスター制度

アサヒビールの教育・研修制度には、新人を丁寧に指導し成長させるためのプログラムが組まれている他、今後のキャリアアップのことを考えたプランがあります。

また、勤続年数が5年以上経過し、仕事のノウハウや知識を持っている社員にもマッチした研修があり、人材教育に力を入れています。

教育・研修制度に関する口コミ・評判

研修のためにかかった費用は最大10万円程度キャッシュバックされたり、資格試験の受験料補助があったりするなど、教育に関するサポートはしっかりしていると思う。

入社時に用意されている研修は充実していました。周りの社員も満足度が高く、様々なことを学べるためモチベーションを上げることができます。

資格取得のために必要なことの講習会や、会社の今後に関する説明会などが開かれ、社員のことを考えた会社だと思います。

教育・研修の種類が豊富なので、自分の学びたいことを自由に学ぶことができます。さらに、費用に関しては会社がほとんど負担してくれるので金銭面の心配はありません。

職場の雰囲気や社風

精神的な負担や、働く上でのやりがい・モチベーションを維持するためにも社内の雰囲気や社風は大切な要素です。

そのため、この段落からは転職前にチェックできるよう、アサヒビールにおける社内の雰囲気・社風に関して紹介していきます。

社員同士の絆を大切にする社風

アサヒビールでは社員が気持ちよく働けるように、社員同士の繋がりを大切にする環境が整えられています。

例えば、部署やグループ間の垣根を越えてコミュニケーションが取れるような研修制度が用意されていたり、先輩後輩が連携して仕事ができるような取り組みがなされていたりします。

誰でも気兼ねなく相談できる雰囲気

上司や先輩であっても気軽に相談できるような雰囲気がアサヒビールの社内にはあり、仕事における余計なストレスが軽減されるようになっています。

また、部署関係なく疑問点があれば相談し、お互いに課題を解決していけるような風通しの良さも特徴となっています。

職場の雰囲気や社風に関する口コミ・評判

社内には優秀な人が多く集まっているので、何か問題が発生したときは多くの人が協力してくれます。また、部署により異なるかもしれませんが、私のいた部署はアットホームな雰囲気がありました。

自分の提案は上司や先輩が聞いてくれるので風通しの良さを感じています。さらに、提案に対していろいろなアドバイスを貰うこともできます。

休みは積極的にとれる風潮があり、上司も嫌な顔せず気軽に休ませてもらえます。

部署内だけでなく部署間でも情報がしっかり共有できているため、余計なトラブルが発生することはあまりありません。

役職や地位の高い人と面談する機会が設けられており、自分の抱えている悩みや問題を聞いてもらうことができるのは良いと思います。

アサヒビールへの転職で役立つ転職サイトorエージェント

アサヒビールのように、業界内でもトップシェアを誇る企業は多くの転職者から人気があるため、転職を希望する場合はしっかりと準備して選考の対策をすることが重要です。

そのため、転職の役に立つ転職サイト・エージェントはチェックしておきましょう。

フードパートナーズ

フードパートナーズ

フードパートナーズは外食産業の転職に強い転職サイトで、飲食に関する様々な求人情報や転職に関する情報が掲載されています。

さらに、転職者を対象にしたインターンも実施しているため、気になる企業があれば参加することが可能です。

掲載されている情報の中には非公開求人もあるため、アサヒビールへの転職を検討している際はチェックしておく必要があります。

Green

green

GreenはIT/Web業界に関する求人を中心に取り扱っている転職サイトですが、アサヒビールではエンジニア関係の職種も多く募集されているため、このサイトにも掲載されることがあります。

さらに、アサヒビールの企業研究ができるように、細かい情報も掲載されています。

また、この転職サイトでは希望する求人だけでなく、自分の持っているスキルや経験なども検索時の条件に加えることができるため、よりマッチしやすい転職先を見つけやすくなっているという特徴があります。

IT・Web転職サイトGreenのサポート内容・口コミ評判
Greenは、IT業界に特化した転職エージェント。中小企業の求人案件が多く、現場でばりばり活躍したいエンジニア向きのエージェントです。東証マザーズに上場しているというのも、かなりうれしいポイントですよね。

doda

doda

大手の転職エージェントサービスとして高い支持を受けているdoda。

優良企業の求人が多い他、転職に関するコンサルタントによる手厚いサポートを受けることができます。

初めて転職を行う方は、転職に関する知識・ノウハウを得るためにも登録しておきましょう。

dodaの使い勝手は?サポートの充実性は?
dodaの利用を検討している方は特に、dodaエージェントのサービス、利用者の評判が気になりますよね。 転職エージェントの中でも、比較的大手転職エージェントであるdoda。 dodaを利用したサービスの使い勝手、特徴、dodaの...

まとめ

アサヒビールは業界内でも有名で大きな企業の一つです。

そのため、企業研究する際は必要な情報が手に入りやすくなっていますが、転職を成功させるには企業に関する情報だけでなく、転職に関する情報(面接のコツや注意するポイントなど)も把握しておかなければなりません。

転職活動を始める際は転職サイトやエージェントに登録して、必要な情報を集められる準備をしておきましょう。

コメント