アマゾンジャパンへの転職は可能?年収・転職難易度・社員の評判を公開

大企業への転職

今や私達の生活に欠かせない存在となったのが、「アマゾンジャパン」です。

今の若者で、Amazonで買い物したことのない人の方が少数派のはず。「ネットショッピングは怖い」なんて言われてたのは、もはや過去の話しです。

Amazonは様々なサービスを提供している、ECサイトの先駆け的存在。注文後1時間で配達される、アマゾンプライムという上級会員サービスで動画見放題、音楽聞き放題など、他のサイトには無いサービスが盛りだくさんです。

そんなアマゾンジャパンは、転職先の企業としても人気が高く、エンジニアをはじめ多くの人が「働きたい」と願っています。

アマゾンジャパン(Amazon)の会社基本情報

まずは、Amazon、そしてそれに伴うアマゾンジャパンという会社の基本情報から学んでいきましょう。

Amazonの成り立ちとアマゾンジャパン設立

Amazonが生まれたのは、1994年の7月のこと。アマゾン・ドット・コムの全身となる「Cadabra.com」が登記されます。

その後、Amazonがウェブサイトとして完成して、テストが開始されたのが1995年の春。そこから2年後にはNASDAQに上場。

そして2000年の11月、とうとうアマゾンジャパンが誕生します。アマゾンジャパンは開設当時、書籍のみ扱っており、「ネット上の書店」としての立ち位置でした。しかしその後取扱品目を増やし、日本最大のECサイトとして広いシェアを誇っています。

アマゾンジャパンの事業内容

アマゾンジャパンの事業内容も知っておきましょう。

…と言っても、アマゾンジャパンのメイン事業は皆さんご存知の通りECサイト運営事業です。

日本最大のECサイト事業

アマゾンジャパンは、一社が独占して運営するECサイトとして日本最大の規模を誇っています。

2億種を越える和書、洋書、CD、DVD、などを扱っており、自社在庫をすべて自社倉庫内で管理しています。

売上高は年々上がっている


引用:アマゾンジャパン公式サイト
アマゾンジャパンは会社設立からずっと、売上高を更新しています。

書店の実店舗経営が危ぶまれるほど、書物の売上が好調だった時代から、現在はアマゾンプライムの収益が大きくなっています。

Amazonのサイトによると、
現状に満足することなく、常に今よりも上を目指す
とあります。

アマゾンジャパンの転職情報

アマゾンジャパンに転職する時、知っておくべき情報を紹介します。

アマゾンジャパンへの転職はそもそも可能か?どのように転職すればいいのか?

調べてみましょう。

アマゾンジャパンへ転職するには?

アマゾンジャパンへ転職するためには、アマゾンジャパンへの転職に見合った転職エージェントに登録することが大切です。

後でまた説明しますが、アマゾンジャパンへの転職はかなり難しいです。まずはその「転職難易度の高さ」を頭に入れておいてください。

外資系企業なので英語能力が求められる部署、職種があり、転職に成功したとしても、その後仕事で成果を求められます。

それでもアマゾンジャパへの転職したいならば、専門の転職エージェントにいるキャリアコンサルタントに相談するのをおすすめします。転職エージェントは過去多くの転職実績があり、キャリアコンサルタントには長年のノウハウを身に着けているからです。

まずは多くの求人を扱う「リクルートエージェント」「doda」などに登録しましょう。

そして合わせて、ハイクラス求人を多数扱っており、ハイキャリア転職が得意な「JACリクルートメント」や「ビズリーチ」への登録もおすすめします。

転職エージェントの使い勝手は、利用者とキャリアコンサルタントの相性に依るところが大きいです。相性の良いキャリアコンサルタントに会えるまで、転職エージェントを渡り歩くのも良いでしょう。

アマゾンジャパンの採用情報

Amazon.co.jpには、「キャリア採用」のページがあります。

そのページを見れば、どの職種が現在募集されているか、参照することができます。その中で、一例をご紹介します。

営業

アマゾンジャパンにおいても重要な営業職。

アマゾンジャパンの営業は、アマゾンジャパンの品揃えを増やすためのセラーサービス部門での営業や、広告部門でメーカーに対して広告やブランディングの提案をします。

営業職への転職は、

  • 3年以上の営業経験、またはコンサルティング経験
  • 長期的、かつ多角的にお客様とWin-Winの関係を築く力
  • 新しいビジネス・マーケットを開拓することへの情熱

などが求められます。英語力があれば、さらに転職しやすくなるでしょう。

リクルーター(採用担当)

ある意味アマゾンジャパンの発展に一番重要なのがリクルーター(採用担当)です。

様々な採用イベントなどを通して、優秀な人材獲得に努めます。中途採用のリクルーターは、複数のビジネス部門を担当して、担当した部門の発展に寄与するポジションです。

リクルーターへの転職には、

  • 3年以上の人事採用経験
  • 優れたコミュニケーション力
  • ビジネスレベルの英語力

が必要となります。

エンジニア

アマゾンジャパンの中核を担うエンジニア職。

アマゾンジャパンには多くのエンジニアが在籍しており、そのポジションの種類も豊富です。

例えばITテクニカルサポートエンジニアは、一般的な企業でいうところの「社内SE」の役割を負います。アマゾンジャパンの拠点におけるITインフラ導入から、社内PCのトラブルシューティングを任されるのです。

社内SEとはいえ、そこは日本最大のECサイト運営会社。仕事のやりがいも大きいものでしょう。

ITテクニカルサポートエンジニアへの転職には、

  • 5年以上のネットワーク管理業務の経験
  • インターネットルーティングプロトコル(BGP,OSPFなど)の知識と経験
  • ルーター・スイッチ(Cisco37xx, 38xx, 45xx, 49xx, 65xx, Nexus, それらに用いられるスーパーバイザー、ラインカードなど)の知識と経験
  • ビジネスレベルの英語力(TOEIC750点以上のレベル目安

などが必要となります。

アマゾンジャパンの中途採用試験内容

アマゾンジャパンへの転職のためには、厳しい中途採用試験をクリアしなくてはいけません。

アマゾンジャパン中途採用選考プロセス

アマゾンジャパンの中途採用における選考プロセスは、

  1. 応募
  2. 応募した情報を元に選考
  3. 選考結果通知
  4. 1次面接
  5. 2次面接
  6. 内定

となります。

厳しい適性検査がある

まず多くの人が「書類選考」の段階で落とされてしまうでしょう。

少しでも選考通過率を上げるためにも、履歴書と職務経歴書はしっかりと作り込んでおきましょう。

その後面接でも、外資系らしい「強いリーダーシップ」や「生産性」を求められるはず。

アマゾンジャパンの転職を無事クリアするためには、転職エージェントのアドバイスを受けつつ、しっかりとアマゾンジャパンに向けた転職対策を立てることが大切になります。

転職難易度は高い?

アマゾンジャパンは勢いのある外資系企業。

転職の人気も高く、応募者も多いためかなり競争率が高く、採用難易度は高いと言えます。

Amazonの転職には「Amazonの求める人物像理解」が必須

アマゾンジャパンへの転職を成功させるには、アマゾンジャパンの企業理念、求める人物像、具体的な事業内容など、アマゾンジャパンという企業を正しく理解しておく必要があります。

事業内容は自分の持っているスキルを活かせる事業か、トップのメッセージに共感できるか否か、求める人物像と自分の持つ特徴がしっかり合致しているか。

本格的に転職活動を進めていく前に、それらをしっかりチェックしておくことが大切です。

その内容を受けて、この後の面接にも活かせるはずです。

Amazon(アマゾンジャパン)への転職に特化した面接対策が必須

アマゾンジャパンほどの大企業とはいえど、転職活動において面接は重要です。

大企業の面接は時に突飛な質問をぶつけてくることがあります。

大企業への転職を扱う転職エージェントを利用して、キャリアコンサルタントから的確な面接のアドバイスをもらうなどして下さい。

過去利用者がアマゾンジャパンへの転職を成功させた実績と、何を質問されるのか、その面接内容のデータがあるのでアマゾンジャパンへの転職が現実的なものになるのです。

ハイキャリア向け転職エージェントに登録して、アマゾンジャパンへの転職の足がかりとしてください。

Amazonへの転職する現実的な手順

Amazon(アマゾンジャパン)への転職ともなると、かなり難易度も高くなります。

そう簡単に、ほいほい転職できるものでもありません。

まず、あなたにアマゾンジャパンで働けるほどの高いスキルがあることが大前提として、Amazonへの転職を成功させるための手順を考えてみましょう。

徹底的にスキルの棚卸し

まずはあなたのスキルを徹底的に棚卸しします。

Amazonへの転職を考えるくらいですから、それまでのキャリアも十分のはず。

それまでのキャリアを総ざらいして、自分には何ができて、何ができないのか。

何をしたくて、今この業界にいたのか。

それをもう一度見つめ直しましょう。

自分のことを十分に理解できてないと、Amazonほどの大企業へ転職することはできないのです。

ハイクラス転職エージェントへの登録

Amazonの求人を見つけるために現実的な方法はやはり「転職エージェントの活用」です。

転職エージェントは独自のラインで求人を集めています。

転職エージェントの中には、大企業のハイクラス求人ばかりを扱うところもあります。

そうしたハイキャリア転職を扱う転職エージェントに登録して、そこで転職活動を進めるのが一番現実的なアマゾンジャパンへ転職するための道筋です。

ハイキャリア転職を扱う転職エージェントといえば、例えば「ビズリーチ」などが良い例です。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。
アマゾンジャパンの求人紹介を受ける

アマゾンジャパンは、常時キャリア採用(中途採用)を受け付けています。

アマゾンジャパンから、「スキルがある」と認められさえすれば、十分中途採用の見込みは見えてきます。

現に、アマゾンジャパンのサイトには、「キャリア採用受付ページ」が存在しています。

キャリアコンサルタントのアドバイスを受けながら転職

アマゾンジャパンほどの大企業へ転職は、そう簡単にいきません。

過去多くの人を大企業の転職に導いてきた、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けて、アマゾンジャパンへの転職へ挑んでください。

他サイトにあった情報からアマゾンの採用難易度を考察

JobQというサイトの投稿で、アマゾン社員がアマゾンの採用難易度について語っているものがありました。

この投稿を元に、アマゾンの採用難易度を考えてみましょう。

投稿によるとこうです。

アマゾンの転職難易度は基本的に高い職種が多いですが、一概に転職難易度が高いとは言えません。

理由としては、アマゾンの中でも営業職やオペレーションなどの職種はスキルよりも経験や人柄を採用基準として設けるため、転職難易度はそこまで高くないと思います。

一方で、エンジニアなどの職種になると、専門的なスキルが採用基準として非常に重要となってくるため、どうしても技術の高い能力のある人材を採用します。ですので、技術職なんかはトップクラスで転職難易度が高いですね。

また英語が必要かどうかも職種によって変わってきますので、職種によって転職難易度は違いといえますね。

確かに、アマゾンのエンジニアに求められるスキルは世界規模の超一流スキル。

しかし営業職などなら、専門スキルよりポテンシャルが重視されるでしょうから、まだエンジニアなどと比べると採用される難易度は低いかもしれません。

転職する職種に強いこだわりがないなら、営業職での転職で採用を狙ってみるのも良いでしょう。

アマゾンジャパンの年収相場

アマゾンジャパン(Amazon)で働く社員の年収相場についても調べておきましょう。

アマゾンジャパン社員の平均年収は857万円でした。(転職サイト調べ)

平均月給に治すと、50万円~70万円と、かなり高い水準ということになりますね。

年代別平均年収

年代別にアマゾンジャパンの平均年収を調べておきましょう。

年代平均年収
20~24歳480万円
25~29歳550万円~600万円
30~34歳560万円~660万円
35~39歳650万円~760万円
40~44歳730万円~860万円
45~49歳830万円~950万円
50~54歳910万円~1000万円

職種によってはインセンティブ報酬が上乗せ

アマゾンジャパンで働く社員の職種によっては、働きに応じたインセンティブ報酬が上乗せされます。

これにより、特定の社員は年収が大幅に上がります。インセンティブが乗る営業の平均年収を見てみましょう。

  • 400~1050万円

ここまで年収幅に開きがあるのです。

インセンティブがつかないとしても、マネージャー職の社員は多くが年収1000万円など、高い年収社員が多いです。

アマゾンジャパン社員の福利厚生

Amazon.co.jp内のキャリア採用ページには、アマゾンジャパンの福利厚生に関するデータもありました。

社会保険完備

アマゾンジャパンは社会保険を一通り完備しています。

アマゾンジャパン健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険と、手厚い保険を受けられます。

社員割引制度

アマゾンジャパン社員は、Amazon.co.jpの商品を社員割引価格で購入することができます。

会員制福利厚生制度

アマゾンジャパン社員は、様々な福利厚生メニューの中から、自分で選んで福利厚生を受けることができます。

イベント

アマゾンジャパン内で開催されるイベントに参加できます。

ファイリーデー、花見、クリスマスパーティーなど。

アマゾンジャパン(Amazon)の休日休暇

アマゾンジャパン社員の年間休日は120日です。

年次の有給休暇は最大14日。その他、生理休暇や産前産後休暇など、様々な休暇制度が整っています。

残業時間

アマゾンジャパンで働く上で気になるのが「残業時間」ですが、一言でアマゾンジャパンの残業時間を説明することは難しいです。

アマゾンジャパンは大きな企業で、部門、部署は広く、それぞれの仕事で残業時間が違うからです。

部署、部門で残業時間が変わる コールセンターは残業代が出ない

部署によっては、あまり残業のない部署もあるでしょう。

しかし、「コールセンター」や「エンジニア」などの部門、部署では、長い残業時間が課せられることも…。

特にコールセンターの仕事は多く、残業時間も出ないという情報が、ネット上にありました。

まとめ

アマゾンジャパンへ転職する際役立つ情報を載せました。

アマゾンジャパンは売上が好調な外資系企業。その転職はかなり難しいと思ってください。

アマゾンジャパンは転職先の企業として高い人気を誇っており、転職希望者も多いですが、多くの人が書類選考の段階で落とされています。

アマゾンジャパンへ転職を希望するなら、転職エージェントのアドバイスを受けながら、適切に転職活動を進めてください。

コメント