アイセイ薬局への転職は難しいのか?アイセイ薬局へ転職したいなら知っておくべき情報

アイセイ薬局 大手調剤薬局への転職

関東圏を中心として多数の店舗を抱えているアイセイ薬局は多くの薬剤師が着目する調剤薬局です。

転職先を考えるときに候補にしたいなら、アイセイ薬局について深く理解をした上で有利に転職できるように準備をするのが重要になります。

これから新たにキャリアを作り上げていきたいという人にとって魅力的な薬局なので詳細を確認してみましょう。

アイセイ薬局ってどんな会社?

まずはアイセイ薬局の基本的な情報を把握しておきましょう。

アイセイ薬局は東京首都圏を中心として広く店舗展開を行っていますが、本社の住所地は「東京都千代田区丸の内2-2-2丸の内三井ビルディング」です。

事業内容

アイセイ薬局が行っている事業の中心は調剤薬局事業です。

アイセイ薬局自身は街中にある小さな薬局を発祥としていますが、それが事業拡大を繰り返すことによってヘルスデザインを手がける形の大きな会社に発展してきました。

その経歴から地域密着型のサービスを展開するのにこだわりを持ち、医薬品を提供することだけにこだわらずにヘルスケア全般を扱うという事業方針を立てています。

健康チェック&相談会やこども薬局、からだゼミナールなどを実施することで、地域の人々に健康への意識を持ってもらえるように情報発信にも力を入れているのが特徴です。充実した設備を整え、安心して調剤をできる環境整備も行っています。

その他事業

アイセイ薬局では薬剤師の業務だけにかかわらず医療全体に関連する事業を展開しています。

医療モールの開発や医師のクリニック開業支援、医療系施設の事業継承の斡旋などのように医療施設を充実させるための取り組みが代表例です。

また、介護福祉所業や薬剤師の派遣事業、障害者自立支援事業なども実施しています。

店舗数

アイセイ薬局は首都圏を中心として全国に344店舗(2018年3月1日時点)を構えています。

東京、大阪、名古屋を中心とした店舗展開が行われてきていますが、北海道から広島に至るまで徐々に地域的にも広がってきているのが現状です。

首都圏での転職を考えるときだけでなく、地方で転職先を探したいという薬剤師にも候補になります。

アイセイ薬局の平均年収

アイセイ薬局で働いている薬剤師の平均年収がどの程度かについても知っておきましょう。

2015年に発表されたデータによると平均年収は528.4万円です。およそ500万円から550万円程度の間で安定した年収の状況が続いてきています。

薬剤師の平均年収が500万円少々ということを考慮すると標準的な給与体制が整っているとわかるデータです。

年代別の平均年収

年代平均月給平均年収
30歳33.0万円466.8万円
35歳36.8万円524.7万円
40歳39.7万円568.9万円
45歳41.5万円596.1万円
50歳42.3万円608.7万円

年代別にアイセイ薬局で働いている人の年収を見てみると着実に年収が上がっていっていることがわかります。

全国平均年収に到達するのは30歳から35歳の間くらいということが理解可能です。

他大手調剤薬局との平均年収比較

社名平均年収
アイセイ薬局528.4万円
日本調剤557.0万円
メディカルシステムネットワーク607.0万円
ウエルシア薬局株式会社451.0万円
総合メディカル株式会社450.0万円
スギホールディングス694.0万円

他の調剤薬局における平均年収と比較してみるとやはり中間的な値であることがわかります。

日本調剤やメディカルシステムネットワークのように最大手の調剤薬局やスギホールディングスのようにドラッグストア経営にも力を入れている会社には劣りますが、調剤薬局の中では比較的良好な年収で働いている人が多いのが魅力です。

アイセイ薬局への転職する方法

転職活動をするときには方法を考えた上で取り組むことが重要です。

アイセイ薬局に転職するためにはどのような準備が必要なのでしょうか。

キャリアパスを考える

転職をするには競合する人たちとの求人の獲得競争に勝つことが重要になりますが、それに加えて自分が選ぶキャリアが適切なのかもよく考えなければなりません。

アイセイ薬局に転職してからのキャリアパスをどうするのかをよく考えてから転職した方が失敗がないでしょう。

そのままアイセイ薬局の中で昇進していくのを目指すのか、もう一度転職して別の現場でキャリアを作り上げていくのかといった多様な考え方があります。

それによってどの店舗での勤務を希望したら良いかも違う可能性があり、入ってからのスキルアップの方針も変えなければなりません。

面接で伝えるべき内容にも差異が生じるのでまずは自分の目標とするキャリアパスを決めるのが重要です。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談する

薬剤師転職サイトの活用が進んできていますが、アイセイ薬局に転職する際にも薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談するのが賢明です。

コンサルタントはキャリアコンサルティングを行ってくれるので、アイセイ薬局への転職をしてからどのようなキャリアパスを進んでいくのかを明確にするためのサポーターになります。

また、転職するために必要な情報を集めるのにも協力してくれるでしょう。面接なども独自の方法で効果的にアピールできるように指導をしてくれるのが一般的です。

完全無料で利用できるシステムになっているので、転職に成功するための重要なサポートとして活用するのが得策と言えます。

アイセイ薬局の採用方針

人材採用の際にどのような方針を持っているかを把握しておくと対策を立てやすくなります。

アイセイ薬局が持っている採用方針について大まかに理解しておきましょう。

アイセイ薬局の求める人材

アイセイ薬局では誠実な気持ちで他者を愛するという理念に基いて社会に健康をもたらすことを目指しています。

経営方針として定めているのが創造性、成長性、知性、社会性の四つであり、薬剤師としてアイセイ薬局で働く上ではこの四つの能力を発揮できる人材であることが肝心です。

特に薬剤師として重要なのがデータに基づいて客観性と効率性のある仕事を行い、地域社会や個々の患者様のために献身的にサービスを提供することです。

そのため、向学心を持ってアイセイ薬局と一緒に成長していく姿勢があることが望まれます。ただ調剤をするだけの人ではなく、ヘルスデザインを行っていく健康ステーションを作り上げる一員としての気持ちを持っていることが重要です。

アイセイ薬局の研修方針

アイセイ薬局では充実した研修制度を整えています。

基本コンセプトとして薬剤師の人材の育成がより良いサービスを生み出し、企業としての成長を促すことにつながるというものを掲げているのがアイセイ薬局の特色です。

研修は一生涯サポートとして位置付け、入社前にも国家試験対策講座やホスピタリティ万度養成を実施しています。

入社後には新人研修を行った後、ステップアップを行えるように薬学専門研修、店舗運営ノウハウ養成、マネジメント力養成といった形で研修が実施されるのが特徴です。

スキルランクによる分類して様々な研修を受講できるようになっていて、在宅実践研修やコンプライアンス研修、薬歴応用研修などの様々なプログラムがあり、自分なりの方向性を持ってスキルを磨いていくことができます。

また、@pharm programというオリジナルのキャリア研修プログラムを持っていて、業務未経験の人でも仕事に携わりやすい体制が整っているのも特徴です。

アイセイ薬局で働く社員達について

アイセイ薬局で働いている社員はどのような人が多いのでしょうか。

働いている人たちからの口コミも参考にしながら、自分が馴染んでいける職場環境が整っているのかを確認してみましょう。

アイセイ薬局の社員平均年齢

アイセイ薬局に勤めている社員の平均年齢は2015年では35.4歳でした。

どの年もほぼこの程度の平均年齢なので参考にしましょう。

アイセイ薬局へ転職・入社した社員からの評判・口コミ

勤務薬剤師29歳男性正社員加藤尚志

私が転職先としてアイセイ薬局を選んだのは調剤に専念したいという気持ちがあったからでした。
ドラッグストアでの販促が苦手だったので、あくまで医療に関わっていく調剤スキルの高い人材として活躍したかったのです。ただ、入社してみるとスキルアップの機会が多く、店舗管理などについても学んで、広く薬局経営にも興味を持てるようになりました。
人々に貢献して初めて薬剤師として働く意義があると気づかせてもらえたお陰で仕事が楽しくなっています。

勤務薬剤師33歳女性正社員村上ひろみ

私は就職して間もなく子育てのために離職してしまったので再就職先に悩んでいました。たった一年半しか働いていない状況で長いブランクを作ってしまったので、ほとんど新人同様として扱ってくれる現場でないと働けないと思ったのです。アイセイ薬局では@pharm programというキャリア研修があると知り、内容を取り合わせて自分に合っていると感じました。私のようにブランクがある人や薬局未経験の人のための研修プログラムだからです。その情報を聞いてもらった転職サイトのコンサルタントに斡旋してもらってキャリア採用に応募し、無事に転職ができました。そして、研修を受けてみると昔に学んだ様々な知識やスキルを思い出すことができて、すぐに現場でしっかりと働けるようになり驚いています。

アイセイ薬局への転職で役立つ転職サイト

アイセイ薬局で働きたいと考えたら、自分にとって役に立つ転職サイトを選び出すことが重要です。

必ずしも転職サイトは一つしか使用してはならないというわけではありません。いくつか登録してみて比較して選ぶのも賢い方法です。その際に候補にできる有名で信頼できる転職サイトを確認しておきましょう。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフはもともと日本調剤グループが運営してきた経歴を持っている転職サイトであり、調剤薬局とのつながりが強いのが特徴です。

ただ求人数が多いだけではなく、個々の薬局とのつながりも強いので情報収集でも条件交渉でも高い信頼性があります。

年収や勤務時間などにこだわりがあるのなら、ファルマスタッフのコンサルタントに相談するのが賢明です。面接への同行サポートもあるので、初めての転職の場合でも安心することができます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は転職したいと考えている薬剤師をサポートする能力が高いコンサルタントが多いことで定評があります。

マイナビグループが培ってきたノウハウと薬剤師の働く業界についての深く広い知識を持ったコンサルタントが育て上げられているため、転職するのが初めてという人も、数度の転職をしてきた人もニーズに合った対応を受けることが可能です。

利用者の満足度が高いことでよく知られているので、他の転職サイトに興味を持っている人も併用を検討すると良いでしょう。

薬キャリ

薬キャリは業界最大手とも言われる転職サイトであり、自分で主体的に転職活動を進めたい人も、コンサルタントを活用したい人も利用しやすくなっています。

発信されている情報の量も質もトップクラスなのが特色です。また、コンサルタントを利用したいときには有名な薬剤師転職サイトのエージェントを同時に3つまで利用できます。

エージェントには相性もあるので、比較して付き合いやすいエージェントを探し出したいという人にとって便利な転職サイトです。

まとめ

アイセイ薬局は調剤薬局としては平均的な年収で雇ってもらえる現場ですが、教育研修制度が充実していてスキルアップをしていくのに向いています。

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談しつつ、自分なりのキャリアパスを考えた上で転職に臨みましょう。うまく転職サイトを活用するのは薬剤師が転職する上での成功の秘訣です。

コメント