転職エージェントとは?どのエージェントを使えばいいのか?

指を立てる女性 転職コラム

「最近転職エージェントって人気だけど、転職エージェントって何するところなの?」

なんて声をよく聞きます。最近は転職エージェントのテレビCMも増えて、以前より一般的になったとはいえ、まだまだ転職サイトとの違いを理解してない人も少なくありません。

私個人としては、転職エージェントをしっかり使いこなして転職活動を進めた方が、はるかに効率的な転職ができると考えています。

転職エージェントを使いこなすためにも、しっかり転職エージェントの基本的な使い方を理解して、数の多い転職エージェントの特徴をしっかり見極めていきましょう!

転職エージェントは、しっかり理解した上で使えばとても便利なサービスですが、間違った使い方をするとむしろ危険な「諸刃の剣」なのです…。

  1. 転職エージェントとは?
    1. 転職サイトとの違い
    2. 転職エージェントの強み
      1. 客観的に転職活動が進められる
      2. 面接のスケジューリングも不要
      3. 非公開求人に応募できる
    3. 転職エージェントのデメリット
    4. キャリアコンサルタントの口車に乗せられるリスク
    5. キャリアコンサルタントを挟むことで転職活動が長引きがち
    6. 市場価値が低いとサービスを利用できないことも
  2. 利用する転職エージェントはここで選べ!
    1. 自分にあった求人があるか
      1. 総合求人型か、業界特化型か
    2. 利用者の満足度が高いか
  3. 転職エージェントを最大限に使いこなすためのテクニック
    1. 連絡をこまめに取る
    2. 転職時期は「なるべく早く」と伝える
    3. キャリアコンサルタントに気に入られる
    4. 転職エージェントは複数利用する
    5. 同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない
  4. 転職エージェント利用の流れ
    1. 登録
    2. エージェントのキャリアコンサルタントと面談
    3. 求人提案
    4. 求人応募
    5. 面接
    6. 内定・退職
  5. 転職エージェントを使うべき人
    1. 転職活動に多くの時間を割きたくない人
    2. 「自分のスキル」に自信がある人
    3. 相談しながら転職活動を進めたい方
  6. 転職エージェントの質を左右するポイント
    1. キャリアコンサルタントとの相性
      1. 求人をゴリ押しするキャリアコンサルタントに注意
      2. 「合わない」と思ったら担当を変えてもらおう
    2. 求人掲載数
    3. レスポンスの早さ
  7. おすすめの転職エージェント
    1. 総合求人型転職エージェント
      1. リクルートエージェント
      2. DODA
      3. パソナキャリア
    2. 業界特化型転職エージェント
      1. エンジニアの転職なら「レバテックキャリア」
      2. 薬剤師の転職なら「マイナビ薬剤師」
      3. 介護士の転職なら「スマイルSUPPORT介護」
  8. まとめ

転職エージェントとは?

まずは転職エージェントとは?という基本的な情報から学びましょう。

転職エージェントは、登録者の転職にまつわるあらゆるサポートをしてくれるサービスです。

転職活動における、「求人提案」「面接のスケジューリング」「面接対策」「給与交渉」「退職のサポート」など、すべてを請け負ってくれます。

これだけ手厚いサービスを受けられるにもかかわらず、基本的に「無料」で利用できるのがメリットです。

転職エージェントは、利用者の入社が決まった段階で、会社から謝礼が支払われます。その謝礼が転職エージェントの儲けとなるのです。

転職エージェントにはサポートしてくれる、キャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動を進められるので、個人で転職活動を進める場合と比べて単純に楽ですよね。

転職サイトとの違い

ネット上で行う転職活動といえば、最近はすっかり「転職サイト」を使った転職が一般的になっていました。

転職エージェントと転職サイトがもっとも違うのはやはり、「キャリアコンサルタントの有無」でしょう。

キャリアコンサルタントがいることで、転職活動のサポートがとても手厚いものになります。

転職エージェントの強み

上で「キャリアコンサルタントがいること」の強みをご紹介しましたが、もっと細かく「転職エージェントのメリット」を調べてみましょう。

客観的に転職活動が進められる

キャリアコンサルタントと一緒に転職活動を進めることで、客観的な「第三者視点」で転職活動を進めることができます。

転職活動において大切なのが、まず「スキルの棚卸し」です。

自分にはどれくらいの市場価値があり、どんな転職先を選ぶことができるのか。

そういった要素を、転職エージェントを使うことで「客観的に判断」することができます。個人の判断だけで転職活動を進めるのは、どこかの判断を誤るなど、多くのリスクを伴います。

面接のスケジューリングも不要

キャリアコンサルタントが、応募先企業との面接のスケジュールも調整してくれます。

これが個人での転職活動なら、自分でメールを送って面接の日取りを決めて…とやることを考えると、転職エージェントならかなり時間の有効活用ができそうですよね。

非公開求人に応募できる

転職エージェントは、登録者にしか公開しない「非公開求人」を多く扱います。

どうして求人を公開しないかというと、公開することによって応募者が殺到する、採用側のコストを減らす、などがその理由です。

本当に応募者を絞りこむため、非公開求人には良い条件の求人も多いです。

転職エージェントに登録すれば、この「条件の良い求人」への応募が可能になるという、大きなメリットがあります。

転職エージェントのデメリット

つらそうな女性社員

メリットの裏にはいつもデメリットがあるもの。

転職エージェントも、利用するにあたって「デメリット」ももちろん存在します。

キャリアコンサルタントの口車に乗せられるリスク

キャリアコンサルタントは、担当した人を内定に導いた段階で「成果」となります。

成果を得られていないキャリアコンサルタントは、ノルマに焦って「求人の押し売り」をしかねません。

本心では「イマイチだな」と思った求人も、ノルマに焦っているコンサルタントは、あの手この手で押し売りしてくるかもしれません。

キャリアコンサルタントを挟むことで転職活動が長引きがち

転職エージェントを利用すると、企業側との連絡で一度転職エージェントを介するので、やりとりに時間がかかります。

また、逐一キャリアコンサルタントと連絡して面談を行いがら転職活動が進むので、転職活動が長引いてしまいがちです。

さくっと転職活動を追わせてしまいたいなら、転職エージェントを利用するべきではありません。

市場価値が低いとサービスを利用できないことも

転職エージェントは、利用者の経歴、スキルをみて「求人を提案」します。

しかし転職エージェントからみて、あまりにも市場価値が低い、と判断した時点で求人の提案を受けるのが難しくなります。

せっかくキャリアコンサルタントと相談しながら、非公開求人を含んだ選択肢から求人を探したいと思っても、転職エージェントの求める条件にあってなかった時点で、その願いは果たされないのです。

利用する転職エージェントはここで選べ!

転職エージェントにも数があり、それぞれ違った特色があります。

そしてそれぞれ、強みと弱みが存在するので、しっかりと利用する転職エージェントを決める際比較するべきポイントがあります。

どこを比較するべきか?調べてみましょう。

自分にあった求人があるか

転職エージェントを使う目的は、なにより「求人を探すため」です。

そしてその求人も、自分の求める条件にマッチした求人でないと意味がありません。

ということで、求人で転職エージェントを比較する段階で、「自分にあった求人があるか」を起点に探しておくべきです。

総合求人型か、業界特化型か

転職エージェントには2つのタイプがあります。求人のジャンルに縛られず、色んな業界の求人を取り扱っている「総合求人型」の転職エージェントと、特定の業界に特化している「業界特化型」の転職エージェントがあります。

どちらが優秀とかそういった話ではなく、単純に自分の目的に沿って使い分ければいいというだけの話です。

様々な業界の求人を見たいなら総合求人型、自分がどの業界へ転職するか決めてあるなら、その業界に特化した転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

利用者の満足度が高いか

その転職エージェントの使い勝手を知る一番の方法はやはり、実際に転職エージェントを使った人の残した「口コミ」を見ることです。

どれだけネット上に転がっている情報で良いことばっかり書いてあっても、実際に使ってみたら全然違った…なんてことになったら元も子もありません。

実際に利用した人の残したリアルな口コミを探して、その口コミを参照してから、自分が使うかどうかを決めてください。

転職エージェントを最大限に使いこなすためのテクニック

若者

転職エージェントは、しっかりと使い方に気をつけてないと、100%その実力を引き出せません。

しっかりと、転職エージェントを使いこなすコツを抑えておきましょう。

連絡をこまめに取る

転職エージェントは、こまめに情報を更新している人を優先して、サービスを提供します。

つまり、更新がなかった段階で、無条件で転職エージェントからのサービスは「後回し」になってしまうということ。

転職エージェントは、成約につながりやすい、「転職に前向き」な人を優先します。長い間更新がないだけで、「転職に乗り気ではない」と判断されてしまうのです。

転職時期は「なるべく早く」と伝える

繰り返すようですが、転職エージェントは「成約につながりやすい人」を優先します。

転職時期を、なるべく早く、条件が合えばすぐにでもとしている人が、転職エージェントにとって優先される人です。

「転職時期」を聞かれた「すぐにでも」と答えるようにしてください。

キャリアコンサルタントに気に入られる

キャリアコンサルタントだって人間です。

個人的に気に入る人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

当然、気に入られた人のほうが、手厚いサービスを受けられるはずです。できれば、キャリアコンサルタントに好感を覚えてもらい、「優遇」を受けるための努力をしたいです。

転職エージェントは複数利用する

転職エージェントには、強みと弱みがあります。

その強みと弱みを打ち消しあえるような、「転職エージェントの同時利用」をおすすめします。

例えば「求人の種類と数が多い転職エージェント」と、「求人数こそ少ないがキャリアコンサルタントの質が高い転職エージェント」をあわせて使うといった具合です。

同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない

転職エージェントは複数利用が基本と言いましたが、「複数の転職エージェントから1つの案件への応募」はNGです。

複数の転職エージェントから応募があった段階で、企業側への不信感を与えてしまうので「不採用」となってしまいます。

企業側からそれぞれの転職エージェントへの不信感につながるので、それ以降転職エージェントから求人の提案を受けられなくなるリスクにも繋がりかねません。

転職エージェント利用の流れ

ここで、実際に転職エージェントを利用する時、どんな流れで利用を開始して、内定にまで至るのかという流れを確認しておきましょう。

登録

それぞれの転職エージェント公式サイトから、利用情報を登録します。

間違えて「転職サイト」への登録を行ってしまうと、エージェントサービスを利用できなくなってしまうので、「今自分はエージェントサービスへの登録をしている」ことを今一度確認してください。

エージェントのキャリアコンサルタントと面談

登録が済んだ段階で、転職エージェントから面談の連絡が届きます。

面談では、担当するキャリアコンサルタントに「現時点のスキル」など、様々な話題について話し合います。

どこがPRポイントなのか、転職するとしたらどれくらいの規模の企業から内定が出そうか、どうして転職しようと思ったのか、など細かい質問に答えながら面談は進んでいきます。

面談は、実際の転職エージェント本社で行われます。本社にて、キャリアコンサルタントに希望を伝えて、その希望にそった求人をコンサルタントが探してくれます。

求人提案

キャリアコンサルタントが、面談で伝えられた条件に見合った求人を探してくれます。

転職エージェントによっては、大手企業の求人を紹介してくれる場合もありますし、厳選したベンチャー企業の求人を紹介してくれるところもあるでしょう。

求人応募

その求人を、登録者側が気に入ったなら、実際に求人へ応募して選考が始まります。

応募の前にも、企業に提出する書類の細かい添削などが入ります。提出書類作成に自信ない方は、この添削はありがたいですよね。

面接

書類を提出したら、実際に面接となります。しかしこの面接の前にも、しっかりと面接対策をキャリアコンサルタントと一緒に行います。

面接の出来如何も、当然転職活動の成功に大きく関わってきます。

合否結果を大きく左右する!転職面接のマナー
転職面接でのマナーは、実は転職活動の合否に大きく関わります。面接のマナーで減点されてしまうのはあまりにもったいないです。

内定・退職

書類、面接で問題がなければ、無事内定が出ます。

内定が出た後の、退職にまつわるサポート、内定後働きやすく鳴るサポートも、転職エージェントから受けることができます。

転職エージェントを使うべき人

パソコンの前で悩む男性

どんな人が、転職エージェントを使った転職を行うべきなのか。

転職エージェントを使うべき人の特徴も知っておきましょう。転職エージェントを使うだけでなく、転職サイトを使うなど、多くの選択肢があります。

転職エージェントを使うべきでない人も多いのです。

転職活動に多くの時間を割きたくない人

転職エージェントを使うと、キャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動が進むこともあり、転職活動に無駄がなくなります。

転職活動自体に、そこまで多くのリソースを避けないと考えている方こそ、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

「自分のスキル」に自信がある人

転職エージェントは、市場価値の低い人の転職サポートに消極的です。

転職エージェントから手厚くサービスを受けることができるほどの、「自慢できるスキル」に事欠かない方は転職エージェント利用が向いています。

スキルの棚卸しにそこまで苦労しない方はぜひ、転職エージェントを使った転職活動を行いましょう。

相談しながら転職活動を進めたい方

転職活動そのものに不安を感じている方、どのような流れで転職を進めていくべきかわかりかねている方は、転職エージェントを上手に使ってください。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントがいます。一人きりで転職活動を行う必要はないのです。

特に、はじめての転職…なんて方は、転職活動に不安を感じてるのではないでしょうか?キャリアコンサルタントは、転職のプロです。あなたの転職を効率的にアシストしてくれるでしょう。

転職エージェントの質を左右するポイント

転職エージェントを比較するには、まだまだ判断材料が足りていません。

転職エージェントは、どんなところで「質が高い」「質が低い」か判断されるでしょうか。

キャリアコンサルタントとの相性

突き詰めていけば、転職エージェントの使い勝手は、利用者とキャリアコンサルタントの相性で決まります。

どれだけ求人が多い転職エージェントでも、自分に担当してくれたキャリアコンサルタントとの相性がいまいちでは、そのエージェントが使いやすいとは言えません。

求人をゴリ押しするキャリアコンサルタントに注意

転職エージェントによっては、求人情報をゴリ押ししてくる転職エージェントも少なくありません。

上でも述べたように、キャリアコンサルタントによっては「利用者を内定に導く」という、個人の業績に焦っている人もいます。

そういったキャリアコンサルタントは、「求人をゴリ押し」してくる場合があります。

「合わない」と思ったら担当を変えてもらおう

ゴリ押ししてくるキャリアコンサルタント、単純に話していて「なんだかな」と思ったキャリアコンサルタントは、遠慮なく担当から変えてもらいましょう。

転職エージェント側も商売ですから、利用者を第一に考えてくれるはずです。「担当を変えて欲しい」という要望に「NO」とは言ってこないはずです。

求人掲載数

単純に「求人掲載数が多い転職エージェント」は優秀です。

それだけ多くの求人を抱えているということは、その企業が「企業からの信頼を集めている」ということです。

たいてい多くの求人を扱う転職エージェントの親企業というのは、リクルートのような「大企業」が多い印象です。

レスポンスの早さ

レスポンスが早いか遅いかも、転職エージェントの質を左右するポイントです。

優秀な人は、LINEやメールの返信が早い、なんて聞いたことがありますが、転職エージェントも同じです。

大規模な転職エージェントになるほど、多くの利用者を抱えているものですが、

おすすめの転職エージェント

ではここから、具体的にどの転職エージェントがおすすめなのか。

総合求人型の転職エージェントと、業界特化型の転職エージェントにセンテンスを分けてご紹介します。

とはいえ、この他にも転職エージェントはたくさんあります。あくまでここの情報は参考にして、転職エージェントを利用する際には、もっと多角的にエージェントを比較した上で決定してください。

【転職成功者に聞いた】口コミで評判のいい転職サイト・エージェントランキング
誰しも、利用する転職サイト・エージェントは、利用者からの口コミで評判の良いサイトとエージェントを希望するはず。 確かにその狙いは正しいです。転職サイト・エージェントの真の使い勝手を調べるには、ネット上の特徴や、公式サイトの情報を見ても...

総合求人型転職エージェント

まずは、総合求人型転職エージェントからご紹介します。

総合求人型の転職エージェントの特色は、とにかく掲載求人の数が多いことです。そのため、すでに転職先の業界、業種が決まっているとしても、総合求人型の転職エージェントなら目当ての求人が見つかる可能性は十分にあります。

業界特化型の転職エージェントをすでに利用しているとしても、総合求人型の転職エージェントの利用も検討してみてください。

リクルートエージェント

業界最大手の転職エージェントが、このリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人はとにかく多く、他の転職エージェントとは桁違いです。

しかしだからこそ、一つの業界への理解が薄くなってしまいかねないリスクもあります。そして、キャリアコンサルタントも、人によって対応がまちまちだという声も聞きます。

リクルートエージェントだけでなく、いくつかの転職エージェントを使い分けて利用しましょう。

リクルートエージェントの使い勝手はいい?サポートの充実さは?
転職業界ナンバーワン転職エージェント、リクルートエージェントの紹介です。業界ナンバーワンの求人数と、業界ナンバーワンの実績を持つ転職エージェントですから、利用者の幸せな転職をきっとアシストしてくれるはずです。

DODA

DODAは、基本的に転職エージェントではなく、「転職サイト」です。

転職サイト登録者の中で、希望者にのみ「エージェントサービス」を利用できる仕組みです。

DODAも、リクルートに次ぐ利用実績と、利用者、求人数を抱える転職エージェント。

登録しておく価値は十分にあります。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアコンサルタントに定評のある転職エージェント。

他の転職エージェントと違い、一人ひとりに丁寧で長時間の面談を組んでくれるため、転職のミスマッチを防ぐことができるのです。

しかし、他の大手転職エージェントと比べると求人数で劣るため、複数の転職エージェントとの複数利用がおすすめです。

パソナキャリアの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職サイトや転職エージェントへの関心が一段と高まる中、パソナキャリアもその一角として人気があります。業界内でも、その歴史の長さには定評があり、これまでにも多くの転職希望者の求めに応えてきた実績があります。 パソナキャリアの詳細 求人...

業界特化型転職エージェント

続いて、特定の業界に特化した転職エージェントを紹介します。

業界特化型の転職エージェントが優れているのは、何より「在籍しているキャリアコンサルタントが業界に精通している」ことです。

業界知識に通じているので、こちらの出した専門知識、専門的なニーズにもしっかり対応してくれます。

エンジニアの転職なら「レバテックキャリア」

エンジニアの転職に強い、IT業界の転職エージェント代表が「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、IT業界の知識が豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍しています。レバテックキャリアを通して転職することで、「キャリアアップ」「労働環境改善」など、エンジニアの様々な転職ニーズに対応が可能です。

レバテックキャリアのサポート内容・口コミ評判
IT特化型の転職エージェント「レバテックキャリア」の説明をした記事です。他のIT特化型よりもさらに丁寧な面談、キャリアコンサルタントの高い質など、レバテックキャリアがエンジニアから評判が高いポイントも説明しています。

薬剤師の転職なら「マイナビ薬剤師」

薬剤師の転職を考えている方におすすめの転職エージェントが「マイナビ薬剤師」です。

大手人材企業「マイナビ」の運営する、薬剤師業界特化型の転職エージェントなので、その信頼感も抜群です。

転職ニーズが強く、求人も多く見極めが難しい薬剤師業界、業界特化型の転職エージェントをしっかりつかいこなしましょう。

マイナビ薬剤師は使うべき?利用者の口コミから強みを解説
マイナビが運営する薬剤師転職サイト、マイナビ薬剤師の使い勝手について説明したページです。マイナビ薬剤師のコンサルタントは優秀か、マイナビ薬剤師の求人情報は多いのか、質は高いのか、それぞれ解説します。

介護士の転職なら「スマイルSUPPORT介護」

介護士転職エージェントでおすすめなのが、スマイルSUPPORT介護です。

全国の薬剤師求人に対応しているので、Uターン、Iターン転職にも対応。高い質を誇る非公開求人も魅力的です。

利用者満足度も高く、多くの人の転職を後押しした転職エージェントです。

スマイルSUPPORT介護の評判、口コミ!サイトのメリット・デメリットも紹介
スマイルSUPPORTは求人数が多く、利用者満足度の高い介護士転職サイト。 カバー地域、カバーしている雇用形態、求人ニーズも広く、幅広い人がスマイルSUPPORTでの転職に満足度しています。 利用開始から、転職までにかかる時間が...

まとめ

いかがだったでしょうか。

「転職エージェントとは?」「転職サイトと転職エージェントの違いは?」

など、細かい疑問について説明してきました。

転職エージェントは、何も知らない状態で使いこなすことができるほど、単純な作りではありません。

それぞれの違い、転職エージェントを使いこなすコツなどをしっかり抑えた上で、自分にぴったりな転職エージェントを「いくつか」選び、その転職エージェントを使いこなして転職活動を進めてください。

コメント