転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術

書類を書いているスーツ姿の女性 転職コラム

転職エージェントを最大限に活用すると転職の成功率は飛躍的に向上します。どのような使い方ができるのかを知り、万全の体制を整えてから利用を始めるのが大切です。どのエージェントを選ぶかも成功率に大きな影響があります。

キャリアコンサルティングの活用が重要

転職エージェントを利用する上で重要なのがキャリアコンサルティングの活用です。

面談を申し込んで、自分がどのようなキャリアパスを歩んでいきたいのかを話し、具体的なキャリアプランを作り上げることができます。転職をして成功するためには転職先で納得のできる仕事ができなければなりません。

仕事を通して目指すものは何かを考えて、適切な転職先の候補を紹介してもらえる仕組みになっています。詳細な打ち合わせをすると正しくマッチングをしてくれるため、納得できる転職先を見つけて成功できる可能性が飛躍的に高まるのが特徴です。

初回の面談は面接試験と考える

転職エージェントを利用するときには最初の面談が面接試験だと考えて覚悟を決めて臨むことが必要です。

エージェントは企業への人材紹介を行っている立場でもあるので、詳細に人材の良し悪しを吟味しようとしています。初回の面談ではエージェントとして行っている取り組みや提供しているサービスの説明もありますが、転職を希望する理由や具体的な職種、自分の能力や資格などについての説明も求められるのが一般的です。

このタイミングで自分の転職先についての要望を正しく伝えるだけでなく、キャリアや知識、技術などについて理解してもらわなければなりません。

面接の予行演習

これには面接に臨むときに必要になる社会マナーや言葉遣い、姿勢や話しぶりなどについても含まれています。それに加えて、転職に対する意欲が高いことを示すのも必須です。転職エージェントをやる気にさせなければ、積極的に求人を紹介してもらえなくなってしまいます。

エージェントとしては速やかに転職を決めてくれるに越したことはなく、主体的に転職したいと望んでいる人にほど尽力してくれるのが通常です。

事前に目的と条件を考えるのが必須

面談に行く前に行っておく準備として転職の目的と転職先に求める条件は決めておくのが必須です。

キャリアコンサルティングを受けて決めようと考えていると、自分が想定していなかった転職先に行くことになってしまう場合もあります。それが結果的に良い場合もありますが、エージェント側に意図があって誘導尋問されてしまったのではないかと後から後悔することになりかねません。

自分の転職に対するモチベーションを伝えておく

また、面談のときに目的をはっきりと伝えられるとエージェントからの印象が良くなり、転職に積極的な姿勢があると理解してもらうことが可能です。条件も明確であればエージェントも求人を選び出しやすく、付き合いやすい相手だと考えてもらえます。

これによってエージェントとの関係を良好な形で整えやすくなり、困ったときや要望があったときに伝えやすくなるのが魅力です。

複数のエージェントに登録する

転職エージェントを利用するときには複数に登録するのが基本です。

一人のエージェントを選んだときには相性が良くなくて失敗したり、自分の能力を理解してもらえなくてマッチングができなかったりする場合があります。

転職エージェントを比較しながら利用できる

複数のエージェントに登録して相談してみると、それぞれの良し悪しを比較できるようになり、より良いパートナーを探し出せるのがメリットです。

また、それぞれから求人の紹介を受けられるので魅力的な転職先が見つかりやすくなります。

大手と地元密着型は併用する

複数のエージェントを利用するときに重要になるのが選び方です。基本的には大手と地元密着型の両方を使うのが効果的であり、両方のメリットを生かした転職ができます。

大手エージェントはカバーしている地域が広い

大手のエージェントは圧倒的な求人数があるのがメリットであり、広い地域から最適なものを選び出せる可能性が高いのが特徴です。一方、地元密着型のエージェントは企業とのつながりが強くて、社内事情について詳細な情報を抱えていることが多くなっています。

そのため、残業の状況などの社内の実情について調べてもらいやすいのがメリットです。

書類作成や面接の準備のサポートも受ける

転職に成功するためには採用を勝ち取れなければなりません。

そのためには、履歴書や職務経歴書などの応募資料を適切かつアピール力があるように仕上げることが必須です。そして、面接でも面接官の心を引くような応答ができなければなりません。

その準備についても転職エージェントのサポートを受けるのが重要になります。ノウハウを十分に持っているだけでなく、相手方の企業をよく理解しているエージェントに相談すると本番に近い内容の面接練習すらできるので大きな助けになるのです。

良いエージェントを積極的に活用するのが成功の鍵

エージェントを使って転職の成功率を上げるためには良いエージェントを選び出し、積極的に活用するのが大切です。

エージェントをやる気にさせる努力を初回の面接から怠らないようにし、種類の異なるエージェントを複数利用するのが基本になります。採用の内定を獲得するまでは細かなところまでサポートを受けるようにすると成功率が飛躍的に高まるので利用できるサービスを最大限に利用するのが大切です。

コメント