50代が介護職への転職を成功させるには?50代ならではの強みも解説

50代が介護職への転職を成功させるには?50代ならではの強みも解説-アイキャッチ 介護士転職コラム

「50代で介護職に転職するのは流石に遅い?」
「50代の転職には介護職が良いって聞くけど、理由を知りたい!」

50代から介護職へ転職を考えている方には、上記のような疑問もありますよね。

一般的に50代で転職をすることは難しいと言われていますが、介護業界であれば転職できます。

介護業界には50代で活躍している職員も多くいるので、50代の転職でもキャリアアップの機会も多いです。

未経験でも50代だからこそ活かせる強みがあるので、諦める必要はありませんよ。

そこで今回は50代でも介護職に転職できる理由や50代だからこそ介護職で活かせる強みについて詳しく解説します。

また、50代が介護職に転職するメリットやデメリット、おすすめの職場も紹介します。

記事の後半では50代が介護職に転職する際のポイントやよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

50代でも介護職に転職できる理由とは?

50代だと一般的に転職は難しいと言われているので、介護業界への転職も厳しいのではと考える方は多いですよね。

しかし高齢化が進むにつれ介護必要者は増加傾向にあるため、介護業界は人手不足に陥っています。

必要なサービス量も増えたことで、人材を欲している職場が多いため、50代でも問題なく転職できますよ。

特に近年は介護職への需要が高まっている傾向にあるので、他の業界に比べて介護業界は50代や未経験の方も転職しやすいでしょう。

実際に50代から介護業界に転職する方は多く、介護業界では50代の方もたくさん活躍しているので安心ですね。

ちなみに、介護労働安定センターの令和元年度介護労働実態調査における、介護職の性別と年齢の割合は以下の通りです。

性別20歳未満30歳未満40歳未満50歳未満60歳未満60歳以上
男性0.3%13.3%29.2%27.3%14.1%11.9%
女性0.3%6.0%13.7%24.1%25.9%25.5%

上記の表からわかる通り介護職として働く50代以上の割合は全体の約4割にものぼります。

介護業界では50代でも活躍できる環境が整っているので、安心して転職可能ですね。

引用元 : 公益財団法人 介護労働安定センター

50代の介護職の平均給与ってどれくらい?

50代で介護職に転職できると分かりましたが、実際給与面は非常に気になりますよね。

特に50代であれば、前職である程度給与をもらっていた方も多いと思います。

介護職に転職することで給与が大きく下がる場合は、将来への不安もあるでしょう。

そこで介護職の50代の平均給与について紹介するので、参考にしてみてください。

50代の介護職の給与は働く施設によっても異なりますが、男性であれば350万円程度、女性は320万円程度が平均です。

未経験から始めるのであれば、上記の平均給与よりも下回る可能性も高いので気をつけましょう。

介護職の平均給与は他の業界に比べて低いと感じる方も多いと思うので、自分の生活にとって問題ないのか確認が必要ですよ。

介護士の年収はなぜ低い?年収を上げるには?

50代で介護職に転職する強みを紹介!

50代でも介護職に転職できることが分かりましたが、50代からでも本当に活躍できるのか不安ですよね。

そこでこのトピックでは50代が介護職に転職することで、活かせる強みについて以下の点を紹介します。

50代の介護職への転職にはおすすめの理由があるので、ぜひチェックしておきましょう。

  • 50代の強みこれまでのキャリア経験を活かせる
  • 対人スキルが備わっている

では、上記の強みをどのように活かせるのか紹介します。

介護士向けの転職サイト・転職エージェント!後悔しない転職をしよう

①これまでのキャリア経験を活かせる

50代であればこれまでの仕事人生において、企画や営業、管理職など様々な経験をした方が多いですよね。

40代までとは異なり、50代にもなるとキャリアも人生も豊富な経験があります。

50代までに培った全ての経験を介護職では存分に活かせるので、大きな強みとなりますよ。

例として、管理職の経験がある方であれば最初から管理職候補として雇われることもあります。

管理職になるには基本的に職場で経験を積む必要がありますが、すでに管理職として働いていた方は短期間でのキャリアアップも可能でしょう。

また、企画の経験はレクリエーションの考案にも繋げられ、営業での運転技術は介護者の送迎に活かせますね。

介護職には書類作成の仕事もあるので、事務作業が得意な50代も安心です。

あらゆるスキルが必要な介護職には、キャリア経験が豊富な50代は歓迎されますよ。

②対人スキルが備わっている

50代の方だと仕事でもプライベートでもあらゆる年代の方との付き合いも経験していますよね。

介護業界では対人スキルが非常に重要になるので、コミュニケーション力を培っている50代の方は大きな強みを持ちます。

介護者にはあらゆる性格の方がいるので、一人一人に合ったコミュニケーションの見極めが必要です。

対人スキルがなければ、介護者相手にどう接すれば良いか分からない場面も多いです。

介護をするにあたって、介護者からの信頼を得ることが大切ですが、上手くコミュニケーションが取れないと関係性も深まりません。

そのため対人スキルが高い50代の強みは、介護職において大きなメリットになりますよ。

50代から介護職を始めるメリットとデメリット

50代でも介護業界への転職は可能ですが、やはり年齢や年収を考えると踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

50代からの転職は大きい決断なのでどうしても慎重になりますよね。

介護職が本当に自分に合っているのかを確かめるためには、50代で介護業界に転職するメリットとデメリットを知ってく必要があります。

今回は以下のメリットとデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メリットデメリット
  • 長50代からでもキャリアアップが目指せる
  • 未経験でも挑戦しやすい
  • 自分の経験を活かした施設が選べる
  • 50代の体力面に不安がある
  • 若い上司との付き合いが難しい

ではメリットとデメリットについて、詳しく解説します。

50代で介護業界に転職するメリット

50代で介護業界に転職するメリットは主に以下の通りです。

  • メリット50代からでもキャリアアップが目指せる
  • 未経験でも挑戦しやすい
  • 自分の経験を活かした施設が選べる

ではそれぞれ詳しく紹介します。

①50代からでもキャリアアップが目指せる

50代で転職する場合、どのようなキャリアプランが形成できるのか不安を持つ方は多いですよね。

一般的な業界であれば、50代や未経験で転職するとキャリアアップしにくいことや長く働けないこともあります。

しかし介護業界では50代で活躍している方も多く、資格取得などで十分にキャリアアップが狙えます。

また、介護業界の定年は基本的に60歳から65歳であり、介護職の需要は将来的にも続くと期待されるので仕事にも困りません。

50代からでも10年以上働けるとなると、理想のキャリアプランも立てやすいですね。

ちなみに50代無資格で介護業界に転職する場合は、まず資格取得を目指すことがおすすめです。

介護職として働く場合、最終的にケアマネージャーを目指す方も多いですが、ケアマネージャーになるには無資格から最短8年かかります。

50代の無資格から始めても5年ほどは資格を活かして働けますよ。

②未経験でも挑戦しやすい

介護業界は未経験でも挑戦しやすい業界です。

特に50代であれば、これまでのキャリア経験や人生経験を活かせるので未経験でも十分に活躍できるでしょう。

他の業界だと50代未経験で転職することは難しいので、未経験でも挑戦できることは大きいメリットですね。

ちなみに未経験で介護業界に転職する場合は、教育環境が整っている施設を選びましょう。

職員数が極端に少ない場合や、教育制度が整っていない職場だと、仕事を覚えるのに時間がかかってしまいます。

例えば資格取得制度が整っている職場や職員数が多い大規模施設は、教育環境が整っているのでおすすめですよ。

③自分の経験を活かした施設が選べる

介護業界と言っても実際に働く職場は幅広く、あらゆる施設があります。

主な介護施設の種類は以下の通りです。

  • 介護施設の種類特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービス

上記の他にもあらゆる施設があり、自分の強みを活かせる施設を選べます。

また、訪問介護など施設がなく介護を必要とする方の家に直接訪問するタイプの仕事もあります。

訪問介護であれば、50代の対人スキルを存分に活かして一人一人に合わせた対応が可能です。

また、グループホームであれば50代までに身につけたあらゆる家事スキルを活かせますし、デイサービスでは運転技術も活かせます。

上記のように介護業界の職場には種類があるので、50代までに身につけた強みに適した職場が多いです。

転職活動の際にも大きなアピールポイントになるのは嬉しいメリットですね。

50代で介護業界に転職するデメリット

50代で介護業界に転職するデメリットは主に以下の通りです。

  • デメリット体力面の不安が大きい
  • 若い上司が増える

ではそれぞれ詳しく紹介します。

①体力面の不安が大きい

介護職は想像以上に退職が必要となる仕事です。

そのため、50代で転職をする場合体力面で不安を抱える方が多いでしょう。

元々体力に自信がない方や身体に悪い部分がある方は、満足に介護職として働けない可能性があります。

自分の健康や体力を考慮して、働けるのかもう一度考えてみましょう。

介護職の主な仕事内容は、介護を必要とする方の身体介助です。

身体介助では、身体が不自由な方の移動や入浴などのサポートを行います。

一人の人間を支えることは意外と難しく、介護職の方には腰痛持ちの方も多くいます。

50代だと身体的に不利があることは、介護職を始める上でのデメリットなので、把握しておきましょう。

最初は無理せず自分に出来る範囲で仕事に取り組むことが大切ですよ。

②若い上司が増える

介護業界には50代以上の職員も多いと紹介しましたが、50代以下の職員ももちろんいます。

そのため、自分より若い職員が上司となる可能性も高いため、年下上司との付き合いが必要です。

中には年下上司との接し方が難しいと感じる方や、年下上司に指図されることが嫌だと感じる方もいます。

年下上司と上手く付き合えない方にとっては、大きいデメリットでしょう。

特に50代未経験で入る場合、仕事に関して教えてもらうことや質問したいことは多いですよね。

自分が教えてもらう立場として、年下の上司とコミュニケーションを取る必要があることを把握しておきましょう。

介護職の転職でよくある後悔とは?後悔しないための方法も解説

50代で介護業界に転職する際のポイント

介護士の女性 ワンポイント

50代でも介護業界には転職できると紹介しましたが、準備をせず闇雲に応募をしていては、転職活動が進まないという状況にも陥るでしょう。

介護業界への転職でも、事前に気をつけるべきポイントを抑えておくことが重要です。

そこで50代の介護業界への転職を順調に進めるためのポイントについて、以下を紹介します。

ぜひチェックしておきましょう。

  • ポイント働く施設の種類や働き方を決めておく
  • 妥協できる点と譲れない点を明確にする
  • 50代の人がどれくらい働いているのかを確認する
  • 資格取得支援制度が整っている職場を選ぶ

①働く施設の種類や働き方を決めておく

50代で介護業界に転職する際に重要なことは、自分に合った施設や働き方を選ぶことです。

自分の強みをどのように活かせるか考えてみましょう。

介護職として働く施設は種類が多いですが、例えば夜勤がある施設に応募して夜勤にはあまり入れない方だと、採用されにくいですよね。

50代であればできるだけ夜勤に入りたくない方や体力面で夜勤が厳しい方も多いと思います。

そのため、夜勤が基本的にないデイサービスやこれまでの経験を活かせる施設を選びましょう。

また、介護職の働き方は正社員のみではなくパートや派遣もあるので、理想の働き方を決める必要もあります。

パートや派遣であれば自分の生活スタイルに合わせた働き方も可能で、就職もしやすいですよ。

②妥協できる点と譲れない点を明確にする

50代で転職するとなると、これまでの社会人人生から妥協できないポイントも多いと思います。

例えば正社員じゃないと嫌だ、年収が下がるのは嫌だ、福利厚生が整っていないと嫌だ、などです。

しかし50代の転職において、自分の理想全てに適した職場を見つけることは難しいでしょう。

そのため事前に絶対に譲れない点と、妥協しても良い点を明確にすることで、職場を探しやすいですよ。

特に50代であれば、雇用形態や年収にこだわると求人も少なくなりがちなので、気を付けましょう。

③50代の人がどれくらい働いているのかを確認する

50代でも介護業界への転職はできますが、全ての職場で50代が歓迎されるわけではありません。

若手が中心の職場や50代が働いていない職場だと、どうしても50代で転職することは厳しいでしょう。

そのため、職場の年齢層の確認は必須ですよ。

自分と同年代が多いのか、何歳まで現役職員として活躍しているのか、見ておきましょう。

また、自分の年齢に合っていそうな職場を見つけたら事前に職場見学に行くことがおすすめです。

特に年下上司との付き合いが不安という方は、どのような人がいるのかチェックしましょう。

職場の人間関係は働く上で非常に重要になるので、違和感があれば他の職場にも目を向けると良いですよ。

④資格取得支援制度が整っている職場を選ぶ

50代から介護業界に転職して長く働くつもりならば、資格を取りたいですよね。

しかし50代だと、働きながら自分で資格に必要なスクールを探し通うことや教材を探すことは難しいです。

そのため、資格取得の支援制度が整っている職場がおすすめですよ。

資格取得支援制度があれば未経験の方も働きやすく、基礎から知識を身につけられます。

また、資格取得に必要な費用を負担してもらえるので嬉しいですね。

資格取得や未経験の方に理解のある職場だと、50代でも働く環境が整っていることが多いのでおすすめですよ。

50代で介護業界に転職する介護職員におすすめの職場

50代で介護業界に転職する際のポイントは分かっても、実際どの職場が自分に合うのか分からない方もいるのではないでしょうか。

介護業界にはあらゆる施設があるので、選ぶのも難しいですよね。

50代でも介護業界への転職はしやすいですが、自分の強みや体力に合った職場を選ぶことは大切です。

そこでこのトピックでは、50代で介護業界に転職する方に向けたおすすめの職場について、以下の3つを紹介します。

職場選びに悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。

  • おすすめの職場グループホーム
  • デイサービス
  • 訪問介護

①グループホーム

グループホームとは認知症の方を対象にした介護施設であり、少人数の利用者と共に生活をします。

仕事内容は基本的に生活援助が主になるので、無資格や未経験の方でも掃除や洗濯など家事全般のスキルを十分に活かせます。

少人数制の施設であり、利用者の身体に触れない介護なので、50代でも身体的な負担が少なく働けるのはおすすめポイントですね。

また、働きながら認知症ケアに関する専門的な知識を身につけられるのもポイントです。

グループホームでは50代以上の方も多く活躍していて、特に女性に人気の職場です。

体力面で不安があるけど家事は得意、という50代の方にぴったりですよ。

②デイサービス

デイサービスは、自宅で暮らしている高齢者の方が通う通所施設であり、仕事内容は入浴や食事のサポートです。

デイサービスは、基本的に日勤のみで夜勤がありません。

また、日曜休みの施設が多くシフトも規則的なため、一般的な社会人と同じような働き方が可能です。

他の施設に比べて残業も少ないので、自分の生活スタイルも崩さずに続けられるでしょう。

特に50代であれば、一般的な働き方に慣れきっている方も多いと思います。

普通の社会人の働き方しか経験がないと、変則的な休みや夜勤に身体が慣れず体調を崩すことやストレスにも繋がりますね。

しかし、デイサービスであればこれまでと働く環境や生活スタイルを大きく変えずに働けるので安心ですよ。

特に男性の方は送迎担当としても歓迎される事が多いので、50代の男性におすすめの職場です。

しかし宿泊が可能なデイサービスであれば夜勤もあるので、事前に確認しましょう。

③訪問介護

訪問介護は介護を必要とする方の自宅に直接訪問して、入浴や食事など介護を行う仕事です。

訪問介護であれば、一人の介護に集中できるので身体の負担も少なく、短時間の勤務も可能です。

また、職場の人間関係を気にせずに働けるので、年下上司が嫌だという50代の方でも問題なく働けますね。

訪問介護の働き方は勤務する時間は融通が利きやすいので、自分の生活に合わせて働きたい方、正社員にこだわらない方にもおすすめです。

しかし訪問介護員として働く場合には、訪問介護員としての資格が必要なので気を付けましょう。

事前に必要な資格を確認して、できるだけ早く資格取得を目指す必要があります。

50代で介護業界に転職する際によくある質問

ここでは50代で介護業界に転職する際のよくある質問について、以下の2つを紹介します。

  • おすすめの職場50代には正社員と派遣、パートのどれがおすすめ?
  • 50代で介護業界に転職する場合におすすめの介護資格ってある?

50代には正社員と派遣、パートのどれがおすすめ?

50代で介護業界に転職するのであれば、パートや派遣社員もおすすめです。

介護業界であれば働き方にこだわらない場合、比較的転職がしやすく自分の生活スタイルに合わせた働き方が出来ます。

派遣やパートであれば日勤のみや短時間のみなど決められるので、私生活との両立も簡単ですね。

また、介護業界は心身共に厳しい業務が多いので、最初はシフトを少なくして徐々に増やして慣れるといった働き方もできますよ。

最初は派遣やパートでも、経験を積んで資格を取れば正社員登用されることもあります。

正社員にこだわりがないのであれば、まずはパートなど融通の効く働き方もおすすめですよ。

50代で介護業界に転職する場合におすすめの介護資格ってある?

50代で介護業界に転職する場合、未経験や無資格でも問題ありませんが、資格を持っている方が選択肢の幅が広がりますね。

50代で介護業界を検討している方におすすめの資格は介護職員初任者研修です。

介護職員初任者研修とは初めて介護の勉強をする方におすすめの資格で、介護の基礎から応用を身につけられます。

介護職の求人には、介護職員初任者研修以上の資格が必要となっている事も多いので、まずは介護職員初任者研修の取得を目指しましょう。

介護職員初任者研修は、130時間の研修が必要で基本的に1ヶ月から3ヶ月あれば受講を修了できます。

研修内容を理解できていれば修了試験も問題なく合格できますよ。

介護職員初任者研修のスクールは全国に複数あり、土日コースや夜間コースもあるので、働きながらの資格取得が可能です。

介護資格の種類と介護士が就くことができる職業

50代でも介護業界への転職は可能!

50代での転職は難しいと思われがちですが、介護業界は人手不足なので経験豊富な50代でも転職しやすいです。

さらに長期間働くことでキャリアアップも目指せるので、積極的に挑戦しましょう。

しかし、転職しやすいと言っても準備をせず無闇に応募していては上手くいきません。

自分の強みを活かせる施設選びや働き方を明確にして、50代でも働きやすい職場を探しましょう。

また資格があると選択肢の幅が広がるので、転職するか悩んでいる方はまず資格勉強に取り組むこともおすすめですよ。

介護士のベストな転職時期はいつ?転職するときの注意点まで紹介!