40代女性が転職で成功するポイントは?未経験でも資格があれば大丈夫?

転職コラム

40代の女性の中には今の働く環境に疑問を感じている方もいるでしょう。

やりがいを求めて転職をしようか悩んでいる方もいると思います。

しかし、40代でも転職を成功させることができるのかなど、不安もあるでしょう。

ここでは、そのような方に向けて、40代女性が転職で成功できるポイントや、資格がある場合には未経験からでも就くことが可能な仕事についてなど、気になるところを詳しく解説していきます。

40代女性で転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

40代や50代で未経験の仕事はアリか?

40代以上だからこそできる仕事を探そう

40代以上になってから未経験の仕事に就くのは難しいと言われることもあります。

しかし、40代以上は社会経験を活かすことができる仕事であれば未経験でも採用してもらうことができます。

また、40代以上が求められる仕事を探すことも採用率を高めるポイントということができるでしょう。

豊富な社会経験を活かすことができるものとしては、介護などの福祉関係やアドバイスをする仕事なら就きやすいとされています。

お客様にアドバイスをする仕事であれば、20代くらいだとお客様よりも若く、アドバイスに説得力がないと捉えられてしまうこともあります。

しかし、40代以上だと人生経験も豊富であるとみなされ、信頼してもらいやすくなることから、話を聞いてくれる可能性も高まります。

資格があれば正社員も夢ではない!

どうしたら正社員として雇ってもらいやすいのか

40代以上で転職をした場合、特に未経験の場合では正社員として雇ってもらうのは難しいのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。

確かにパートとして雇用されるよりも正社員で雇用される方が求められるレベルも高くなるため、簡単に正社員になれるわけではありません。

しかし、資格の有無で正社員になりやすいかどうかも変わります

資格を持っている場合は、その仕事の専門知識を持っているとみなしてもらえるため、正社員にしてもらえる可能性が高まるのです。

正社員をねらいやすい資格

持っていると正社員になりやすい資格としてはセラピストや保育士をはじめとして、さまざまな種類の仕事があります。

なお、仕事に就きながらその仕事に関係する資格を取る方法もあります。

実践に活かしつつ学ぶことができるので身につくスピードも早くなるでしょう。

第二種運転免許(タクシードライバー)

タクシードライバーの主な仕事は乗客を目的地まで安全に運ぶことです。

男性だけでなく、女性のタクシードライバーも増加しています。

女性ならではの気遣いやサービスが求められることもあり、女性ドライバーの正社員も積極的に募集している会社も多いです。

人と関わることが好きな方や運転が好きな方には向いている職業と言えるでしょう。

なお、お給料は歩合制である会社も多いので、頑張れば頑張った分だけお給料が増えるというのも嬉しいポイントです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋をおこなうことを仕事としています。

また、不動産取引に際して、お客様に注意事項の説明をおこないます。

この説明をすることが許されているのは宅地建物取引士だけです。

なお、宅地建物取引士は国家資格で、不動産取引をおこなうために欠かすことのできない、不動産のスペシャリストともいうべき資格です。

セラピスト

セラピストとは、アロマセラピストやマッサージ師などのボディ系セラピストをはじめとして、メンタルセラピストやエネルギー系セラピストなど、さまざまな種類があります。

あらゆる面から働きかけることで人の身体や心の不調を取り除くことが主な仕事です。

相手の立場に立って気持ちを考えて接することが求められます。

保育士

保育士は、保育所などの児童福祉施設で子供の保育をおこなうことが主な仕事になります。

国家資格の1つでもあります。

自分の子供を育てるうちに保育の仕事に興味が出て、保育士になったというような方もいるようです。

自分の子育て経験を活かしながら子供と接することができるのも良いですよね。

医療事務

医療事務は、医療機関で働く事務職のことを指しています。

医療事務では患者さんの受付や会計業務をおこなうほか、カルテやレントゲンの準備、レセプトと言われる診療報酬明細書に関する業務などがあります。

患者さんと病院をつなぐ重要な仕事であるということができます。

フィナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーはお金のプロとして、金融資産運用やライフプランニングと資金計画などのお金にまつわる問題や悩みを抱えている方にアドバイスをするのが仕事です。

フィナンシャルプランナーの需要は高く、銀行や保険会社でも人材を求めているところが多いので就職先を見つけやすいというメリットがあります。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修という資格は介護の仕事を始める人が最初に取ると良いと言われている資格です。

介護に関する基本的な知識を習得することができます。

介護職をする上で必須の資格ではありませんが、資格を持っていると採用に有利になります。

資格と社会経験をアピールして正社員を目指そう

ここで紹介した資格は持っていると正社員として登用されやすい資格の一部です。

資格と社会経験が豊かである人が正社員として歓迎されやすいということができるでしょう。

資格を取得して、40代以上だからこそアピールできる社会経験を伝えてみましょう。

年齢を重ねたからこその社会経験は若い人にはない、大きな武器になると思います。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

40代以上の女性の実態を知っておこう

40代以上の女性は出産や育児経験などで個人差はあるものの、平均的な転職回数は2〜3回となっています。

また、就業率は8割強であるというデータも存在します。

なお、40歳で転職をした女性の転職前の年収は平均503.5万円となっており、500万円台が最も多く、次いで400万円台となっています。

なお、40代女性の未婚率が2割近いことを考えると、既婚や未婚に関係なく何らかの仕事に就いている人が多いということが分かるでしょう。

40代の女性もまだまだ活躍の場は多く、さまざまな経験を積んできているからこそできる仕事も多くあるのです。

ちなみにDODAエージェントサービスの調べによると、このエージェントサービスを利用して転職した40代女性は年々増加しており、2016年度下半期では全体の16%を占める結果となっています。

DODAエージェントの使い勝手は?サポートの充実性は?
転職エージェント大手「DODAエージェント」の説明をしています。DODAは求人数も多く、非公開求人の質も良いです。

未経験の仕事に就く場合の心構えとは?

前職の経験を活かそう

未経験の仕事にチャレンジする場合、前職で経験したことをどう活かせるかがポイントとなります。

過去に経験した仕事の中で共通して活かせる部分を探してアピールすることで、採用率を高めることも可能になるでしょう。

未経験の仕事でも何かしらはこれまでの経験を活かすことができると思います。

直結しないような事柄でも、関係しているようなことであれば大丈夫なので、何が活かすことができるのか、じっくり考えてみましょう。

資格を活かそう

資格があると未経験でも働きやすいです。

しかし、転職前に資格を取得することができれば良いですが、忙しかったり、すぐに仕事に就きたい場合は働きながら資格を取得できる仕事を探すのも良いでしょう。

福祉系やタクシードライバーなど、未経験可の仕事を探し、実務経験を積みながら資格取得を目指すというのも1つの方法です。

面接ではどんなところを見られている?

40代以上の女性に求められるのは、判断力や順応性と言われています。

また、既婚者の場合は家庭とのバランスをどう考えているかといった質問をされることもあるでしょう。

40代以上の女性の場合、年齢的に結婚や育児で離職する心配は少ないため、仕事に対する意欲を伝えれば好意的に見てくれる可能性は高いということができます。

また、親の介護などの心配も少なく、仕事に集中しやすい世代でもあるため、アピールの仕方によって、年齢的に不利になるということも少ないでしょう。

面接では、豊かな社会経験をアピールすることで年齢をプラスに捉えてもらえるようにするのが良い方法です。

年齢をマイナスに考えずに、仕事に対する意欲や今までの経験を活かすことができる部分を重点的に伝えていきましょう。

人は見た目が9割!面接の第一印象を劇的に良くする方法
「人は見た目で判断するな」なんて言いますが、この言葉は面接時には当てはまりません。面接を受ける時には、面接にふさわしい服装をして、面接官に「見た目」で好印象を与えることが大切です。

キャリアを活かすのも挑戦するのもアリ

これから働くことを考えている40代、50代の女性は2通りの働き方ができるということが言えます。

1つは、結婚で一度離職した人は、過去の職業を活かしてスキルアップするという選択です。

もう一方としては年齢を重ねたことで得た経験や自信を活かして、営業職など、若い頃では成功できなかった仕事にリベンジするという選択もあるでしょう。

資格を取得することで未経験の仕事にも就くことができる可能性が高まります。

経験してきた仕事を再びはじめるのも良し、新しい仕事にチャレンジしてみるのも良しです。

どちらもこれまでの社会経験を活かして仕事に反映させることができるでしょう。

若い人にはない経験の豊かさが40代、50代にはあります。

ブランクを作らずに転職を成功させるコツ

ブランクを作らずに転職を成功させるためには、転職しようと決めても会社を辞めてから転職活動を始めないことが重要です。

新しく未経験の仕事に就きたい場合も、現在の仕事を続けながら、資格取得に挑戦してみるのが良いでしょう。

また、転職活動をする時には自分一人で探すのではなく、転職エージェントに登録して、じっくり探すのも良いでしょう。

勤めている会社を辞めてから探そうとすると、早く見付けなければいけないと気持ちが焦ってしまい正しい判断ができなくなるかもしれません。

条件など、納得しないまま働かなくてはいけなくなる可能性もあります。

また、気になる仕事の情報を積極的に吸収するのもオススメです。

講習会などがあれば参加するのも良いでしょう。

自分のやりたい仕事のことを詳しく知り、自分に合っているかどうか、事前に分かる範囲で調べておくのも重要です。

初めての転職フェア!メリットいっぱいで行かないと損
転職に関して情報収集を行っているなかで、転職フェアというイベントを目にしたことはありませんか? 一度も参加したことがなければ、「どんなイベントかよくわからないから不安」、「情報収集ならネットで十分できる」などと考えて、つい腰が重くなり...

大人ならではの経験を活かすのがポイント

40代以上の方が転職しようと考える時に気になるのは年齢であることが多いでしょう。

もう若くないから未経験の仕事には採用されないかもと考えてしまうこともありますよね。

しかし、40代以上だからこそアピールできるポイントもあります。

未経験の仕事でも資格を取得すれば正社員として働くこともできます。

豊かな社会経験や結婚や育児で得た経験をアピールするのも良いでしょう。

転職する上で大切なのは意欲を見せることです。

希望する仕事で活かせる経験があれば重点的にアピールしていくことも必要です。

大人だからこその経験を活かして転職活動を成功させましょう。

なお、転職するにあたっては、事前にその仕事について調べたり、転職エージェントに相談するというのも良い方法となります。

コメント