40代の男性が転職を成功させるポイントは?未経験でも失敗しないコツ

転職コラム

今の職場の働く環境に不満があるなら、転職を考えるのもひとつの方法です。

しかし40代の男性が転職を成功させるには、ただ闇雲に求人を探すだけでは難しいかもしれません。

そこで、このページでは転職を成功させるポイントや、未経験でも就職しやすいコツについて解説していきます。

転職までの計画を立てることで、転職の成功率を上げることができます。

自前の準備や転職に関する情報を集めて解決することで、不安や疑問も無くなっていきます。

  1. 40代の男性が仕事で抱えがちな悩み
      1. 既婚の場合は家族を養うだけの収入が必要
      2. 体力的な限界を感じる場面が増えてくる
      3. 転職するなら最後のチャンスと考える人は多い
      4. 資格や役職経験がないと転職は難しい
      5. 年齢を考えると転職は不利ではないかと考える
  2. 40代の男性が転職しにくい理由とは
    1. 年齢に見合った給与だとコストがかかる
      1. 若い人材の方が給与を低くできる
      2. 給与について不満が出やすい
    2. 若い経営者や役職者だと40代の部下はやりにくい
    3. 自分のやり方があって柔軟性がない
  3. 40代の男性が転職で活かせる強みとは
    1. 人間としての包容力が備わっている
    2. 社会経験が豊富でトラブルへの対処がしやすい
    3. 内面的に丸みが出ていて接し方に柔軟性がある
    4. 前職でつちかった経験
  4. 職務経歴書や履歴書を工夫してみる
    1. 職務経歴書の書き方を考える
      1. 職務経歴書をカテゴリー別にする
    2. どのような仕事かを具体的に説明する
    3. 前職のどの経験がどの業務に活かせるかを書く
      1. 今までの経験をアピール
      2. 異業種の場合
  5. 転職しやすいポイントは資格と経験
    1. 資格があれば転職の強みになる
    2. 40代は就職氷河期経験者が多い
  6. 未経験で働くならこんな業界が狙い目
    1. 人員が不足しやすい業界は転職しやすい
      1. サービス業
      2. 運送業
      3. 介護業界
      4. 建設業界
      5. IT業界
    2. 転職だけではなく将来独立も考える
  7. 実際の体験者の意見を聞いてみる
      1. 身近な人の意見や体験を聞く
      2. ネットの掲示板を参考にする
  8. 転職のメリットとデメリットを考える
    1. メリットとデメリットを考えてみる
      1. 生活スタイルの変化
      2. 給与がどうなるのか
      3. スキルアップができるか
      4. 資格を活かしたり取れるか
    2. メリットのほうが多いなら転職を考える
  9. スキルアップを目指すなら人脈作りを
      1. 良い職場環境を手に入れるなら人脈を作る
      2. 知人の紹介や職場に引き抜いてもらう
  10. 非公開求人とは?活用するには?
    1. 非公開求人とは
      1. 外に漏らしたくないポストの求人がメイン
      2. 転職サイトに登録する必要がある
  11. 働きながら転職先を探す方法
    1. 働きながら転職先を探すのは大変
    2. 転職エージェントを利用する
  12. 40代からでも転職は怖くない

40代の男性が仕事で抱えがちな悩み

40代の男性は仕事で様々な悩みを抱えていますよね。若い頃とは違った、40代ならではの悩みを紹介します。

既婚の場合は家族を養うだけの収入が必要

既婚者の場合は、自分ひとりの生活だけではなく、家族を養わなければいけません。

そのため相応の収入がないと生活が大変です。

収入が少ないと共働きをしなければいけなかったり、転職も考えなければいけません。

体力的な限界を感じる場面が増えてくる

若い頃と違って40代は体力が衰えます。

一日くらい寝なくても大丈夫だったのが、40代になると耐えられなかったり、何をするにもすぐに疲れてしまいます

転職するなら最後のチャンスと考える人は多い

転職するにも、20代や30代と比べるとチャンスは少なくなります

若い世代は今後の将来性を期待されますが、40代ではそうはいきません。

即戦力で、尚且つ管理能力も問われるため、今までの実績で転職できるかどうかが決まります。

資格や役職経験がないと転職は難しい

専門に特化した能力や資格を持っていたり、役職経験などの能力が必要とされるため、アピールできる何かを持っていないと、転職するのは難しくなります。

年齢を考えると転職は不利ではないかと考える

誰でも40代での転職はハードルが高いと感じます。

突出した経験や能力がないと企業側も、なかなか採用してくれません。

今まで何を経験してきたかが重要になります。

40代の男性が転職しにくい理由とは

そもそも40代の男性は何故転職しにくいのか、具体的な理由を説明していきます。

年齢に見合った給与だとコストがかかる

40代だとそれなりの給与を支払わないといけないので、コストがかかってしまいます。

そのため、それなりの能力が無いと、40代での転職はハードルが上がってしまいます。

若い人材の方が給与を低くできる

40代とは違い、若い人材の方が給与を低くできるため、転職が難しくなります。

また若いと将来性も高くなり、今後に期待を持てますが、40代だと将来性よりも、今の実力で判断されることが多くなります

給与について不満が出やすい

40代の給与はそれなりに高くしなければいけないため、もし低い給与にすると不満が出やすくなります。

そのため最初から給与を高くしないといけないので、よほどの能力が無いと転職しにくくなります。

若い経営者や役職者だと40代の部下はやりにくい

最近の会社は経営者が若い場合が多く、30代で経営者や役職者になっていることもあるので、40代の部下だとやりづらいと思われて、なかなか転職できません。

何か問題があっても、年上が部下だと物事を言いづらい傾向があります。そのため遠慮してしまい、業務に支障が出ることもあります。

自分のやり方があって柔軟性がない

40代だと仕事の仕方が決まっていることが多いので、若い世代とのギャップが生まれやすくなります。

自分のやり方が決まっていて、新しいことに対して柔軟性がない場合があり、新しい環境などにも適応しにくいことがあるので、40代は敬遠されやすくなります。

40代の男性が転職で活かせる強みとは

40代の男性で転職を考えるなら、活かせる強みがあると採用率も上がります。そこで実際にどんな強みがあると転職に有利なのかを説明します。

人間としての包容力が備わっている

過ちや欠点など、相手の失敗を受け止めてくれて、やさしく見守ってくれるような対応は好感が持てます。失敗をただ責めるだけでは人は離れていきます。

社会経験が豊富でトラブルへの対処がしやすい

何か問題が起きたときに、トラブルに対しての対処をうまくしてくれると信頼度が上がります。そのため社会経験が豊富な人材は重宝されます

内面的に丸みが出ていて接し方に柔軟性がある

40代だと内面的に丸みが出ている人も多くて、人への接し方に柔軟性がある人もいます。そういった人材は、周りとの摩擦を生まずに、円滑に業務に取り組むことができます。

前職でつちかった経験

前職での経験が転職先でも活かせるような仕事であれば、転職もしやすくなります。採用側は、どういった形で会社に貢献してくれるのかを見極めるので、前職でつちかった経験を前面に押し出してアピールすることは大切です。

職務経歴書や履歴書を工夫してみる

職務経歴書や履歴書の書き方ひとつで、相手への印象が変わります。

実際にどういった書き方がいいのかを説明します。

職務経歴書の書き方を考える

よくあるような書き方だと、他の求職者と変わらないため、少し工夫することで相手の目に留まることもあります。

職務経歴書をカテゴリー別にする

転職が多い場合は、職務経歴書を時系列で書かないで、カテゴリー別にすると転職回数が目立ちにくくなります。

転職回数は、採用側にとって重要に考えていることのひとつで、仮に採用した場合、少し働くとすぐに退職してしまうリスクを考えてしまいます。

どのような仕事かを具体的に説明する

人事担当者はすべての業種を把握しているわけではないので、今までどのような仕事をしてきたのかを、具体的に説明する必要があります。

そうすれば、過去の実績についてアピールしやすくなり、今までの仕事がいかにすごいのかを、理解してもらうことができます。

前職のどの経験がどの業務に活かせるかを書く

前職での経験を踏まえて、会社にどういった利益を与えられるのかを考えることが必要です。

今までの経験をアピール

応募する企業が前職と同業種の場合は、今までの経験から貢献できることを書くことができます。

異業種の場合

異業種の場合は、前職の業務での経験が活かせないこともあるので、実際に採用されたときに、会社のどの業務にどう活かせるのかを具体的に書く必要があります。

未経験での転職はハードルが上がりますが、前職でどの経験が次の会社で生きるのかをよく考えてください。

転職の成功率を上げる!職務経歴書の書き方マニュアル
職務経歴書の書き方一つとはいえ侮ってはいけません。職務経歴書をしっかり、採用担当者に魅力を与える書き方にするだけで、あなたの転職成功率をぐっと上げることができます。

転職しやすいポイントは資格と経験

転職する上で採用されやすいポイントは資格や経験です。アピールできる武器が多いと、採用側も注目します。

資格があれば転職の強みになる

資格を持っていると転職で有利になります。特に仕事をする上で必要な資格なら尚更です。

業種によっては資格を持っているのと、持っていないのとでは、転職できる可能性が全然違います。

どんな業種に転職するかによって違いはありますが、その仕事をする上で持っていた方がいい資格なら、取得することをおすすめします。

40代の転職は資格がないと不利か?資格がなくても転職しやすいのは?
転職の際に取得していると有利に動くことのできるのが資格です。 資格を持っていれば、スムーズに転職を行うことができるだけでなく、専門職に就くことも可能になります。 特に40代の転職の際には資格がとても重要な役割を持っており、資格を...

40代は就職氷河期経験者が多い

40代は就職氷河期経験者が多いため、正社員未経験者がたくさんいる世代です。

そのためアルバイトしか経験したことがない人が多いのが特徴です。

しかし、アルバイトの経験しかない場合でも、アルバイトで培ってきた経験をアピールして、転職先で活かせるものを伝えることができれば、正社員で転職できる可能性があります。

未経験で働くならこんな業界が狙い目

未経験での業界に転職を考えている場合、採用されやすい業種とそうではない業種があります。

そこで未経験でも転職しやすい業界はどこなのかを説明します。

人員が不足しやすい業界は転職しやすい

業界によっては人員が慢性的に不足しているため、未経験でも転職しやすい仕事はあります。

転職を成功させるために、そういった業界を目指すのもひとつの方法です。

サービス業

サービス業は、販売や接客など、あまり経験が無くてもできる仕事です。

そのため未経験でも転職しやすい業種と言えます。

運送業

運送業は荷物や人を運ぶ仕事ですが、慢性的な人手不足のため転職しやすい業界です。

車の運転に必要な免許さえあれば、転職できる可能性はあります。

介護業界

介護業界についても人手不足が深刻なため、未経験でも転職できる可能性は十分にあります。

ただし、介護職という仕事は基本的にキツイ仕事ですので、転職する前に十分に心構えをしたほうがいいでしょう。

建設業界

建設業界は若手の職人が業界を離れる事が多く、さらに新しい人材がなかなか入ってこないので、こちらも転職しやすい業界と言えます。

IT業界

IT業界は、デザイナーからプログラマーまで仕事の幅は広いですが、得にプログラミング関係は、人材が不足しているので転職できる可能性はありますが、最低でも基本的なプログラミングの知識は必要です。

転職だけではなく将来独立も考える

転職だけではなく、働きながら資格取得を目指せば、将来独立が可能になることもあります。

最初から独立を考えるなら、業界の知識を身につけておき、計画的に実行に移す必要があります。

40代の男性が転職を成功させるポイントは?未経験でも失敗しないコツ
今の職場の働く環境に不満があるなら、転職を考えるのもひとつの方法です。 しかし40代の男性が転職を成功させるには、ただ闇雲に求人を探すだけでは難しいかもしれません。 そこで、このページでは転職を成功させるポイントや、未経験でも就...

実際の体験者の意見を聞いてみる

転職に関する情報や、不安なことがあるなら実際に体験者の意見を聞くことは大切です。

自分一人で悩まないで、相談したり口コミをチェックすることで、転職活動の参考になります。

身近な人の意見や体験を聞く

先輩や同級生など、身近な人の意見や体験を聞くことで参考にすることができます。

成功体験や失敗したことなど、ためになる情報を得ることができます。

ネットの掲示板を参考にする

ネットにある掲示板の口コミを見ることで、転職しようとしている業界のことや、実際に応募しようとしている企業のことなどの、貴重な情報を知ることができます。実際に体験している人の口コミは参考になります。

転職のメリットとデメリットを考える

転職活動に不安を感じているなら、メリットやデメリットを考えてみてください。

自分にとって何が良いのかを、ハッキリとさせることができます。

メリットとデメリットを考えてみる

転職したほうが良いのか、転職しないでそのままの方が良いのかは、人によって違います。

その点をよく考えてから転職活動をするようにしてください。

生活スタイルの変化

転職することによって、生活スタイルがどのように変化するのかを考えてください。

例えば、残業が増えるのか、通勤時間はどうなるのかなど、毎日の時間の使い方にどのよう変化があるのかを調べてください。

給与がどうなるのか

転職後に給与がどうなるのか、特に未経験などの他業種への転職の場合、給与がどのように変化するのかを、予め知っておく必要があります。

スキルアップができるか

転職することにより、今よりもスキルアップができるか、今までの経験を活かして、さらにレベルアップができるのかを考えてください。

資格を活かしたり取れるか

資格を持っているなら、その資格を活かすことができるのか、仕事に必要な資格を取得することができるのかを、調べることも必要です。

メリットのほうが多いなら転職を考える

メリットやデメリットを考えて、メリットのほうが多いなら、転職を考えてみるのもいいでしょう。

もしデメリットの方が多いようなら、もう少し検討してから転職活動するようにしてください。

勢いだけで今の会社を辞めて後悔をしないように、よく考える必要があります。

スキルアップを目指すなら人脈作りを

スキルアップを目指すなら、人脈作りも重要になります。

自分ひとりの力だけではなく、顔見知りなどの人脈は転職にも有利に働くことがあります。

良い職場環境を手に入れるなら人脈を作る

人脈を作ることにより、転職しようと考えている業界や会社の内部の情報を知ることができるかもしれません。

こういった情報は、自分ひとりでは調べることが難しいので、幅広く人脈を作ることにより、良い職場環境を知ることができます。

知人の紹介や職場に引き抜いてもらう

もし転職したいと思える会社に知人が勤めているなら、紹介してもらって引き抜いてもらう方法もあります。

無駄な転職活動の必要が無いので、転職を楽に成功させることができるかも知れません。

非公開求人とは?活用するには?

転職サイトにある、非公開求人とはどういったものなのか、また活用する方法など、これを知っておけば転職活動がもっと有利になるかもしれません。

非公開求人とは

非公開求人とは、転職サイトに通常では掲載されていない求人のことを言います。

普通にネットの求人を見ているだけでは知ることができません。

外に漏らしたくないポストの求人がメイン

非公開求人がある理由は、高収入だったり、役職者、新規事業などの外に漏らしたくないポストの求人がメインで、ライバル会社に知られたくない場合に非公開で求人を出しています。

転職サイトに登録する必要がある

この非公開求人を知る方法は、サイトにもよりますが、専門の転職サイトに登録することで知ることができるため、転職先の選択肢を増やすことができます。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

働きながら転職先を探す方法

転職先を探す場合、どういった形がベストなのか悩んでいる人のために、どういった解決方法があるのかを説明します。

働きながら転職先を探すのは大変

働きながら転職先を探すのはとても大変です。

例えば面接での時間が取りにくかったり、時間の調整が難しいことがあります。

また退職してから転職先を探すと、すぐに決まらなければブランク期間が大きくなるので、ブランクを作りたくない方は、働きながら転職先を探すしか方法はありません。

転職エージェントを利用する

転職活動の問題は、転職エージェントを利用すれば解決できます。

転職エージェントは転職をサポートしてくれるので、自分ひとりで仕事を探すよりも負担が減ります。

自分の希望条件に合った求人を紹介してくれますし、面接日程の調整も行ってくれる場合もあります。

もし転職活動が不安なら、転職エージェントに登録することをおすすめします。

40代からでも転職は怖くない

新しい会社に入るには自前の準備が必要不可欠です。

自分のこれまでのやり方を見直したり、必要な経験や実績、資格などをまとめてみたり、応募する企業で働くには何が必要なのかを考えてください。

ひとりでの転職活動が不安なら、転職エージェントのサポートを利用するのもひとつの方法です。

そういった準備をしっかりとしておけば、40代からでも転職は怖くありません。

コメント