40代が仕事を辞めたいと感じたら、どう対処すべきなのか?

転職コラム

誰でも一度は転職を考えることはありますよね。

特に40代ともなれば、現状から抜け出して新しい環境へ転職を考える人もいます。

しかし転職をするにはリスクがあり、不安を感じる方も多いはずです。

そこで転職に関する疑問や、仕事を辞めたいと思う理由など、転職を考えている40代に向けて、今後どう対処するべきなのかを説明していきます。

現在の働く環境に疑問を感じているなら、転職活動する前にメリットやデメリットなどを把握しておくと、より転職活動を楽にすることができます。

  1. 仕事を辞めたい理由で多いものは?
    1. 経営者や上司のやり方が気に入らない
    2. 労働時間など環境への不満
    3. 人間関係
    4. 給与への不満
  2. 既婚男性は家族や生活環境で考える
    1. 生活費はどうなるか
    2. 子どもの養育費
    3. 転職先がすぐに見つからない場合の資金は十分か
    4. 失業保険などは使えるか
    5. 住宅ローンへの影響
    6. 妻が働いている場合、生活支援は見込めるか
  3. 未婚男性は何を基準にして行動する?
    1. 転職でスキルアップは見込めるか
      1. 自分のスキルを考える
      2. 今の会社よりもレベルが上がるのか
    2. 結婚を考えた場合でも、家族を養える仕事を探せるか
    3. 実家暮らしの場合は、自立が可能な仕事があるか
    4. ひとり暮らしなら生活に響かないか
  4. 既婚女性は夫の収入で対処が変わる
    1. 既婚女性なら夫の収入が高いと辞めやすい
      1. 収入がゼロにならない
      2. 夫の理解は必要
    2. 転職をするにもブランクを気にせずに探しやすい
  5. 未婚女性が結婚を逃げ道にするのはアリ?
    1. 理由によっては後悔することもある
      1. 自分に合った相手を慎重に探せない可能性がある
      2. 相手の収入のことも考える必要がある
  6. 40代で仕事を辞めるリスクを考える
    1. 40代で辞めるリスクについて考えてみる
    2. 積み重ねてきたことがゼロになる可能性もある
    3. 求人サイトやハローワークをチェックする
  7. 家族や周囲に相談をすることも重要
    1. 友人や家族に相談してみる
    2. 40代で転職した人の意見を参考にする
  8. 休暇を取るなど自分を見つめてみる
    1. 休みを取って仕事から離れてみる
      1. セミナーや研修を受けてみる
      2. 自分に合ったことを探してみる
  9. メリットとデメリットを比較する
    1. 方向性を決めやすくなる
    2. 気になる転職先があるなら有効的
    3. あらゆる面で比較してみる
      1. 労働時間
      2. やりがい
      3. 給与面
      4. 将来性
  10. こんな場合は辞めてもいい?
      1. パワハラが横行している
      2. セクハラまたはマタハラを受けている
      3. 給与の未払いが発生している
      4. そのほか、仕事を続けにくい環境がある
      5. 労働基準監督署に相談してみる
  11. ブランクを作らずに転職する方法
    1. いきなり辞めるとブランクができかもしれない
      1. 副業などを始めて様子を見るのもいい
      2. 働きながら求人をこまめにチェック
  12. 辞めたいときには問題に向き合うことも大切

仕事を辞めたい理由で多いものは?

仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれです。

そこで仕事を辞めたい理由で、多いのはどういったことなのかを説明していきます。

経営者や上司のやり方が気に入らない

経営者や上司が理不尽な要求をしてきたり、会社の社風が合わないと毎日が大変です。

自分より上の人間に対しては、物事を言いづらいこともあり、自分だけで抱え込んでしまうこともあります。

労働時間など環境への不満

毎日残業が多く、福利厚生も不十分だと働く意欲が無くなっていきます。

若いうちは何とかなりますが、40代ともなると体が追いつかなくなり体調を崩してしまう恐れもあります。

そのため限界を感じて仕事を辞めたいと思うことも多いです。

人間関係

仕事をする上で人間関係はとても重要です。

特に経営者や上司との相性が悪いとストレスを感じます。

また、一緒に仕事をしていく同僚や部下などと、うまく付き合えないと苦労をします。

そのため、仕事を辞めたい理由に人間関係を上げる人もいます。

給与への不満

仕事をしていく上で、給与は重要な要素のひとつです。

この給与が低いと、不満が出て転職をしたいと考えます。

仮に仕事が激務でも、相応の報酬をもらえれば納得いきますが、仕事に見合った給与ではないと、転職を考えるようになります。

既婚男性は家族や生活環境で考える

既婚男性は独身と違って、既婚男性は家族のことも考える必要があります。自分だけの生活ではないため、家族のことも考慮して辞める判断が必要です。

生活費はどうなるか

自分が会社を辞めると、生活費がどうなるのかを考えます。

自分ひとりではないため、無職期間中でも家族が生活に困ることがないように、やめる前に貯金をするなどの必要があります。

子どもの養育費

子供がいる場合は、養育費のことも考えないといけません。

学費や子供の習い事に使い込んだお金は想像以上に多いですので、その分のお金も事前に確保することが大事です。

転職先がすぐに見つからない場合の資金は十分か

すぐに転職できるかどうかが分からないため、万が一の場合に備えて、貯金など転職するまでの生活費を考慮して計画的に仕事を辞めることが重要です。

失業保険などは使えるか

失業保険が使えるかどうかで大分生活に影響がでます。

会社を辞めた場合に、自己都合か、会社都合かによると、失業保険の発生するタイミングがだいぶ変わりますので、仕事辞めた後の資金プランを立てす際に非常に重要なポイントです。

転職活動の大きな支え!失業保険をもらえる期間は?
退職してから次の就職先が見つかるまでの間は、期間がはっきりしない上、収入もなくなるので不安になりがちです。 かといって、急いで次の仕事を探しても、条件などの折り合いがつかず、すぐに辞めたり無理がたたったりしかねません。退職後にじっくり...

住宅ローンへの影響

住宅ローンを支払っている場合は、仕事を辞めることで継続してローンを払えるかどうかを計算する必要があります。

万が一、返済猶予期間を過ぎて滞納してしまうと、遅延損害金が発生するばかりではなく、最悪の場合、借入残高の一括の返済を求めてくることもあります。

妻が働いている場合、生活支援は見込めるか

妻が働いているなら、収入がゼロになるわけではないので、生活支援をしてもらえるかどうかを自前に相談することも大切です。

未婚男性は何を基準にして行動する?

未婚男性の場合は、何を基準にして転職の行動するのかを考えてください。

転職でスキルアップは見込めるか

転職する上でスキルアップできるかどうかはとても重要です。

今よりもステップアップすることができれば、収入を上げることができます。

自分のスキルを考える

まずは客観的に自分のスキルを知る必要があります。

自分のスキルレベルが分かれば、転職先の候補選びや、今後自分にとって何が必要なのかを知ることができます。

今の会社よりもレベルが上がるのか

転職先の会社で働くと、今よりも実力を上げることができるのかを考えてください。

新たな会社でも今の仕事と変わらなければ、スキルアップをするのが難しくなります。

転職で求められるスキルとは?そもそも転職にスキルは必要なのか?
「転職しよう」 と思い立った時考えるのが、「転職できるほどのスキルがあるか」ということです。 必要なスキルがない状態で転職するのは、まるで丸腰で戦場に出るようなもの。 しかし実際に企業側としては、転職希望者にスキルを求めて...

結婚を考えた場合でも、家族を養える仕事を探せるか

結婚を考えているなら、家族を養えるのかを考えて転職先を選ぶ必要があります。

自分ひとりではないため、収入の面でもよく考える必要があります。

実家暮らしの場合は、自立が可能な仕事があるか

実家で暮らしている場合は、今後自立できる仕事かどうかを考えてください。

ひとり暮らしは、実家で暮らしているよりもお金がかかります。

その点も考慮して仕事を探す必要があります。

ひとり暮らしなら生活に響かないか

ひとり暮らしなら転職活動中に収入がなくなる可能性があるので、そうなっても大丈夫なように、予め生活のことも考えないといけません。

既婚女性は夫の収入で対処が変わる

独身と違い、既婚女性の場合は転職活動が比較的楽になります。

特に夫の収入によって対処が変わります。

既婚女性なら夫の収入が高いと辞めやすい

既婚女性の場合は夫に収入があるため、仕事を辞めやすくなります。

収入がゼロにならない

もし自分が会社を辞めて無収入になっても、夫の収入が高いなら、家族での生活にそれほど支障はありません。

もちろん世帯間で考えると、収入自体は減少しますが、完全なゼロにはならないので、突然生活ができないほど、追い詰められることは少ないでしょう。

夫の理解は必要

例え夫の収入が高くても、夫の理解がなければ会社を辞めるのが難しくなります。

そのため、会社を辞める前にじっくりと話し合う必要があります。

転職をするにもブランクを気にせずに探しやすい

既婚女性の場合は、ブランクがあっても転職先を探しやすくなります。

結婚や出産で仕事を辞めていたなら、その間のブランクは考慮されやすく、引きこもりなどと違って、明確な理由があるため転職することも可能です。

未婚女性が結婚を逃げ道にするのはアリ?

未婚女性が結婚を理由に仕事を辞めるのは、アリナシなのかは事情によって異なります。

理由によっては後悔することもある

「仕事を辞めたい」ということを前提に物事を進めると、後で後悔することもあります。

あくまで結婚を中心に考えて、仕事を辞めるのが良いです。

自分に合った相手を慎重に探せない可能性がある

仕事を辞めたい方の気持ちが強いために、結婚相手を慎重に選ばないで結婚すると、後で後悔するかもしれません。

一緒に生活してみて相手の性格や習慣に気づいて後悔しても遅いので、仕事を辞めたい理由に結婚を逃げ道にするのはよくありません。

相手の収入のことも考える必要がある

結婚して自分が仕事を辞めると、当然結婚相手の収入だけで生活しなくてはいけません。

そのため、仕事を辞めたいという理由が前提だと、相手の年収をあまり気にせずに結婚して後悔することもあります。

また、今は相手に収入があっても、今後収入が落ちた場合でも一緒にいられるかどうかも考えるべきです。

結婚後の転職は不利って本当?女性が転職する最高のタイミングは
結婚を機に転職を考える女性は少なくありません。家庭を維持するためには、家事や子育てなど多くの負担を女性が担わなければならないことが多く、独身時代と全く同じキャリアプランを目指して働くことは難しいからです。 しかし、転職のタイミングは婚...

40代で仕事を辞めるリスクを考える

40代で仕事を辞めるリスクは20代と比べて大きくなります。

それを踏まえて転職を考える必要があります。

40代で辞めるリスクについて考えてみる

ある程度の年齢を重ねると、転職するのが難しくなっていきます。

特に40代ともなれば、実践経験が豊富で管理職などの仕事への転職が多くなるため、その点も考えて仕事を辞める判断をする必要があります。

積み重ねてきたことがゼロになる可能性もある

今までの経験が必要ない他業種への転職や、同じ業界への転職でも、経験を活かすことができないと、積み重ねてきたことがゼロになる可能性もあります

そのため、一からキャリアを積んでいかないといけない場合があるので、注意が必要です。

求人サイトやハローワークをチェックする

転職先を探す場合は、求人サイトやハローワークをチェックすることが必要です。

ただし、求人サイトによって扱っている求人が違うことがあり、そのサイトにしかない求人もあるので、複数のサイトをチェックして希望の転職先を探すようにしてください

また、転職活動に不安を抱いているなら、転職をサポートしてくれるサイトに登録するのもひとつの方法です。

自分ひとりでは大変な求人探しも、転職サイトによっては希望に沿った求人を探して、面接や履歴書等のサポートも行ってくれる場合があります。

家族や周囲に相談をすることも重要

転職を考える場合は、自分一人で抱え込まないで、家族や周囲に相談してみることも重要になります。

友人や家族に相談してみる

40代ともなれば転職は大変です。

その不安を周囲に相談することで解決することもあります。

特に収入の面では家族も人事ではないので、じっくりと相談するようにしてください。

40代で転職した人の意見を参考にする

40代での転職は20代の頃と比べてリスクが高まります。

そのため、他の40代の転職の意見を参考にする必要があります。

まずは、同級生や同僚など、身近な友人に転職の相談をすることも考えてください。

同じ年齢の意見は参考になります。特に転職を成功させた人の意見はとても参考になります

また、ネット上にある転職を成功させた人の口コミを見るのもひとつの手です。

実際にどんな環境で転職をしたのか、どれくらいの苦労があったのかを参考にすることができます。

休暇を取るなど自分を見つめてみる

転職を急がずに、まずは休暇を取って自分を見つめ直すことも必要です。

休みを取って仕事から離れてみる

まずは一旦仕事から離れて、今の状況を客観的に見てみるのも悪くはありません。

焦って転職をして後悔をしないために、本当に転職ができるのか、転職した後に後悔しないのかを考えるようにしてください。

セミナーや研修を受けてみる

休暇を取っている間に就職先を決めることはせずに、セミナーや研修を受けて今の転職事情を調べたり、専門家のアドバイスを受けることも今後の転職活動を左右します

勢いだけで仕事を辞めずに、まずは準備をしっかりと行ってください。

自分に合ったことを探してみる

今の自分に合ったことを探してみるのもいいでしょう。

どこかに出かけてみたり、いつもと違った生活を送ることで、視野が開ける場合もあります。そこで新たな発見をすることができ、本当にやりたい仕事を見つけることができるかもしれません。

メリットとデメリットを比較する

仕事を辞める上で、メリットやデメリットを洗い出して、本当に重要なことを探す必要があります。

そうすることで、より転職に関して前向きになれます。

方向性を決めやすくなる

自分にとって何が必要なのか、また必要な部分をどう補っていけば良いのかを知ることができるため、メリットとデメリットを比較することで、方向性を決めやすくなります。

気になる転職先があるなら有効的

気になる転職先があって迷っている場合は、目標がはっきりとしているため、その転職先で働くためにはどうしたらいいのかを考えることができます。

その結果、漠然と転職を考えるよりも、自分が何をすればいいのかを判断しやすくなります。

例えば、気になる転職先に必要な資格や、スキルを身につけるなど、転職するために必要な努力をすることができます。

あらゆる面で比較してみる

転職するなら、現状と転職した場合の状況をしっかりと分析することが大切です。

労働時間

今よりも労働時間が長いのかどうかをしっかりと調べておかないと、転職後に思っていたよりも残業が多くなり、働く時間が増えてしまうこともあるので、求人情報だけでなく、複数のサイトで情報を探すことが必要です。

やりがい

やりがいを求めているなら、転職先で本当に自分の好きなことができるのかを考える必要があります。

希望と違った仕事だと後悔をしてしまいます。

給与面

転職後の方が収入が低くなってしまうと、不満の原因になります。

そうならないように、下調べをして今よりも収入が確実に上がるのかを確認するようにしてください。

将来性

自分の将来性や会社の将来性を考えるなら、転職先の企業理念や今までどんな事業をしてきたのかを調べて、将来も安定して仕事ができるのかどうかをチェックしてください。

将来性の無い会社に転職しても、後で後悔することになるかも知れません。”

こんな場合は辞めてもいい?

差し迫った状況で仕事を辞めたいと思うこともあります。

そういった場合は多少強引でも、自分のことを考えて転職することも大切です。

パワハラが横行している

毎日罵声を浴びせられて精神的に追い詰められているなら、無理をせずに、速やかに会社をやめることがおすすめです。

仕事のために体を壊しては意味がありません

セクハラまたはマタハラを受けている

セクハラやマタハラが多く、不快な思いをしているなら、会社を辞めたいと思うのは当然です。

すぐに転職先を探すために、行動を起こすことは悪くありません。

給与の未払いが発生している

給与の未払いが発生した場合は、悪質な債務不履行ですので、その会社が倒産する可能性が非常に高いです。

手違いでたまたま支払われないこともありますが、業績の悪化で未払いが発生しているならすぐにでも転職活動をして、今の会社を辞めるようにしてください。

そのほか、仕事を続けにくい環境がある

病気がちで体を壊しやすかったり、難病を抱えているなど、人に言えないような悩みを抱えていて、今の職場が環境的に合わないのであれば、無理をせずに仕事を辞めことも考えてください。

労働基準監督署に相談してみる

働いている会社で労働時間が長かったり休日が少なかったりなど労働条件が悪い場合や、解雇予告期間や解雇予告手当などの問題があるなら、労働基準監督署に相談して下さい。

労働基準監督署は未払い残業など、労働に関する問題を解決するために役に立ちます。

ブランクを作らずに転職する方法

転職するならできるだけスムーズに転職できた方が、負担も少なくて済みます。

いきなり辞めるとブランクができかもしれない

何も考えずに仕事を辞めてしまうと、転職できずにブランクができるかもしれません。

そうならないために、勢いだけでやめるのではなく、自前の準備はしっかりと行ってください。

副業などを始めて様子を見るのもいい

ブランク期間があるなら、副業をしながら転職活動するのもひとつの方法です。

まったく収入が無いよりは、少なからずも収入があったほうがいいので、無職期間中の収入源を確保することも必要です。

働きながら求人をこまめにチェック

働きながら求人情報をチェックすることも必要です。

いきなり仕事を辞めても、希望する求人があるとは限らないため、仕事をしながらこまめに求人を探すことをおすすめします。

辞めたいときには問題に向き合うことも大切

仕事を辞めたいと思うなら、何故辞めたいのかを考えてみてください。

問題に向き合うことで改善策を思いついたり、今の状況を客観的に判断して、ベストな状況へ進むこともできます。

一番やってはいけないのが、勢いで辞めてしまうことです。

そうすると、後で後悔することもあるので、冷静に物事を捉えるようにしてください。

コメント