40代の転職の心がまえとは?理想と現実はどう違うのか

転職コラム

仕事に満足できない、もっと収入をあげたいなどの理由から転職を考える人も多いでしょう。

その中でも、40代からの転職は若い頃の転職と違い難しいと言われています。

40代を過ぎてからの転職は、ある程度の心構えが必要になるのですが、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

今回は、40代の転職の理想と現実や40代に求められるもの、転職に成功しやすいタイプや失敗しやすいタイプなどについて解説していきます。

40代の転職に求められるものとは?

40代ならスキルや経験を求められる

40代の転職は難しいというのが現実です。

20代や30代の転職とは違ってある程度のスキルや経験を求められることになりますから、将来性を買われる若いころの転職とは勝手が違いますので気を付けましょう。

40代の転職で求められるスキルについて紹介します。

即戦力

40代に企業側が求めるのは、即戦力になれるかどうかです。

そのため、転職したい職種に対する経験やスキルがあるのか、前職での実績といったことを重視されるのです。

営業職であれば、今までの営業の実績や人脈などをアピールする、経理なら資格などをアピールする必要があるでしょう。

管理能力

40代なら管理能力があることが求められます

上に立って部下をまとめられる、進捗状況などを見て指示することができるといった、人をまとめて的確に動かすことができる能力が求められるのです。

そのため、役職について部下をまとめていた、管理職の経験があるといったことだと有利になります。

武器になるものがないと、難しい場合も

このように、40代の転職では即戦力になれるスキルや人をまとめることができる管理能力がなければ難しいというのが現実なのです。

40代で転職したいという人は多いのですが、武器になるようなスキル、その企業で戦力になれるような経験があるということでないと難しい場合も多いでしょう。

スキルや経験、資格をアピール

武器になるものがないと難しい40代の転職ですから、企業にとって戦力になるようなものがあるのなら積極的にアピールすることが必要になります。

培ってきたスキルや経験、資格などがあるのならそれをきちんとアピールして、自分が戦力になれる人間だと伝えることが大切です。

転職で成功しやすいタイプとは?

成功しやすいタイプはあるのか?

転職活動をする上で誰しも失敗したくはないと思っているでしょうが、転職活動を成功させやすいタイプといったものがあります。

どのような特徴をもって人が転職を成功させやすいのでしょうか。

世代関係なく打ち解けやすい

やはりコミュニケーション能力が高い人は転職を成功させやすくなっています

さまざまな世代と関わることになりますから、どんな世代の人とでも打ち解けることができるというのは大きな強みでしょう。

環境に馴染むのが早い

40代を過ぎるとなかなか新しい環境に馴染むのが大変ということもあるでしょうが、そのような状況にもすぐに馴染むことができる人は成功しやすいタイプです。

適応能力が高く、会社に馴染める人は人間関係も円滑に行きますしスムーズに仕事を進めることができるでしょう。

即戦力になれる

40代に求めるものは即戦力になれるかどうかです。

管理職の経験がある、その職種の経験が深くスキルが高い、といったことがあれば転職を成功させやすいでしょう。

営業であれば、自分についてくる顧客を持っていると有利

営業職で転職するのならば、転職したとしても自分についてきてくれる顧客を持っていると有利に働くでしょう。

新しい顧客を連れてきてくれるわけですから、企業側にとってもメリットが大きいですし、転職してもついてきてくれるということは営業でしっかりと信頼関係を築いている仕事のできる人だと判断されます。

40代で失敗するのはこんなタイプ

失敗しやすいタイプはあるの?

成功しやすいタイプがあるように、転職で失敗しやすいタイプというものもあります。どのような特徴があると失敗しやすいのか、詳しく見ていきましょう。

経験が少ない

転職する職種に対して、経験が少ないということだと失敗しやすいでしょう。

企業は即戦力を求めていますので、経験が少なくて戦力になるのが難しいと判断されれば、転職は難しくなります。

年下に従えない

40代で転職する場合には、上司や経営者が自分よりも年下ということは珍しくありません。

そのような時に、自分よりも年下だからと反抗したり、指示に従えないようでは仕事になりませんし、職場の空気も悪くなってしまいます。

年齢に関わらず、実力がある人や地位が上の人に敬意をもって接することができなければ、転職は失敗しやすくなってしまいます。

新しい会社のやり方に変えることができない

40代ともなると、自分の仕事の仕方などが固まっていることも多いでしょう。

前の会社ではこうだった、自分はこうやりたいと自我を通して、新しい会社のやり方に変えられない人は転職に失敗しやすいです。

それぞれの会社にはそれぞれのやり方があります。ですから、柔軟に合わせられる姿勢が重要なのです。

「何がしたいかわからない」思いで進める転職活動は失敗する!どうすればやりたい事が見つかるのか
私はたまに、仕事がら「転職したい」と言っている人の相談を受けることがあります。 そして、そんな相談をする人の多くが、「転職したい」のと同時に「何がしたいかわからない」と言っているものです。 ですが、そんな「何がしたいかわからない...

転職の現実!年収より人間関係

転職は選び方が重要!

40代で転職する場合の理由としては、年収をアップさせたい、もっと責任ある立場につきたいといったことが多くなっていますが、年収だけにとらわれていると、人間関係でつまずいたり前職より休日などの条件が悪くなったりと、思わぬ失敗をしてしまうこともあります。

また、選び方を間違えると年収アップのために転職したのに、逆に低くなるという可能性もあるので注意が必要です。

年収ダウンすることも

選び方を間違えてしまうと、年収アップのために転職したのに逆に下がってしまうという危険性もあります。

40代からの転職だとなかなか決まらずに焦ってしまって急いで転職先を決めてしまう、といったことも少なくありません。

そのように、焦って妥協した転職先選びをすると年収ダウンする可能性が高くなります。

条件が悪くなる場合もある

年収は良くても、労働条件が悪くなるという場合もあります。

年収だけを重視して労働時間や休日などの条件をきちんと見ていないと、休みが少ない、労働時間が長すぎるという不満を感じる可能性もありますから、トータルの条件をしっかりと比較する必要があります。

人間関係に悩んでしまう

転職先の従業員が若い人が多くて、役職なしで転職した場合には人間関係に悩んでしまうこともあるようです。

若い世代に馴染めない、役職がないので同じ立場で接するのに戸惑ってしまう、というようなこともありますから、その企業の社風や平均年齢、どのような立場で採用されるのかをきちんと把握しましょう。

年下上司と上手くいかない

順応性が低い人の場合には、年下の上司との関係が上手くいかずにストレスが溜まるということも考えられます。

年下の上司でも上手く接することができる、柔軟に対応することができるということでないと、スムーズに仕事をすることは難しいでしょう。

体験談「新しい人間関係に苦戦」

40歳を過ぎて、もっと良い条件で働きたいと思い転職を決意しました。
なんとか前職よりも良い条件の会社に転職することはできたのですが、転職先の上司が自分よりも年下だったこともあり、人間関係を構築するのがなかなか難しかったです。
世代間のギャップがあることに加えて、以前の職場でのやり方と違う方法を指示されて戸惑ってしまうことも多々ありました。
上司もこちらが年上であるということから、遠慮がありお互いに馴染むのに時間がかかりましたが、同じプロジェクトに携わったことで次第にお互いの考え方ややり方なども理解できるようになり、今では上司と部下として良い関係を築けています。
やはり、こちらが年上だと上司もやりにくさがあるようですから、積極的に質問したり世間話をしたりとコミュニケーションを図る努力が必要になるでしょう。
積極的にコミュニケーションを取ることで、仕事も円滑に進むようになりました。

特技があれば独立するのもアリ

特技があるのなら、転職ではなく独立するという選択肢もあります。

自宅を事務所にするような仕事なら、開業資金などがほとんどかからずにできるものもありますので、仕事にできるような特技があるのなら独立を考えてもいいでしょう。

イラストレーターやフリーランスのプログラマーなどのほかにも、会計士や公認会計士、社会労務士といったものも自宅でできる仕事です。

これら以外にも、新たに資格を取得して仕事にするという方法もあります。

独立する場合には、いきなり始めるのではなくて空き時間を利用して様子を見てみるのもいいでしょう。

上手くいくかどうかわかりませんから、独立する前に副業としておこなってみるなど、独立してもやっていけるかどうか確かめることも重要です。

転職エージェントという選択も

40代からの転職なら、転職エージェントを利用するというのもひとつの方法です。

自分1人での転職は時間的な面でもなかなか難しいものですから、転職のプロであるエージェントの力を借りるのもいいでしょう。

転職エージェントでは、一般には公開されていない好条件の非公開求人なども多く抱えているので、条件の良い転職先を紹介してもらうことも可能になっています。

それぞれの企業の社風や職場の雰囲気など詳細な情報を提供してくれるので、転職後のイメージもしやすいのです。

また、応募や面接日時のセッティングなども代わっておこなってくれるので、仕事をしながらの転職という場合にも良いでしょう。

給与の交渉などもおこなってくれるので、求人票よりも好条件で入社できるという可能性もあります。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

失敗しない方法は何かを考えて行動する

このように、40代の転職は若いころと比べると厳しくなっているという現実があります。

しかし、厳しいとは言っても無理なわけではありません

若いころとは違って、積み重ねた経験やスキル、実績があるのが40代の強みですから、それらをしっかりとアピールすることが失敗の少ない転職につながります。

40代になってくると、積み重ねてきたものは人それぞれ違います。自分の強みは何なのか、アピールするべき点は何なのか、自分に合った仕事の探し方はといったことをしっかりと考えるようにしましょう。

漠然と転職したいということでは厳しいのが現実ですから、失敗しないためにはどうしたらいいのか、対策をきちんと考えて行動するようにしてください。

転職の成功率を倍にする転職エージェント活用術
転職活動を成功させるには、やはり転職エージェントの活用が必須。ここで、転職エージェントの活用法を一緒におさらいしましょう。

コメント