40代の転職は資格がないと不利か?資格がなくても転職しやすいのは?

転職コラム

転職の際に取得していると有利に動くことのできるのが資格です。

資格を持っていれば、スムーズに転職を行うことができるだけでなく、専門職に就くことも可能になります。

特に40代の転職の際には資格がとても重要な役割を持っており、資格を持っていないと転職に不利になってしまうとされています。

そんな資格と転職の関係について、気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では転職と資格の関係と、資格がなくても働きやすい仕事についてご紹介します。

  1. 有資格者の場合のメリットについて
    1. 有資格者の場合のメリット
      1. 業務に合っている資格なら採用されやすい
      2. 専門職に就ける
      3. 特定の資格を持っていないと就けない職種も
      4. 資格手当など、高待遇が期待できる
      5. 資格によってはいきなり役職がつく場合も
  2. 無資格の場合のデメリットについて
    1. 無資格の場合のデメリット
      1. 専門職を狙うのがむずかしい
      2. 自分のスキルを証明しにくい
      3. 給与が下がる場合もある
      4. キャリアアップがむずかしい
  3. 40代が転職しにくい理由とは?
    1. 40代が転職しにくい理由
      1. 仕事を覚えにくいと思われてしまう
      2. 自分のやり方ができあがっていて、順応性が低いという印象
      3. 給与面でコストがかかる
      4. 経営者や上司に年下も増えるため、やりにくいと思われる
  4. 働きながら資格が取れる「介護職員初任者研修」
    1. 介護職員初任者研修とは
      1. 介護職員初任者研修の特徴
      2. 40代や50代も可能
      3. 働きなら介護職員初任者研修の取得を目指せる
      4. 介護職員初任者研修を取得するメリット
  5. 働きながら資格が取れる「二種免許」
    1. 二種免許とは
      1. 二種免許の特徴
      2. 二種免許を取得するメリット
      3. タクシー業界について
      4. 入社後に取得する制度を設けている会社も多い
  6. 働きながら資格が取れる「医療事務」
    1. 医療事務とは
      1. 医療事務の特徴
      2. 医療事務資格の種類
      3. 医療事務のメリット
  7. 働きながら資格が取れる「マンション管理士」
    1. マンション管理士とは
      1. マンション管理士の特徴
      2. マンション管理士試験について
      3. マンション管理士を取得するメリット
      4. 不動産会社で働きながら目指す人は多い
  8. 働きながら資格が取れる「宅地建物取引士」
    1. 宅地建物取引士とは
      1. 宅地建物取引士の試験について
      2. 宅地建物取引士の特徴
      3. 宅地建物取引士を取得するメリット
      4. 不動産会社で働きながら目指せる
  9. やる気をアピールすることも大切
      1. 資格の有無よりもまずやる気
      2. 伸びしろをアピールする
      3. やる気と共にスキルをアピールする
      4. 女性の場合のやる気アピール
      5. 男性の場合のやる気アピール
  10. 40でも取得できる資格はある

有資格者の場合のメリットについて

有資格者の場合のメリット

まずは、資格を取得している場合のメリットについて紹介します。

業務に合っている資格なら採用されやすい

有資格者のメリットは、やはり業種に合っている資格なら転職に断然有利な点です。

資格はその作業について一定の力量を持っているという証明になります。

初対面の人の話だけではその力量を測ることが難しいように、採用側も面接だけでは相手を見極めることができません。

なので、資格を持っていればその作業ができると証明することができ、採用でも断然有利になります。

専門職に就ける

特に仕事をするのに専門の技術が必要になる専門職では、資格がとても重要になります。

仕事に就くために必要な技術の多い専門職でも、資格を持っていれば安心して転職することが可能です。

特定の資格を持っていないと就けない職種も

また、当然資格を持っていないと採用されない職種もあります。

後々このような職種に転職したいと思った際にも、事前に資格を取得していればその分手間が減りますよね。

なので、専門職に就くうえでも資格はとても重要です。

資格手当など、高待遇が期待できる

そんな資格取得者は採用側もとても重宝しています。

高待遇でも迎え入れたいと思っている企業も多いのか、資格を取得すれば手当てがつく場合も少なくありません。

資格は高待遇の再就職先を見つける上でも重要です。

資格によってはいきなり役職がつく場合も

更に資格を取得していれば、高待遇で仕事に就くことのできる可能性があるだけでなく、いきなり役職につける場合さえあります。そのため、資格はとても重要です。

無資格の場合のデメリットについて

無資格の場合のデメリット

無資格な場合のデメリットについて紹介します。

専門職を狙うのがむずかしい

無資格の場合のデメリットはやはり専門職を狙うのが難しくなってしまうことです。

メリットの項目で紹介した通り、必須の技術が多い専門職では、特定の資格を取得していないと就職できない職種も多くなっています。

なので、資格がないと専門職を狙うのがむずかしいです。

自分のスキルを証明しにくい

また、面接などで自分のスキルを証明にしにくいのもデメリットです。

やはり面接だけだと、どんなに優秀な人でもその人の能力を一発で見抜くことができません。

なので、一発で自分のスキルを証明できる資格がないと、再就職で不利に働くことがあります。

給与が下がる場合もある

また、資格がないとその仕事が未経験だと判断されてしまうことがあるので、給与が下がってしまう場合もあります。

キャリアアップがむずかしい

更に、40代で転職する場合、資格がないと難しくなってしまうのがキャリアアップです。

資格がない場合、どうしても未経験者と同じ位置から再スタートしなければなりませんが、そうなると若い人に比べでキャリアアップがむずかしくなってしまいます。

40代が転職しにくい理由とは?

40代が転職しにくい理由

また、一般的に40代の方は転職がしにくいとされているのが実情です。

そこで、この項目ではその理由について紹介していきます。

仕事を覚えにくいと思われてしまう

40代が転職しにくい理由の1つとして、40代は仕事を覚えにくいと思われがちな点が挙げられます。

40代の人より、フレッシュな若い人の方が仕事の覚えが早いという印象がどうしてもあります。

また、同じ条件でも若い人と40代では、まだ伸びしろのある若い人が優先されることも、40代は不利になってしまっている理由の1つです。

自分のやり方ができあがっていて、順応性が低いという印象

更に、40代で自分のアイデンティティの固まっている状態だと、逆にその考えにとらわれて、順応性が低いと思われがちです。

確かな自分の考えを持った人はとても素敵ですが、仕事をする上では不利に働いてしまう場合もあります。

給与面でコストがかかる

そして、40代が転職しにくいといわれる大きな理由の1つがコストです。

40代は若い人よりどうしても給与面でコストがかかってしまいます。できるだけ安く人を雇いたいというのが、多くの経営者の考えです。

なので、コストのかかってしまう40代などの方はどうしても不利になりがちです。

経営者や上司に年下も増えるため、やりにくいと思われる

もう1つ、転職しにくい理由として、人間関係も挙げられます。

年上の部下と言うのは多かれ少なかれ扱いにくいと感じられがちです。

この抵抗が転職の障害になってしまうこともあります。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...
スカウトメール対応転職サイトランキング!30代・40代におすすめ
転職サイトの中には、サイトに個人情報、経歴やスコアなどの情報「レジュメ」を登録しておけば、企業からスカウトメールが届くサービスに対応したものがあります。 そこそこスキルを積んできた、特に30代や40代なら、スカウトメールをもらって転職...

働きながら資格が取れる「介護職員初任者研修」

介護職員初任者研修とは

ここからは働きながらでも取得でき、転職する上でおすすめの資格について紹介します。

初めに紹介するのはこちらの介護職員初任者研修です。

この介護職員初任者研修は介護の考え方などを学ぶことのできる資格で、取得すると病院内ヘルパーやデイサービス職員、介護施設職員などに転職する際有利になります。

介護職員初任者研修の特徴

そんな介護職員初任者研修の特徴は圧倒的に取得やすいことです。

就く仕事によっては必要になる資格も多い介護職ですが、そんな介護の資格の中で、この介護職員初任者研修は多くの人が最初に取る資格となっております。

40代や50代も可能

最初に取ることの多い資格なので、もちろん40代や50代の方でも取得が可能です。

介護職の入門的な資格なので、誰でも簡単に資格を取得することができます。

働きなら介護職員初任者研修の取得を目指せる

更に取得が簡単なため、3カ月程度で取得が可能と、資格取得までに必要な期間もとても短いのが特徴です。

なので、介護職への転職を考えた際、今の仕事を続けながらでも資格を取得することができます。

もちろん、介護の仕事についてから、スキルアップのために働きながらの取得でも問題ありません。

介護職員初任者研修を取得するメリット

そんな介護職員初任者研修なので、取得すると多くのメリットがあります。

特に注目なのが、転職時に有利になる点です。介護職は未経験者の募集も多い職種となっていますが、資格保有者は当然歓迎されます。

なので、この介護職員初任者研修を持っているだけで、他の人より何倍も有利に転職活動を進めることが可能となります。

介護の仕事を理解するうえでも重要な資格なので、取っておいて損はありません。

働きながら資格が取れる「二種免許」

二種免許とは

二種免許は、お客さんを乗せて車を運転する時に必要な資格です。

満21歳以上で、運転経歴が3年以上経過している第一種免許取得者が取得することができます。

二種免許の特徴

お客さんを載せて運転する車、ということで主にタクシー会社などで働く際必要になります。

取得方法は一種免許と変わらず、教習所などで取得可能です。

二種免許を取得するメリット

この二種免許を取得するメリットはやはりタクシー業界へ就職しやすくなるという点です。

1度取得してしまえば、その後の転職もとても楽になります。

タクシー業界について

そんな二種免許の役立つタクシー業界は、実は近年男女ともに募集を増やしている業界です。

これは観光客の増加に伴い、タクシーも増えているため。なので別の職種からの転職者にもかなり積極的で、特に接客や営業経験のあるかたは重宝され、働きやすい傾向にあります。

入社後に取得する制度を設けている会社も多い

そんな転職者の募集増加に伴い、入社後にこれを取得できる制度を設けている会社も多くあります。

なので、必ずしもこの資格を持っていないとタクシー業界に入れないわけではありません。

むしろ、普通免許を持っていれば入社でき、その後の研修制度を徹底している会社も少なくありません。

なので、仕事と同時に資格取得のチャンスがあるという利点があります。

働きながら資格が取れる「医療事務」

医療事務とは

医療事務はその名の通り、病院の受付業務などに関する資格です。

医療事務と一口に言っても多くの種類があり、その難易度も様々。

中には合格率が50%を超えるものもあり、かなり取りやすい資格となっています。

医療事務の特徴

医療事務の仕事は名前の通り、カルテ管理、会計、診療費の請求などの医療に関係する事務作業です。

求人が安定している人気の職種の1つで、未経験者の募集も多くあります。

なので、こちらも働きながら取得できる資格です。

また、事務職なので体力に自身のない方でも働くことができ、40代にもおすすめです。

医療事務資格の種類

続いて、医療事務資格の種類をいくつか紹介します。

先ほど紹介した通り、一口に医療事務と言ってもいくつかの種類があります。

医療事務技能審査試験

こちらは日本医療教育財団が主催している資格です。

学科試験と実技があり、それぞれ70%以上の正答で合格となります。

合格率は50%ほど。全国の公共施設等で毎月1回、年間12回開催しているので受けやすい資格です。

医療事務管理士

こちらは技能認定振興協会が主催している資格です。

やはり合格率は50%ほどで、学科試験と実技試験が行われます。

2ヵ月ごとに試験が実施されているので、こちらも受けやすい資格です。

このほかにもまだまだ様々な種類があります。

医療事務のメリット

そんな医療事務の資格のメリットはそのお手軽さ。

多くの種類があり、開催回数も多いので、医療事務経験者の方なら働きながらでも好きなタイミングで取得可能です。

また、未経験者の募集も多い医療事務の現場ですが、1度資格を取っていれば経験者であることが分かるので、ある程度再就職に有利になります。

働きながら資格が取れる「マンション管理士」

マンション管理士とは

マンション管理士とは、マンション管理のコンサルタントに必要となる資格です。

2001年施行の「マンション管理適正化法」に基づき作られた資格で、この資格を取得すると、分譲マンションなどの管理全般ができるようになります。

マンション管理士の特徴

主な業務はマンション管理のコンサルタントです。

管理組合と顧問契約を結び、顧問業務を行ったり、管理委託契約見直しなどを行います。

マンション管理士試験について

マンション管理士試験の試験は公益財団法人マンション管理センターが開催して、年1回行われています。

合格率は10%と少し難易度が高めです。

マンション管理士を取得するメリット

特徴はなんといっても国家資格な点。

その信頼度は抜群で、1度取得すれば大幅に有利になります。ただし、その信頼度に対して、合格難易度は高めとなっています。

不動産会社で働きながら目指す人は多い

そこで多くの人が不動産会社で働きながらマンション管理士の資格取得を目指します。

試験の難易度は高いですが、その分需要も多いので、とてもおすすめの資格です。

働きながら資格が取れる「宅地建物取引士」

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士は、宅地建物取引業を営もうとする際に必要になる資格です。

買主・借主への物件の法的な説明や、契約事項の確認などを行う上で必要になります。

宅地建物取引士の試験について

試験は一般財団法人不動産適正取引推進機構が主催し、毎年6月の第1金曜日に行われています。

全50問の筆記試験で、合格率は約15%と、やはり難しい資格ですが、こちらも国家資格なので信頼度は抜群の資格となっています。

宅地建物取引士の特徴

なので特徴もマンション管理士と同じく、その難易度と信頼度。国家資格なので、より転職では有利に働きます。

特に40代でもこの資格に加えて、営業経験があるかたはこの業界で転職しやすいです。

宅地建物取引士を取得するメリット

そんな宅地建物取引士を取得するメリットはもちろんその信頼度。

不動産業界で活躍できることは勿論、金融業界などでも重宝されています。

さらにこの資格を取得できるだけの知識があれば、開業や独立も視野に入れることができ、ぐんと選択の幅が広がります

不動産会社で働きながら目指せる

マンション管理士と同じく、多くの人が不動産会社で働きながら宅地建物取引士の資格取得を目指しています。

とても信頼できる資格なので、難易度が高い分だけ、より転職では有利に働きおすすめです。

やる気をアピールすることも大切

資格の有無よりもまずやる気

そんな、取得すると転職で有利になる資格の数々。

しかし、転職する際に最も重要になるのはこの資格ではありません。

転職する際には、資格の有無に加え、やる気をアピールすることも大切になります。

自分が人を雇う立場に立ったとしたら、資格があってもやる気のない人よりも、やる気があって仕事をしっかり熟す人の方がうれしいですよね。

そこで最後にやる気のアピールについて紹介します。

伸びしろをアピールする

前半の項目でも紹介しましたが、40代に転職が難しい理由に、伸びしろが少ないという印象を与えてしまうという点がありました。

これを感じさせないためにもやる気アピールが大切です。

40代でもまだまだ意欲的に新しいことを吸収できるところをアピールできれば、その印象も払拭することができます。

やる気と共にスキルをアピールする

また、やる気だけでなく、しっかりと自分のスキルをアピールするのも大切です。

前職での経験から活かせる部分を提案することにより、相手へやる気を伝えることもできます。

特にここでも資格を相手へ提示できれば、それだけでもやる気アピールにつながります。

女性の場合のやる気アピール

また、女性が40代で転職を考える場合は、子育てが終わって社会復帰する方が多いかと思います。

そんな方は、自分のやりがいや仕事への熱意をアピールするのがおすすめです。

男性の場合のやる気アピール

男性が40代で転職する場合は、経験を活かして最後のチャンスとして転職を考える人は多いのではないでしょうか。

そこで、ぜひアピールしたいのが経験と可能性です。

特に、前職の知識を生かせる現場では、そのことを積極的にアピールすることでグンと採用されやすくなります。

40でも取得できる資格はある

ここまで40代の転職と資格について紹介してきましたがいかがでしたか。

40代からでも取得できる資格は意外と多くあります。

その中には仕事をしながら取得できるものもあるので、気になるものにはぜひ積極的に挑戦してみてください。

また、転職する際には確かに資格も重要ですが、なにより大切なのはやる気です。

やる気のアピールをうまく行うことができれば、資格がなくても転職を成功させることができます。

そうして転職出来たら、今度はその現場で新しい資格を取得するのがおすすめです。

仕事をしながら資格を取得すれば、今の生活を安定させつつ次の転職のためのスキルアップもできて一石二鳥。

ぜひ、積極的にそんな資格の取得にチャレンジしてみましょう。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

コメント