40代は実は需要が高い!正社員での転職を成功させるなら?

未分類

40代の人が現在の仕事からほかの仕事へ転職することを考えて周囲に相談したら、「40代で正社員への転職は難しいよ」などと言われてしまうことがあります。

そんなことを聞いたら不安になってしまい、転職をあきらめようとする人もいるかもしれません。

しかし、40代で転職した経験などない人が、「転職は難しい」と思い込んで語っているケースも多いのです。

実は40代の人は意外に需要があり、転職するのに決して不利とはいえません

ただし、40代が正社員として転職するにはコツがあります。

40代が笑顔で転職するためにはどのようにすればいいのか、解説します。

男女ともに40代の転職は悪くない

男女とも、40代で転職活動を始めるのは決して悪い選択ではありません。

なぜなら、40代は体力と気力が十分で、しかも、経験や実績がある年代だからです。

社会での経験を積んで、実務的な処理方法を身につけている人が多いので、企業が採用したいと考えている年代なのです。

40代の女性はどうか

女性の場合は、子どもがいる人であれば、40代ともなれば子育てが一段落して仕事に集中しやすくなります。

子育てという大事業を成し遂げてきた女性の底力に期待する企業は多くあります

未婚の人や子どものいない人は、これからの人生を見通したときに、結婚や出産よりは仕事に打ち込もうという気持ちが強くなる人が増えてくるころです。

40代の男性はどうか

男性の場合、既婚者であれば家族への責任が大きくなり、未婚者であれば自分自身の今後のために、仕事へ向き合う姿勢もいっそう真剣さを増す年代です。

もういい年ですが、まだ即戦力として活躍できそうな方がたくさんいますので、自分の経験とスキルをうまく活用できればさらなるキャリアアップが十分に望めます

企業から見た40代

企業は、このような40代の特徴をよくわかっており、これまで社会で積んできた経験が大きく実を結ぶころだということも認めています。

ですから、男女ともに40代を採用したいという需要はあるのです。

女性は家庭とのバランスがポイント

女性の場合に限ってみると、家庭を持っている人は、家庭とのバランスをどうするかが重要になります。

仕事への情熱を見せよう

企業側は、子育て中の女性やこれから妊娠・出産する年代の女性よりは、子育てが一段落していて、仕事に打ち込んでくれる40代に価値を見いだしているのです。

ですから、転職に際しては、面接で「家庭が最優先です」と言い切ると不利になる可能性もあります。

もちろん家庭生活を犠牲にする必要はありませんが、たとえば、近所に手伝ってくれる親戚がいるから、あるいは、夫は家事ができるから、会社が忙しいときは少しくらいなら残業も可能だと言っておくと採用担当者も安心して採用できます。

ブランクが長い人は、こうしよう!

子育てのために家庭に入っていたので、仕事から長く遠ざかっていた人もいるでしょう。

そのような人は、出産以前に勤めた経験を生かせる職場を探すとよいといえます。

もしも、急にフルタイムで働くことに不安があれば、最初はパートとして短時間の勤務から始めるのもいいでしょう。

同じ職場にパートタイマーと正社員がいるような会社を選べば、勤務状況次第で正社員にしてくれることもあります。

40代女性が転職で成功するポイントは?未経験でも資格があれば大丈夫?
40代の女性の中には今の働く環境に疑問を感じている方もいるでしょう。 やりがいを求めて転職をしようか悩んでいる方もいると思います。 しかし、40代でも転職を成功させることができるのかなど、不安もあるでしょう。 ここでは、そ...

男性は人手不足の業界がポイント

男性が正社員の転職をめざす場合、まず、現在の仕事に関連のある業界を選ぶ人が多いでしょう。

今までに身につけたスキルを高く評価してくれる会社があれば、その会社に転職することをおすすめします。

40代を歓迎する職場とは

しかし、今までと同じ業種の会社に転職するのはイヤだという人や、ブランクがあってアピールできるスキルが見当たらない人は、人手不足で多くの人員を求めている業界を選ぶとよいでしょう。

たとえば、建設業界、タクシー業界、警備会社などです。

また、介護業界といえば女性が多いというイメージがあるかもしれませんが、男性利用者の世話は男性が望ましいと考えている施設も多く、男性の職員もたくさんいます。

このような業種では、さまざまな人生経験や高いコミュニケーション能力が評価されますから、40代の人は歓迎されます。

アルバイトから正社員を目指すには?

40代といえば、新卒のころ就職難の時期にあたって、不本意ながらアルバイトや非正規雇用の仕事につかざるを得なかった人も多くいます。

たまたま運悪く正社員になれずにアルバイトを続けている人は、できれば正社員をめざしたいと考えているかもしれません。

自信を持とう!

正社員でない人でも、正社員と同等か、それ以上の能力のある人はたくさんいるのです。

「アルバイトしかしたことがないから」「もう40代だから」などと消極的になってはいけません

たとえアルバイトや非正規雇用の仕事の経験しかなくても、仕事の中身は正社員と変わらないケースは多くあります。

本来なら正社員として雇用されるべき能力があるけれども非正規雇用の労働者となっている人がいることは、企業は十分承知しているのです。

ですから、アルバイトでも派遣の人でも、今までやってきた仕事の内容に自信を持ち、自分の経験とスキルとしてアピールしましょう。

情報収集を忘れないで!

アルバイトから転職する場合、まったくの未経験の職種よりは経験のある職種のほうが転職しやすくなります。

ですから、同業他社が社員を募集しているときに、応募してみることをおすすめします。

日頃から転職エージェントに登録したり転職サイトを見たりして、情報を収集しておきましょう。

40代の男性が転職を成功させるポイントは?未経験でも失敗しないコツ
今の職場の働く環境に不満があるなら、転職を考えるのもひとつの方法です。 しかし40代の男性が転職を成功させるには、ただ闇雲に求人を探すだけでは難しいかもしれません。 そこで、このページでは転職を成功させるポイントや、未経験でも就...

社員登用制度を利用するのもいい

社員登用制度とは?

正社員にこだわるのであれば、「社員登用制度」(正社員登用制度)について知っておきましょう。

これは、アルバイトや派遣労働者として働いていた人を正社員として採用する制度です。

一定の期間しっかりと働いたら正社員にする企業や、試験を課して合格したら正社員にする企業などがあります。

法律で決まっている制度ではなく、それぞれの企業で決めて作っている制度ですが、この制度を整備している会社は決して少なくありません。

メリットの多い社員登用制度

この制度を利用すると、企業は働く人の能力や勤務態度を見極めてから社員にできます。

労働者も職場の雰囲気や働きやすさを観察して良い職場だと思えば社員になればいいのですから、企業と労働者のどちらにとってもメリットがある制度です。

制度があっても、利用されていない職場も!

工場勤務には社員登用制度が設けられているケースが多いので、興味が持てる工場があれば、調べてみるのもいいでしょう。

工場以外にも、求人情報に「正社員登用制度あり」と記載している会社は多く見つけられます。

パートやアルバイトから積極的に正社員に登用することをセールスポイントにしている会社もあります。

しかし、制度があると書いてあってもそれは表向きで、実際には社員になった人がほとんどいないような会社もありますから、注意しましょう。

実際にその会社で働いている人や企業風土について詳しい転職エージェントなどから情報を得て、どの程度の人が非正規雇用から正社員になっているのか、前もってリサーチしておくのが大切です。

正社員に求められるものは何か?

アルバイトと正社員を比べると、正社員にだけボーナスが出るなど、報酬や待遇に違いがあることが一般的です。

なぜ正社員を優遇するのかというと、正社員にはそれだけ多くのものが求められるからです。

正社員には、この3つが必要

第一に、「責任感」です。

たとえトラブルが起きても、逃げ出さず解決するまでやりきる熱意と言い換えてもいいでしょう。

第二に、「高度なスキル」です。

どのような仕事でも、熟練・習熟するまでにはある程度の時間と経験が必要です。腰を据えてそのスキルを習得するという気概があること、それが正社員に求められています。

第三に、「前向きな態度」です。

自分から仕事に積極的に関わり、自発的に問題点を見いだして解決法を探すという態度が重要です。アルバイトや派遣社員ならば人から命じられたことだけをおこなっていればいいかもしれません。

しかし正社員は頭を使って、より効率的により高い結果を出す必要があります。

履歴書で落とされないためのコツ

40代が転職をしようとする際、提出する書類で気をつけるべきポイントは何でしょうか。

履歴書の基本とは

履歴書や職務経歴書などに誤字がないこと、丁寧な文字でわかりやすく書くこと、項目をしっかりと埋めることは当然です。

履歴書の写真はきちんとしたスーツ姿で、できれば少し口角を上げ、ほほえんだ顔で写るのがよいでしょう。

昔の写真があっても、それを利用してはいけません。

直近の姿の写真を新たに撮影しましょう。

たとえば、若々しく見せたいからといって10年以上も前の写真を貼ったら、面接時に実物との落差が大きいことはすぐわかります。

そんなことをしたら履歴書自体の信用が揺らいでしまう可能性もあります。

転職理由はポジティブに!

転職理由は、たとえば「給料が安いから転職したい」のであれば、「正当な評価をしてくれる場で活躍したい」など、できる限り前向きに言い換えて書きましょう。

スキルと経験をアピールしよう

40代であれば、これまでの仕事で得たスキルがあるはずです。

それを、できるだけ具体的に、事例を添えて書きましょう。

採用する側に「面接したい」と思わせるには、新しい会社でどのような技能や経験が生かせるかを想像して、そこを中心にはっきりと書く必要があります。

転職の成功を左右する?履歴書の正しい書き方
履歴書は転職活動の第一歩。ここで企業側の第一印象が決まってしまいます。今回の記事に「履歴書の書き方」を書いておきます。例を参考に、少しでも綺麗で、好印象を与える履歴書を作ってください。

求人情報の行間を読もう

企業が求めている人と応募者との間にズレがあると、どんな人でも落とされてしまう危険性があります。

男女雇用機会均等法の施行によって、募集の条件に年齢や性別をはっきりと書かない企業が多くなっています。

企業は、「女性が多い職場だから今回も女性を雇いたい」「力仕事が多いから若い男性のほうがいい」というような「本音」を隠して求人情報を出しているケースがあるのです。

求人情報に記載された写真やイラスト、「男性活躍中」「男女活躍中」などの文言をヒントに、どのような人が求められているか、判断しましょう。

できるだけ求人や会社に状況に自分を近づけて履歴書を書くようにしたいものです。

たとえば、「体力が必要とされる仕事のようだ」と感じたら、履歴書では体力には自信があることをアピールしましょう。

若い社員が多い会社であれば、過去の仕事で若い労働者と一緒に働いた経験や、若い人から頼りにされていたこと強調すると採用される確率が高まります。

40代でも正社員は目指せる!

転職活動をおこなっても、最初の応募ですんなりと決まる人ばかりではありませんよね。

何回も応募して失敗したり、「転職は難しい」というウワサ話を聞いたりすると、「40代の転職は難しいのか」と考えて心が折れそうになってしまう人もいるでしょう。

しかし、簡単にあきらめたり、転職は難しいと決めつけたりしてはいけません。

あきらめたら、そこで終わってしまいます。

40代の人がこれまで得たスキルと経験の価値を認めてくれる企業はたくさんあります。

40代が転職して正社員をめざすことは十分可能です。

転職エージェントを活用しよう

大切なのは、多くの情報を集めて転職活動に利用することです。

さらに、自分の強みを発見して、ふさわしい企業に応募することも重要でしょう。

情報をどうやって得ればいいのか、また、自分の強みは何かわからないときは、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントは、無料で利用でき、専任のキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。

どのような企業が向いているか、自分で判断できなくても、多くの人の転職を見てきたプロならではの視点でアドバイスをくれるでしょう。

非公開になっている求人のなかに最適な仕事がある場合もあります。

いきなり退職するなどの無理はしなくてもいいのです。

まずは、今の職場で働きながら、40代が輝ける職場を探してみることをおすすめしたいと思います。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

コメント