40代の平均年収はどれくらい?手取りの場合どれくらい残る?

転職コラム

40代はビジネスパーソンが最も脂が乗る年代といわれています。

50代前半の次に平均年収が増え、課長や部長などの管理職に就く人も少なくありません。

しかし、収入が増える一方で、子供の学費や親の介護などで支出が増える時期でもあります。

転職を検討している人や現在の働く環境に疑問を感じている人もいるでしょう。

「40代の平均年収はどれくらいか」といった疑問や「手取り25万円は平均的か少ないか」といった悩みについて解説します。

40代の平均的な年収はどれくらい?

40代の平均年収は?

40代は、子供の教育費や親の介護費用、老後資金の貯金などで何かとお金が必要になる年代ですよね。

一般的な賃金カーブを見ると、20代前半から上昇し続けた収入がほぼピークに達する頃です。

多くの人は、社会的にみてベテランや中堅と呼ばれる40代の平均的な年収に興味があるのではないでしょうか。

40代の平均年収は下記のように緩やかに上昇する傾向があります。

年齢平均年収
40歳約449.2万円
41歳約454.6万円
42歳約460万円
43歳約466.8万円
44歳約473.6万円
45歳約480.4万円
46歳約487.2万円
47歳約494万円
48歳約496万円
49歳約498万円

このように、40歳と49歳の平均年収を比べると、約50万円上昇しています。

一般的に40代になったからといって、基本給が大幅に上昇することはありません。

平均年収の上昇の大きな要因は、役職手当の存在のようですね。

普通の暮らしは可能

40代の平均年収は450万円から500万円くらいです。

つまり、このくらいの金額で普通の暮らしができるともいえます。

無論、あくまで平均年収ですので、役職などによってはこれ以上の収入を得ている人もいるでしょう。

サラリーマンの平均的な手取りとは?

40代前半の平均的な手取りは年間で約365万円です。

毎月の給料とボーナスを合わせた数字ですが、単純に12か月で割ると、月額にして約30万円になります。

同じように計算すると、40代後半の平均的な手取りは約390万円で、月額にして約32万円です。

想像したより手取りが増えないと感じた人も多いのではないでしょうか。

若い頃に比べて昇給が少ないという原因もありますが、介護保険料の存在が大きいのです。

40歳になると毎月6千円ほど介護保険料が引かれて、手取りがその分減ってしまいます。

社会保険料を徴収され、さらに所得税や住民税といった税金が徴収されます。

最終的に、実際に手にできる金額は平均年収の8割程度まで減ってしまうのです。

手取り25万円は平均?それとも低い?

手取り月額25万円は高いのか?

手取り月額25万円という数字は、目安としてあげられやすい数字です。

ただし、それは40代に限定せず、ビジネスパーソン全体を考えた場合です。

平均と比較すると低い方

40代に限定した場合、ここまでで参考にした平均的な手取りと比較すればわかるように、手取り月額25万円は低い方だといえます。

40代前半であれば約5万円低く、40代後半であれば約7万円低いという計算になります。

年間で考えると、40代前半で約60万円、40代後半で約84万円も違ってくるのです。

支出が多い40代にとって、この金額の差は大きいですよね。

企業の規模や業種による差

手取り平均額は、企業の規模や業種によってかなり差があります。

一般的に大企業の方が手取りが多いです。

また、業種も情報通信業やインフラ系は、他の業種に比べて手取りが多くなる傾向があります

平均年収が300万円を切る業種も

手取り平均額が高い業種がある一方で、飲食業やサービス業のように平均年収300万円を切る業種も存在しています。

飲食業もサービス業も、離職率が高く、人材の確保が難しいとされている業界です。

飲食業やサービス業の平均年収が低いのは、この離職率の高さに原因があるようですね。

未経験者などの中途採用も積極的に行っているため、業界全体の平均年収がどうしても下がってしまうようです。

また、飲食店の仕事などは体力が必要になるため、年齢が上がると離職してしまう人もいるようです。

40代の理想的な年収はいくらなのか?

「40代の理想的な年収はいくらなのか」という質問は、答えるのが難しい問題です。

40代の理想的な年収と一口にいっても、実際は既婚か未婚かでも違ってきますし、子どもの人数や環境でも異なってきます

例えば結婚して子供がいる場合、独身に比べて家族手当などによって年収が増える傾向がありますが、だからといって、家族手当だけで家族を養えるわけではありません。

ひとついえるのは、既婚か未婚か、子供がいるかどうかなどによって、お金のかけるところが違ってくるということです。

未婚の人は趣味などに費やすお金が多くなる傾向があります。

子供が多くいる家庭なら、子供の教育費などのために節約して貯蓄に回すことが増えるでしょう。

他にも、自分で家を購入する必要があるのか、親からの援助があるのかなど、そういった個人差も大きいです。

住宅ローンは、子供の教育費と共に家計を大きく圧迫する要因のひとつでしょう。

家を買わないという選択が選べないのであれば、その分、理想とする年収は高くなります。

年収1000万円を超える方法とは?

上場企業なら年収1000万円も可能

年収1000万円と聞くと高額だと感じる人は多いのではないでしょうか。

ですが実際は、上場企業の場合、年収1000万円を超えている企業は少なくありません。

特に、企業の買収や合併に関連する業種の企業は年収が高額になる傾向があります。

他にも、金融関連や放送関連、医薬関連も高額です。

高額な年収によって、質の高い人材を確保する必要のある業界ほど年収が高くなるようですね。

そのような上場企業への転職が見込めれば、年収1000万円を超えられる可能性も十分あります。

業種や資格は重要な要素

年収1000万円を目指すうえで大切なのは業種だけではありません。

資格の有無なども年収を左右します。

資格を得るまでには、少なくない労力や費用がかかるでしょう。

しかし、資格を手に入れて自分に合った業種に就くことができれば、安定して稼ぐチャンスとなるかもしれません。

年収600万円ならクリアできる?

ボーナスや税込みで年収1000万円は上場企業の中でも一部です。

「ならば年収600万円くらいなら可能なのか?」という疑問を感じる人がいるでしょう。

年収600万円という水準は、平均より少し高いだけの水準だからです。

年収600万円は上位25%程度です。勝ち組といえる立場とはいえ、4人に1人は稼げている金額でもあります。

年収600万円であれば、住民税や所得税、保険料などを差し引いても、460万円前後が残ります。

無論、差し引かれる住民税には地域差がありますから目安程度にして下さい。月に使える金額で考えると38万円程度となります。

年収600万円を転職で目指すなら、大手企業を狙うか、専門職に就くのが一番良いでしょう。

年収ランキングに載るくらいの大手企業であれば、40歳の平均年収が600万円に届かないということはまずありません。

また、専門職は少ないため転職市場でも有利です。

他にも、報酬の高い企業を専門に扱う転職エージェントなどを利用する方法もあります。

キャリアを上手く活かし、年収が良い企業に入るには、転職のプロに相談するのが良いでしょう。

ハイキャリア転職におすすめ!ハイクラス求人に強い転職エージェント
現在転職活動を行っている方の中には、管理職、高年収など条件の良い「ハイクラス求人」を探している方も多いのではないでしょうか。 それまで培ったスキル、それまでの経験を活かして、ハイキャリア転職を考える方は多いです。ハイキャリア転職を狙っ...

40代で生活水準を上げる方法

転職

生活費に余裕を持たせたいなら、転職を考えるのもアリです。

一般的に年齢が上がるにつれて転職活動は難しくなるといわれています。

しかし、即戦力となる経験豊富な40代を採用したいと考える企業も少なくありません

例えば、新しいプロジェクトを立ち上げたい企業や社歴が浅い企業などです。

自分に合っている業種の情報収集

転職を考えるのであれば、まずは自分に合っている業種で情報を収集してみるのがいいでしょう。

即戦力として活躍できる世代と考えられている40代は、これまでのキャリアを重要視される傾向があります。

上場企業の求人のこまめなチェック

転職可能な上場企業があるかどうかもチェックしておきましょう。

上場企業は一般的に人気が高く、転職希望者が集まる傾向があります。

こまめなチェックは欠かせません

資格取得で収入アップ

資格取得で生活水準をアップさせられる可能性は十分あります。

取得が難しい資格を手に入れれば、大幅な年収アップも可能かもしれません。

また、比較的簡単な資格であっても資格手当ての対象になっていることもあります。

将来のキャリアプランをよく考えて資格を取得していけば、大きな年収アップに繋がることもあるでしょうね。

転職には「資格」が有利!中途採用面接官がおすすめする8つの資格
転職をするなら「資格」を持っていた方が有利です。このページでは、応用の効く資格を8つ紹介しています。ただ、転職先の企業に必要のない資格を持っていてもあまり意味はありませんので、闇雲な資格ホルダーにならないようご注意ください。

25万円はボーダーラインかも

40代で手取り月額25万円は少ない方といえます。

もし自分の住む地域の最低賃金と比べてみて、下回っているなら労働基準監督署に相談するのもいいかもしれません。

国が定める最低賃金額以上を支払わなくてはならないという最低賃金制度があります。

仮に最低賃金を下回る契約であっても、無効となります。

平均的な手取りは、40代前半で月額約30万円、40代後半で月額約32万円です。

月額25万円はボーダーラインといえるかもしれません。

ただ、40代の理想的な年収はいくらなのかということは一概にはいえません。

既婚か未婚か、子供が何人いるかなどによって異なってきて、他にも家を購入する必要があるのか、親の援助があるのかなどでも変わってきます。

もし年収1000万円を超えるのを目指すのであれば、上場企業への転職を考えると良いでしょう。

上場企業の場合は年収1000万円を超えている企業も少なくありません。

年収600万円であれば上位25%程度の人が稼いでいます。

大手企業を狙ったり、専門職に就くことができれば、十分狙える年収でしょう。

40代で生活水準をさらに上げるために、転職について前向きに検討してみるのもいいかもしれませんね。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

コメント