40代で未経験の仕事はアリ?転職しやすい職種・業界は?

転職コラム

「今の会社に居つづけても、この先お給料が上がらなそう」、「何となく毎日の仕事に追われてこの年齢まで来たけれど、このままで良いのだろうか」、ふと、そんな思いに囚われて焦ってしまうことがありますよね。

特に現在の日本は景気の先行きも不透明で、老後の生活費どころか、そもそも老後まで暮らしていけるかどうかも心配になるほどです。

そのような状況では、転職して環境を変えたい、不安感を払拭したいという気持ちになることもあります。

しかし企業は一般的に、即戦力になる人材を求めているものです。40代ともなると、未経験の職種に転職することは、厳しいようにも思えます。

果たして、40代が未経験の仕事に就くことは可能でしょうか?転職しやすい業界はあるのでしょうか?解説します。

未経験で働くメリットとは

未経験で働くことのメリットについて、主に以下のものが考えられます。

新しい視野が広がる

何といっても、新しい世界に飛び込むことは自分の経験を増やし、視野を広げます。

どんな会社であっても、会社にはそれぞれの風土やカラーがあります。

そして、会社である程度の年月を過ごしていると、考え方や言葉遣いも、知らず知らずのうちに会社のカラーに染まっています。

オープンで風通しの良い風土に思える会社でも、それは変わりません。

会社を変え、しかも全く未経験の職種に就くことは、カラーに染まった自分を一気に変える機会にもなるはずです。

常識と思っていたことが全く通用しなかったり、逆に、全く知らなかった新たな考え方を獲得するきっかけにもなります。

見えてくる世界もきっとこれまでとは異なったものになるでしょう。

違う人間関係を構築できる

付き合う人間のタイプも、これまでとは全く違うものになります。

会社を変えたとしても、業界が同じだったり似たようなものであれば、そこで働く人も何となく同じような雰囲気であることは結構あるものです。

しかし、未経験の職種への転職であればそうはなりません。

考え方も話し方も、全てがこれまでとは違う、新しい人間関係を構築することになります

新しい人間関係を築くことは、最初の内は戸惑いやストレスもあるかもしれませんが、長い目で見ると人脈や視野を広げることにもなり、自分の引き出しを増やしてくれるはずです。

独立を目標にして働くこともできる

これは仕事にもよるのですが、働きながら資格を取得できる業種であったり、独立した人が多くいるような業界であれば、独立開業を目標として働くこともできます。

世間には2通りのタイプの人間がいるように思います。

会社で雇われて働くことが向いている人と、独立して自分で働くことが向いている人です。

どちらが良いとか、そういうことは全くありません。

こればかりは向き不向きの問題なので、どうしようもないのです。

独立して働くことの方が向いている人が、会社に所属して働いているとしたら、それは幸せでしょうか?

40代になってしまったからと、諦めて今後も会社の組織の中で働いていったら、辛くなってしまうのではないでしょうか?

それよりは、未経験の職種でも思い切って飛び込んで独立開業を目指す方が、日々の生活もやる気に溢れるように思います。

自分に合った仕事に出合える可能性

今の仕事が自分にピッタリ、天職であると言える人は本当に幸せであると思います。

ほとんどの人は「自分はこの仕事に合っているのだろうか」という疑問をうっすらと感じながら、それでも日々一生懸命働いているのが現実だと思います。

でも、今の仕事以外のものを試すことをしなければ、その疑問に対する答えは出ないですよね?

未経験職種への転職は、それを試してみるチャンスでもあります。

思い切って転職してみたら、より自分に合っている仕事だったという結果になれば、本当に最高なのではないでしょうか。

未経験で働くデメリットとは

一方で、未経験の職種に転職することはデメリットもあります。

覚えることが多い

未経験の職種ですから、やはり仕事で新たに覚えなければいけないことは多くなります。

さらに、20代などと比べると40代は、物事を新たに覚えるスピードが残念ながら落ちています。

社会人経験もそれなりに積んでいるため「思考の癖」もついていて、言われたことを素直に捉えられなかったり、変な解釈を加えてしまったりすることもあります。

そのようなことを乗り越えて仕事を覚えるためには、人一倍の努力が必要です。

自分独りでの勉強も勿論ですが、意地やプライドを捨てて、自分より年下の社員や上司に素直に質問できるかどうかも、成長するための大きなポイントになるように思います。

給与が下がる可能性

給与が下がってしまう可能性もあるでしょう。

即戦力が期待できないため、いくら40代で社会人経験を積んでいるといっても、そこは新入社員と同等とみられます。

今の会社でそれなりの地位まで昇進している場合は、特に減少率が高いかもしれません。

減った場合に生活できるかどうか、今の暮らしを変えることができるか、そうまでして就きたい仕事かどうかは、十分に考えることが必要です。

やってみたら向いていなかったということも

やってみたものの、残念ながら向いていなかったというリスクもあります。

しかしこの場合、転職前の期待値が高すぎることも多々あるように思います。

40代ですから、「失敗できない」と気負いすぎて、些細なことで向いていなかったと悩んでしまうパターンです。

向いている仕事に出会えることは確かに幸せですが、あまりそこに意識を囚われ過ぎず、毎日の仕事を覚えることに集中するということも大切です。

これが退職を決意したきっかけ!年収アップ・キャリアアップに最適な転職タイミングとは?
転職する人の中にも、職場に対する不満やキャリアアップを目指して転職したい、違った職種に就きたいなどその理由は人それぞれです。 しかし、転職したいと思っていてもなかなか踏ん切りがつかない、一歩踏み出せないという人も多いでしょう。そんな時...

未経験でも可能な職種とは何か?

未経験でも転職しやすい職種はある!

資格を特に持っていなかったり、経験に自信がないという40代未経験の求職者の場合であっても、転職しやすい職種はあります。

そのような職種を狙うことが、40代未経験の転職のポイントです。

転職しやすい職種は、人手不足の業界

転職しやすい職種の代表が、人手不足の業界です。

世間一般に「仕事が大変」というイメージがある業界は、慢性的に人手不足ということが多いようです。

しかし、仕事が実際に大変かどうかは、その人と仕事の相性、職場との相性にもよるところが非常に大きいです。

世間的に「大変そう」とされていても、恐れる必要は全くないのです。

興味があるのであれば積極的に挑戦してみると、転職が成功する可能性が高まります。

また、そのような人手不足の業界であれば一時的に大量募集を行うこともあります。

そのタイミングで入社できれば、研修も他の人と一緒に受けられるため、自分1人が新人として浮いてしまうということも避けられます

ブラック企業には要注意!

人手不足の業界を狙うことが転職しやすいポイントとは言え、頻繁に人材募集を行っている会社が、業績好調で事業拡大などの理由からなのか、単にブラックで人が定着しないだけなのか、その見極めは事前にしっかりと行うべきです。

会社に面接に行った時の雰囲気などから慎重に判断しましょう。

働かずしてブラック企業を見極める方法
ブラック企業に一度入社してしまうと、そこから抜け出すのはかなり難しくなります。できれば、働き始める前に、ブラック企業を見抜いて、入社しないようにしましょう。

未経験でも就職しやすい「建設業界」

未経験でも就職しやすい業界の1つが、建設業界です。

理由は、建設業界はその仕事柄多くの人材が必要であるため、新しい工事が始まる前に、大量に人員を増員する傾向が強いためです。

さらに、建設業界は慢性的な人手不足ということも言われていますから、採用される可能性は高くなっています。

建設業界で働くことのメリット

建設業界で働くことのメリットに、働き方が色々と選べるということがあります。

現場を渡り歩く?

建設業界で働く人の中には、新しい工事が始まる度に応募をして現場を渡り歩いている人もいます。

地位や収入はやや不安定かもしれませんが、自分の時間とのバランスが取れるという点では魅力的な働き方です。

建設会社に就職する?

建設会社に就職するということが、よりスタンダードな働き方かもしれません。

会社の中で段階を踏んで勉強させてもらえるため、体系的な知識を身に付けやすく収入への安心感もあります。

建設業界で働くことのデメリット

現場で職人として働く場合、とにかく体力勝負となります。

40代の人がいきなり未経験から働き始めることは、最初のうちはかなり大変です。

これまでの社会人生活で既に腰痛持ちなどになっている場合には、働くことを諦めざるを得ないこともあります。体力についてはよく考えておきましょう。

未経験でも就職しやすい「タクシー業界」

タクシー業界は一時期不景気で、売り上げも採用募集も低迷していました。

しかし、外国からの観光客の伸びもあり、現在募集は増えています。

タクシー業界で働くことのメリット

普通免許があればOK

入社してからの二種免許取得制度があり、とりあえず普通免許があれば未経験であってもOKという会社が多くあります。

会社から色々と教えてもらいながら免許取得ができるため、安心して入社できます。

とにかく研修が充実

タクシー業界の特徴として、実務に入るまでの研修が充実しているということがあります。

実務になってからは全て一人で対処しなければいけないわけですから、当然といえば当然なのですが、事前に不安点をできるだけ無くしてから仕事に入れるため、未経験者には助かります。

タクシー業界で働くことのデメリット

接客業ですから、ただ運転が好きというだけでは務まらない部分もあります。

接客が苦手だった場合は、入社できたとしても辛くなってしまうかもしれません。”

未経験でも就職しやすい「運送業界」

運送業界も、通販などの荷物の増加で人手不足に悩んでいる業界です。未経験者であっても就職できる可能性があります。

運送業界で働くことのメリット

普通免許でも可のところも

運送業界と聞くと、大型免許を持っていないとダメなのかと思いがちです。

しかし宅配業務など、業種を選べば普通免許であっても可能なものがあります。

働きながらステップアップもできる

会社によって、働きながらの免許取得制度を設けている会社もあります。

経験を積みながらステップアップができるので、早く経験や知識を身に付けたい40代の人にとっても、良い制度です。

運送業界で働くことのデメリット

やはり体力勝負である点がデメリットとなり得ます。

重い荷物も運ばないといけないですし、通販などの荷物が増加し続けている現在、タイトなスケジュールを覚悟しないといけないかもしれません。

しかし、届け先と顔見知りになれば、ちょっとした挨拶を交わしながら気持ち良く仕事ができますし、一方で運転中は一人の世界に没頭できるため、メリハリの付けやすい仕事です。

未経験でも就職しやすい「介護業界」

介護業界は世間的に「大変」というイメージが強くついてしまっていますが、やりがいが非常に感じられやすいため、目的意識がはっきりしている人であれば是非挑戦してみてほしい職種です。

慢性的に人手不足のため、未経験者であっても採用される可能性は高いでしょう。

介護業界で働くことのメリット

年齢層が比較的高い

介護業界で働く人は若年層も勿論いますが、比較的高い年齢層の人も多いです。

また、40代・50代から転職して働き始めたという、同じような境遇の人も多いため、気後れせずに働くことができるでしょう。

働きながら取得できる資格も

介護には色々な資格制度があります。

募集要項に資格の保持が推奨されている場合が多いですが、必ずしも必須でないこともあります。

また、介護の仕事を始めるにあたって最初に取得しておきたい資格の1つに、介護職員初任者研修というものがありますが、この資格であれば今現在の仕事を続けながら取得することも可能です。

転職をスムーズに行うことのできる資格制度として、是非利用したいものです。

介護業界で働くことのデメリット

介護施設は入所者の要介護度などによって、様々に分かれています。

それによって仕事の内容や働き方も大きく異なるため、介護業界で長く働けるかどうかは、施設選びにかかっていると言えそうです。

事前に施設見学などを重ね、自分に合った施設を選ぶようにしましょう。

未経験でも働きやすい仕事はある

40代の人が未経験の職種へ転職する場合であっても、建設業界やタクシー業界、運送業界や介護業界など、慢性的に人手不足が言われている業界であれば比較的転職はしやすいでしょう。

また、その際、働いている人の年齢層が高めであったり、入社してからの免許取得制度があったり、研修が充実しているような会社を選ぶことによって、さらに働きやすさは増します。

40代になっての未経験転職は、難しさやリスクばかりが注目されがちですが、自身の視野や人脈など、新たな世界を広げるという点においては得るものも大きくあります。

リスクについて十分に考慮し、対策を練った上でのことであれば、40代からの新たな挑戦であっても決して遅くはありません。

40代向け転職サイト・転職エージェントランキング
40代で行う転職は、30代の転職よりも少し難しくなります。 40代ともなると、社会の荒波に揉まれ、様々な厳しい場面に追い込まれた経験があるはず。 そんな経験をした40代の人は、企業からの期待も大きくなり、向けられる目線も厳しくな...

コメント