40代エンジニアは転職できるか?企業がもとめるスキルとは?

年代別IT転職

40代になるとどの業界でも転職したいと思っても採用されずに困ることがよくあります。

エンジニアはIT業界でこのような年齢になっても転職できるのでしょうか。業界の動向をよく理解した上で取り組むようにしましょう。

40代でも転職できるのか?

IT業界では40代でも転職することは不可能ではありません。

エンジニアの場合には企業が求めている能力を持っているのであれば、諸手を挙げて歓迎してもらえる場合もあります。重要なのは40代で転職するために必要な要素が何かを理解して準備しておくことです。

スキルがあれば40代エンジニアでも転職できる

エンジニアとして最も求められているのはスキルであるということはまず理解しておかなければなりません。

40代になるとスペシャリストとして卓越したスキルがあったり、多方面の専門分野に手を出していてジェネラリストとして広く活躍できる能力を身につけていたりする場合があります。

また、現場経験や独学による習得からマネジメントスキルなどの周辺スキルについても磨いている人もいるでしょう。20代、30代にはないような突出したスキルがあり、それが時代の要求に合っているのであれば速やかに転職先を見つけることができます。

戦力になるスキルを持っているエンジニアは需要が高く、特に他の人にはないスキルを組み合わせて持っている場合には希少価値が高いので高い待遇で働ける可能性もあるでしょう。

まったくの未経験では転職が難しい

裏を返せば40代になって未経験という人にとっては転職は難しいのが事実です。

年齢的にポテンシャル採用をするのは企業としてはリスクが高いため、すぐに実力を発揮できるレベルでの経験を求められる傾向があります。

業界外から転職したいというときにプログラミングの経験が一切ないといった状況ではかなり転職が困難になりがちです。基本的には業界内での実務経験がなければ良い待遇で受け入れてもらえることはないと認識しておくのが必須でしょう。

売り手市場の今だからこそ転職するべき

IT業界ではエンジニアの需要が高くなっていて売り手市場になっています。

開発競争が著しく、新規参入の企業もベンチャー企業を中心として増えてきているのが理由です。そのため、戦力となるエンジニアを年齢を問わずに採用しようと考えている企業が多くなっていて転職をしやすい状況があります。

また、本当にエンジニア不足が問題になっている企業では40代であっても未経験者を採用している場合もあるのが現状です。プログラミングに関する資格や認定を取得していることなどを要求される場合もありますが、今なら未経験でも転職は不可能ではないと考えておくのが賢明でしょう。

40代エンジニアが転職する時考えること

40代になったエンジニアは年齢的にはベテランであるべき立場になっています。

転職するときには転職先の企業で自分がどのようにして活躍できるのかをよく考えておかなければなりません。自分を見つめ直す際に留意しておきたいポイントが三つあるので確認しておきましょう。

社外でも通用する自分のスキルは何か

エンジニアとして40代まで同じ企業で働いているとその企業に特化したスキルや知識が蓄積しています。

それによって社内では活躍できるベテランとなっていても、実は社外では通用しないスキルばかりということも稀ではありません。一度、IT業界全体の動向を調べ直して、自分が現代の企業で活躍できるようなスキルを持ち合わせているのかを確認するのが大切です。

そのリストアップをして、自分のスキルを組み合わせて活躍しやすい企業を選び出すと転職に有利になります。

自分が転職するべき企業を見定める

自分のスキルについて理解できたら転職先の候補になる企業情報の収集をするのが大切です。

自分のスキルの組み合わせから考えて、すぐにでもその実力があるエンジニアを欲しがっている企業を選び出さなければ転職は容易ではありません。

スキルの棚卸しをした結果として特に卓越しているものがあるなら、それを中心軸に置いてアピールするのが効果的な企業を選び出しましょう。

今後のキャリアプランを見つめ直す

40代で転職するときには、今回の転職を含めたキャリアプランを見つめ直すことも必須です。

それがこの転職を決断した理由付けになり、志望理由を説明して自分がこの企業で活躍できるという根拠を示すために重要になります。そして、活躍の結果が自分のキャリアプランを達成するのに最適だという点を理解してもらうと企業としても採用しやすくなるのです。

しっかりと面接対策をしておく

最後に重要なのが面接対策に手を抜かないことです。

社会経験が長くなると面接は特に準備しなくても問題ないと考えてしまうケースがあります。しかし、ちょっとした言動のミスで不採用になることもあるため、想定される質問を考えて答えを用意しておくのが肝心です。

特に志望理由や自己PRは端的に述べられるように準備しておくと採用されやすくなるでしょう。

まとめ

40代になると転職が難しくなりがちですが、売り手市場のIT業界では実現できる可能性はあります。

自分のスキルの棚卸しと企業研究を徹底して行い、自分をエンジニアとして求めている企業を選び出しましょう。そして、その企業に特化した面接対策をして臨めば理想的な転職の実現を期待できます。

コメント