エンジニア転職は40代が最後のラストチャンス!キャリアの分岐点とは?

年代別IT転職

エンジニアとして働くなら、一度は聞いたことがあるであろう言葉が、「35歳定年説」です。

長く働くことが難しく、若いうちでないとポテンシャルをフルで発揮しながら働くことができません。

しかしIT業界はご存知の通り、慢性的な人手不足。

条件をしっかり満たせば、40代でも問題なく転職が可能です。実際40代でも転職しているエンジニアも大勢います。

しかし転職した40代全員が、その転職によって幸せになっているかというと、それはまた別の話。

しっかりと転職する会社を見極めないと、むしろ今までより悪い環境で働くことになってしまいかねません。

個人の年齢など状況、希望によって選ぶべき会社はまったく変わってきます。

40代のエンジニア転職では、それまでとはまったく違った条件で会社選びを行う必要があります。

状況によってはむしろ、「転職しないほうが良い」という判断になる40代エンジニアも。

そこまでの年齢になるとやはり、一人ひとりまったく違った生活を送っていることもあり、転職する際に考えておくべきことも多いです。

今回は私が多くのエンジニア転職を面倒見てきた知見から、40代エンジニアが転職時考えておくべきことを、なるべく丁寧に説明します。

40代のエンジニアは転職可能か?

まずは、そもそも40代でもエンジニアは転職可能なのか?

40代エンジニア転職の可否から調べていくことにしましょう。

40代エンジニアの転職はラストチャンス

上でも書いたとおり、40代のエンジニアでも転職は可能です。

しかし年齢的な問題、長期就業できないなどの条件、から考えても、転職は最後のチャンスです。

しかもエンジニアは35歳定年説がささやかれるほど、若者が働きやすい仕事です。

40代から転職を考えた時点で、かなり難易度は高いことを胸に刻んでおいてください。

どうしても40代で転職したいエンジニアは、「これが最後のチャンス」と思って、その転職の希望条件をしっかり絞って、ミスのない転職活動を行ってください。

ある程度歳を重ねてからのミスは取り返しがつきにくいです。

エンジニアの「35歳定年説」は本当か

本当に、エンジニアは35歳を超えると働くのが難しくなるのか。

というよりも、エンジニアの35歳定年説は外部から言われていることではなく、実際に35歳をこえると転職するエンジニアが続出したことから言われるようになりました。

何かと若いほうが有利なのはどの業界も同じですが、特にエンジニアは35歳意向は働きにくくなる要因があります。

「35歳定年説」が囁かれる大きな要因は以下のものです。

単純な体力低下

35歳になると、単純に昔のように働けなることが一つの要因です。

昔は徹夜で何日も過ごせたかもしれませんが、30代も半ばになるとちょっと夜更かしすると翌日が辛くなる…。

こんな単純な要因が、エンジニアの35歳定年説を裏付けています。

エンジニアはただでさえ激務で、デスマーチなんて会社に泊まるのが当たり前の世界。

それを何年も続けるのは、ある程度の年齢を満たすと苦しくなるでしょう。

長時間労働に耐えられなくなる、という人間ならば避けられない理由で働けなるのが、エンジニアという仕事です。

新しい技術への探究心の低下

エンジニアという仕事は、常に新しい技術の吸収の連続です。

新しい技術を常に学び続けるには、エンジニアとして新しい技術への探究心が必要です。

だんだんと歳をとって新しい技術の興味、探究心が薄れていくことで、エンジニアとして働き続けるのが難しくなる人も多いです。

または、若い人よりも単純記憶力が若い頃より衰えて働けない…。

なんて人もいるでしょうか。

管理職へのキャリアアップ

本人の話とは少しずれるかもしれませんが、会社から「管理職になってくれ」という要望が来た時、当然エンジニアとして働き続けるのが難しくなるはず。

年齢、スキルによっては、キャリアアップによってエンジニアではなく、プロジェクトリーダーなどマネジメント側に移る人も出てきます。

それにより、期せずしてエンジニアを辞める人が出てくるというわけです。

かつてエンジニアとして働いていた人なら、若手エンジニアを技術的に率いて仕事するのも苦ではないでしょう。

最前線で働くより、プロジェクトを上から率いる立場になる人が多くなる…。

これも、「エンジニア35歳定年説」を裏付ける要因となります。

エンジニア35歳定年説は過去のもの?

しかし、IT業界はその技術の発展と裏腹に、深刻な人手不足に陥っています。

最近では「エンジニア35歳定年説は過去の話」とも言われており、それ以降の年齢でもエンジニアとして働けるのも事実です。

理由としては、若い世代はエンジニアのような、長時間労働で薄利多売の仕事を避ける傾向にあるからです。

仕事はあるのに、若手の育成がままならないIT業界では、ある程度経験がありスキルもある即戦力の30代以降のエンジニアのニーズがとても高まっているのです。

つまり、若手エンジニアも当然売り手市場ですが、40代だってニーズがないわけではない、むしろニーズの強いところも多いのが現実です。

転職が成功する40代エンジニアの特徴

それではここから具体的に、40代エンジニアの転職について考えていきましょう。

どんな40代エンジニアが、転職を実際に成功させるのでしょうか?

転職の成功例を調べれば、転職成功の秘訣も見えてくるでしょう。

自分のスキルや経歴などを正しく俯瞰して理解している

どの年代の転職活動でも同じく必要なのが、「スキルの棚卸し」です。

自分にはどんなスキルがあって、今後に生かすことができるか否か。

それを確かめるためには、自分のスキルを一度見直してみなければいけません。

自分のことを俯瞰して見られているエンジニアは、たとえ40代であろうと転職活動を成功させることができるでしょう。

40代ともなると、自分のことを理解できているか否かは、転職活動において必須条件です。

プログラミングスキルを貪欲に学んでいる

若くない年齢だったとしても、新しい情報を貪欲に取り入れている人は、たとえ40代でも転職できるはず。

自分の知らない技術があれば積極的に身に着けて、貪欲に学ぶ姿勢を崩さない。

そもそもそういった人は、プログラミングやITに対して飽くなき興味と関心があるのでしょう。

IT技術は常に進歩し続けています。

学ぶということにゴールはないのです。

その技術の進歩スピードについていける人こそ、転職活動を成功させる40代でしょう。

インプットとアウトプットを欠かしていない

新しい技術を取り入れるのがおすすめなのはお伝えした通りです。

しかし大事なのはその先。

身につけた技術や知恵を、仕事などで正しくアウトプットできるかどうか。

それが大切です。

実際の業務でアウトプットできないなら、Qiitaやブログで自分の技術を発信することもできます。

大事なのは、学んだことをそれでおしまいにしないこと。

インプットしただけでその知恵を放っておいても、その知識は頭のなかで腐ってしまいます。

問題は蓄えと、蓄えたものを放出するバランスです。

転職に失敗する40代エンジニアの特徴

転職に成功する40代エンジニアと逆に、転職活動を失敗する40代の特徴も調べていきましょう。

考えなしで転職活動を行っている

あまり何も考えず、自分の希望する条件のみ考えながら転職している40代エンジニアは、転職活動で躓きがちです。

自分にはそれなりに経験もあるし、そのうち採用されるだろ…。

このような考えなしの転職を行っていては、いつまで経っても目標通りの転職を行うことはできません。

しっかりと時期を決めて、どの会社に応募するかしっかり考えて、転職活動の成功を正しく目測を立てられる人でないと転職は難しいでしょう。

転職活動に真剣になれない時点で、転職自体をやめたほうがいいかもしれません。

突発的な動機で転職しようとしている

なにかささいな嫌なことがあっただけで、それをきっかけに転職しようとした人がいたなら、それはちょっと短絡的だなと思ってしまいます。

「転職したい」と思ったとしても、一度冷静に立ち止まって、現状を見直すことができる人でないと、40代エンジニアの転職活動はうまくいきません。

突発的に動いてうまくいくほど、40代の転職活動は簡単ではありません。

転職を考えたなら、そもそもどうして転職したいと思ったのか、転職することによって自分はどうなりたいのか。

転職前に一度頭を冷やしてそれらを思い出してみてはいかがでしょうか。

40代エンジニアが転職先を選ぶ時考えること

40代のエンジニアが転職する際、転職先を選ぶ時どんなことを考えながら転職活動を行うべきか。

転職活動を成功させるために考えておくこと、転職における正しい心構えをお教えします。

フリーランスという働き方も検討してみる

「転職」のことばかり考えている方ばかりですが、ここで一度「フリーランス」という働き方を検討してみるのも一つの手です。

会社に縛られないフリーランスという働き方。

40歳にもなれば、それまでの仕事で身につけた技術や経験した仕事はとても多いはず。

そのスキルと経験を活かして、誰にも縛られない仕事をしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスとして働くことで、煩わしい人間関係から開放されて、収入もサラリーマン時代よりかなり多くなるはずです。

最近は、フリーランスのエンジニア向け案件探しサービスも多くなっています。

フリーランスに優しい時代なのです。

レバテックフリーランスのサポート内容・口コミ評判
フリーランスエンジニアの案件を紹介して、面倒なフリーランスの手続きも代わりに行ってくれるのが、レバテックが運営する「レバテックフリーランス」です。

ITの最新トレンドに詳しくなっておく

転職活動では、当然相手先の会社から「IT知識への理解」が求められます。

現在のITトレンドを理解しておき、その知識を面接でアピールすることで、若手にも負けない研究意欲の高さと向上心の高さをアピールすることができます。

40代だからといって、「過去の人」扱いをされないように、常に最新技術に触れてプロとして恥ずかしくない知識と意識の高さを持っておくことは大切です。

残りの人生を過ごすことになる

40代の転職は、最後の転職である可能性がかなり高いです。

ということは、次の転職活動で、「残りの仕事人生活」すべてを過ごす場所を探すことになります。

そう考えると、転職先はかなり慎重に選ばなければいけないですよね。

40代エンジニアが転職を成功させる秘訣

40代エンジニアの転職は難易度が高いです。

しっかり準備を積み重ねないと、どこかで失敗する未来は見えています。

では、どうすれば40代エンジニアが転職を成功させることができるか、転職活動成功の秘訣を紹介します。

IT系の難関資格を取る

40代エンジニアは、転職活動において「ポテンシャル」を売りにできません。

ポテンシャルを売りにできるのは、20代など若者だけなのです。

40代ともなると、アピールできるのはやはり「スキル」です。

そしてスキルの表明を一番簡単に行うことができるのは、「資格」だけです。

会社からすると、荷物にもなりかねない40代エンジニアがその存在を認めてもらうには、ITの難関資格が必要です。

自分の仕事について振り返ってみる

今まで自分がどんな仕事をしてきたのか、そこでどんなスキルが身についたのか、

それらの情報から、今後どんな仕事ができるかなど、様々なことがわかります。

今一度、自分のこれまでのエンジニア人生の歩みについて、思い返してみるのも良いでしょう。

自分の市場価値を見直してみる

自分のことを思い返してみて、自分のスキルなどを洗い出したあとは、それらの状況から俯瞰して客観的な自分の市場価値を洗い出してみるのも有効です。

自分の市場価値がわからないと、自分が転職するべき企業や、自分がこれからするべきことも見えてきません。

まずは自分の市場価値を確かめることで、今後の転職活動について正しく目測を立てるべきでしょう。

制作物を作り込む

転職活動で自分のスキルをアピールするために、制作物を持ち込むのが有効です。

ですから、転職活動でいい結果を残すためには、面接などで持ち込む制作物をどこに出しても恥ずかしくないクオリティまで作り込むのも有効です。

文句の言いようがない制作物を出せば、40代だろうとなんだろうと問答無用で採用されるはずです。

何をすればいいかわからない方は、制作物をしっかり作り込むのが一番建設的でしょう。

転職エージェントに相談する

転職活動真っ最中の40代エンジニアは、転職エージェントを活用して転職するのも有効です。

転職エージェントには、それぞれキャリアコンサルタントが在籍しており、キャリアコンサルタントと相談しながら効率的に転職活動を進めることが可能です。

キャリアコンサルタントに相談すれば、40代のエンジニアでも問題なく採用される求人を見つけてくれるでしょうし、40代エンジニア転職のコツも教えてもらえるはずです。

ここでは、40代エンジニアの転職におすすめの転職エージェントを具体的にいくつか紹介します。

レバテックキャリア

IT系転職エージェントでもっとも多くの求人を抱えるのが、このレバテックキャリアです。

レバテックキャリアには、IT業界におけるあらゆる職種の人材があり、在籍しているキャリアコンサルタントもかなり優秀だというお墨付きです。

40代で転職活動に難しさを感じている方、何から手を付ければ良いか途方に暮れている方も、レバテックキャリアに登録してキャリアコンサルタントの助けを仰いでください。

レバテックキャリアはIT求人に特化したエージェント!評判が悪いって本当?
IT特化型の転職エージェント「レバテックキャリア」の説明をした記事です。他のIT特化型よりもさらに丁寧な面談、キャリアコンサルタントの高い質など、レバテックキャリアがエンジニアから評判が高いポイントも説明しています。

ビズリーチ×IT

ビズリーチといえば、管理職などハイクラスの求人を専門的に扱うハイキャリア転職専門の転職エージェントです。

そのビズリーチは、IT分野専門の特集を組んでおり、エンジニアの転職にも強いのです。

ビズリーチで転職すれば、年収アップなどキャリアアップを主に考えた転職を考えている方も、問題なくニーズを叶えることが可能です。

特に転職でキャリアアップをメインに考えている40代エンジニアはぜひ、ビズリーチへ登録をおすすめします。

ビズリーチの使い勝手は?サポートの充実性は?
ビズリーチは、ハイクラスの求人が集まった転職エージェント。スカウトシステムなど、独自の優秀なサービスが揃っていますが、一部サービス利用にはお金がかかってしまいます。

未経験者から40代転職は難しい

もしこれから転職しようとしている40代が、エンジニア業界での勤務が未経験だったとしたら、それは話が変わってきます。

いくらIT業界が人手不足とはいえ、40代にもなると未経験の人材を雇う余裕があまりありません。

未経験の状態から、40代でエンジニア業界に転職しようと思うと、普通に転職するよりずっと多くの苦労を覚悟しなくてはなりません。

折れない覚悟が必要

まずは、40代エンジニアの転職が、かなりの困難を伴う事だとしっかり理解して、その困難に対して「折れない心」を持つことが大切です。

思ったようにすすまないこと、心無い言葉を浴びせられることも多いでしょう。

そんななかで、「それでも転職する」という強い意思を持ってないと、あなたの思った通り転職成功する未来は訪れないでしょう。

「絶対にエンジニアになるんだ」という強い思いと、うまい具合に転職活動が進まなくても折れない心、まずはこれらを胸にいだいておきましょう。

アルバイト・派遣など簡単な仕事からはじめる

未経験の状態で、企業に正社員として登用されるのはかなり難しいでしょう。

未経験の状態なら、まずはアルバイトや派遣、契約社員など簡単な仕事から始めるのがおすすめです。

そうしたところで実力をつけて、会社に認められることで、正社員のエンジニアとして採用されるかもしれないからです。

なんの経歴もない人なら、まずは簡単な仕事から一人前のエンジニアを目指しましょう。

転職した40代の体験談

転職エージェントを活用して、転職活動を成功させました。私はそれまでも、他社のSIerでエンジニア業務を続けていたので、その経歴を説明することで、Web系の会社に無事転職できました。前職では年齢もあり、あまり負荷の大きな仕事は任せてもらえず、物足りなさを感じていたところでした。今の仕事の方がずっとやりがいもあり楽しいです。

大手SIerから、IT系コンサルティング会社に転職しました。それまでの経験と、これからやりたいことの説明がマッチングしたからか、転職活動自体はそれほど苦労はありませんでした。40代の転職で大切なのは、準備につきますね。

40代エンジニア転職まとめ

いかがだったでしょうか。

これから転職する40代のエンジニアに役立つ情報を紹介しました。

いくら人手不足のIT業界と言えど、40代エンジニアの転職活動はそれほど簡単なものではありません。

しっかり目標を立てて、準備も怠らないことが、転職活動を成功させる秘訣です。

コメント