「40代で薬剤師になりたい」こんな願いは現実的なのか?

薬剤師の転職

結構な数の方が「社会に出てから薬剤師になりたい」と思っているものです。

若いときは一度諦めたけど、社会に出て働いて、少し生活が落ち着いた40代の段階で「やっぱり薬剤師になりたい」と思う方は結構いるものです。

実際ネットを見ても「40代でこれから薬剤師になりたい」と思っても無理なのか?という質問は結構見られます。

実際のところ、40代で薬剤師になるのは難しいのか?

40代で薬剤師になるためにはどんな流れを踏む必要があるのか?

今回はそれらの情報を調べていきたいと思います。

40代で薬剤師資格受験は難しい

40代で、これから薬学部に入学して薬剤師資格を目指すのはおすすめできません。

まず、毎年高い授業料を払い続けて、実習費の支払いを支払って、その間の生活費も払い続けて…といった生活が続きます。

そこからようやく薬剤師資格の受験資格が手に入ったとしても、必ず合格するとは限りません。

もし受験して落ちたら、再び受験しないといけないので、それだけ資格を習得するまで時間がかかります。

資格が取れるまで、薬剤師デビューが遠のくので、40代からその道を歩みはじめるのは苦しいです。

元社会人の薬学部生はいる

確かに、社会人だった人がその後薬学部に入ってくることはありました。

経歴も、「元フリーター」などもいて、薬剤師という仕事の裾野の広さを感じさせます。

しかしそこから全員が薬剤師になれるかというと、それはまた別の話。

本人のタフネス、薬剤師になりたいという強い気持ちがあるなら、たとえ現在何歳でも薬学部への入学を誰も止める事はできないのです。

実際元社会人の薬学部生も、年齢が高くてもアラサー世代(20代後半)などです。

40代ともなると、ほとんど居ないといっても良いでしょう。

6年間の薬学部生活は苦しい

6年間も高い授業料と実習費を払い続ける生活は、はっきり言って苦しいです。

金銭的な苦しさもそうですし、体力的にもしんどいです。

まだこれからの未来に思いを馳せている時代は良いですが、40代にもなるとその情熱も失せています。

そんな状況で、厳しい薬剤師試験合格のための勉強ができるとは、とても思えません。

薬剤師受験資格を持っている40代なら?

これから薬学部に入学する40代ではなく、かつて薬学部を卒業だけして、薬剤師という道は歩まないで別の企業への道を歩んだ人もいます。

そういった「あとは薬剤師受験だけ」の人は、どうでしょうか。

答えは「社会人の薬剤師資格合格率は低いからおすすめできない」です。

新卒は80%程度の合格率だったとしても、卒業後の合格率は下がり、社会人の合格率は20%以下の年も。

40代で薬剤師になってもそこからが大変

たとえ順調に40代で薬剤師資格をとることができたとします。

しかしそこからはすべてハッピー、とはいきません。

例えばそれまでは一般企業で働いており、安定していた生活を送っていたなら余計に、その後苦しい生活を送ることを覚悟しなくてはいけません。

薬剤師は長い目で見て働く仕事。

若い頃に働きはじめて、じっくりキャリアアップしていく種類の職業なのです。

年収は20代新卒と同じ

40代で薬剤師デビューしたとして、調剤薬局で働き始めたとします。

調剤薬局でもらえる収入は、20代新卒薬剤師と同じ額の収入。

それ以前に一般企業でキャリアの合った人ならなおさら、そのギャップに苦しむことになるでしょう。

40代から働き始めても薬学部の授業料をペイできない

薬剤師の世界は、働き始めてすぐの年収こそ高いですが、そこからの年収アップは緩やかです。

40代という遅い時期に働きはじめて、高い入学費や6年間の授業料、実習費など諸経費を回収できるとは思えません。

新卒で働きはじめて、コツコツと働いてようやくペイできるお金を、40代から働いて回収できるわけないのです。

「薬剤師になるためのお金を回収できない」ことと前もって理解しておいてください…。

もはや40だから薬学部に入って、薬剤師と働くのは金持ちの道楽の世界です。

どうして薬剤師になりたいのかを考えてみましょう

40代で薬剤師になりたい方が考えるべきなのは、「どうして薬剤師になりたいのか」ということです。

そこで出される「薬剤師になりたい理由」によっては、わざわざ薬剤師にならなくとも別の道があるかもしれないのです。

諦めきれない夢?

ずっと薬剤師にあこがれていて、40代になってもその夢が諦めきれない人が、40代で「やっぱり薬剤師になりたい」気持ちを再燃させがちです。

しかし40代からがんばって薬剤師になったとして、その薬剤師の夢を叶えるためにかけるお金を考えると、ちょっと私なんかは「釣り合わないな」と思ってしまいます。

しかし、釣り合う釣り合わないではなく、「薬剤師になりたい」気持ちを優先したい方だけ、薬剤師になるための努力をしてください。

患者さんと関わりたい?

患者さんと関わりながら、「医療に貢献したい」「感謝されたい」という気持ちで薬剤師を目指すなら、別の仕事を考えるのもありなはずです。

たとえば准看護師を目指すのもありです。

または薬剤師に似た働き方「登録販売者」なら、今すぐでも働くことができます。

ドラッグストア勤務者が語る!登録販売者の給料実態と将来性
ドラッグストアで薬を買おうとしたら、沢山あって迷ったことはありませんか。 そんなときは、登録販売者に相談できます。 登録販売者は、医薬品を扱うドラッグストアには必ずいます。 登録販売者はドラッグストアで販売している薬につい...

コスパのいい人生を送りたいなら40代から薬剤師を目指すべきじゃない

40代でこれから薬学部に入学して、これから薬剤師になろうと思っている方は、「すごくコスパの悪い生き方をしている」と思って下さい。

人生において「お金が稼げるか」を最優先に生きるべきとは思いません。

しかし、40代から高いお金をかけて、薬剤師になろうというのは明らかに無駄な出費が大きすぎます。

ここから苦難の道程があるとしっかり分かった方のみ、40代から薬剤師を目指して下さい。

40代薬剤師 まとめ

もしあなたが、40代から薬剤師を目指すために薬学部に入って薬剤師資格を取ろうと思っているなら、かなり効率の悪い生き方をすることをしっかり把握してください。

もし「安定した生き方」を考えるなら、40代で薬剤師なんて目指すべきではありません。

別の生き方を考えてください。

すでに薬剤師として働いている40代が転職するのは、割と簡単なのですが…。

40代で転職を考える薬剤師が知っておくべきこと
薬剤師に限らず、どの業界のどんな職種でも40代で行う転職活動は不利です。 どの企業も、若い人材のほうが「長期的に働きてくれる」と印象を与えるなどして、転職に有利なのです。 まだ社会を知らない若者のほうが、余計な先入観を持っていな...

コメント